薬剤師の転職

派遣薬剤師ってどうなの?派遣法改正によってキャリアを見直すべき

2020年4月1日から改正労働者派遣法が施行されます。

レルこの法律の施行によって、派遣社員として働く薬剤師からは「賃金が上昇し、働き方が見直される」などと喜びの声が上がっています。

しかし一方、これまで派遣薬剤師を多く雇用してきた薬局やドラッグストアからは「負担が重くなる、派遣薬剤師の雇用について見直しが必要」などの声も上がっています。

そのため、結論からお伝えすると、今後は派遣薬剤師の需要が減少する可能性があります。

派遣薬剤師のみならず、薬剤師としてキャリアを築くにあたっては、大きな局面を迎えることになりそうです。

そこで、この記事では改正労働者派遣法の施行による派遣薬剤師を取り巻く変化今後の薬剤師に求められるキャリア構築についてお伝えしていきます。

この記事を読んで欲しい人

  • 派遣薬剤師として働いている人
  • 派遣薬剤師を検討している人
  • 薬剤師としてのキャリアに悩んでいる人
  • 施行される労働者派遣法について

    まずは、改正される労働者派遣法の概要をお伝えします。

    今回の改正の目的は「同一労働同一賃金」です。

    つまり、派遣会社に対して勤務年数や能力に応じた賃金支払いを義務付け、派遣社員と正社員との賃金差の縮小を目的とした法律改正です。

    この改正により、雇用主側は「職務内容が同じであれば(同一労働)、雇用形態に関係なく同じ金額の賃金(同一賃金)を支払う」という義務が発生することになります。

    労働者派遣法の施行日は2020年4月1日であり、事業規模にかかわらず一斉に施行されるため、薬剤師を雇用する全事業者が対象です。

    施行されることとなった背景

    法改正の背景には、少子高齢化による労働人口減少への対策として政府が推進する「働き方改革」が影響しています。

    雇用による格差の固定化を回避し、働き方を多様化することで労働人口不足の現状を打破するための取り組みをするといった背景があります。

    なお、改正される内容は主に下記の3つです。

  • 派遣社員の賃金決定方法の厳格化
  • 派遣先から派遣会社への情報提供の義務付け
  • 派遣会社から派遣社員への説明義務付け
  • ここからは、改正される3つの内容についてお伝えしていきます。

    派遣社員の賃金決定方法の厳格化

    派遣社員の「同一労働同一賃金」を確保するため、厳格な賃金の決め方が定められています。

    具体的には、派遣会社は次のいずれかによって派遣社員の賃金を確保することが義務化されることとなります。

    義務化される内容

  • 派遣先均等・均衡方式:派遣先の通常労働者との均等・均衡待遇
  • 労使協定方式:一定の要件を満たす労使協定による待遇
  • 派遣先均等・均衡方式

    派遣先均等・均衡方式は、非正規雇用労働者の待遇を派遣先の正規雇用労働者と、均等・均衡することを実現とする方式を指します。

    この場合の待遇は、「基本給」「賞与」「手当」「福利厚生」「教育訓練」「安全管理等」です。

    「均等待遇」もしくは「均等待遇」のどちらかを求められるかは、非正規雇用労働者である派遣労働者と、比較対象となる派遣先の正規雇用労働者との間で、「職務内容」「職務の内容/配置変換の範囲」が同じかどうかによって決定されることとなります。

    均等待遇の場合
    均等待遇の場合は、派遣先と同一の待遇決定方法であることが、求められます。

    均衡待遇の場合
    不合理な待遇差であるかどうかは、個々の待遇ごとに、待遇の性質・目的に照らして、適切と認められる事情が考慮されます。

    労使協定方式

    労使協定方式は、労働者の過半数が所属する労働組合と派遣元企業の間で、待遇に関する労使協定を結ぶ方式です。

    労働者が過半数所属するような労働組合がない場合は、「労働者の過半数を代表したもの」と、書面で労使協定を結ぶことになります。

    基本的に、賃金決定の協定を結ぶ際には、「一般の労働者の平均的な賃金と比較して、同等以上の賃金となるようにしなければならない」を原則としています。

    この場合の「一般の労働者の平均的な賃金」とは、「派遣先の事業所地域で、同程度の能力・経験を有する人が、同種の事業に従事する際の平均的な賃金の額」になります。

    企業側は、「一般的な労働者の平均的な賃金」の額を決定する際に、職種、能力、地域、経験などの特性を加味しなければなりません。

    労使協定方式は、あくまでも企業側の労使協定が適切な内容で定められている、もしくは遵守している際に適用できる方式なので、どちらにも該当しない場合は、「派遣先均等・均衡方式」で適用します。

    まとめ

  • 非正規労働者か正規労働者かに関わらず、同じ労働に従事する者は同じ賃金を受け取るという原則
  • 正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間にある、不合理な待遇差を無くそう」という内容のルール
  • その結果、派遣事業における非正規労働者である派遣社員の待遇改善に繋がる。

    派遣先から派遣会社への情報提供の義務付け

    今回の改正によって、派遣先は派遣会社と労働者派遣契約を締結する際、派遣会社に対して「賃金等に関する情報を提供する義務」を負うことが新たに定められました。

    派遣会社が「派遣先均等・均衡方式」を採用した場合、派遣先からその従業員の賃金等に関する情報を提供してもらわないと均等・均衡の取れた賃金を決めることができないためです。

    つまり、派遣元は派遣労働者、派遣先などに対して、労働者の待遇をどのように決定しているかについての情報を提供しなければいけないことになります。

    ここで提供する義務がある「賃金等に関する情報」とは、あくまで派遣社員と同じ内容の仕事に就いている従業員(比較対象労働者)の賃金などに関する情報のことであり、派遣先で従業員の情報ではありませんので誤解のないようにしましょう。

    派遣会社が提供する義務のある情報

  • 比較対象労働者の職務の内容、職務の内容及び配置の変更の範囲並びに雇用形態
  • 比較対象労働者を選定した理由
  • 比較対象労働者の待遇のそれぞれの内容(昇給、賞与その他の主な待遇がない場合には、その旨を含む)
  • 比較対象労働者の待遇のそれぞれの性質及び当該待遇を行う目的
  • 比較対象労働者の待遇のそれぞれを決定するに当たって考慮した事項
  • 比較対象労働者とは、下記の①~⑥の労働者を指しています。

    ① 「職務の内容」と「職務の内容及び配置の変更の範囲」が同じ通常の労働者
    ② 「職務の内容」が同じ通常の労働者
    ③ 「業務の内容」又は「責任の程度」が同じ通常の労働者
    ④ 「職務の内容及び配置の変更の範囲」が同じ通常の労働者
    ⑤ ①~④に相当するパート・有期雇用労働者(短時間・有期雇用労働法等に基づき、派遣先の通常の労働者との間で均衡待遇が確保されていることが必要)
    ⑥派遣労働者と同一の職務に従事させるために新たに通常の労働者を雇い入れたと仮定した場合における当該労働者

    派遣先企業が、①~⑥の優先順位によって「比較対象労働者」を選定します。

    そして、派遣会社は派遣先から必要な情報の提供がないときは労働者派遣契約を締結してはならないことも新たに定められています。

    つまり、派遣先も派遣会社から情報提供を求める声があった際に応じなければ、労働者派遣契約を締結することはできません

    また、派遣先で比較対象労働者の待遇について変更があった場合も、遅滞なく派遣会社に変更の内容に関する情報を提供しなければなりません。

    なお、情報提供を書面でする必要はなく、インターネットを利用して派遣労働者、派遣先などに対して広く知らせるなどの方法でも問題ないため、従事する側は派遣会社に確認をするようにしましょう。

    まとめ

  • 派遣会社は賃金等に関する情報を提供しなければいけない
  • 労働者の待遇をどのように決定しているかについての情報を提供する
  • 情報提供しなければ労働者派遣契約を締結することができない
  • 上記によって、これまで不透明だった契約条件や労働情報が開示され、不平不満を軽減することに繋がる可能性がある。

