30代子持ち女性が転職を成功させるコツとおすすめ転職エージェント

「30代という年齢的な心配に加え、子持ちであることで転職できないんじゃないか…」という不安を持っている女性も多いようです。

結論からお伝えすると30代で子持ちの女性(ワーキングママ)でも転職・復職することはできます。
ただ、求める条件が増えるため、転職の難易度が上がることも理解した上で転職活動をする必要があります。

この記事では、30代子持ち女性が「転職を成功させるために押さえておくべきコツ」をお伝えします。

ワンポイント転職活動アドバイス

転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    30代子持ち女性の転職市場

    30代子持ち女性の転職市場

    近年の日本政府は様々なスローガンを掲げ、女性の社会進出を後押ししようとする動きがあります。

    内閣府男女共同参画局では、「女性が輝く日本」「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、平成27年には女性の活躍を推進する女性活躍推進法が成立。

    社会で働きたい、活躍したいという女性が経験や個性を発揮できる社会を実現するため、事業主が女性の活躍推進に向けた行動指針や、数値目標の情報を公表することが義務付けられています。

    また、政府は「2020年までにあらゆる現場において指導的地位で女性が占める割合を約30%まで押し上げる」という目標も掲げています。

    そのため、近々に民間企業が女性のための労働環境整備を開始し、より一層、社会に貢献するキャリア志向の女性が増加することが期待できます。

    女性の活躍推進のための政府の動き

    女性の活躍推進のために政府が行なっている取り組みの一部を紹介しておきます。

    女性活躍推進法

    女性活躍推進法に基づき、国・地方公共団体、301人以上の大企業は、以下の取り組みを行う必要があるとされています。

    1. 自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析
    2. その課題を解決するのにふさわしい数値目標と取組を盛り込んだ行動計画の策定・届出・周知・公表
    3. 自社の女性の活躍に関する情報の公表を行わなければなりません(300人以下の中小企業は努力義務)

    また、行動計画の届出を行い、女性の活躍推進に関する取組の実施状況が優良な企業については、申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができます。

    認定を受けた企業は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品などに付することができます。

    女性の活躍に関する取組の実施状況が優良な企業「えるぼし」認定

    行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍に関する取組の実施状況が優良な企業については、申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができます。
    認定の申請は、都道府県労働局雇用環境・均等部(室)で受け付けています。

    認定を受けた企業は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品などに付することができます。

    この認定マークを活用することにより、女性の活躍が進んでいる企業として、企業イメージの向上や優秀な人材の確保につながるなどといったメリットがあります。

    認定基準や認定申請に必要な様式を掲載しています。

    また、認定基準の「直近の事業年度における管理職に占める女性労働者の割合が産業ごとの管理職に占める女性労働者の割合の平均値以上」の産業ごとの女性管理職割合平均値についても、下記に定めているとおりです。

    (当該平均値については賃金構造基本統計調査に基づき、別表(産業ごとの平均値)は雇用環境・均等局において算出し、別紙(製造業中分類)は雇用環境・均等局による特別集計を行ったもの。)

    えるぼし認定企業一覧はこちら

    30代子持ち女性に対する企業の実態

    30代子持ち女性に対する企業の実態

    いくら政府や一部の企業がワーキングママの活躍を推進していても、まだまだ企業側の実態としては厳しいこともあるようです。

    その理由は大きく分けて2つとなります。

    理由1.育児と仕事の両立ができない

    1つ目の理由としては、やはり育児と仕事の両立が難しいと考えている企業が多いためです。

    企業としては、与えた仕事を期日までにやり切ることができる人材を必要としています。

    女性の場合には、子供の急用で休みを取ったり、短時間勤務になったり、育児や家事といった仕事以外にも多くの時間を要する必要があります。

    それらのことに対して企業はリスクとして捉えてしまう傾向があるのです。

    理由2.女性の働きを援助できる企業が少ない

    2つ目の理由として、女性の労働環境の整備が遅れている企業がまだまだ多いためです。

    女性が育児や家事を続けながらキャリアアップをしていくためのロールモデルがしっかり作られていなかったり、勤務時間や休日の取得制度などの整備が整っていない企業が多いです。

    実際に300名以上の従業員を抱える大企業でも女性の管理職比率は2019年現在でも約10%と低いのが実情です。

    バリバリ働いたり、自分の力やスキルを高めたいなどといったキャリアアップをしたい女性には不親切なことも多いのです。

    女性の82%は管理職になりたくない?