    派遣会社から派遣社員への説明義務付け


    派遣先から派遣会社だけへの情報提供だけでなく、派遣会社から派遣社員への情報説明も義務付けられています。

    雇用時・派遣時の説明

    派遣会社は雇用時と派遣時の両方で派遣社員に対して、あらかじめ下記の事項を説明しなければいけません。

  • 派遣先均等・均衡方式によりどのような措置を講ずるか
  • 労使協定方式によりどのような措置を講ずるか
  • 職務の内容、職務の成果、意欲、能力又は経験その他の就業の実態に関する事項を勘案してどのように賃金を決定するか
  • さらに、雇用時には、以下の項目も明示する必要があります。

  • 昇給の有無
  • 退職手当の有無
  • 賞与の有無
  • 労使協定の対象となる派遣社員であるか否か
  • 労使協定の対象であれば労使協定の有効期間の終期
  • 派遣社員から申出を受けた苦情処理に関する事項
  • これらを説明する目的は、派遣社員が不合理な待遇差を感じることのないよう派遣社員への待遇に関する説明義務を強化するためです。

    派遣労働者から求めがあった場合の説明

    派遣元事業主は、派遣労働者から求めがあれば、派遣労働者と比較対象労働者との間の待遇の相違の内容及び理由などについて説明しなければなりません。

    また、派遣元事業主は、派遣労働者が説明を求めたことを理由として、解雇その他不利益な取扱いをしてはならないこととされています。

    そもそも派遣法とは?

    労働者派遣法、いわゆる派遣法とは、正社員に比べて不安定な雇用状況である派遣社員が弱い立場に追い込まれるのを防ぐ法律です。

    派遣社員は勤務日数や曜日など労働形態を柔軟に決められるというメリットがある半面、ボーナスが発生しないため正規雇用に比べて年収が少なく、一定の基準を満たさなければ健康診断を受けられないといったデメリットがあります。

    また、不足人員に対する期間限定での補充といった側面も否めず、派遣先企業の都合で派遣契約期間が終了となることが多いのも事実です。

    そ子で、派遣社員の権利を守り、就業条件や賃金、福利厚生などの認定を目的に制定されたのが「派遣法」です。

    正式名称は「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣社員の就業条件の整備等に関する法律」といいます。

    改正労働者派遣法による薬剤師を取り巻く環境の変化

    冒頭で少し触れましたが、改正労働者派遣法によって、派遣社員からは「待遇が改善される」といった喜びの声がある一方で、賃金の上昇による受け入れ企業の負担が重くなり、派遣薬剤師の雇用について見直しされる可能性があります。

    つまり、企業側の雇い止めが増えるため、派遣薬剤師が減っていく可能性があるということです。

    実際に、薬剤師の転職支援をしているキャリアアドバイザーに対して、派遣から正社員やパート勤務への転換を希望する相談が増えているとのことです。

    相談をする理由としては、

  • 派遣先での更新が終了した
  • 希望を満たす求人が無くなってきた
  • 派遣会社から派遣先を紹介してもらえなくなった
  • が多いそうです。

    また、そういった相談が増えている背景には、雇用主側の派遣薬剤師に対する雇用の見直しが大きく影響しています。

    これまで薬局では、多くの派遣薬剤師を雇用することによって不足人員問題を解消していましたが、派遣薬剤師の賃金上昇によって見直しをしているところも多く、正社員やパートに切り替え始めているそうです。

    そして、大手ドラッグチェーンの多くは、派遣薬剤師の採用ではなく新卒薬剤師の大量採用に方針を転換しており、新規出店のニーズとあいまって新卒薬剤師の争奪戦が激化しています。

    まとめ

  • 正社員やパートへの転換を相談する薬剤師が増えている
  • 薬局側ではパートや正社員へ採用方針をシフトしている
  • 大手ドラッグストアでは新卒薬剤師の採用が激化している
  • 改正労働者派遣法によって、派遣薬剤師として働いている人も企業側を取り巻く環境は変化しており、薬剤師としてキャリアを構築するためにも働き方を見直す必要がある。

    薬剤師に求められる今後のキャリア構築


    薬剤師の転職市場は、以前から”売り手市場”といわれています。

    求人数に対して薬剤師数が不足しているため、企業・医療機関は好条件を提示しないと薬剤師が集まらない状態にあり、薬剤師にとっては、多くの企業から内定を獲得しやすく、条件の良い転職先を選ぶ余裕がある状態でした。

    しかし、厚生労働省の薬剤師の受給予測によれば、薬剤師の業務に変化が無い場合、これから数年間需給が均衡し、長期的には薬剤師は余るといわれています。

    「調剤業務のあり方について」が記載された0402通知にもある通り、非薬剤師でも可能な業務の明確化による業務シフトやAI・ロボット導入による代替など、業務の効率化の流れもあるため、薬剤師の供給過多の傾向はさらに強まっていくことが予想されます。

    0402通知では、ピッキングなど一部の作業について、要件を満たせば薬剤師以外の職員が代行できることが明示されました。

    これにより、薬局・ドラッグストア業界では、薬剤師よりも低い年収で作業を代行できる医療事務(テクニシャン)の採用を強化し、薬剤師の採用を抑える企業が出てくる恐れもあります。

    そのため、今後の薬剤師に求められる仕事やキャリア構築についても変化をせざる得ない状況にあります。

    今後、買い手市場化が進むなかで薬剤師として市場価値を高めるためには、他職種や機械が代行できない業務で専門性を発揮していく必要があります。

    対人業務に注力し患者から信頼される「かかりつけ薬剤師」や「在宅への対応などができる専門性」にプラスアルファを必要とされる業務の高度化は必然の流れと言えるでしょう。

    今回の記事で取り上げた派遣薬剤師だけでなく、全ての薬剤師が自らの役割について真剣に考える転機にさしかかっているのかもしれません。

    薬剤師のキャリア相談なら

    現在はまだ薬剤師の人員が不足している事業所も多いことから、あまり実感できない薬剤師も多いかもしれませんが、厚生労働省のデータによると薬剤師数は年々増加傾向にあり、それに伴い有効求人倍率も減少傾向にあります。

    薬剤師を取り巻く環境が変化していることは分かったとしても、自分自身のキャリアをどのように構築していくべきか、どんなスキルを身につけるべきかを一人で考え、見つけることは困難です。

    そんなときは、キャリア構築のプロであるキャリアアドバイザーに相談してみてもいいかもしれません。

    薬剤師のキャリア支援を専門としている転職エージェントと呼ばれるサービスも存在しています。

    転職エージェントであれば、薬剤師の転職市場の変化を踏まえて、どのようなスキルを身につけていくべきか、どのようなキャリアを歩むべきかといったことにも、プロの視点からアドバイスをしてくれます。

    「転職エージェントって求人を紹介してくれるだけじゃないの?」って思う人もいるかもしれませんが、約8割の人がキャリアアドバイザーへの相談のためだけに利用をしているとのことです。

    そのため、キャリア相談をしてみたいという薬剤師は、転職エージェントを使ってみてもいいかもしれませんね。

    最後に、キャリア相談を強みとしている転職エージェントをお伝えしておきます。

    キャリア相談を得意とする転職エージェント3選

    キャリア相談を得意とする転職エージェント3選
    自分自身のキャリアについて不安がある人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 薬剤師の支援に特化しているか
  • キャリア相談だけでも利用することができるか
  • 薬剤師市場に詳しく支援する力があるか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ファルマスタッフの特徴

    ・年収600万円以上の高年収求人を7千件以上も保有
    ・派遣の取り扱いあり。さらに高時給の求人も業界トップ
    ・しつこい電話が少ないから自分のペースで転職できる
    ・対面のキャリア相談や面接同行など転職サポートが充実

    ファルマスタッフの親会社は日本調剤であるため、調剤薬局のパイプがつよく、求人の質、量ともに他の転職サイトより優れている。
    また、全国15箇所の拠点があり、他のサイトでは手が回りにくい地域の調剤薬局も広くカバーしている。
    コンサルタントがすべての求人先に訪問しているので、職場の雰囲気について、事前に教えてもらうことができる。
    「調剤薬局への転職を希望している」「派遣も検討している」という薬剤師さんには、ファルマスタッフがおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了

    薬キャリの特徴

    ・エムスリーグループのため薬局や病院の求人が豊富
    ・提携している転職サイト20社の求人を一括検索可能
    ・最短で即日最大10件の求人を紹介可能
    ・電話・メールのみで転職サポート

    「m3.com」を運営しているエムスリーが親会社であるため、医療機関と太いパイプを持っているのが特徴。
    「調剤薬局や病院を希望している」「転職を急いでいる」という薬剤師さんには、薬キャリがおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了

    マイナビ薬剤師の特徴

    ・業界トップクラスの求人数。大手の求人が豊富
    ・全国に支店がありキャリア相談会も頻繁に実施
    ・キャリア相談会やキャリアセミナーが豊富
    ・条件交渉やキャリアアドバイスのノウハウが豊富

    業界トップクラスの求人数を誇るマイナビ薬剤師だからこそ、他サイトではなかなか見つけることができないレアな企業薬剤師求人も豊富に取り扱っている。
    「中小よりも大手に転職をしたい」「転職しようか迷っている」という薬剤師さんには、マイナビ薬剤師がおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了


    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。

    日本薬剤師会への転職できる?転職エージェントを使うべき4つの理由

    日本薬剤師会は、薬剤師の倫理的及び学術水準を高め、国民の厚生福祉の増進に寄与することを目的とした公益法人です。

    土日休み、17時完全退社、賞与4.68ヶ月分、育休取得実績がありワークライフバランスの取れた日本薬剤師会は特に女性求職者からの人気を集めています。

    安定した労働環境だけでなく、「かかりつけ薬剤師・薬局の普及・推進」や「大規模災害への準備・対応」など幅広く事業を展開していることから働きがいもある職場です。

    しかし、日本薬剤師会への転職を検討している方は、インターネットの口コミや評判を信じてはいけません。

    なぜなら、インターネット上の口コミや評判はウソの情報も混じっているからです。
    そのような口コミや評判だけを信じて転職しても、転職後に「思っていた会社と違かった」などと後悔する可能性が高いです。

    そこで、この記事では日本薬剤師会への転職を検討している方のために、

  • 日本薬剤師会の基本情報
  • 日本薬剤師会の転職でエージェントを活用すべき4つの理由
  • 転職エージェントの7つの活用方法
  • 日本薬剤師会への転職で使うべき転職エージェント
  • をお伝えします。

    日本薬剤師会の採用情報によると、事務職の職種が人材を募集しています。

    ※ページ下部で紹介している転職エージェントなら、日本薬剤師会の求人を保有している可能性が高い>です。

    なお、応募資格は大卒以上であり、薬剤師、登録販売者の資格のある方は優遇されます。

    日本薬剤師会の基本情報

    日本薬剤師会の基本情報
    まずは、日本薬剤師会の基本情報を紹介します。

    ※日本薬剤師会の公式ページや信頼できる情報機関を参照しています。

    社名

    公益社団法人 日本薬剤師会

    本社所在地

    東京都新宿区四谷 3-3-1 四谷安田ビル7階

    設立

    設立:1909年

    従業員数

    46人

    代表者

    山本 信夫

    事業内容

    薬剤師職能の向上
    公衆衛生の普及指導
    薬事衛生の向上普及
    優良医薬品の普及及び医薬品流通の適正化
    機関誌及び薬事関係図書の刊行
    学術大会、講習会等の開催等

    日本薬剤師会の求人の特徴

    日本薬剤師会の求人の特徴

    具体的な求人情報は下記の転職エージェントに登録しなければ見ることができないため、日本薬剤師会の求人の特徴をまとめておきます。

    日本薬剤師会の求人の特徴

  • ワークライフバランスが整っている労働環境
  • 完全週休2日
  • 土日休み
  • 賞与4.68ヶ月分
  • 事業展開も多彩な日本薬剤師会
  • 薬剤師資格者は優遇
  • やりがいのある職場
  • 給与例

    215,346円〜270,636円

    福利厚生・制度諸手当

    各種社会保険(雇用保険,労災保険,健康保険,厚生年金,財形)完備、交通費支給45,000円/月額

    日本薬剤師会はこんな方におすすめ

  • 人々の健康な生活の確保、向上に貢献したい方
  • 仕事に対して真面目に一生懸命取り組む方
  • 何事にも柔軟に対応できる方
  • チームワークを尊重できる方
  • コミュニケーション能力のある方
  • 日本薬剤師会への転職にはエージェントを活用すべき4つの理由

    日本薬剤師会への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 日本薬剤師会の職場状況(雰囲気や業務内容)の実情を教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 日本薬剤師会の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、サイバーエージェントの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、

    • 過去どのような人が採用されたのか
    • 採用されなかったのか
    • どのような質問をされたのか
    • どのように回答したか

    などのデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    また、そのようなデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれます。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。

    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    日本薬剤師会への転職にオススメな転職エージェント一覧

    日本薬剤師会への転職でおすすめ転職エージェント
    日本薬剤師会への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 日本薬剤師会に関する求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 日本薬剤師会以外の求人も提案できる力と求人データベースがあるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ファルマスタッフの特徴

    ・年収600万円以上の高年収求人を7千件以上も保有
    ・派遣の取り扱いあり。さらに高時給の求人も業界トップ
    ・しつこい電話が少ないから自分のペースで転職できる
    ・対面のキャリア相談や面接同行など転職サポートが充実

    ファルマスタッフの親会社は日本調剤であるため、調剤薬局のパイプがつよく、求人の質、量ともに他の転職サイトより優れている。
    また、全国15箇所の拠点があり、他のサイトでは手が回りにくい地域の調剤薬局も広くカバーしている。
    コンサルタントがすべての求人先に訪問しているので、職場の雰囲気について、事前に教えてもらうことができる。
    「調剤薬局への転職を希望している」「派遣も検討している」という薬剤師さんには、ファルマスタッフがおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了

    薬キャリの特徴

    ・エムスリーグループのため薬局や病院の求人が豊富
    ・提携している転職サイト20社の求人を一括検索可能
    ・最短で即日最大10件の求人を紹介可能
    ・電話・メールのみで転職サポート

    「m3.com」を運営しているエムスリーが親会社であるため、医療機関と太いパイプを持っているのが特徴。
    「調剤薬局や病院を希望している」「転職を急いでいる」という薬剤師さんには、薬キャリがおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了

    マイナビ薬剤師の特徴

    ・業界トップクラスの求人数。大手の求人が豊富
    ・全国に支店がありキャリア相談会も頻繁に実施
    ・キャリア相談会やキャリアセミナーが豊富
    ・条件交渉やキャリアアドバイスのノウハウが豊富

    業界トップクラスの求人数を誇るマイナビ薬剤師だからこそ、他サイトではなかなか見つけることができないレアな企業薬剤師求人も豊富に取り扱っている。
    「中小よりも大手に転職をしたい」「転職しようか迷っている」という薬剤師さんには、マイナビ薬剤師がおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了

    日本薬剤師会に関するFAQ

    日本薬剤師会に関するFAQ

    日本薬剤師会に関して「よくあるご質問」と回答をご紹介します。

    未経験でも大丈夫なの?

    応募資格は大卒以上で、社会人経験がある必要があります。

    なお、薬剤師、登録販売者の資格のある方は優遇されます。

    応募後のスケジュールはどうなりますか?