    PRESIDENT WOMANが実施した調査によると、「管理職になりたくない」と回答した女性一般社員は82%だそうです。

    調査内訳

  • なりたくない、興味がない_82%
  • なりたいと思っている_14%
  • なりたかったがあきらめた_4%
  • 管理職になりたくない理由(一部抜粋)

  • 家庭と両立難しそう
  • 責任が増えるだけでお給料は上がらない
  • キャリアパスに管理職がなかった
  • 女性の管理職がいないから
  • 出世したいと思わない
  • 現在の仕事量で十分
  • 女性は管理職になれない職場に勤めているから
  • 管理職の人たちが魅力的じゃない
  • 拘束時間が長くなる
  • 現場が好きだから
  • 管理職になりたくないという女性が82%もいるという結果が出ていますが、理由まで見てみると「家庭と仕事の両立が難しそう」「女性の管理職がいないから」「女性は管理職になれない職場に勤めているから」などと、仕事と子育て・家事の両立に不安を感じていることや、参考になるロールモデルが会社にないことが数値に大きく影響していることがわかります。

    企業側は、女性社員がどんなことを不安に感じているのか、なぜ管理職に就きたいと思う女性が少ないのかということについて、もっと本質的なことを考えるべきなのです。

    そして、女性社員とキャリアプランについてコミュニケーションを増やすことで女性社員の不安に寄り添い、キャリアップができる環境を作っていくことが求められます。

    30代子持ち女性について企業側が知りたい5つのこと

    30代子持ち女性について企業側が知りたい5つのこと

    30代子持ち女性の採用に対して消極的な企業もいることは前述した通りですが、諦めることはありません。

    企業側が知りたいことを理解したうえで、採用するうえでの不安を軽減させることができれば採用を勝ち取ることはできます。

    また、こちら側が歩み寄っても理解が得られない、そもそも女性が働くことに関しての関心が低い企業は論外なので、不採用になったとしても気にすることはありません。

    家族や親戚など周囲のサポートはあるか?

    子育て中には子どもが病気になる、学校で怪我をしたなど緊急で対応しなければいけないことも多いはず。

    そのような時のサポート体制が整っているのかを企業側は事前に確認しておきたいので、このような質問をします。

    夫、実家、親戚など、いざというときに助けてくれる人の有無や、病児保育を利用する予定、ファミリーサポートに登録済みなど、具体策を伝えて企業側に安心感を与えるようにしてください。

    残業には対応できるのか?

    子どもの送り迎えなどで残業ができない方もいるでしょう。

    面接で無理をして「できます」と答えてしまうと転職した後に後悔してしまうことになってしまうので、残業ができるかできないかは正直に答えましょう。

    なお、残業が可能な場合には、「1時間くらいなら可能」「月曜日と木曜日なら1時間くらい可能」など、具体的に伝えると企業側も選考しやすくなります。

    もし、面接で残業について聞かれなかったら、こちら側から面接官に残業の有無について確認してください。

    子どもの年齢は?

    子どもが0~2歳くらいまでの乳幼児なのか、小学生なのかで手がかかる度合いが変わってきます。

    乳幼児のほうが、急な発熱などの緊急事態が起きる可能性が高いからです。

    つまり、急な欠勤の回数や勤務時間の調整がどれくらい必要になるのか事前に知っておくためにこのような質問をすることがあります。

    子どもの年齢を正直に答えたあと、「近くに両親が住んでいるため、何かあった際にはフォローしてもらえるように頼んでいる」など、子どもが小さくても対策が取れる点をアピールすると、前向きな印象を残すことができます。

    今後の出産の予定はあるのか?

    第二子や第三子を予定しているかどうかによって、今後の産休・育休の取得の意思を可能な限り把握しておきたいという意図があります。

    企業側としては、中長期の人事計画(組織体制の変更など)もあり、事前に把握するためにそれとなく聞いてくる企業があります。

    ただ、このような質問はプライベートについてかなり突っ込んだ質問になったり、セクハラなどと揶揄されることもあることから直接的に質問してくる企業は多くないようです。

    子育てが終わった後も働き続けたいのか?

    育休の取得意思の有無や育児期間終了後に復帰する意思の有無を確認するために、質問をしてくることが多いです。

    この質問をしてくる時点であなたの経験やスキルを貴重だと認識している可能性も高いです。
    ネガティブに捉えずに、自分が現時点で考えているキャリアプランを正直に伝えると好印象です。