    応募後は、書類選考→面接→内定へと進んでいただきます。

    ★応募
    本ページで紹介している転職サイトに登録し、求人を紹介してもらってください。

    ★書類選考
    これまでの経験、また保有される知識・スキルが、応募職種にマッチングするかを重視して選考させていただきます。

    書類選考後、1~2週間程度以内には書類選考結果の合否をエージェントから伝えてもらえます。


    ★面接
    書類選考後、合格者の方には1~2回ほどの面接を実施いたします。

    募集部門面接→人事面接と選考に進んでいただきますが、場合によっては2回以上の面接を行うこともございます。


    ★内定
    採用内定となられた方へ内定通知書を提示いたします。

    ★入社
    入社日につきましては、内定通知後1ヶ月程度でご入社いただきたいと思いますが、内定者のご事情に応じて相談させていただきます。

    エージェントが入社日の調整等は代行いたします。

    ★応募から内定までは1週間以内、入社までは1ヶ月以内を予定しています。
    ★土日の面接も、お気軽にご相談ください。あなたの予定を最大限考慮いたします。
    ★お近くの事務所、または出張面接地にて実施いたします。
    ※全国47都道府県に事務所があるため、面接もスムーズです。

    日本薬剤師会の主な11の活動

    日本薬剤師会の主な11の活動

    日本薬剤師会は、たくさの事業活動をしております。

    そこで、働き方が少しでもイメージできるよう、日本薬剤師会がこれまでに行なってきた11の活動を紹介します。

    1.かかりつけ薬剤師・薬局の普及・推進

    かかりつけ薬剤師・薬局は、患者さんが薬を安全・安心に使用できるよう、処方箋調剤を受けられる患者さん、在宅療養中の患者さんのサポートはもちろんのこと、市販薬に対するアドバイスや健康相談なども積極的に行っています。

    2.健康サポート薬局の普及・推進

    団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられるよう、国は住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される仕組みである「地域包括ケアシステム」の構築を進めています。

    厚生労働省が2015年10月に策定した「患者のための薬局ビジョン」においても、副題として「「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ」とされているとおり、地域包括ケアに対応した薬局の将来像として、2025年までに全ての薬局がかかりつけ薬局としての機能を持つことを目指し、薬剤師業務については従来の対物業務から、対人業務へのシフトが求められています。

    そのような中、2016年には医薬品医療機器法施行規則が一部改正され、同年4月より健康サポート薬局が法令上に位置づけられました。

    健康サポート薬局とは、厚生労働大臣が定める一定の基準を満たしている薬局として、都道府県知事等に届出を行っている薬局のことです。

    本会では、健康サポート薬局の周知と適正な運用に向けた取り組みを行っています。

    普及推進のために、健康サポート薬局であれば会員・非会員にかかわらず使用できる全国共通のロゴマークを作成し、データ提供を行っています。

    加えて、「健康サポート薬局」の届出要件の一つである研修について、本会が研修実施機関となり、2016年9月よりe-ラーニング研修を提供しています。

    3.医療保険制度への取り組み

    我が国には、世界に冠たる国民皆保険制度がありますが、人口の高齢化や医療の高度化などにより、医療保険財政の健全化が喫緊の課題となっています。

    薬剤師・薬局は、後発医薬品の使用や残薬の確認などに取り組み、医薬品の適正使用や薬剤費の削減に努めており、本会ではそうした会員の取組をサポートしています。

    また、健康保険制度の維持や診療報酬改定などについて審議する厚生労働大臣の諮問機関「中央社会保険医療協議会」には、本会役員が薬剤師を代表する委員として唯一、参画しています。

    4.薬学教育への対応

    2006年4月の入学者から、薬学教育が4年制から6年制になりました。

    これに伴い、5年次に薬局・病院各11週間の実務実習が必須となり、2010年5月からは、6年制教育のもとで初めての実務実習がスタートしました。

    また、文部科学省において、「薬学教育モデル・コアカリキュラム」の改訂作業が進められ、 本会では、薬剤師の立場から必要な意見・提言を行ってきました。

    改訂カリキュラムの適用は2015年度入学生から、さらに同カリキュラムに基づいた実務実習は、当該学生が4年次後半の薬学共用試験を終えた直後の2019年2月頃から実施されます。

    本会では、 改訂カリキュラムに基づいた実務実習がより充実したものとなるよう、必要な準備・施策を推進しています。

    5.薬剤師のための生涯教育推進

    本会では、薬剤師のための生涯学習支援システム「JPALS」を提供しています。JPALSは、継続的な専門能力開発CPD(Continuing Professional Development) の4つのサイクル「自己査定reflection」、「学習計画 planning」、「(学習の)実行action」、「(学習後の)評価evaluation」(自己評価)に基づいて、計画的に生涯学習を進めるための支援システムであり、学習内容を記録するポートフォリオシステムと、学習材料の提供という位置づけのe-ラーニングシステムで構成されています。

    また、本会を含む薬学関係5団体の間で、生涯学習環境の整備に連携して取り組んでいくことが合意され、共通の制度「薬剤師生涯学習達成度確認試験」の第1回目が 2016年7月に実施されました。本会はJPALS利用者の受験資格を「クリニカルラダーレベル5に昇格して1年を経過していること」と定め、合格者はクリニカルラダーレベル6に昇格できることとしました。これまでにJPALS利用者280名が合格し、クリニカルラダーレベル6に昇格しています。

    6.臨床・疫学研究の倫理審査体制の整備と研究活動推進

    我が国の臨床・疫学研究に関する倫理指針は、「疫学研究に関する倫理指針」及び「臨床研究に関する倫理指針」 に基づき運用されてきました。対象となる研究に適用するにあたっては、その目的・方法に関して多くの共通点がありました。

    そこで、2つの指針を統合した倫理指針を定めることを目的に、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(文部科学省・厚生労働省告示)が2014年12月22日に公布、2015年4月1日より施行されました。

    これを受けて本会では、研究者のための手順書や、本会や都道府県薬剤師会が倫理審査委員会を設置し審査を行うための手順書、倫理審査の申請書類等を整備しました。2016年4月には本会に「臨床・疫学研究倫理審査委員会」を設置し、同年8月からは本会ホームページ上での倫理審査の申請受付を開始しました。

    また、生涯学習支援システム「JPALS」においても、薬剤師の研究活動の促進や、研究における倫理的配慮への意識を高めるためのコンテンツを用意しています。

    7.医療安全管理体制の整備・充実

    本会では、2001年4月より調剤事故事例の収集を行っています(ヒヤリ・ハッ ト事例<インシデント事例>は含まない)。

    報告された事故事例については毎年、発生地域や個人が特定されないよう配慮した上で都道府県薬剤師会へ情報提供し、同様な事例が発生しないよう注意喚起しています。

    医療機関における医療事故及びヒヤリ・ハット事例は、日本医療機能評価機構が行う「医療事故情報収集等事業」において収集・分析・評価されています。

    集計結果は、定期的に同財団より報告書として公表されており、特に周知すべき情報については「医療安全情報」としてまとめられています。

    本会では、医療機関における医療事故及びヒヤリ・ハット事例についても、都道府県薬剤師会を介して会員に情報提供し、注意喚起を行っています。

    また、医薬品医療機器法により、高度管理医療機器の販売には都道府県への許可申請が必要であり、販売業者には営業所管理者に毎年継続研修を受講させることが義務づけられています。本会では研修実施機関として「医療機器販売業等の営業所責任者、医療機器修理業の責任技術者 継続研修テキスト」の編集や実施要綱の作成を行い、都道府県薬剤師会において継続研修会を実施しています。

    8.薬剤イベントモニタリングの実施

    医薬品の適正使用に貢献することを目的として、2002年度からDEM事業を実施しています。

    DEM(薬剤イベントモニタリング:Drug Event Monitoring)とは、 薬剤を使用した患者さんに発現したイベントを薬剤師の視点で把握し、収集・解析することをいいます。毎年10万件を超えるイベントが報告されており、副作用・薬害の防止に向け、全国の薬剤師・薬局がDEM事業に参画しています。

    2017年度からは、新薬を対象としたイベント発現等の調査を実施しています。

    9.アンチ・ドーピング活動の普及とスポーツファーマシストの養成

    スポーツ競技における「アンチ・ドーピング」への意識が高まっています。

    医薬品の適正使用という観点から、 薬の専門家である薬剤師がアンチ・ドーピング活動に関わることは、選手の健康やスポーツの健全な発展という意味からも、大きな意義を持つと考えています。

    本会では、2004年度から薬剤師のアンチ・ドーピング活動に取り組んでいます。

    具体的には、世界に類を見ない日本特有の取り組みとして、「公認スポー ツファーマシスト認定制度」が日本アンチ・ドーピング機構(JADA)により設立され、 本会は2009年度より協力しています。

    2016年11月現在、約7,000名の公認スポーツファーマシストが認定されています。

    本認定制度については、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)からも、非常に先進的かつ 他国のモデルになり得る制度として、評価されています。

    また、「薬剤師のためのアンチ・ドーピングガイドブック」を毎年作成し、ホームページに掲載している他、都道府県レベルにおいても、アンチ・ドーピングホットラインの設置・対応、スポーツファーマシストの活動推進等のアンチ・ドーピング活動を実施しています。

    2020年には、オリンピック・パラリンピックが東京で開催されます。本会では、オリンピック等への対応も含め、薬剤師がアンチ・ドーピング活動を通じてより一層の社会貢献ができるよう、今後もJADAと連携・協力して参ります。

    10.学校薬剤師活動の支援推進

    他国には例を見ない薬剤師の職能のひとつに、「学校薬剤師」があります。

    従来の学校薬剤師は、学校の環境衛生検査等を通じ、児童・生徒が快適に学校生活を送れるよう指導することが主な役割でした。

    近年では、より幅広い活動が求められるようになっています。

    具体的には、医薬品適正使用の啓発活動、薬物乱用防止活動、飲酒・喫煙に関する啓発活動、アンチ・ドーピング活動、学校給食の衛生管理、学校での薬品・毒劇物の管理、建築物内の揮発性有機化合物やダニアレルゲン等への対策などです。

    特に、新学習指導要領(中学校:2012年4月施行。高等学校:2013年4月施行)により医薬品の適正使用に関する教育が求められるようになりました。これに伴い、医薬品の適正使用に向けた教育・啓発活動における学校薬剤師の役割がより重要になっています。

    本会では、学校薬剤師の活動を支援すべく、教材の作成や研修会の開催等に努めており、学校薬剤師及び保健体育教諭・養護教諭等を対象とした「くすり教育研修会」を開催し、学校関係者との連携を深めています。

    11.大規模災害への準備・対応

    日本は地形上、大きな地震が発生するリスクを有しています。

    阪神・淡路大震災、東日本大震災や熊本地震などでは、たくさんの方が長期にわたる避難所生活を余儀なくされるなど、大きな被害をもたらしました。

    そのような中、医師や薬剤師など多くの医療従事者が地震によるけが、持病、体調不良などをサポートするために活躍しました。

    薬剤師の多くは避難所において、医薬品や衛生環境向上に関する、さまざまな活動を行いました。

    被災地における主な活動内容は、

  • 救護所における医薬品等の供給
  • 医療チームの避難所巡回に同行し、医療支援等の実施
  • モバイルファーマシー(MP:災害対策医薬品供給車両)の出動
  • 避難所における一般用医薬品の供給
  • 被災者からの医薬品などに関する相談への対応
  • エコノミークラス症候群予防のための注意喚起
  • 一般用医薬品等の集積所での仕分け・管理、各避難所への供給
  • 行政との支援調整等
  • 学校再開の際の水道水の水質検査
  • 避難所の二酸化炭素濃度測定
  • などです。

    2016年4月に発生した熊本地震では、本会は都道府県薬剤師会の協力のもと、延べ2,774人の支援薬剤師を派遣しました。

    薬剤師にとっての日本薬剤師会とは

    日本薬剤師会にとって、当然深い関わりをもつ薬剤師。

    日本薬剤師会に転職する人は、薬剤師だけとは限らない(実際に働いている人も薬剤師以外の人が多い)ため、薬剤師から見た日本薬剤師会の役割を見てみましょう。

    専門家同士の交流・知識習得の場としての活用

    薬剤師は、日本薬剤師会が開催する定期的な研修やイベントで最新の医薬品トレンドを知るために入会しています。

    独学では難しい薬学の知識習得をするために、日本薬剤師会は多くの薬剤師に活用されています。

    また、日本薬剤師会は社会的な活動として、薬物乱用防止・禁煙・災害支援なども行なっているため、医療に携わる者として、多くの経験の機会を得ることも支援しています。

    さらに、保険制度を用意することで薬剤師の生活のサポートもしているため、薬剤師の働きやすい環境を整備するため、あらゆる面から支援してくれているのです。

    国際舞台で活躍するチャンスを得るために活用

    日本薬剤師会は、国際薬剤師連盟・アジア薬剤師会連合などに入っています。

    そのため、世界的な会議に参加する機会を得ることができたり、個人ではなかなかフォローできない最新の医薬品研究を知ることができます。

    研究熱心で最先端医療に関心がある薬剤師にとって大きなメリットを提供しています。

    また、国際舞台で活躍するチャンスも提供しており、特に病院で働く薬剤師から注目されています。

    万が一の事態に備えるための保険として活用

    薬剤師として働く際には、薬の処方の間違いなどにより、患者さまに対して大きな被害を与えてしまう可能性があります。

    そのため、薬剤師会では薬剤師賠償責任保険と薬剤師年金保険という2種類の保険を用意して、万が一の事態に備えています。

    薬剤師賠償責任保険とは・・・
    薬剤師や薬局に勤務する販売員が薬を調剤・販売をした際、その処方した医薬品によって何らかの被害を与え、賠償責任に問われる等した場合に支払われる保険金のことです。

    契約の種類は、開設者や管理薬剤師が責任を問われた場合に対象となる薬局契約と、薬剤師個人として責任を問われた場合が対象となる薬剤師契約の2種類があります。

    薬剤師年金保険とは・・・
    日本薬剤師会の会員のみが加入可能な年金のことです。

    年金額を自由に設計できる仕組みとなっており、若いときに加入することでより多くの年金を受給することができます。

    この薬剤師年金保険は、昭和48年7月に発足しましたが、2012年時点における加入者は約6,000名、受給者の人数は約7,500名に上りました。 薬剤師が快適に働くためにも、こうした保険制度の仕組みを知っておくと良いでしょう。

    【北海道版】薬剤師の転職なら口コミや評判を信じるな

    北海道で転職を検討している薬剤師は、インターネットの口コミや評判を信じてはいけません。
    なぜなら、インターネット上の口コミや評判はウソの情報も混じっているからです。
    そのような口コミや評判だけを信じて転職しても、転職後に「思っていた転職先と違かった」などと後悔する可能性が高いです。
    そこで、この記事では、北海道で転職を検討している薬剤師のために、

  • エージェントを活用すべき4つの理由
  • 転職エージェント活用術
  • 北海道への転職で使うべき転職エージェント
  • をお伝えします。
    ※ページ下部で紹介している転職エージェントなら、北海道の好条件な求人を保有している可能性が高いです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    北海道の転職トレンド(薬剤師限定)

    北海道は、全国で2番目に病院の数が多く、大型の調剤薬局も多数の店舗を展開しているという特徴がある。

    また、札幌市内では交通網も整っているため、長期間就業するための環境が整っている求人も多数。

    そのため、札幌市に薬剤師が集まりやすく、札幌市以外の地方エリアでは薬剤師が不足しています。

    地方エリアでも薬剤師の需要が高いことは変わらないため、高年収や管理薬剤師などといった好条件で人材を募集している傾向がある。

    2020年以降は、病院求人について薬局長や若手人材の募集は多くあるものの、中堅薬剤師の募集は減少傾向になるという予想がされている。

    エリアによっては施設調剤在宅管理に取り組む薬局もあるため、かかりつけ薬剤師、在宅管理指導に対して関心を持っている薬剤師は転職で有利に働くことも。

    北海道に限った話ではありませんが、無資格者による薬剤補助業務も解禁されることから、薬剤師に求められるスキルは高くなっていく傾向にある。

    北海道の薬剤師数

    厚生労働省が公表している「医師・歯科医師・薬剤師調査」のデータによると、北海道の薬剤師の総数は11,321人
    そのうち薬局で調剤業務に従事しているのは6,595人、医療施設で調剤に従事するのは2,802人となっている。
    北海道の人口10万人に対して、薬剤師数は211.5人と、全国平均の237.4人に達していない状況にある。
    つまり、北海道においては需要に対して薬剤師の数が足りていないということになります。