    まとめ

    企業側は上記のような5つの質問をすることで、働く意思があるのか、働いたとして貢献できるのか、ということを見極めています。

    そのため、働きたいという意思や企業が不安に思っていることに対して、サポート体制などを具体的に伝え安心感を与えることが重要

    また、子持ちであることをネガティブに捉えてしまい、採用してもらうために残業の可否や転勤の可否について面接で虚偽の報告をしてしまうこともあるようです。

    しかし、育児と仕事を両立して働くためには、正直に伝えたうえで受け入れてくれる企業を見つけるべきなのです。

    30代子持ち女性が面接で確認しておくべき7つのチェックリスト

    30代子持ち女性が面接で確認しておくべき7つのチェックリスト

    企業側が知りたいことは前述にて紹介しましたが、それとは別にワーキングママが転職する時に企業に確認しておくべきがあります。

    下記の7つのチェックリストをもとに企業選びをする時の参考にしてください。

    1. 時短勤務ができるか
    2. フレックス制度はあるか
    3. 在宅勤務はできるか
    4. 月平均の残業時間はどれくらいか
    5. 子育てをしながら働いている女性はいるか
    6. 女性の管理職はいるか
    7. 産休・育休取得実績はあるか

    上記のチェックリストを全て満たしている必要はありませんが、働くうえで重視するポイントに関しては、事前に確認しておくことで転職した後も後悔することがありません。

    その他、30代子持ち女性が転職を成功させるために押さえておくべきコツも紹介しますので参考にしてみてください。

    30代子持ち女性が転職成功させるための3つのコツ

    30代子持ち女性が転職成功させるための3つのコツ

    30代でも子どもがいるかいないかでは転職の難易度や押さえておくべきポイントは異なります。

    子どもがいる場合には、子どもを中心に仕事とプライベートを両立させる必要があるため、時間的にも厳しく制約に縛られることがあります。

    企業側も、選考の際に子持ちの女性に対して慎重になる場合もありますが、転職を成功させるための3つのコツを押さえておけば、育児と仕事を両立させられるはずです。

    コツ1.求める条件の優先順位をつける

    転職時には「アレも」「コレも」と条件が多くなりがちです。

    子持ちの女性であれば、「託児所が完備されていて給料も高い」や「仕事のやりがいがあってワーキングママが多数在籍している」などという条件を求めるかもしれません。
    しかし、そのような好条件な求人数が少ないことに加え、競争率が高いのは当然です。

    そこで重要になることが希望する条件に優先順位をつけることです。

    例えば、子どもの送迎があるため、

    • 17時には退社ができること
    • 自宅から30分以内の職場であること

    の2つは譲れない必須の条件する代わりに、

    • 人事職で働くこと
    • 正社員であること
    • 年2回の賞与が出ること

    というような条件は諦めるといったことです。

    希望する条件の優先度を付けることで、紹介してもらえる求人の種類も広がるため、採用してもらえる確率が高まります。

    コツ2.女性が働きやすい職場を選ぶ

    タイトルそのままの意味となりますが、転職先の職場を選ぶ際は女性が働きやすい職場(ワーキングママが活躍している職場)を選ぶといいでしょう。

    女性が働きやすい職場であれば、上司や同僚もワーキングママに対して理解が進んでおり、サポートする体制や制度も整っていることが多いです。

    そして、そのような職場であれば、ロールモデルとなる働き方をしている女性がいるため、キャリアアップすることや長期に渡って勤務することができます。

    女性が働きやすい職場には、女性の社員数が多いという特徴があるため、女性の社員数(全体社員数の約30%以上)を1つの基準として転職先を選ぶといいでしょう。

    コツ3.転職エージェントを利用する

    「転職エージェントを利用するのってなんだか気が引ける…」と思う人もいるかもしれません。

    約10年前までの転職エージェントという言葉すら一般的ではなく、転職するとしたらリクナビNEXTといった求人検索サイトやハローワークといった職業紹介所を利用することが転職活動の常識でした。

    しかし、2016年頃からは転職エージェントを利用して転職活動をするのが常識となっており、転職経験者の約70%が登録しています。

    利用者の増加に伴い、第二新卒や女性に強い転職エージェントも増えています。

    転職エージェントを利用すれば、求人探し、面接の調整、条件(年収や休日、勤務時間など)の交渉などを全て任せることができるため効率的です。

    また、求人票では分からない職場の既婚者の人数や、子育てをしながら働いている女性の有無や人間関係などについても教えてもらうことができます。

    女性に強い転職エージェント2社

  • リクルートエージェント
  • 転職支援実績NO.1

    https://www.r-agent.com/

  • doda
  • 10万件以上の非公開求人を保有

    https://doda.jp/

    どちらの転職エージェントも1分程度で登録できますし、無料で利用できるためリスクは一切ありません。

    なお、転職を成功している人は平均で4.2社の転職エージェントに登録してることから、転職エージェントは複数登録しておくことが一般的です。

    30代女性が転職先を選ぶ3つのポイント

    30代女性が転職先を選ぶ3つのポイント

    仕事と育児を両立できる会社を選ぶときのポイントを3つお伝えします。

    すべて当てはまっている必要はありませんが、1つの判断基準として参考にしてみてください。

    ポイント1.女性社員の比率が30%以上

    女性社員の比率が高い会社は、女性が長く働くことができる環境である可能性が高いです。

    サポート制度が充実していたり、子育てを経験した先輩社員や同僚がいるなど理解を得やすい環境かもしれません。

    転職エージェントから求人を紹介してもらう際には、

    • 全社員の男女比率
    • 産休・育休率
    • 社員の年齢構成
    • 勤続年数

    などを確認しておきましょう。

    ポイント2.産休・育休の利用実績、ワーキングママの在籍

    産休制度は法律で保障されている労働者の権利になるため、制度がない会社はありませんが、実際に取得実績があるか、取得しやすい雰囲気であるかという点は事前に知っておくといいでしょう。