    ※2016年12月31日現在

    北海道の薬局数

    北海道の薬局数は2,265軒、人口10万人に対する薬局数は42.09軒(全国平均45.57軒)となるため、全国平均を下回っている。
    訪問薬局数は723軒、人口10万人に対する訪問薬局数は13.43軒(全国平均12.69軒)となり、全国平均を上回った。

    ※2018年11月現在
    参照:地域医療情報システムデータ

    北海道の平均年収(薬剤師)

    全国の平均年収:543.8万円
    北海道の平均年収:517.7万円
    参照:政府統計の総合窓口 e-Stat

    薬剤師の全国平均年収が543.8万円なのに対し、北海道の薬剤師平均年収は517.7万円と、26.1万円低い。
    しかし、北海道の薬剤師の平均年収と比べて低い場合、転職することで年収アップできる可能性は十分にある。
    また、地域によって年収幅があるので、地域別の平均年収も記載。

    北海道の平均年収(地域別)

    約400万円

  • 札幌市
  • 北広島市
  • 病院数は多いが、人気エリアのため給与の上昇しにくいエリア。
    他のエリアに比べ、転職倍率も2~3倍ほど高くなる。
    約420万円

  • 千歳市
  • 江別市
  • 恵庭市
  • 病院数が少ないため薬局の店舗数も比較的少ないエリア。
    約440万円

  • 小樽市
  • 札幌市内からJRで30分ほどのため人気エリアの1つ。
    札幌市内で働くよりも年収を高く提示している求人が多いため、給与アップ目指す人におすすめ。
    約480万円

  • 苫小牧市
  • 札幌市内からの通勤は、約1時間~1時間半ほどのエリア。
    そのため労働条件(年収や休日など)は好待遇の職場が多い。
    約500万円

  • 岩見沢市
  • 札幌市内から車で40~50分ほどのエリア。
    薬剤師が不足しているため、札幌市内と比べると平均で約20~25%年収をアップすることも可能。
    約630万円

  • 函館市
  • 釧路市
  • 札幌市内から1時間〜1時間半ほどのエリア。
    観光地としては人気があるが、就業エリアとしては薬剤師が不足しているため、高年収求人が多数ある。

    北海道の転職で人気の会社

    アインファーマシーズ

    アインファーマシーズは北海道内に100以上の店舗を構えています。

    会社全体として、システム開発にも力を入れているため最新設備に触れることを経験できたり、職場環境は整っています。

    職場環境が整っていることから離職率も低く、10年、20年と長期で勤務し、管理薬剤師などにキャリアアップをしている人も多数

    また、一般薬剤師であれば、希望しない限り札幌市外へ異動することはないので、腰を据えて働きたいという人も安心

    教育・研修体制も手厚く整備されていることから、アイン出身の薬剤師の転職市場における市場価値は高いとされています。

    ファーマホールディング

    ファーマホールディングは、北海道内に80~90店舗を構えています。

    高齢化の日本において、在宅医療にも注力していることから、北海道の医療を担う薬局に成長していくことが期待されています。

    また、グループ会社の北海道医薬総合研究所は、認定薬剤師研修の実施機関として日本薬剤師会から認定されています。

    そのため、会社全体として資格支援も積極的に行なっている点が特徴的。

    北海道の薬学部のある大学

    北海道大学、北海道科学大学、北海道医療大学の3つの大学に薬学部が設置されている。

    北海道では薬剤師のために、薬学生の病院・薬局実務実習の受入体制づくりや、薬剤師の就業支援を行っていることも特徴的。

    薬剤師の需要が高まっているなか、資格を持ちながら未就業や現場を離れている薬剤師に対して、復職支援研修を行うなど薬剤師の確保のために施策を実施。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    北海道の転職でエージェントを活用すべき4つの理由


    北海道で転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.薬剤師に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収交渉や面接日の調整をお願いできる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    実際の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その職場で働く社員へヒアリングをしています。

  • 職場の雰囲気は?
  • 具体的な仕事内容は?
  • 入社1年以内の離職率は?
  • 評価の仕方は?
  • 残業はどれくらい?
  • ママ薬剤師の割合は?
  • 育休・産休の取得率は?
  • 経営者はどんな人?
  • などのことをヒアリングしています。
    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは職場別に担当が別れていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している職場に精通している可能性が高く、職場の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    新店舗開設など諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理薬剤師などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、北海道内の非公開求人を保有している可能性が高いです。
    たとえ、希望する求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが薬局、ドラッグストア、病院、製薬企業に提案してくれるケースも沢山あります。
    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 薬剤師に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。
    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。
    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。
    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。
    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。
    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。
    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気の薬局やドラッグストア、病院などの場合は、埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは薬局やドラッグストア、病院の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦してくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収交渉や面接調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。
    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。
    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。
    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    転職エージェント7つの活用方法


    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○の職場に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    北海道の転職に強い転職エージェント3選

    北海道で転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • 北海道の非公開求人を多数保持しているか
  • 職場へあなたを提案する力と実績があるか
  • 転職をサポートできるノウハウがあるか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。
    ※登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。

    ファルマスタッフの特徴

    ・年収600万円以上の高年収求人を7千件以上も保有
    ・派遣の取り扱いあり。さらに高時給の求人も業界トップ
    ・しつこい電話が少ないから自分のペースで転職できる
    ・対面のキャリア相談や面接同行など転職サポートが充実

    ファルマスタッフの親会社は日本調剤であるため、調剤薬局のパイプがつよく、求人の質、量ともに他の転職サイトより優れている。
    また、全国15箇所の拠点があり、他のサイトでは手が回りにくい地域の調剤薬局も広くカバーしている。
    コンサルタントがすべての求人先に訪問しているので、職場の雰囲気について、事前に教えてもらうことができる。
    「調剤薬局への転職を希望している」「派遣も検討している」という薬剤師さんには、ファルマスタッフがおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了

    薬キャリの特徴

    ・エムスリーグループのため薬局や病院の求人が豊富
    ・提携している転職サイト20社の求人を一括検索可能
    ・最短で即日最大10件の求人を紹介可能
    ・電話・メールのみで転職サポート

    「m3.com」を運営しているエムスリーが親会社であるため、医療機関と太いパイプを持っているのが特徴。
    「調剤薬局や病院を希望している」「転職を急いでいる」という薬剤師さんには、薬キャリがおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了

    マイナビ薬剤師の特徴

    ・業界トップクラスの求人数。大手の求人が豊富
    ・全国に支店がありキャリア相談会も頻繁に実施
    ・キャリア相談会やキャリアセミナーが豊富
    ・条件交渉やキャリアアドバイスのノウハウが豊富

    業界トップクラスの求人数を誇るマイナビ薬剤師だからこそ、他サイトではなかなか見つけることができないレアな企業薬剤師求人も豊富に取り扱っている。
    「中小よりも大手に転職をしたい」「転職しようか迷っている」という薬剤師さんには、マイナビ薬剤師がおすすめ。
    キャリア相談してみる
    約1分で登録完了

    北海道で転職するまでの5ステップ

    ステップ1.転職サイトに登録(無料)

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。

    ステップ2.採用担当から面接日程の調整などの連絡を待つ

    ステップ3.面接実施

    ステップ4.採用決定のご連絡

    ステップ5.入職手続きを進める

    応募から内定までは平均1週間~1ヶ月ほどかかるので余裕を持って応募してください。

    在職中で今すぐ転職が難しい方も面接や入社日の調整が可能です。

    職場見学も可能なので、コンサルタントに相談してください。

    コーナン薬局への転職はエージェントを使うべき理由

    コーナン薬局への転職を検討している薬剤師は、インターネットの口コミや評判を信じてはいけません。
    なぜなら、インターネット上の口コミや評判はウソの情報も混じっているからです。
    そのような口コミや評判だけを信じて転職しても、転職後に「思っていた転職先と違かった」などと後悔する可能性が高いです。
    そこで、この記事では、コーナン薬局への転職を検討している薬剤師のために、

  • エージェントを活用すべき4つの理由
  • 転職エージェント活用術
  • コーナン薬局への転職で使うべき転職エージェント
  • をお伝えします。
    ※ページ下部で紹介している転職エージェントなら、コーナン薬局の求人を保有している可能性が高いです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    コーナン薬局はこんなところ

    コーナン薬局は、大阪北部を中心に11店舗で営業しています。
    高槻、千里丘、香里園など、駅から徒歩5分以内の好立地の店舗が中心です。
    処方元の調剤だけでなく、近隣の介護施設の処方箋も数多く応需しています。
    また京都府綾部市では、しみん薬局の名前で地域の皆様の信頼を着実に深めています。

    会社概要

    法人・施設名

    株式会社コーナン薬局

    住所

    寝屋川市寿町47番35号
    コーナン薬局 香里本店
    大阪府寝屋川市寿町47番35号
    コーナン薬局 高槻店
    大阪府高槻市高槻町10番1号
    コーナン薬局 香里新町店
    大阪府寝屋川市香里新町12番12号
    コーナン薬局 千里丘店
    大阪府摂津市千里丘東2丁目11-23
    コーナン薬局 阪急高槻駅前店
    大阪府高槻市紺屋町9番18号 さつきビル1F
    コーナン薬局 ときわ店
    大阪府高槻市高槻町5番25号 北本ビル1階-B
    コーナン薬局 枚方公園前店
    大阪府枚方市堤町5-9
    コーナン薬局 水無瀬店
    大阪府三島郡島本町高浜3丁目2-30
    コーナン薬局 西田辺店
    大阪府大阪市阿倍野区西田辺町1-21-13
    コーナン薬局 綾部店
    京都府綾部市高津町三反田9番3号

    施設・サービス形態

  • 調剤薬局
  • 医薬品小売業
  • 医薬部外品の販売
  • 介護用品等の販売
  • 高度医療機器販売
  • 営業時間・処方科目・休日

    営業時間・・・月火木金/9:00~19:30、水土/9:00~18:30
    処方科目・・・耳鼻科
    休日・・・日曜日、祝日
    ※コーナン薬局の公式ページを参照しています。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    コーナン薬局の求人の特徴

    具体的な求人情報は下記の転職エージェントに登録しなければ見ることができないため、コーナン薬局の求人の特徴をまとめておきます。

  • 有給消化率100%
  • 調剤未経験・ブランクのある方も歓迎
  • 近隣の介護施設の処方箋も数多く応需
  • 全自動錠剤分包機を採用
  • コーナン薬局の待遇

  • 有給消化率100%
  • 子育て支援のために費用を一部負担
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、厚生年金基金、退職金、育児休暇制度、介護休職制度、永年勤続制度、駐車場
  • 選考プロセス

    1) ページ下部で紹介している転職サイトに登録(無料)

    2) 採用担当から面接日程の調整などの連絡を待つ

    3) 面接実施

    4) 採用決定のご連絡

    5) 入職手続きを進める

    ※応募から内定までは平均1週間~1ヶ月ほどかかるので余裕を持って応募してください。
    ※在職中で今すぐ転職が難しい方も面接や入社日の調整が可能です。
    ※職場見学も可能なので、コンサルタントに相談してください。

    コーナン薬局への転職にはエージェントを活用すべき4つの理由


    コーナン薬局への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.コーナン薬局の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.薬剤師に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. コーナン薬局の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。
    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「薬剤師の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営人はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。
    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。
    また、エージェントは職種、職場別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している職種・職場に精通している可能性が高く、職場の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、コーナン薬局の非公開求人を保有している可能性が高いです。
    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。
    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 薬剤師に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。
    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。
    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。
    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。
    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。
    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。
    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気の薬局やドラッグストア、病院などの場合は、埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは薬局やドラッグストア、病院の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。
    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。
    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。
    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    転職エージェント7つの活用方法


    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。
    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。
    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。
    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。
    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。
    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。
    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。
    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。
    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○の職場に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。
    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。
    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。
    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。
    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。
    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。
    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。
    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。
    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。
    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。
    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。
    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。
    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。
    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。
    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。
    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    コーナン薬局への転職にオススメな転職エージェント一覧

    コーナン薬局への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • コーナン薬局に関する求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • コーナン薬局以外の求人も提案できる力と求人データベースがあるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • おすすめな転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    ファルマスタッフ

    ファルマスタッフの特徴

    ・年収600万円以上の高年収求人を7千件以上も保有
    ・派遣の取り扱いあり。さらに高時給の求人も業界トップ
    ・しつこい電話が少ないから自分のペースで転職できる
    ・対面のキャリア相談や面接同行など転職サポートが充実

    ファルマスタッフの親会社は日本調剤であるため、調剤薬局のパイプがつよく、求人の質、量ともに他の転職サイトより優れている。
    また、全国15箇所の拠点があり、他のサイトでは手が回りにくい地域の調剤薬局も広くカバーしている。
    コンサルタントがすべての求人先に訪問しているので、職場の雰囲気について、事前に教えてもらうことができる。
    「調剤薬局への転職を希望している」「派遣も検討している」という薬剤師さんには、ファルマスタッフがおすすめ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    薬キャリ

    薬キャリの特徴

    ・エムスリーグループのため薬局や病院の求人が豊富
    ・提携している転職サイト20社の求人を一括検索可能
    ・最短で即日最大10件の求人を紹介可能
    ・電話・メールのみで転職サポート

    「m3.com」を運営しているエムスリーが親会社であるため、医療機関と太いパイプを持っているのが特徴。
    「調剤薬局や病院を希望している」「転職を急いでいる」という薬剤師さんには、薬キャリがおすすめ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師の特徴

    ・業界トップクラスの求人数。大手の求人が豊富
    ・全国に支店がありキャリア相談会も頻繁に実施
    ・キャリア相談会やキャリアセミナーが豊富
    ・条件交渉やキャリアアドバイスのノウハウが豊富

    業界トップクラスの求人数を誇るマイナビ薬剤師だからこそ、他サイトではなかなか見つけることができないレアな企業薬剤師求人も豊富に取り扱っている。
    「中小よりも大手に転職をしたい」「転職しようか迷っている」という薬剤師さんには、マイナビ薬剤師がおすすめ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    コーナン薬局の基本理念

    良質な医療サービスの継続的提供を通じて地域社会から信頼される企業づくりを目指します。

    コーナン薬局の経営方針

    『健康』・『安心』・『信頼』
    医療に携わるものとして、
    1.私たちはプロである責任や誇りを持って、みなさまの健康的な生活をサポートします。
    2.私たちはみなさまに安心できる薬をご提供し、清潔で明るい薬局であることをお約束します。
    3.私たちは現状に満足することなく、常に前に進み続け、地域医療に貢献し、みなさまに信頼される薬局であるように努力します。

    コーナン薬局の行動指針

  • 社会の一員として当然の法令遵守を誓います。
  • 調剤が人の命を預かる大切な責任ある仕事であることを自覚します。
  • 顧客、社員、地域社会など事業に関わる全ての人々に平等、公正な態度で接します。
  • コーナン薬局の研修制度

  • 新任研修(調剤経験のない方、少ない方を対象)
  • 薬局業務についての研修です。
    「調剤業務」、「在宅医療」、「特別な管理を要する薬剤の取扱い」についてなど業務マニュアルに沿って学びます。
    薬の知識についても系統、疾患別に研修を行います。

  • OJT研修
  • 各店舗の担当者が中心となり、患者さんへの対応を主として、薬局の機能や地域での薬剤師の役割などを実践的に学びます。
    業務マニュアルや薬の知識などを再確認しながら、配属店舗での業務を学びます。

  • フォローアップ研修
  • 新任研修を受けられた方や、希望者に定期的に行います。
    目標の設定を行ったり成長や達成具合を確認します。

  • 管理薬剤師研修
  • 年2~3回程度ミーティング形式で行います。
    管理職としての問題点や薬局長としての行動のあり方などを話し合います。
    また日々の業務についての情報交換なども行い、ミーティング内容は後日各店舗にて全社員で共有します。