    制度はあるけど、取得実績がなかったり、社員が少ない・女性への理解が乏しいなどの理由で取得しずらい雰囲気であるというのは”転職して後悔したことのあるある”です。

    • 産休育休の取得実績
    • ワーキングママの在籍

    転職エージェントに上記2点を事前に確認してもらうようにお願いしましょう。

    ワーキングママが在籍している職場であれば、女性をバックアップするためのノウハウが会社にあるため、産休・育休の制度が利用しやすいかもしれません。

    ポイント3.在宅勤務、フレックスの可否

    最近では「働き方改革」という政府のスローガンが掲げられていることから、多様性のある働き方のを推奨している企業も増えています。

    特に在宅勤務やフレックスは、仕事の拘束時間帯や働く場所を柔軟に調整することができるため、子育てや家事を仕事と両立させることができます。

    ほかにも、子どものための休暇や生理日に休暇を取ることができるなど、会社によって独自の休日休暇制度や育児サポート制度を設けていることもあります。

    ただし、育児休暇や時短勤務の適用期間の長さなど、サポート制度の内容は会社によって異なります。

    • 在宅勤務の可否
    • 休暇制度の有無
    • サポートの詳細

    などのポイントを転職エージェントに質問して聞いておきましょう。

    30代女性の転職サポートが得意な転職エージェント

    30代女性の転職サポートが得意な転職エージェント

    転職を検討している30代女性のために、下記の4つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    4つの条件で厳選

  • 女性向け(産休・育休実績など)の求人を多数保有しているか
  • 女性の悩みや不安に寄り添って求人を紹介してくれるか
  • 職場の内部事情(男女比率・ワーキングママの在籍など)に詳しいか
  • 女性のキャリアアドバイザーが在籍しているか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    女性が活躍している企業5社

    30代女性が転職を成功させるためのコツをお伝えしてきましたが、最後に女性が活躍している企業を紹介します。

    企業選びに迷った時に参考にしてみてください。

    ここで紹介している企業は上部で紹介している転職エージェントで紹介してもらえる可能性が高いです。

    ※募集終了している可能性もありますのでご了承ください。

    1位_花王グループ

    1990年代に育児支援制度を整備。

    同時に制度が活用される環境づくりに注力し、90年代半ばには出産後も働き続けることが当たり前に。

    現在、子供のいる女性正社員比率は45%と、結婚・出産後も多くの女性社員が活躍。

    18年には花王グループの美容カウンセリング専門会社2社の社長に女性が就任。

    19年3月には女性の監査役と社外取締役が就任した。

    2位_りそなホールディングス

    08年に一般職の職制を廃止。

    ライフイベントに合わせた柔軟な働き方ができる制度も拡充し、女性ライン管理職比率は28.3%と15年比で4.6ポイント上昇。

    3位_日本アイ・ビー・エム

    98年から女性社員による社長直轄の活躍推進プロジェクトがスタート。

    役員が個別指導をするスポンサーシッププログラムが奏功し、女性役員比率は16%まで増えた。

    4位_髙島屋

    5位_住友生命保険

    参照:『日経WOMAN』と日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト
    「働きがい」と「働きやすさ」という2つの観点から、企業における女性社員活用の実態を1.管理職登用度 2.女性活躍推進度 3.ワークライフバランス度 4.ダイバーシティ推進度の4つの指標で測定し採点。それらの合計得点を偏差値化して総合スコアとし、総合ランキングを作成。

    30代女性の転職活動まとめ

    転職を検討している30代女性の方に向けて、おすすめの転職エージェントや失敗しないための転職活動の方法をお伝えしました。

    30代女性の転職は、未経験で転職できる仕事は限られてしまう半面、30代前半までは転職しやすい年齢でもあります。

    異職種や異職種への転職を考えている方は、ライフイベントも含めたキャリアプランを考えて、転職するための準備を進めることがおすすめです。

    そのため、転職エージェントを使って

  • 多角的に情報収集をすること
  • 女性の働きやすい会社を見極めること
  • 子育てしながらでも効率的に転職活動を進めること
  • を意識して、転職活動しましょう。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す