  • 各店舗でのフォロー体制
  • 薬剤師会主催の研修会、学会主催の研修会、学術大会への参加推奨や、各店でのメーカー主催の勉強会を定期的に開催しています。
    常に新しい薬や、疾患についての情報や知識を得て患者さんへの服薬指導に生かします。
    年1回の全社員対象の合同勉強会もあり、他の店舗のスタッフとの情報交換も行っています。
    薬剤師会への入会、外部勉強会への参加、インターネットでのe-ラーニング受講も推奨しています(受講料等一部負担制度あり)。

  • 企画推進部によるフォロー体制
  • コーナン薬局ではDI業務(医薬品情報の収集、整理、提供)や、薬剤師の考える薬局像を提案する部署「企画推進部」を設けています。
    「企画推進部」では現場の薬剤師が中心となって研修等の立案・企画なども行っています。
    現場のスタッフが中心となって様々な案件について話す事により、実際の業務により役立つ知識を身につける事が出来ます。
    認定薬剤師や在宅療養支援認定薬剤師など資格取得の推奨や支援も行っています。

    ソレイユ豊中ファーマシーへの転職では転職エージェントを使うべき理由

    ソレイユ豊中ファーマシーへの転職を検討している薬剤師は、インターネットの口コミや評判を信じてはいけません。
    なぜなら、インターネット上の口コミや評判はウソの情報も混じっているからです。
    そのような口コミや評判だけを信じて転職しても、転職後に「思っていた転職先と違かった」などと後悔する可能性が高いです。
    そこで、この記事では、ソレイユ豊中ファーマシーへの転職を検討している薬剤師のために、

  • エージェントを活用すべき4つの理由
  • 転職エージェント活用術
  • ソレイユ豊中ファーマシーへの転職で使うべき転職エージェント
  • をお伝えします。
    ※ページ下部で紹介している転職エージェントなら、ソレイユ豊中ファーマシーの求人を保有している可能性が高いです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    ソレイユ豊中ファーマシーはこんなところ

    ソレイユ豊中ファーマシーは、株式会社メディプランが運営しています。
    株式会社メディプランは、大阪府下に3店舗の調剤薬局『ヒノデ薬局』を展開し、心のふれあいと安心を、最新の設備と細やかなサービスが提供されています。
    自社施設を保持しており、在宅への取り組みを強化しております。
    また、iPadやレセコンなど最新の機械を導入しており、薬剤師が働きやすい環境づくりを心掛けています。
    20代~30代の若手の方が多数活躍中!

    会社概要

    法人・施設名

    株式会社メディプラン ソレイユ豊中ファーマシー

    住所

    大阪市中央区北浜3-2-24  北沢ビル8階
    ヒノデ薬局 寝屋川店
    大阪府寝屋川市早子町2-23
    最寄り駅:京阪本線 寝屋川市駅 徒歩5分
    ヒノデ薬局 鴻池店
    大阪府大東市諸福7-2-15
    最寄り駅:JR片町線 鴻池新田駅 徒歩10分
    ヒノデ薬局 天王寺店
    大阪市阿倍野区天王寺町北2-31-9
    最寄り駅:JR環状線 寺田町駅 徒歩10分

    施設・サービス形態

    調剤薬局
    サービス付高齢者向け住宅
    住宅型有料老人ホーム
    介護付き有料老人ホーム
    リハビリ特化型デイサービス
    訪問看護事業

    営業時間・処方科目・休日

    営業時間:月~金/9:00~18:00、土/9:00~13:00
    処方科目:在宅専門
    休日:日曜日、祝日
    ※ソレイユ豊中ファーマシーの公式ページを参照しています。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    ソレイユ豊中ファーマシーの求人の特徴

    具体的な求人情報は下記の転職エージェントに登録しなければ見ることができないため、ソレイユ豊中ファーマシーの求人の特徴をまとめておきます。

  • 元MRの方なども活躍している
  • OJTの研修があるため、未経験の方でも安心
  • 電子薬歴システムを導入
  • 高精度の監査システムを採用
  • ソレイユ豊中ファーマシーの待遇

  • 社会保険完備
  • 年収500万円以上可能
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、退職金、育児休暇制度
  • 選考プロセス

    1) ページ下部で紹介している転職サイトに登録(無料)

    2) 採用担当から面接日程の調整などの連絡を待つ

    3) 面接実施

    4) 採用決定のご連絡

    5) 入職手続きを進める

    ※応募から内定までは平均1週間~1ヶ月ほどかかるので余裕を持って応募してください。
    ※在職中で今すぐ転職が難しい方も面接や入社日の調整が可能です。
    ※職場見学も可能なので、コンサルタントに相談してください。

    ソレイユ豊中ファーマシーへの転職にはエージェントを活用すべき4つの理由


    ソレイユ豊中ファーマシーへの転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.ソレイユ豊中ファーマシーの職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.薬剤師に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. ソレイユ豊中ファーマシーの職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。
    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「薬剤師の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営人はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。
    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。
    また、エージェントは職種、職場別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している職種・職場に精通している可能性が高く、職場の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、ソレイユ豊中ファーマシーの非公開求人を保有している可能性が高いです。
    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。
    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 薬剤師に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。
    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。
    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。
    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。
    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。
    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。
    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気の薬局やドラッグストア、病院などの場合は、埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは薬局やドラッグストア、病院の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。
    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。
    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。
    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    ファルマスタッフ

    高時給求人が多数
    ファルマスタッフ独占求人あり

    公式HP

    薬キャリ

    薬剤師専門転職サイト
    3万件以上の求人情報

    公式HP

    マイナビ薬剤師

    地方求人も多数
    利用者満足度NO.1

    公式HP

    転職エージェント7つの活用方法


    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。
    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。
    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。
    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。
    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。
    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。
    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。
    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。
    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○の職場に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。
    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。
    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。
    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。
    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。
    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。
    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。
    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。
    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。
    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。
    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。
    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。
    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。
    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。
    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。
    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    ソレイユ豊中ファーマシーへの転職にオススメな転職エージェント一覧

    ソレイユ豊中ファーマシーへの転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • ソレイユ豊中ファーマシーに関する求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • ソレイユ豊中ファーマシー以外の求人も提案できる力と求人データベースがあるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • おすすめな転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    ファルマスタッフ

    ファルマスタッフの特徴

    ・年収600万円以上の高年収求人を7千件以上も保有
    ・派遣の取り扱いあり。さらに高時給の求人も業界トップ
    ・しつこい電話が少ないから自分のペースで転職できる
    ・対面のキャリア相談や面接同行など転職サポートが充実

    ファルマスタッフの親会社は日本調剤であるため、調剤薬局のパイプがつよく、求人の質、量ともに他の転職サイトより優れている。
    また、全国15箇所の拠点があり、他のサイトでは手が回りにくい地域の調剤薬局も広くカバーしている。
    コンサルタントがすべての求人先に訪問しているので、職場の雰囲気について、事前に教えてもらうことができる。
    「調剤薬局への転職を希望している」「派遣も検討している」という薬剤師さんには、ファルマスタッフがおすすめ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    薬キャリ

    薬キャリの特徴

    ・エムスリーグループのため薬局や病院の求人が豊富
    ・提携している転職サイト20社の求人を一括検索可能
    ・最短で即日最大10件の求人を紹介可能
    ・電話・メールのみで転職サポート

    「m3.com」を運営しているエムスリーが親会社であるため、医療機関と太いパイプを持っているのが特徴。
    「調剤薬局や病院を希望している」「転職を急いでいる」という薬剤師さんには、薬キャリがおすすめ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師の特徴

    ・業界トップクラスの求人数。大手の求人が豊富
    ・全国に支店がありキャリア相談会も頻繁に実施
    ・キャリア相談会やキャリアセミナーが豊富
    ・条件交渉やキャリアアドバイスのノウハウが豊富

    業界トップクラスの求人数を誇るマイナビ薬剤師だからこそ、他サイトではなかなか見つけることができないレアな企業薬剤師求人も豊富に取り扱っている。
    「中小よりも大手に転職をしたい」「転職しようか迷っている」という薬剤師さんには、マイナビ薬剤師がおすすめ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます