企業の評判や口コミ

サイバーエージェントは平均年収806万円!エンジニアの給料も公開

日本を代表するインターネット企業であるサイバーエージェントの年収について、現役社員へのインタビューや信頼できる口コミ情報をもとに徹底解説します。

「職種別の平均年収」「年収に関する口コミ」も紹介。

サイバーエージェントに転職したら、今よりも年収が高くなるのか、低くなるのかをイメージしながら読み進めてください。

サーバーエージェントの平均年収

2023年9月期の有価証券報告書によると、サイバーエージェントの年収平均は806万円です。

リクルート、DeNA、グリー、メルカリなどの競合他社と同じく、平均年収は高めの水準になっています。

サイバーエージェントの年収分布ですが、700万円〜1,000万円で全体の約56%を占めています。

また、平均年収は毎年上昇していることが過去の推移から分かります。

2023年9月期:806.4万円
2022年9月期:817.0万円
2021年9月期:771.1万円
2020年9月期:733.6万円
2019年9月期:681.7万円
2018年9月期:709.2万円

さらに細かく見ると、平均年収は700万円〜900万円にかなり集中しているようです。

そのため、900〜1,000万円の年収をもらうためには乗り越えなければいけない壁がありそうです。

新卒の初任給は?

ビジネスコースが月34万円、年俸制408万円と一般的な初任給と比べるとかなり高めになっています。

テクノロジーコースやデザインコースも同様ですが、技術職は能力に応じてさらに昇給の可能性があります。

サイバーエージェントの職種別平均年収

サイバーエージェントの職種別平均年収

サイバーエージェントで募集されている、キャリア採用の募集要項に沿って、「営業職・コンサルタント」「プロデューサー・ディレクター」「エンジニア・SE・プログラマー・デザイナー」の3つの職種の年収を紹介します。

営業・コンサルタント

2014年から2015年にかけてアメーバ事業部が脚光を浴びましたが、アメーバ事業部が立ち上がる前のサイバーエージェントの花形部署だったのはインターネット広告事業部。

もちろん現在でも堅調に業績を支えています。

同社がIT関連企業で有名になったのもこの部署に勢いがあったからです。

しかし、意外なことに営業社員の年収が1,000万円を超えているケースは少ないです。

成果に応じて多額のボーナスが出ているイメージがありましたが、そういったこともないようです。

マネージャー、局長クラスでも年収1,000万円を超えている人はそこまで多くありません。

また、年次や年齢と年収の強い相関関係もみられません。

実力がものを言うインターネット広告事業会社らしいところです。

対象者の平均年齢が27.9歳と若かったため、年収も全体と比べて総じて低かった可能性もあります。

サイバーエージェントはIT関連のどこにでもドメインがありますから、この「コンサルタント」という方がどの部門に属しているかはわかりませんでした。

ITコンサルタントの平均年収は797.4万円と、エグゼクティブを除いた年収平均と大きく変わらないようです。

もっともこれは、有効回答数が少なかったために統括マネージャーの年収に引っ張られてあがった平均値と言えるかもしれません。

統括マネージャーの年収は1,000万円を大きく超えているようなので、若手社員の年収500~700万円と比べて大きく差があります。

プロデューサー・ディレクター

全体の年収分布は700~900万円でしたが、マーケティング部署の年収はこの分布より50〜100万円ほど低い印象です。

ただ、30代中盤~後半のマネージャークラスになると、1,100〜1,300万円程度をもらっているケースも少なくありません。

サイバーエージェントの中でも年収格差が開いている職種ということができるかもしれません。

平均年齢は30.2歳と、サイバーエージェント全体の平均とそう変わりません。

エンジニア・SE・プログラマー・デザイナー

テクニカルクリエイターやサーバーサイド、クライアントサイド、インフラ・その他など、システムエンジニア(SE)の平均年収は807万円でした。

平均年齢は34歳と、全体と比べて若干高め。

こちらもサイバーエージェント全体の給与分布と同様、年収750~900万円のところに相当集中しています。

3年目でも10年目でもこの年収分布帯に収まっているケースがかなり多いことから、他の職種以上にこの帯に集中する傾向がありそうです。

年収1,000万円を超えるエンジニアとなると、PMやマネージャークラスになります。

2011年から2012年にかけてのDeNA(ディーエヌエー)、GREE(グリー)、サイバーエージェントのゲーム系エンジニアの採用争奪戦では「1年目でも年収1,000万円を超える新卒が出るのではないか」などと言われていましたが、実際にものすごく年収をもらっているという人は多くないです。

しかし一時期のようなバブル状態ではないまでも、ソーシャルゲーム事業部は4つの事業部の1つとして確固たる事業の柱のひとつではあります。

なお、事業部による年収の違いについてですが、エンジニアに関してはそこまで際立った傾向はありません。

デザイナーやプログラマーに関しても、エンジニアと同様です。

サイバーエージェントの年収に関する口コミ

サイバーエージェントの年収に関する口コミ

サイバーエージェントの年収についてのイメージを膨らませるために、サイバーエージェントで従事した経験のある元社員や現在も従事している社員の口コミを見てみましょう。

若手から結構な金額をもらうことができる。
そのため渋谷から三駅以内に住むルールがあるが、そのルールの中でも結構裕福に暮らすことができる。
メガベンチャーの中でもトップレベルの給与の高さであると思う。
残業代が見込みなので、給与にすべて含まれている。
そのため、どれだけ残業しても、残業時間によって年収に差が出ることはない。
「結果は働く時間ではなく、出した成果によって決まる」というのは納得いくが、それでも残業が多かったため不満が残る。

労働時間

年収についての口コミは上記のとおりですが、高年収をもらってもライフワークバランスが良くないと…という意見もあるでしょう。

そこで、労働時間についての口コミも併せて紹介しておきます。

部署により、残業時間にバラつきがあります。
クライアントとの折衝がある部署は、営業もクリエイティブも残業が多く見られますが、働くメンバーのモチベーションは高い。
Webサービス部署は、リリース前などによって残業時間に差がでます。
ベンチャーにしては福利厚生がいい。
いい上司に当たれば、自分の裁量で仕事をしたり、提案が通りやすい。
勉強をする姿勢は評価されるので、環境を整えてくれたりお金を出してくれたりもする。
エンターテイメントに関わるところが大きいので、楽しみながらできる仕事もある。
内部イベントもお金を出して楽しもうとする傾向があるので、華やか。
定時を過ぎてからミーティングが入れられることは当たり前。
22時からミーティングが始まるなんてことも良くあった。
遅くまで働くことに疑問を持たない人ばかり周りにいるので、帰りづらいと感じている人はよくいる。
ワークライフバランスなんてあったものじゃない。
業務を自分で自由に選べるというか自分でとってこないといけない。
自由でよさそうであるが、厳しい側面が強い。
周りが成果を上げて表彰などされると、自分の状況と比較して落ち込むなど。
落ち込むなどの気分的なものであれば良いが、評価につながり、悪いとさらに仕事が回ってこず、負のスパイラルに陥る。
厳しい競争社会の側面がある。

人事制度

最後に、年収アップできる可能性があるかどうかの観点から人事制度についての口コミも確認しておきましょう。

20代で執行役員に就任する人事もあり、実力次第では大胆な抜擢人事もあります。
高い目標が与えられるためハードワークな部分もありますが、その分やりがいのある仕事を多くの社員が与えられていると思いますし、目標をクリアした際の褒める文化、また待遇も充実しており、仕事へのモチベーションの高い社員が多いと思います。
新入社員はある程度の研修期間が設けられているが、中途社員の研修はあまり充実していない。
入社した日の午後には配属で基本的に現場でのojtが中心のため、上司や部署次第になる。

労働時間・社風・仕事のやりながいなどの評判・口コミをもっと見たい方はこちら

サイバーエージェントはグレード制を導入している

サイバーエージェントでは平均年収を決めるための評価基準としてグレード制を導入しており、半年に1度の評価によってグレードが上がっていくことがあります(もちろん、評価次第では下がることもあり)。

ビジネスサイドやエンジニアサイドによってグレード基準は異なりますが、ビジネスサイドの場合のグレード別の平均年収イメージを紹介しておきます。

C1:550-600万円
C2:600-650万円
C3:650-700万円
S1:700-800万円
S2:750-850万円
S3:850-950万円
E1:950-1,000万円
E2:1,000-1,100万円〜
E3:1,100-1,200万円〜

昇給額は半期の人事評価によって異なることになります。

具体的には、SからDランクまでの評価付けがなされてSランクであれば月5万円、Aランクは3万〜5万円、Bランクは1万〜3万円、Cランクは5,000〜1万円、Dランクは5,000円単位で年収が上がるといったイメージとなります。

昇給タイミングは半年に2回あり、上記の評価に基づいてグレードが決まるため、例えばSランクを2期連続で取れた場合は年間120万円以上の昇給も可能となるケースがあるようです。

サイバーエージェントに中途入社した場合の平均年収

サイバーエージェントはインターネット広告業界を牽引していることから、転職先としてもとても人気が高い企業です。

そこで、中途入社した場合の平均年収を実際に募集されている求人を参考に見てみます。

サイバーエージェントの求人情報

サイバーエージェントは、エンジニア、デザイナー、プロデューサー・ディレクター、営業など5職種以上で求人を募集しています。
メディア事業、ゲーム事業、広告・アドテクノロジー事業などでも募集しています。

一部の求人情報を記載しておきます。

※ここで記載している求人は、こちらのページで紹介している転職エージェントで紹介してもらえる可能性が高いものです。

募集職種
Webマーケティング
仕事内容
AbemaTV・アメーバブログ・タップル誕生などサイバーエージェントが運営するメディアサービスの、マーケティング活動における戦略立案から実行まで担当
データ分析、課題抽出、マーケティングプランの策定など、最上流で戦略立案から実行までを行う、経営に直結する仕事です。

【主な業務内容】

  • 担当メディアにおける戦略策定、設計、実行、分析
  • プロモーションの戦略設計から実行(デジタル/オフライン領域を横断)
  • 広告代理店と連携をした広告運用(Twitter/Facebook/リスティングなど)
  • 広告効果分析・改善提案
  • 応募資格
    <必須スキル>

  • 分析好きで探求心の強い
  • メディアグロースに興味がある
  • デジタルマーケティング、スマホアプリのプロモーションに関する興味関心がある
  • <歓迎スキル>

  • WEBマーケティング、またはWEBメディアでの業務経験がある
  • WEBプロモーションのプランニング経験がある
  • 広告代理店または事業会社で運用型広告(Twitter/Facebook/アドネットワーク等)の運用知識と経験がある
  • <求める人物像>

  • 成長意欲が高く、自分の目標・ビジョンを持っている
  • チームメンバーと協力し、目標達成に向け自走できる
  • ジャンル問わず知見を広げることが好き
  • 難易度の高い目標にチャレンジしたい
  • 募集背景
    業績好調による増員
    雇用形態
    正社員
    勤務地・交通
    <本社>
    〒150-0042
    東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers

    交通

    <本社>
    東京メトロ銀座線,半蔵門線,副都心線「渋谷駅」より徒歩10分
    JR東日本「渋谷駅」より徒歩10分

    勤務時間
    10時~19時(実働8時間、休憩1時間)
    給与
    年収:400万円〜650万円
    ※スキルや経験を考慮して決定。
    ※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直しあり。
    休日休暇
  • 完全週休2日制(土曜・日曜)
  • 祝日
  • 夏期休暇(3日間)
  • 年末年始休暇(12月29日~1月3日)
  • 年次有給休暇(初年度10日間)
  • 慶弔休暇
  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • リフレッシュ休暇(勤続2年間で5日間)
  • など

    福利厚生・待遇
  • 給与改定(年2回)
  • 各種社会保険完備
  • 通勤手当
  • 家賃補助制度
  • 従業員持株会
  • 慶弔見舞金制度
  • 社内親睦会費補助制度
  • 各種活性化制度 ※新規事業創出プロジェクト
  • キャリアチャレンジ制度
  • macalonパッケージ
  • 部活動支援制度
  • など

    <家賃補助制度 2駅ルール・どこでもルール>
    勤務オフィスの最寄駅から各線2駅圏内に住んでいる正社員に対し月3万円、5年以上勤続している正社員に対してはどこに住んでいても月5万円の家賃補助を支給します。

    <部活動支援制度>
    社員同士のコミュニケーション促進を目的に、部活動に対し補助金を支給。ダンス部、ゴルフ部、フットサル部、野球部、ランニング部、フラワーアレンジメント部など多種多彩な部活があります。

    毎月末の表彰式、サイバーエージェントグループ全社社員総会、社員旅行など一体感を創る場を多数設けている活発な組織です。

    募集職種
    フロントエンドエンジニア
    仕事内容
    HTMLやCSS、JavaScriptなどのWeb技術を用いてサービスのクライアントサイドの設計・開発を行います。 また、パフォーマンス・アクセシビリティ・セキュリティなどの観点から継続的なWebの品質改善をするのがフロントエンドエンジニアです。
    応募資格
    <必須スキル>

  • Web標準を前提としたHTML/CSSによるコンテンツとビジュアルの構築
  • JavaScriptを使ったリッチなユーザーインターフェースの構築
  • 技術やデザインへの高い興味関心、新しい事柄の自発的なキャッチアップ
  • <歓迎スキル>

  • React、VueなどモダンなUIコンポーネントライブラリ
  • Node.jsによるBFFやIsomorphicアプリケーション
  • サーバー全般やインフラ(AWS、GCP、Varnish、Fastly)
  • Web動画プレイヤーおよびストリーミング技術(HLS、MPEG-DASH)
  • Service Worker関連、Web PaymentsなどのモダンなWeb技術
  • ほかWeb標準の中でも特にエッジな仕様や動向のキャッチアップ
  • 品質全般(パフォーマンス、アクセシビリティ、セキュリティ、SEO)
  • SketchやFigmaなどデザインツールの操作およびデザイン作成
  • ユーザーインターフェース一般の設計および改善
  • ユーザーにとっての操作感を高めるマイクロインタラクションの適用
  • CIやテスト自動化、webpack設定など開発環境の継続的な改善
  • 他の職種(ビジネス、デザイナーなど)との円滑なコミュニケーション
  • チーム内のデザイン、エンジニア、ビジネスを横断したディレクション
  • 募集背景
    2004年にブログプラットフォームとして「Ameba」を立ち上げたあと、スマートフォンの普及やデータ通信の高速化など市場の変化に合わせて、多様なサービスを提供してきました。現在はスマートフォン向けサービスに大きく舵を切っています。スマートフォンが普及した現在、世界で通用するサービスを作るためには、高い技術力が必要不可欠。そうした背景の中、体制をさらに強化していくために、エンジニアの積極採用を行っています。
    雇用形態
    正社員
    勤務地・交通
    <本社>
    〒150-0042
    東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers

    交通

    <本社>
    東京メトロ銀座線,半蔵門線,副都心線「渋谷駅」より徒歩10分
    JR東日本「渋谷駅」より徒歩10分

    勤務時間
    10時~19時(実働8時間、休憩1時間)
    給与
    月給37万5,000円以上
    ※各種インセンティブ等有。
    ※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直しあり。
    募集職種
    インフラエンジニア
    仕事内容
    プライベートクラウド内のサーバー・ストレージ設計運用

  • Linux kernel及び、仮想化環境(QEMU/KVMなど)周りのチューニング
  • NVMe パフォーマンス検証と選定
  • 新たな技術追求と導入

  • 汎用OSS(DRBDなど)を活用した高パフォーマンス独自ストレージの構築
  • NVMe、NVDIMM、Optaneなどの活用
  • NVMe、NVDIMM、Optaneなどの活用
  • 新規サーバーメーカーの開拓
  • 機器選定やパフォーマンスチェック

  • 各社のCPU・Disk性能試験
  • 要件の処理性能を、最適な搭載密度・電力効率・コストで設計
  • 応募資格
    <歓迎スキル>

  • ストレージ製品の運用・構築・経験
  • Python・スクリプト言語を用いた開発経験
  • Linux kannelのチューニングやLinux・Networkの基本的な知識・経験
  • iSCSI、NFSなどのストレージプロトコルの深い知識
  • 分散ストレージの開発/構築・運用経験
  • Openstack Swiftなどのオブジェクトストレージの構築・運用経験
  • Ansible、Jenkins、Gitの利用経験
  • 負荷試験ツール(unixbench,fioなど)を使った性能経験
  • <求める人物像>

  • ストレージ製品の運用・構築・経験3年以上
  • Python・スクリプト言語を用いた開発経験2年以上
  • LPIC Lv3と同等の知識を有する
  • Volume管理(LVM、FileSystemなど)に関して知識を有する
  • 募集背景
    メディアサービス全体を横軸で担当している技術本部のメンバーを募集。
    雇用形態
    正社員
    勤務地・交通
    <本社>
    〒150-0042
    東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers

    交通

    <本社>
    東京メトロ銀座線,半蔵門線,副都心線「渋谷駅」より徒歩10分
    JR東日本「渋谷駅」より徒歩10分

    勤務時間
    10時~19時(実働8時間、休憩1時間)
    給与
    年収400万円~1,000万円
    ※各種インセンティブ等有。
    ※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直しあり。
    募集職種
    UI/UXデザイナー
    仕事内容
    AWA、アメブロ、755、AbemaTV、キュレーション、Ownd、新課金分野など、数多くのメディアを運営するメディア管轄内にて、メディア事業のUIデザイナーとして、企画、画面設計・UIデザインだけでなく、UIアニメーションやモックアップを用いたUXの提案まで、幅広くアウトプットするのがUI/UXデザイナーです。
    応募資格
    <歓迎スキル>

  • Photoshop/Illsutratorの実務経験を3年以上
  • スマホアプリや、Webデザインの経験
  • SketchやFigma、Protopieなど、トレンドのツールに敏感
  • アニメーション制作経験(AfterEffect等)
  • HTMLの知識があり、アプリ開発にも興味がある
  • <求める人物像>

  • アプリやUIのトレンドを常に追いたい好奇心がある
  • コミュニケーションスキルの高い
  • 市場のアプリを研究し、プロジェクトに適したUIをデザインに落とし込める
  • 魅力
    多くの方に利用されているメディアや、新たに仕掛けるメディアのクリエイティブを責任持って制作できること、また多くのユーザーに使ってもらうことのできる環境があります。また、多くのクリエイターと一緒に仕事ができる環境なので、お互いに刺激を受けられる点が魅力です。
    雇用形態
    正社員
    勤務地・交通
    東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ ウエスト17階

    交通

    東京メトロ銀座線,半蔵門線,副都心線「渋谷駅」より徒歩2分
    JR東日本「渋谷駅」より徒歩2分

    勤務時間
    10時~19時(実働8時間、休憩1時間)
    給与
    年収550万円~800万円
    ※経験・能力を考慮の上、規定により優遇。

    サイバーエージェントの子会社も年収を上げるならチェックしよう

    サイバーエージェントは子会社がたくさんあり、本社採用されたとしても子会社に出向する場合があります。

    サイバーエージェント本体で採用され子会社に出向した場合、年収体系はサイバーエージェントの年収が適用されます。

    本体では役職に就くことができなかったとしても、子会社に出向した場合は社長直下など重要なポストを任されたり、事業成長が著しい部署の配属となるケースも多く、結果として高待遇で働けることとなり、年収が大きく上がる可能性があります。

    特に取締役のような形で子会社のポストに就いた場合は役員報酬ももらっているという事例もあります。

    なお、注意すべきなのは、最初から子会社で採用された場合はそもそもサイバーエージェントの年収体系が適用されるわけではないので、年収は低くなってしまう可能性が高いという点です。

    採用が本体なのか子会社なのかは面接時に直接聞くか、転職エージェント経由で必ず確認してください。

    サイバーエージェントの子会社一覧

    サイバーエージェント本体で採用された場合でも出向可能性のある子会社を紹介しておきます。

    なお、出向の可否は日々変動しますので、求人紹介時にエージェントに確認してください。

    メディア

    好きな時間に好きな場所で話題の動画を無料で楽しめる新しい未来のテレビであるABEMAをはじめ、恋活・婚活アプリのタップルなどのメディア系の子会社です。

    サイバーエージェントメディア

    ・株式会社AbemaTV
    ・株式会社WinTicket
    ・株式会社タップル
    ・株式会社OEN
    ・株式会社CyberLDH
    ・株式会社シロク
    ・AWA株式会社
    ・株式会社AJA
    ・株式会社eStream
    ・株式会社BABEL LABEL
    ・株式会社ネルケプランニング

    広告

    スマートフォンに特化した広告マーケティング事業を展開するCyberZ、企業のDX支援事業のサイバーエージェントDXなど広告関連の子会社。

    サイバーエージェント広告

    ・株式会社CyberZ
    ・株式会社CyberACE
    ・株式会社シーエー・アドバンス
    ・株式会社AI Shift
    ・株式会社MG-DX
    ・株式会社CASM
    ・株式会社サイバーエージェントDX
    ・株式会社CyberOwl
    ・株式会社CYPAR
    ・株式会社CyberE
    ・株式会社CCPR
    ・株式会社CAリスキリングパートナーズ
    ・CyberAgent Beijing, Inc.
    ・CyberAgent,Inc.Taiwan Branch
    ・CyberAgent, Inc. Korea
    ・CA ADVANCE Vietnam Co., Ltd.

    ゲーム

    うま娘で注目度が高まっているCygamesなどのゲームの企画・開発・運営などの子会社

    サイバーエージェントゲーム

    ・株式会社Cygames
    ・株式会社サムザップ
    ・株式会社アプリボット
    ・株式会社ジークレスト
    ・株式会社Craft Egg
    ・株式会社グレンジ
    ・株式会社GOODROID
    ・株式会社QualiArts
    ・株式会社Colorful Palette
    ・株式会社CA GameFi

    サーバーエージェントに転職する時に有利になるスキル5選

    サイバーエージェントの年収について紹介しました。

    最後に、サイバーエージェントに転職するときに有利になるスキルを5つ紹介します。

    下記の点は、転職での面接時にも求められる機会が多いため、事前に押さえておきましょう。

    高いコミュニケーション能力

    総じてサイバーエージェントの社員の方はコミュニケーション能力が高いです。

    チームワークを非常に大事にしているので、協調性が必要かと思います。

    また相手に合わせた絶妙なコミュニケーション力が求められます。

    マインドの高さ

    既にインターネット業界では大手となっていますが、そういったマインドではなく、ベンチャーマインドと高い志を持っている事が求められます。

    素直さ・柔軟さ

    21世紀を代表する会社を創るというビジョンに共感ができるか、自分のエゴだけでなく、一定の協調性を持った上で、スピードの早いインターネット業界の中で自分自身を柔軟に変えていく素直さを持っている事を求められます。

    社風にマッチしたキャラクター

    独自の風土やキャラクターの方が多いと感じます。

    チャラいというよりも、うまく社内外の人と関係を素早く作れるだけの、軽さの演出を意識的にでもする事ができるかどうかがポイントだと思います。

    数値分析力・論理的思考力やExcelスキル

    サイバーエージェントに限らず、インターネット広告実務においては、アクセスログのデータを分析して、次の施策・打ち手を考え、提案する事が求められます。

    分析やレポート作成時にExcelを多用するため、論理的思考力や数値分析力なども求められます。

    インターネット広告業界への高い関心・リテラシー

    インターネット業界は、目まぐるしくツールやマーケティング手法が変化するため、自ら興味・関心を持って、キャッチアップしていく必要があります。

    指示されずとも自身で興味を持ち続けられる理由を、自分自身の中で明確にできないと継続的に成果をあげていく事は難しいかもしれません。

    サイバーエージェントに転職するなら転職エージェント利用がおすすめ

    これまで見てきたとおり、サイバーエージェントに転職することができれば年収アップを実現できる可能性が高いです。

    また、企業として新しい事業を展開していたり、個人のキャリアとしての成長機会の豊富さ、今後のキャリアパスの広がりなどから転職者から非常に人気があります。

    積極的な人材募集も行なっていることから未経験だけど挑戦してみたい20代や第二新卒、さらにスキルやキャリアを伸ばしていきたい30代、責任者として事業や組織を推進していきたい40代など多方面で転職実績も多くあり、しっかりと企業研究や面接対策を行うことで転職できる可能は高くなります

    サイバーエージェントを含め、インターネット業界に興味がある人、転職を考えているけど何から始めたらいいかわからないという場合は、転職のプロである転職エージェントに一度相談してみることをおすすめします。

    サイバーエージェントへの転職でおすすめ転職エージェント

    サイバーエージェントへの転職でおすすめ転職エージェント
    サイバーエージェントへの転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • サイバーエージェントの求人を所有する可能性が高いか
  • サイバーエージェント以外の求人も提案できるか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:412,462件
    非公開求人数:291,985件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    公開求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 年収交渉を代行してくれ年収アップしやすい
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も20万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:128,640件
    非公開求人数:23,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 年収500万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 職務経歴書の登録でスカウト数が大幅に増加
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収500万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収500万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    ※マイナビのプロモーションを含みます。

    基本情報

    公開求人数:48,324件
    非公開求人数:18,475件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:217,091件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    JACリクルートメント

    基本情報

    公開求人数:11,935件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開
    得意な年代:20代後半〜50代前半
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万円以上の求人も多数保有
  • 約550名の業界に精通したプロが在籍
  • 管理職、外資系、海外進出企業などハイクラス転職支援に強み
  • 企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう
  • 外資・グローバル企業に強い

    ロンドン発祥の転職エージェントであり、日本を除く11カ国に拠点もあることから独自のネットワークを活かした外資系や海外企業への転職に強みを持つ。

    「P&G」や「プルデンシャル生命」といった海外でも有名な企業だけでなく、「トヨタ」「パナソニック」「ヤフー」などの日本国内の有名企業の求人も保有している。

    コンサルタントから紹介してもらうことができる非公開求人が多いことも特徴的であり、登録しておくことで他の転職エージェントサービスでは見つけられなかった求人と巡り会える可能性が広がる。

    年収アップ、キャリアアップできる可能性が高い

    公開求人だけでも年収500万円以上が基準となっており、非公開求人の中には年収800万円以上の高年収求人も多数ある。

    これまでの経験やスキルを武器にさらなる年収アップを狙いたい人にはチャンスが多いエージェントサービス。

    ただ、管理職や専門職の求人情報がメインになり、即戦力としての活躍を期待している企業が多いことから経験者には適しているが、未経験の職種にチャレンジしたい人にはあまり適していない。

    紹介してくれる求人のマッチ度が高い

    JACリクルートメントは大手エージェントサービスの中では珍しく、企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう「両面型の転職エージェント」となっている。

    両面型のメリットとしては、企業の社風や仕事内容をコンサルタントが熟知しているからこそ希望する条件と紹介する求人のマッチング精度が高められること。

    また、求職者としては企業が求めている人物像や評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入る。

    そのため面接でズレのないアピールができ、結果として面接通過率を上げられる可能性も高くなる。

    英語面接などの対策に親身に取り組んでくれるため、外資系企業にはじめて挑戦する方でも安心して転職活動に臨める。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。


    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 面談で希望条件を伝えておく
  • エージェントからの紹介求人を週一でチェック
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流となっています。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    転職エージェントに登録しておけば、希望条件を満たす求人の紹介だけでなくスカウトなどを通じてあなたの市場価値を知ることもできます。

    勘違いされがちですが、転職エージェントに登録したからといって転職しなければいけないということではないのです。

    転職が当たり前になっている今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておくことが重要です。

    博報堂がブラックって本当?評判・口コミから失敗しない転職方法が判明

    少しでも広告業界に興味がある人なら博報堂を知らない人はいないでしょう。

    また、広告業界に興味がなくても名前は聞いたことがある!と言う人も多いはずです。

    博報堂は電通に次いで広告業界2位の超大手企業です。

    そのため、新卒だけでなく転職先としても人気のある企業であり、キャリアアップや年収・労働条件アップを目的とした転職先として検討している人も多いのではないでしょうか?

    しかし、電通の過労死問題を筆頭に、広告業界全体で残業や休日出勤、パワハラ・セクハラと言った噂を聞くことが多くなっています。

    博報堂も例外ではなく、ブラック企業と噂されることもしばしば

    そこで今回は「博報堂」がブラック企業か否か、実際に博報堂で働いていた人の評判や口コミを徹底分析

    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    博報堂はこんな会社

    1895年(明治28年)10月、教育雑誌の広告取次店として設立し、廣告社(1888年創業)と並び日本の広告黎明期から活動を続ける広告代理店です。

    2003年10月に大広・読売広告社と経営統合し、博報堂DYホールディングスを設立。

    国内1位の電通と合わせて、広告代理店の二大巨頭という意味で「電博」(でんぱく)と総称されています。

    経営統合に伴い、博報堂を含め3社のメディア枠仕入れ部門は博報堂DYメディアパートナーズに移管されたため、博報堂DYグループの1社として媒体社に対してより大きな影響力を持っています。

    2008年5月には、赤坂サカスにある赤坂Bizタワーに本社を移転し、博報堂DYメディアパートナーズとの連携を強めています。

    基本情報

    博報堂の基本情報

    まずは、博報堂の基本情報を紹介します。

    ※博報堂の公式ページや信頼できる機関の情報を参照しています。

    会社名

    株式会社博報堂

    事業所

    本社
    〒107-6322
    東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー

    設立

    1924年2月11日

    資本金

    358億48百万円

    従業員数

    3,918名(2023年4月1日現在)

    平均年齢

    42.2歳

    ※参照:有価証券報告書

    平均年収

    1,057万円

    ※参照:有価証券報告書

    勤続年数

    15.8年

    ※参照:doda

    代表者

    代表取締役社長
    水島正幸

    ビジョン

    未来を発明する会社へ。

    2014年、博報堂は、博報堂DYグループの総合メディア事業会社である博報堂DYメディアパートナーズと共に、中長期ビジョンとして「未来を発明する会社へ。Inventing the future with sei-katsu-sha」を発表しました。5年後、10年後に向けて、私たちが「生活者とともに未来をつくる」存在になっていたいという、強い意思表示です。
    私たちは、ビジョンの実現に向け、30年以上にわたり培ってきた「生活者発想」を、「より具体的に、未来を描き出す手法」としてさらに進化させていきます。
    さらに、「パートナー主義」を“生活者、企業、メディアなどあらゆるプレイヤーとの共創の仕組み”として進化させていきます。

    生活者とともに、「未来」をつくる。「広告をつくる」を超えて、「未来を発明する」。「未来の発明」は、国境を超えて世界へ。

    ビジネスの大きな転換期を迎え、私たちは次の時代へと変革を進めています。

    フィロソフィー

    生活者発想
    「生活者発想」とは、人を、単に「消費者」として捉えるのではなく、多様化した社会の中で主体性を持って生きる「生活者」として全方位的に捉え、深く洞察することから新しい価値を創造していこうという考え方です。生活者を誰よりも深く知っているからこそ、クライアントと生活者、さらには社会との架け橋をつくれるのだと考えます。

    パートナー主義
    「パートナー主義」とは、「責任あるパートナーとしてクライアントとともに語りあい、行動し、創造する」ことです。生活者発想という異なる視点を持った上で課題を共有できるからこそ、パートナーになれると考えます。

    営業種目

    ブランディング/コンサルティング

    ブランド管理、ブランド開発、ブランドコンサルティング

    クリエイティブ

    キャンペーン企画、テレビ広告、新聞広告、雑誌広告、ラジオ広告、グラフィック、タレントキャスティング、インターネット広告

    ストラテジックプラニング

    ターゲット戦略、ポジショニング戦略、コンセプト開発、市場導入戦略、キャンペーン企画、商品開発、事業開発、事業戦略・企業戦略コンサルティング

    カスタマーマーケティング

    戦略プラニング、コンサルティング、データ開発・管理・分析、マーケティングプログラム開発、クリエイティブ、ダイレクトマーケティング、データ ベースマーケティング、プロモーション戦略、チャネルプロモーション、インナープロモーション、SPツール制作、SP媒体、サンプリング、サイン計画・製作、パッケージ制作、店舗設計

    デジタル/インタラクティブマーケティング

    ダイレクトレスポンス広告、CRM、データベースコミュニケーション

    コーポレートコミュニケーション

    企業・商品広報戦略、ソーシャルコミュニケーション

    イベントプラニング・ プロデュース

    各種展示会のブース企画・デザイン・運営、博覧会/コンベンション/国際イベントの広報・運営、イベント・周年行事・式典/公共・民間のPR施設、店鋪、商業施設等の企画・デザイン・運営、ヴィジュアルアイデンティティ/ブランドアイデンティティ計画・製作、看板・サインのデザイン、メディア&コンテンツ

    プラニング

    コミュニケーション戦略立案、データ作成、コミュニケーション価値検証、プロモーションプラン作成、出稿プラン作成

    プロデュース

    メディアビジネス企画・開発、コンテンツ企画・開発、イベント企画・運営、コンサルティング、諸権利の販売、ライツマネジメント、キャスティング、 データベース企画・開発・運営、コンテンツ制作・デザイン、コンテンツへの出資・製作、広報・プロモーション企画、プロダクトプレスメント、各種タイアップ

    バイイング

    新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、アウトドア、衛星メディア、インターネット、モバイル、イベント

    ナレッジ

    市場分析、情報発信、データ開発、システム・ツール開発、視聴読者データベース構築・運用

    トラフィック

    素材送稿、報告、出稿確認、EDI

    リサーチ

    市場調査、消費者調査、流通調査、商品テスト、テストマーケティング、需要予測、広告調査、広告効果測定

    グローバル

    各営業種目の海外展開

    博報堂の特徴

    博報堂の特徴

    健康経営

    博報堂は「人が資産」の会社です。

    「粒ぞろいより粒ちがい」な人材が「自由」で「主体的」にクリエイティビティを発揮し、価値を生み出す、これが私たちの原点です。
    そして、フィロソフィーである生活者発想を大切にしながら、世の中に新しい価値を提供し続けています。

    それをささえるのは、生活者である社員一人ひとりが、その能力を十分に発揮し、自分らしく活き活きと活躍することができる環境づくりです。

    つねに、プロフェッショナルとして、自分のコンディション(健康)維持と能力伸長に心を寄せ、チームメンバーの健康と生活にも思いをはせながら、仕事をしている。

    博報堂で働く全ての人それぞれが、「仕事が人生を豊かにし、人生が仕事を豊かにする」環境を享受している。

    その土台には、一人ひとりの「健康」が有ります。

    博報堂では、「定期健康診断の100%受診」と「健康診断の事後措置強化」を、また健康保険組合では「28歳以上自己負担なしの人間ドック」の実施、「個々人の健康データのオンライン管理」などを行い、健康増進に積極的に取り組んでまいりました。

    その結果、定期健康診断は100%受診を常に達成し、人間ドックの受診率も80%を超えています。

    本社には、診療所(一般内科、歯科)と、健康に関する相談を受け付ける「健康サポートセンター」を設け、健診、健康相談などに対応しています。

    また、今年度より、働き方改革と両輪で、健康管理を担当するセクションを統合し、健康増進をより加速させるための専門組織を新設しました。

    健康保険組合では、生活習慣病予防のためのオンラインサービスや健康指導などを実施しています。

    博報堂は、働き方改革と健康施策により、社員の「健康」と「成長」を支援し、企業としての「成果」を目指しています。

    そして、社員一人ひとりが活き活き活躍することによる会社の成長、すなわち「健康」と「成長」によって「企業の価値」を高めていくサイクルの確立を実現します。

    博報堂の平均年収(職種別)

    営業系:820万
    企画・事務・管理系:838万
    販売・サービス系:950万
    クリエイティブ系:717万
    IT系エンジニア:600万
    その他:1050万

    ぶっちゃけ博報堂ってどうなの?口コミを分析

    博報堂の評判口コミ

    博報堂がどのような事業をやっていて、どれくらいの年収をもらっているのか何となく理解してもらえたかと思います。

    ただ、このような情報は少し調べれば出てきますし、転職においてさほど重要ではありません。

    転職において一番気になることは、ぶっちゃけ職場の人間関係とか制度、福利厚生、得られるスキルがどうなのかってことですよね。

    そこで、ここからは実際に博報堂で勤務経験のある方の口コミを参考にして見てみましょう。

    なお、良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    転職活動の参考にしていただければと思います。

    ぶっちゃけ残業は多いの?

    世の流れで、働き方改革の真っ最中。
    画一的な方法論はなじまないため苦慮しているところはあるが、一昔前よりは格段に残業時間が少なくなった。
    下手すれば2徹くらいは当たり前だった頃に比べれば、会議設定なども効率的にしようとする環境ができている。

    50代_男性_事務
    制度的には完成しているといえるが 実体的には有給休暇を完全消化するのは業務の量からして不可能であった。
    部門による業務量の配分が検討されてよいのではなかろうか。
    休暇時に利用できる設備はとりあえず充実していたといえる。

    50代_男性_営業
    新人のうちは会社で徹夜することもザラ。
    上の年次の人でも「徹夜した」と嘆く声を聞くことも多い。
    100時間残業して当たり前。
    そこからが勝負といった気風も大いに残る。
    少なくとも定時という概念は崩壊している。
    仕事=人生と考える人が多いイメージ。
    プライベートや家族との時間を大事にしたいと思う人には向かない。

    20代_男性_営業
    時代のワークライフバランスを重視するトレンドとは相反しており、相当の時間外労働を強いられる状況である。
    労務管理なども適当なので、考え難い時間の時間外労働をするはめになる。
    入社数年で、裁量労働に切り替わり、実質サービス残業をしいられることになる。

    30代_男性_企画

    ぶっちゃけ年収はどうなの?

    続いて、年収に関する口コミを確認しましょう。

    裁量労働制で契約社員にも裁量があり、自分のやり方で仕事が進められる点。
    また正社員とまではいかないが、契約社員の給与も同年代の平均年収に比べて高い。
    年俸制であり、評価が良ければ契約社員でも昇給が充分にできる。

    30代_女性_クリエイティブ
    自由にプロジェクトをつくれたし給与レベルも高かった。年々昇給するのも良かった。
    何よりも絶対額の高い安いがイチバン問題でありその点まずまず納得できるレベルであった。
    評価による差もボーナス時にほぼ納得できる状態であった。

    50代_男性_営業
    比較的不満な点はないはずではあるが、仕事の内容、評価内容によっては不満な点は出てくる。
    特に評価者自体が公正かつ客観的な視点を持っているか否かで大きく影響する。
    できる人間なら自らその組織を離れて希望職種・組織へ脱出する方法はあるが。
    5

    0代_男性_事務
    裁量がある分、正社員と同等の責任感を問われるが、いくら業績が良かったとしても契約社員にはボーナスが出ない。
    また正社員に変わって新卒のトレーナー等をさせられる場合もあるが、特に手当などは出ない。

    30代_女性_クリエイティブ

    ぶっちゃけ人事制度はどうなの?

    次に人事制度についての口コミです。

    OJTでどんどん新しいことを学べるチャンスがある点いいとおもいます。
    裁量が大きい分責任も大きく、大変な部分はありますがその分や利害があると思います。
    また、オフィスもアクセスも便利ですね。

    20代_女性_営業
    先輩の下に付くかたちで、新人はアシスタントとして仕事を習うことで、師弟関係のように仕事を覚えることができます。
    直接、やりとりをすることで密度の高いノウハウの伝授ができています。
    また、今後の仕事面では、会社においてのメンターとして位置付けにもなるので、直属の部下・後輩でありながら、信頼関係の構築にもなっています。

    30代_男性_クリエイティブ
    チームで動いていることが多いのと、クライアントの事情に左右されることが多いため、個人の成果をはかりづらいことが多く、必然的に評価が曖昧になることがある。
    そこは、業態上仕方がないことかもしれない。

    30代_女性_営業
    マネージメントのトレーニングは本気でやった方がいいと思います。根性論を振りかざす方々をなんとかした方がいいかと。
    30代_男性_営業

    ぶっちゃけワークライフバランスはどうなの?

    次は、ワークライフバランスについての口コミ

    同期は繋がっているが営業同士はコンプライアンスもあって努めて関わりを持たない。
    上層部がキチンと必要な情報は共有するので必要十分。
    スタッフ、例えば制作やマーケティングスタッフなどとは友達のように一緒に飲んだり遊んだり仲が良い。

    50代_男性_営業
    クリエイティブの制作スタッフとして広告プロモーションのプランニングを担当。
    多くのクライアント案件を担当することができ、自分から声をあげれば、好きなクライアントややってみたい商品を担当することも可能。

    30代_女性_クリエイティブ
    営業局内の関わり合いはほぼないので、顔は毎日合わせるが挨拶もしない人が多い。
    もう少し関わり合うキッカケがあれば良いと思う。

    30代_女性_企画
    ほとんどが契約社員や協力会社からの出向が多く、実は正社員のスタッフがあまりいなかった。
    かなり個人の裁量に任せられるため、労働時間等のマネジメントはほとんどない。

    30代_女性_クリエイティブ

    ぶっちゃけ社風はどうなの?

    社風に関する口コミも見ておきましょう。

    社員個人の仕事の自由裁量の範囲が広い。
    ハートが暖かい人が多い。会社の福利厚生も社員や家族には暖かく、いつ病気で入院しても安心。

    50代_男性_営業
    一昔前までは、野武士・体育会系のDに対して紳士のHとか言われたこともあったようですが、その感じは今はないような。
    ただ、お題目的にHPなどにある言葉は飾りではなく、歴史の中でDNAとして組み込まれてきた感触はある。
    クライアントファーストであり、生活者発想が起点であり、ブランドパートナーであることはもちろん、大前提に誠実に向き合う人が多いと思う。

    50代_男性_事務
    人が良い人が多く、一緒に仕事を進めていくにあたり、やりやすかった。
    年間の休みもきちんと取るよう推進されていたので、休みも取得しやすく、業務の引き継ぎもしやすかった。

    40代_女性_営業
    泥をかぶる人は少ない反面、目立つコト何か新しいことことには首を突っ込みたがる人は多い。
    口程には行動が伴わない人も多い。

    50代_男性_営業
    仕事がハードということは、犠牲になるものは家族やプライベートの時間。
    ワークライフバランスを期待する場合、この職場は向かない。そのバランスをとるのは、まず無理。

    30代_男性_営業

    ぶっちゃけ会社の将来性はどうなの?

    将来性に関しての口コミも紹介。

    非常に楽天的で社内の競争などない感じで、本体のひとたちはワークシェア的な雰囲気です。
    一方下請けやグループ企業は仕事をおしつけられて大変そうでした。まさに中抜きという感じでした。
    日本でそれでもやっていけるのは、日本のマスが非常に特殊な構造になっていて、でんぱくに干されたら終わりという利権があるから以外ないと思います。

    20代_女性_営業
    上司に完全に左右される。優秀な上司につけば、どんどん鍛え上げられて2年目になる頃にはいっぱしの戦力として活躍できる。

    30代_男性_営業
    広告業界自体が業態変化しなければいけない中、まだ具体的な会社の指針が出せていない

    40代_男性_営業

    ぶっちゃけ女性は働きやすいの?

    女性の働きやすさはどうなのでしょうか?

    新入社員を見ても女性の割合は年々高まっており、女性だから男性だからという区別があまり感じられない。
    逆に女性の感性として向いているテーマなどには登用されやすい部分もある。女性管理職も一時代前よりは増えてきている。

    50代_男性_事務
    女性向けのクライアント商材では、特に女性スタッフの意見を尊重してくれる文化がある。
    また男女で仕事の内容を差別されることは無く、頑張った分だけ正当に結果が出せる風潮がある。

    30代_女性_クリエイティブ系
    女性スタッフと男性スタッフの垣根が無い分、女性でも長時間労働や深夜勤務が常態化しているため、結婚や出産を経た女性スタッフへの配慮や制度は、制度上はあるが実際はほとんど機能していない。

    30代_女性_クリエイティブ
    一定数を管理職や役員にする前提条件を先に決めると良いことにはならない。
    実力と市場価値で評価されればよい。
    世間的な体裁から登用する結果は現状評価できるものではない(女性に限った話ではなく、これは男性にも言えることだが)。

    50代_男性_企画

    博報堂への転職を検討中なら押さえておくべき3つのポイント

    口コミをたくさん紹介しました。

    しかし、博報堂への転職を検討中であれば、以下の3つのポイントは必ず押さえておきましょう。

    3つのポイント
  • 自分の頑張りで給与が上がるわけではないのでモチベーションが上がりにくいこと
  • 残業が多い部署もあり、プライベートの時間が持てない可能性があること
  • 大企業特有のスピード感の無さや、非効率が目立つことがあること
  • 自分の頑張りで給与が上がるわけではないので、モチベーションを上げにくく、福利厚生も薄い博報堂では自分の頑張りによって給与や待遇が変わることがないので、モチベーションを保つのが難しいとの声もあります。

    長く勤務することで給与が上がっていくのはいい面もありますが、自分の業績や成績をしっかりと見える形で評価してもらいたいと考える人には不満に思う点かもしれません。

    さらに年収の水準は高めですが福利厚生は薄く、何かの割引やアクティビティ施設の利用などは提供されていないようです。

    残業が多い部署もあり、プライベートの時間が持てないことも。

    博報堂では残業が多い人で100時間ほどになることもあり、仕事とプライベートの両立が難しいこともあります。

    すべての部署でこのようなことがあるわけではありませんが、中には帰りにくい空気の職場も存在しています。

    転職によって残業時間を短くしたり、プライベートな時間を確保したいと思っている人は厳しいでしょう。

    大企業特有のスピード感の無さや、非効率が目立つことがあります。

    博報堂ほどの大きな組織になると、新しいことを決める場面や動き出すまでに時間がかかるため、スピード感はありません。

    メインである仕事以外にも打ち合わせや根回しなどの調整業務が度々必要になり、非効率であると考えている人もいます。

    中小企業やベンチャー企業で働いてきた人にするともどかしく感じてしまう可能性があります。

    まとめ

    博報堂は国内最大手の広告会社で、給与水準も高いため人気の転職先です。

    もちろんその分倍率も高く、求める人材にあるように卓越したスキルを持っていることが条件にあるため、一人ではなかなか対策が難しいでしょう。

    そこで少しでも内定を獲得できる可能性を上げるために転職エージェントを利用するのもひとつの手段。
    博報堂の公式サイトにも新卒採用・キャリア採用といった採用情報はありますが、転職エージェントはもっと幅広い情報収集ができます。

    求人情報の紹介はもちろん、あなたのキャリアや実務経験年数、能力、職務経歴を見て、採用担当者に効果的な自己アピールの方法や志望動機のアドバイス、自己分析のサポートを行なっています。

    人事担当者の印象に残れば、契約社員ではなく正社員、今よりも好待遇な企業で働ける可能性が上がります

    就職活動と手順は同じでも、取り組むべき内容は大きく違いますので、専門家による支援は受けておいて損はありません。

    登録や利用にかかる料金はありませんので、悩んでいる方はまずは質問・相談してみてはいかがでしょうか。

    博報堂への転職には転職エージェントを活用すべき4つの理由

    博報堂で転職エージェントを活用すべき4つの理由
    博報堂への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 博報堂の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 博報堂の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、博報堂の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    博報堂への転職で登録するべき転職エージェント一覧

    博報堂おすすめ転職エージェント
    博報堂への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 博報堂の求人を所有する可能性が高いか
  • 博報堂以外の求人も提案できるか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:412,462件
    非公開求人数:291,985件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    公開求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 年収交渉を代行してくれ年収アップしやすい
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も20万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:128,640件
    非公開求人数:23,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 年収500万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 職務経歴書の登録でスカウト数が大幅に増加
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収500万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収500万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    ※マイナビのプロモーションを含みます。

    基本情報

    公開求人数:48,324件
    非公開求人数:18,475件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:217,091件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    JACリクルートメント

    基本情報

    公開求人数:11,935件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開
    得意な年代:20代後半〜50代前半
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万円以上の求人も多数保有
  • 約550名の業界に精通したプロが在籍
  • 管理職、外資系、海外進出企業などハイクラス転職支援に強み
  • 企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう
  • 外資・グローバル企業に強い

    ロンドン発祥の転職エージェントであり、日本を除く11カ国に拠点もあることから独自のネットワークを活かした外資系や海外企業への転職に強みを持つ。

    「P&G」や「プルデンシャル生命」といった海外でも有名な企業だけでなく、「トヨタ」「パナソニック」「ヤフー」などの日本国内の有名企業の求人も保有している。

    コンサルタントから紹介してもらうことができる非公開求人が多いことも特徴的であり、登録しておくことで他の転職エージェントサービスでは見つけられなかった求人と巡り会える可能性が広がる。

    年収アップ、キャリアアップできる可能性が高い

    公開求人だけでも年収500万円以上が基準となっており、非公開求人の中には年収800万円以上の高年収求人も多数ある。

    これまでの経験やスキルを武器にさらなる年収アップを狙いたい人にはチャンスが多いエージェントサービス。

    ただ、管理職や専門職の求人情報がメインになり、即戦力としての活躍を期待している企業が多いことから経験者には適しているが、未経験の職種にチャレンジしたい人にはあまり適していない。

    紹介してくれる求人のマッチ度が高い

    JACリクルートメントは大手エージェントサービスの中では珍しく、企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう「両面型の転職エージェント」となっている。

    両面型のメリットとしては、企業の社風や仕事内容をコンサルタントが熟知しているからこそ希望する条件と紹介する求人のマッチング精度が高められること。

    また、求職者としては企業が求めている人物像や評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入る。

    そのため面接でズレのないアピールができ、結果として面接通過率を上げられる可能性も高くなる。

    英語面接などの対策に親身に取り組んでくれるため、外資系企業にはじめて挑戦する方でも安心して転職活動に臨める。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    夢真はやばいブラック企業か?評判・口コミと転職失敗を防ぐコツ

    株式会社夢真の求人募集を転職サイトや転職エージェントサイトなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

    しかし、時間外労働時間が多すぎる、、給料が低すぎて離職率が高すぎる、、などの噂も出ているのも事実です。

    結論から言うと、株式会社夢真はやばいブラック企業である可能性があります。

    そこで、今回は「夢真」がやばいブラック企業なのかどうか評判や口コミから実態を見てみましょう。

    特に、転職を検討されている人は要チェックです。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 面談で希望条件を伝えておく
  • エージェントからの紹介求人を週一でチェック
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流となっています。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    転職エージェントに登録しておけば、希望条件を満たす求人の紹介だけでなくスカウトなどを通じてあなたの市場価値を知ることもできます。

    勘違いされがちですが、転職エージェントに登録したからといって転職しなければいけないということではないのです。

    転職が当たり前になっている今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておくことが重要です。


    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    夢真はこんな会社

    夢真はこんな会社

    夢真の評判や口コミを紹介する前に基本情報を紹介します。

    沿革

    1976年9月:建築設計事務所として設立
    2005年4月:「(株)夢真ホールディングス」に社名変更
    2019年10月:「(株)夢真ホールディングス」が純粋持株会社体制へ移行し会社分割により「(株)夢真」を設立
    2021年4月:「(株)夢真ホールディングス」が旧「(株)ビーネックスグループ」と合併。 純粋持株会社が「(株)夢真ビーネックスグループ」となる
    2022年6月:本社を東京都 虎ノ門に移転

    夢真のサービス内容

    株式会社夢真は、「建設技術者派遣」「施工図作図」を事業の柱とした、株式会社夢真ホールディングスのグループ企業です。

    1980年に建築設計事務所としてスタート以降、30年以上一貫して建設業界に身をおき、業界と共に成長しています。

    創業から5年後の1985年には施工図を海外で作図する仕組みを構築し、そのさらに5年後の1990年には、建設現場で施工管理を行う技術者のアウトソーシングを開始しています。

    今後はグループ技術者数10,000人を目指しています。

    事業内容

    具体的な事業内容を紹介します。

    建設技術者派遣事業

    技術者派遣事業は「施工管理技術者」「CADオペレーター」の2つの職種をサポート。

    平均年齢28歳、5,000人を超える夢真の技術者がさまざまな現場で活躍。

    「施工管理技術者派遣」「CADオペレーター派遣」の2つの職種の特長、夢真の強み、施工参画実績、研修・フォロー制度などを一部ご紹介します。

    施工管理技術者派遣

    夢真から各現場に施工管理技術者を派遣している事業。

    建設現場の”5つの管理”とされる「安全管理」「品質管理」「工程管理」「原価管理」「環境管理」をサポートしている。

    建設現場を管理する上で発生する、様々な業務上の手間や問題を解決し、ハイクオリティかつ高効率の現場環境づくりを手伝っている。

    CADオペレーター派遣

    夢真から各現場にCADオペレーターを派遣している事業。

    建設現場のスムーズな進行には、その進捗や状況に応じた施工図を、正確かつ迅速に作図していくことが必要不可欠。

    夢真のCADオペレーターが、施工図の「作図業務」「チェック業務」「訂正業務」や建設事務にいたるまで、多様なご要望に合わせて幅広くサポートしている。

    CADオペレーターを育成するための研修では、AutoCADおよびJw_cadと2種類のCAD操作を学ぶことができ、Excelや Wordといった事務作業を行う上で基本となるソフトの操作も併せて習得することができる。

    施工図作図事業

    施工図の作図請負を1985年に開始してから30年。

    数えきれないほどの現場で当社の施工図が活用されており、現在では30種類を超える図面を作図可能であり、国内外で総勢250名の技術者がお客様のあらゆるニーズに対応している。

    主な施工参画実績

    ・あべのハルカス
    ・恵比寿ガーデンプレイスタワー
    ・渋谷ヒカリエ
    ・東京ミッドタウン
    ・東京メトロ 副都心線
    ・虎ノ門ヒルズ
    ・羽田空港
    ・丸の内ビルディング
    ・横浜国際総合競技場
    ・横浜ランドマークタワー
    ・レインボーブリッジ
    ・六本木ヒルズ

    夢真の基本情報

    夢真の基本情報です。

    ※夢真の公式ページや信頼できる情報機関を参照しています。

    会社名

    株式会社 夢真
    YUMESHIN Co., Ltd.

    設立

    2019年6月24日

    本社所在地

    〒105-0001
    東京都港区虎ノ門1-3-1東京虎ノ門グローバルスクエア18階

    代表者

    代表取締役 小川 建二郎

    資本金

    110百万円

    グループ企業

    13社

    従業員数

    6,783名

    ※23年6月末時点

    事業内容

    建設技術者派遣事業、施工図作図事業、メディア事業

    夢真の評判・口コミ

    夢真の評判口コミ

    夢真は「やばい」「ブラックだ」などの評判もありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

    夢真がどのような会社なのかを知るために、夢真で従事した経験のある元社員や現在も従事している社員の口コミを見てみましょう。

    掲載している評判・口コミは、2023年10月29日時点で収集したものです。

    なお、良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    夢真のワークライフバランス(残業時間・休日取得など)に関する評判・口コミ

    まずは、評価制度に対しての評判と口コミを見てみます。

    残業が少ない方だと思います。また、同僚がすごく良く、仕事に集中できる環境があります。経験者は特に優遇されます。仕事をしながら、資格を取得することも可能です。

    40代_男性_施工管理
    ワークライフバランスは非常に整っている。特に、在宅勤務制度やフレックス制度などは柔軟に取り入れており、何か私用などがあっても、対応することが可能である。ただし、部署や直属の上司の方針によっては運用方針が変わる可能性もあるため、全員が同じようにというわけではないと思われる。

    40代_男性_内勤
    入社してから6ヶ月間は、見込み残業で手当を支給してくれます。実際のところは残業なんてほとんどなかったので、手当てだけをもらえていた状況でした。6ヶ月後は、残業した分だけ残業手当が全額出ることになっており、実際に支給してもらえています。以前に比べて、労働環境はだいぶ改善されているんではないかと思う。

    30代_男性_施工管理
    プライベートとのバランスは派遣先の忙しさによっても違います。土日祝全て休みを取ることができる派遣先や逆に毎日残業、休日出勤は当たり前な派遣先もあります。稼ぎたい人は自社に残業多いところを希望すると行けるようになります。 逆にあんまりハードなところに行きたくない人は祈るしかありません。

    30代_男性_施工管理
    私も含め社員の平均的な残業時間は月平均30時間弱だと思います。派遣先によって違いますし、30時間という残業時間も人によっては長いと感じる人もいると思うので、人それぞれですが、建築業界だけでなく、一般的にも30時間くらいの残業はあると思うので特に不満はないです。

    30代_女性_施工管理
    プライベートの時間なんてありません。
    朝の5時に起きて現場に向かい終わるのは21〜23時になります。
    土曜日はもちろん仕事です。

    30代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    就業場所が変わることが多々あり、残業も頻発するため帰宅時間が読めず平日定期的に通うような趣味は持ちにくい。 現場によっては土曜出勤があり、また派遣先に最長で2ヶ月の宿泊を伴う出張を命じられた事もあったため自分の時間を作ることにはかなり苦労した。

    30代_男性_人材開発
    数字さえ取れていればプライベートは比較的に充実させることはできる。ただ、人材を派遣した先から、その人材に対するクレームなどの対応の電話がたまにある。また、残業の概念がないので早朝から現場にでることもある。

    30代_男性_営業
    土日祝日休みといって、面接時も同じ内容でいざ入ると意味の分からない指定労働日がある。
    初回は水族館とかで何をしたいのか全く分からない。
    出勤日数を統一するためとか言ってるので、ほかの企業でしっかりしているところをお勧めします。

    20代_女性_営業
    派遣期間が終わったあと、すぐに次の派遣先が決まればいいが決まらないことが多い。
    派遣先が決まるスピードは、営業の力によるのかもしれないが。
    また、派遣先がない人が多数いるにも関わらず、毎週のように何十人と社員を採用している点も気になっている。

    20代_女性_現社員_企画・事務・管理系
    完全週休2日制を守る?ということで平日に祝日がある週の土曜日は指定労働日として扱われます。
    指定労働日は平日扱いですので残業ではありません。
    派遣先が休みであれば本社へ行き研修を受けなければ欠勤として処理されます。
    残念なことに派遣先にてその祝日に休日出勤をしたとしても指定労働日が休みにはなりません。
    私と同じ派遣先で会った後輩はこの説明を受けてすらおらず欠勤扱いをされてしまったということが多々あります。

    20代_男性_元社員_建築・土木系エンジニア

    離職率(退職率)は約16%と業界平均と比べてやや高めの水準

    夢真の親会社である株式会社オープンアップグループの決算説明会資料によると、FY23_4Qの離職率は約16%であり、建設業界平均である9.3%と比べてやや高い傾向にあります。

    ただ、FY21_Q1の離職率が21.3%だったことから比べると改善傾向にあるともいえます。

    また、夢真は人材派遣業を主としているため、離職率に関して他の会社より高いことは致しかたない部分でもあります。

    そのため、正社員になるためにステップアップしたい人、多くの職場で経験を積みたい人にとっては、あまり気にすることのない数値とも言えます。

    残業時間も月平均64時間と業界平均と比べてやや高めの水準

    こちらも、夢真の親会社である株式会社オープンアップグループの決算説明会資料によると、FY23_4Qの残業時間は月平均64時間であり、建設業界平均である51.3時間と比べてやや高い傾向にあります。

    ただ、こちらもFY23_2Qが月平均74時間であることから、建設業という特性である季節要因による稼働日数の変動が影響しています。

    また、口コミからも分かるとおり派遣先(現場)によっても残業時間の多少があるため、一概に残業が多い企業だと断定することはできません。

    まとめ

  • 派遣先の現場によっては過酷な労働環境のところもある
  • 土日も出勤をしなくてはいけないことがある
  • 派遣先が決まらないことがある
  • 出勤した場合にも欠勤扱いされてしまった事例あり
  • 夢真の評価制度(給与評価・評価制度)に関する評判・口コミ

    続いて、評価制度に対しての評判と口コミを見てみます。

    入社時の提示された金額通りに貰えています。しかし、昇給などは派遣先の評価などで変わると言うことですが、実際に自社の社員が仕事を見ているわけではないので適正な昇給にはならない気がします。 同期等から話を聞くと派遣先に気に入られれば評価が上がる。派遣先に気に入られてなければ評価が下がる気がします。

    20代_男性_施工管理
    賞与は入社1年以上経ってからになります。手当など施工管理手当がつきますので、事務などよりは給与は高い印象があります。

    30代_男性_施工管理
    未経験でこの額面は高いと思う。忙しい現場であれば残業代もついてきてかつ、資格があれば手当ても出るので給料面で不満はない。

    20代_男性_施工管理
    待機してる間やることなさすぎる。
    自己課題のプリントをわたされ、現場が決まるまでひたすらそれを解くだけなので何も成長しない。
    かといって研修の講師(ただいるだけ)がいるため好き勝手にはできない。
    時間をただ浪費している。
    本でも読んでいたほうが有意義な研修になる。

    20代_女性_現社員_建築・土木系エンジニア
    基本、現場の人間の評価なんてしていないのではないかと思う。
    最近では派遣先の責任者に評価をしてもらおうなんて試みをしているが、要は客に商品を評価させているみたいな感じになっているので派遣先で嫌われたら必然的に評価が下がる。

    30代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    特にはないが、初めの1年は給料が安いと感じるかもしれません。
    給料規定の残業代の一部は残業を40時間したらの話なので、配属現場によっては採用がなければ最初に聞いた給料よりは5万程下がるイメージは否めない。

    30代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    未経験でも大丈夫!とうたってはいるものの、ほとんど大丈夫ではない。
    そもそもが一週間二週間の研修で建築業界でやっていけるのかいったら、普通に無理です。
    研修も配属先を決めるための自己PRなどをやらされて、配属が決まってから役にたつことは殆ど教わりません。

    20代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア

    夢真の年収・ボーナスに関する評判・口コミ

    続いて、年収・ボーナスに対しての評判と口コミを見てみます。

    働き始めて4年目になりますが、過去の現場によっては月間の残業が100時間を超えた現場もありました。。ですが、残業代と交通費は全額支給してもらうことができたので、給料が高かったので自分にとってはそんなに苦ではなかったです。残業代を含めると40万円を超えた月もありましたし。

    20代_男性_施工管理
    ボーナスがやや少なめに感じることもありますが、ボーナスがもらえない会社も多いのでもらえるだけ良いのかなと思ってます。いろいろな手当がついたり。残業代も支給されているので今のところは不満ないです。

    20代_女性_施工管理
    やればやっただけ給与に反映されるという感じ。残業をすれば残業代を全額支給してもらえるので繁忙期とかは結構な給料をもらえていた。長く続けることは難しくなるかもしれないが、経験を積みながらこの給料をもらえるなら我慢できる。

    30代_男性_施工管理
    交通費100%でます!と、いいながらなぜそのルートで行った?など会社が指定したルートで行かなかったり、月に10,000円を越すと勝手に減らされ100%どころではありません。
    車で現場に行くことになったときはガソリン代も駐車場代も保険も自負になる車に関しては何もお金は出ません。

    20代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    表向きは正社員だがほぼ派遣社員と同じ。
    現場が決まらなければずっと研修をやるけど、その研修もほとんど担当者が放置状態。
    おまけに研修だと給料も下がる。
    ライフワークバランスと書いてあるけど現場に派遣されれば土曜日出勤も当たり前で残業もかなりある。
    はっきり言って給料と見合ってない。
    訳わからない労働日があり、わざわざ遠いところに行って研修をやることもある。
    人手不足なのはわかるが、毎週のように面接をやって誰でも採用するスタンスは人を見極めようとしていないので、入社して半年でほとんど辞めていっているとよく聞きます。
    建設業がやりたくてたまらない人以外は気安く入社はしない方が良いと思います。

    20代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    早朝から晩まで仕事でほぼ毎日残業・休日出勤もあるのに初年度は300万いくか行かないか。
    よほど未経験から、なんとしてでも施工管理をやりたいというなら我慢も出来るだろうが、この給与で満足できる方がどうかしている。

    30代_女性_現社員_企画・事務・管理系
    面接では給与とは別に家賃補助と赴任手当みたいなのが出ると言っていたのに家賃補助は給与に含まれてるし手当もない。
    給与は下がることはまずないと断言していたくせに一年半後に固定残業代がなくなる。

    20代_女性_現社員_建築・土木系エンジニア

    平均年収は業界平均と比べるとやや高い傾向

    参照:有価証券報告書

    こちらも、夢真の親会社である株式会社オープンアップグループの有価証券報告書によると、平均年収は591万円であり、建設業界平均である533万円と比べてやや高い傾向にあります。

    ただし、上記は株式会社オープンアップグループの平均年収であり、株式会社夢真の平均年収ではないためご注意ください。

    夢真だけの平均年収は開示されていないですが、参考までに転職サイトのdodaが過去の掲載求人による、社員の実際の年収例を職種別に掲載しているため、こちらでも紹介しておきます。

    【職種別】平均年収

    製図・CADオペレーター(建築設計):280〜330万円
    建築施工管理(RC造・S造・SRC造):350万円~400万円
    その他建設・建築・不動産・プラント・工場関連職:350万円~450万円
    人事(教育・採用担当):350万円~420万円
    人事(労務・人事制度):400万円~550万円
    販売員・接客・売り場担当:350万円~400万円
    Webマーケティング(ネット広告・販促PRなど):650万円~750万円
    その他:263万円

    参照:en Lighthouse

    また、派遣単価別稼働割合を見てみると、60%以上が時給3,000円以上の単価が出ていることがわかります。

    まとめ

  • 残業代は支給されるが基本給は高くない
  • 残業が多い職場に派遣された場合は給与が高い
  • 毎月の給与はブレがある
  • 平均的な給与は高くないので不満を抱えている人も多い
  • 夢真の働きがいに関する評判・口コミ

    続いて、働きがいに対しての評判と口コミを見てみます。

    初めてのCADソフトでも現場でいろんな方に教えてもらうことができるため、偏りなく習得が可能。 習うより慣れろでやっていくうちに自分で掴んでいけると職人の方などとコミュニケーションもうまく取れやりがいに繋がると思う。

    20代_女性_CAD事務
    兎にも角にも実力主義であり、目立つ成果をあげないとなかなか上にいけないため、目立つ成果を出すことが重要である。また、裁量権は持たせてもらえるため、スピード感とダイナミックさを楽しめる人には良いと思われる。

    30代_男性_内勤
    20代などの未経験者は勉強のために入るのはいいと思います。ある程度仕事ができるようになると稀に派遣先の正社員として働くこともできるようになるので20代などの若いうちは一つのステップとして入社するのはおすすめです。 逆に30〜40代の未経験者になると中々働きづらい環境ではあると思います

    20代_男性_施工管理
    全て現場まかせなので、プライベートなどありません。週休1日、日曜休みなど当たり前です。
    みんなが休んでいないのに自分だけ休みを取るなど出来ない状態になります。
    朝早く仕事に行き夜は最後までやすの繰り返しです。

    30代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    最初の給料は残業代が含まれている金額なので、少し5万程安く見ておいた方がよい。
    1年は昇給もボーナスもない。
    あらかじめ、選択は出来るが、遠方の勤務をOKすると、かなり遠いところの勤務めあり、場合によっては期間も長いかも。

    30代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    やりがいというやりがいは特になく、厳しいなぁ、、、、と思うことも特にないという平々凡々な感じ。
    仕事に対してやりがいを求めているのなら向かないけど、特にやりたいこともないならいいのではないかと思います。

    20代_女性_現社員_企画・事務・管理系
    すぐ派遣先に連れて行かれるので個人の裁量に委ねられる点が多いです。
    しっかりしようとすれば出来、ダラダラしようとすれば出来てしまう職場環境です。
    1人で職場に派遣されるので派遣先会社と仲良く仕事するのも自分次第です。

    30代_女性_元社員_企画・事務・管理系

    リスキリングや就業体験の向上を中期経営計画に盛り込み注力している

    夢真は中期では国内労働人口の減少、長期では派遣市場の成⻑率の低下を見越しており、従業員の就業体験を向上させるためにリスキリング(資格取得の支援)やサポート体制を強化しています。

    未経験から建築・電機・ITエンジニアにもチャレンジする機会も多く提供しており、結果として2023年度6月末時点での未経験採用人数は2,340名となっています。

    また、女性の活躍支援や高齢者の雇用、グループ内での転籍などにも積極的に進めておりダイバーシティ化している就業状況にも対応しています。

    夢真の福利厚生や企業文化に関する評判・口コミ

    最後に、福利厚生や企業文化に対しての評判と口コミを見てみます。

    面接のときに「研修や教育に力を入れている」と言われた。実際入社して最初の研修は新卒の時に受けたような研修だったのでもう知ってるけど、と思う部分もあった。ただ、一緒に研修を受けた人の中には正社員経験がないとかほとんど研修がない会社だったとかで、今回の研修を受けられてよかったと言う人もいた。 自分も名刺を渡すことはあるけど受け取ることはほとんどなかったので名刺交換の研修があったときはこの研修があってよかったと思った。

    20代_男性_技術職
    非常にフラットな組織となっており、役職は存在するが、それだけでパワーを発揮する事はまず無い。また、基本的にはチャレンジをして、会社に貢献した人材は評価されていく実力主義の会社である。一方で、そういう気概のない人に対して厳しいかと言えばそうでもない。むしろ、そういったプレーヤーも必要という認識があり、それはそれで尊重される文化である。ただし、上記のような背景から様々な性格の人が混在しており、場合によって、人間関係が非常に複雑であり、苦労する可能性もある。

    40代_男性_内勤
    人材派遣の会社です。いまは建設業だけでなく、幅広い分野に対応しているようで急成長しているように感じます。 入社時にマナー研修など研修がしっかりしていました。2~3週間ほど座学でびっしりと研修を行い、その後は部署に分かれてのOJTで研修を進めていく方式でした。入社時は営業の研修でよくある、1日飛び込み営業、とにかく名刺をくばる、名刺を何枚ゲットしたか、タウンワークの順番で電話をかけまくるなどありました。現在はどうかはわかりませんが、とくに大きく叱責されるわけでもなく、ガッツがあればついていける研修だと思います。

    20代_男性_営業
    基本、派遣先での仕事になります。
    夢真ホールディングスは、年末年始休暇が4日しかなく、お盆休みもなし。
    でも、もし派遣先が年末年始休暇が10日あった場合(現在の私の派遣先がそうなのですが)夢真ホールディングスの休暇で足りない分は、有給休暇として処理しなくてはいけません。
    お盆休みも派遣先が休みだった場合、有給休暇です。入社1年は有給休暇が貰えませんが、その場合は有給休暇の前借り制度を利用します。
    私の場合、年末年始で6日間、お盆休みで4日間の休暇がありました。有給休暇の前借りは、合わせて10日です。1年後に貰えるはずの有給休暇も10日です。翌年も、また有給休暇を前借りしなくてはいけません。つまり、自由に使える有給休暇は1日もありません。正直かなり辛いです。
    福利厚生はよくありません。多分もうすぐ転職するとおもいます。

    20代_女性_現社員_企画・事務・管理系
    ちゃんとした会社じゃないから保険もしっかりしてない。
    入る前と入った後のギャップに悩まされるあんまりオススメしたくない。

    20代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    住民税の支払いが給料から支払われない。
    申請しないと登録されない。
    最初から言わず後出しだらけだから最初に聞かないと意味がない。

    20代_男性_現社員_建築・土木系エンジニア
    技術社員の入社が多い、毎週毎週入社入社でよく分からない。
    そして退職者も多いため仕事の偏りが凄い。
    長くいる人の負担が大きすぎる。
    逆に日が浅い人が暇を持て余すことも多々あるところは、改善していくべき点だと思います。

    20代_女性_現社員_企画・事務・管理系

    夢真への転職にはエージェントを活用すべき4つの理由

    夢真への転職でエージェントを活用すべき4つの理由

    夢真への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 夢真の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 夢真の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。
    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、夢真の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    夢真への転職でおすすめ転職エージェント

    夢真への転職でおすすめ転職エージェント

    夢真への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 夢真の求人を所有する可能性が高いか
  • 夢真以外の求人も提案できるか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:412,462件
    非公開求人数:291,985件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    公開求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 年収交渉を代行してくれ年収アップしやすい
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も20万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:128,640件
    非公開求人数:23,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 年収500万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 職務経歴書の登録でスカウト数が大幅に増加
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収500万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収500万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    ※マイナビのプロモーションを含みます。

    基本情報

    公開求人数:48,324件
    非公開求人数:18,475件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:217,091件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    JACリクルートメント

    基本情報

    公開求人数:11,935件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開
    得意な年代:20代後半〜50代前半
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万円以上の求人も多数保有
  • 約550名の業界に精通したプロが在籍
  • 管理職、外資系、海外進出企業などハイクラス転職支援に強み
  • 企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう
  • 外資・グローバル企業に強い

    ロンドン発祥の転職エージェントであり、日本を除く11カ国に拠点もあることから独自のネットワークを活かした外資系や海外企業への転職に強みを持つ。

    「P&G」や「プルデンシャル生命」といった海外でも有名な企業だけでなく、「トヨタ」「パナソニック」「ヤフー」などの日本国内の有名企業の求人も保有している。

    コンサルタントから紹介してもらうことができる非公開求人が多いことも特徴的であり、登録しておくことで他の転職エージェントサービスでは見つけられなかった求人と巡り会える可能性が広がる。

    年収アップ、キャリアアップできる可能性が高い

    公開求人だけでも年収500万円以上が基準となっており、非公開求人の中には年収800万円以上の高年収求人も多数ある。

    これまでの経験やスキルを武器にさらなる年収アップを狙いたい人にはチャンスが多いエージェントサービス。

    ただ、管理職や専門職の求人情報がメインになり、即戦力としての活躍を期待している企業が多いことから経験者には適しているが、未経験の職種にチャレンジしたい人にはあまり適していない。

    紹介してくれる求人のマッチ度が高い

    JACリクルートメントは大手エージェントサービスの中では珍しく、企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう「両面型の転職エージェント」となっている。

    両面型のメリットとしては、企業の社風や仕事内容をコンサルタントが熟知しているからこそ希望する条件と紹介する求人のマッチング精度が高められること。

    また、求職者としては企業が求めている人物像や評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入る。

    そのため面接でズレのないアピールができ、結果として面接通過率を上げられる可能性も高くなる。

    英語面接などの対策に親身に取り組んでくれるため、外資系企業にはじめて挑戦する方でも安心して転職活動に臨める。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    夢真の募集要項

    2023年10月現在、夢真で募集中の未経験者向けの求人を2つ紹介します。

    給与や応募資格も記載しておくので参考にしてください。

    施工管理

    仕事内容

    建築プロジェクトのマネージメント業務。

    プロジェクトがスムーズに進行するよう安全面・品質面・スケジュール管理などの仕事。

    中途入社の社員も9割が未経験からスタートしています。

    実務経験がある各部門の専門の講師が充実した研修してくれるため配属後も安心して取り組める。

    給与例
    <東京・大阪>
    基本給:177,500
    支援手当:13,500
    現場管理手当:16,800
    調整給:5,000
    時間外手当(30H):48,760
    合計:261,560

    別途、昇給_年1回(10月)、賞与_年2回(7月・12月)

    応募資格
    高卒以上

    CADオペレーター

    仕事内容

    最新CADを使った建築図面の作図・修正等、建築プロジェクトの起点となる建築図面の作図。

    中途入社の9割が未経験からスタートしています。

    まずは正社員として入社後、社内研修を実施するが、実務経験がある専門の講師も複数在籍しているため安心。

    給与例
    <東京・大阪>
    基本給:174,500
    支援手当:13,500
    CAD手当:10,000
    調整給:12,200
    合計:210,200

    別途、昇給_年1回(10月)、賞与_年2回(7月・12月)

    応募資格
    高卒以上

    夢真からの転職でおすすめの会社

    当ページを見ている人の中には、夢真へ転職を検討しているだけでなく、夢真から他の会社への転職を検討している人もいると思います。

    そのため、次は夢真からの転職先としておすすめの会社を厳選して紹介します。

    厳選している求人は、労働環境(残業、休日出勤)が整っていて、平均年収が高い会社を厳選しています。

    こちらで紹介している会社は上記で紹介している転職サイトで紹介してもらえる可能性が高いです。

    ただ、求人の有無は時期によって異なるため、転職サイトは2,3社に登録しておくといいでしょう。

    アーネストワン

    アーネストワンの住宅分譲事業は高品質、低価格、長期保証、先進技術の四指針を基軸にしており、『戸建住宅事業』『マンション事業』『その他の事業』と大きく3部門に分割しています。

    多様化するニーズの中、部門単位ではなく、枠を乗り越え互いに連動した柔軟な開発プロジェクト体制を可能にしています。

    アーネストワンの募集求人

    現場管理

    仕事内容:
    自社施工の戸建分譲住宅(在来軸組工法)における現場管理・整理整頓・風紀等(組立、取付など各工程での作業精度チェック及び軽作業補助)を行います。

    応募資格:
    未経験者の方、歓迎致します。(先輩社員の下で、1年間基礎を修得します。)

    必須免許:
    第一種普通自動車(AT限定可)

    優遇要件:
    一級又は二級建築・土木施工管理技士、一級又は二級建築士の保有

    給与:
    月給 180,000円~350,000円 ※経験・年齢等を考慮します。

    勤務時間:
    8:00~17:00

    賞与:
    2年目(基礎修得)以降は実績による賞与あり年2回(夏・冬)

    休日:
    週休2日(毎日曜+他週1日)

    勤務地:
    全国の営業所

    営業設計【戸建事業部】

    仕事内容:
    自社ブランド住宅(木造戸建)の外注設計図面の法規、プランチェック

    応募資格:
    住宅の設計実務(経験年数不問)

    必須免許:
    第一種普通自動車(AT限定可)、一級又は二級建築士

    優遇要件:
    宅建の保有

    給与:
    月給220,000円~500,000円 ※経験・年齢等を考慮。

    勤務時間:
    9:00~18:00

    賞与:
    年2回(夏・冬)

    休日:
    週休2日(毎水曜+他週1日)

    勤務地:
    仙台、郡山、大宮、本社、船橋、静岡、名古屋、広島、福岡

    鹿島建設

    何もないところから、形あるものを生み出していく「建設事業」を中心とし、顧客のニーズを理想的な形で実現するための「設計・エンジニアリング」事業、土地固有のポテンシャルを引き出す「不動産開発」事業、構造技術や材料からバイオテクノロジーまで「研究開発」など、技術力と総合力を駆使し世界中で社会基盤をつくっています。

    施工管理(総合職)

    仕事内容:
    土木現場における施工管理業務

    勤務地:
    日本全国

    勤務時間:
    所定労働時間 8:30~17:15
    ※繁忙度に応じて協定の範囲内で時間外労働あり
    ※残業手当あり

    給与:
    【月給】25万円以上
    ※経験・年齢などを勘案して、当社規程により個別に決定

    昇給・賞与:
    昇給/年1回(4月)、賞与/年2回(6・12月)

    諸手当:
    通勤手当、時間外手当、別居手当、借家補助手当、住宅手当ほか

    一条工務店

    「お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう」それが、一条工務店の創業当時からの企業理念。

    その想いは、業界シェア85%以上の受注実績を誇る免震住宅、省エネ大賞やハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーなどでも評価された高性能住宅、搭載率No.1の太陽光発電など、様々なカタチで結実しています。

    施工管理職

    仕事内容:
    業者手配など作業工程の管理、工期の短縮化と施工精度の向上のための現場指揮監督。

    応募資格:
    高卒以上、要普通自動車免許

    勤務地:
    全国390拠点

    勤務時間:
    8:30~17:30

    給与:
    一級建築士、一級建築施工管理技士:215,000円以上
    二級建築士、二級建築施工管理技士、他資格をお持ちでない方:200,000円以上

    待遇・福利厚生:
    賞与年2回・昇給年1回

    株式会社ハンシン建設

    阪神電気鉄道(株)100%出資のグループ会社で、阪急阪神東宝グループの一員である株式会社ハンシン建設。

    「土木事業」「基礎事業」「建築事業」「リニューアル事業」の4つの事業で、共に安全の確保と品質の維持向上を追求し、官庁工事、阪急阪神グループ工事から民間工事まで多種多様な実績を誇っています。

    社員の半数以上が未経験からスタートしており、CADなどの資格取得もできる研修制度が受けられることも未経験

    土日休みの完全週休2日制に加え、残業も1日0~2時間程度。

    19時には退社する社員がほとんどであり、仕事とプライベートを両立できる会社として、転職者からの人気が高い企業です。

    施工管理職

    応募資格:
    高卒以上

    勤務地:
    木津川事務所(基礎事業本部)/大阪府大阪市西成区南津守5-13-37

    東京支店/東京都江東区常盤2-14-11

    名古屋支店/愛知県名古屋市中村区亀島2-14-10

    勤務時間:
    8:00~17:00

    給与:
    月給20万円~45万円+各種手当
    ※時間外手当あり

    待遇・福利厚生:
    賞与:年2回+決算賞与(昨年度実績4~6カ月分 ※3年連続)

    昇給:年1回(7月)

    タクトホーム株式会社

    分譲住宅市場において、日本トップクラスの施工実績を誇る東証一部上場企業・飯田グループホールディングスのグループ企業であるタクトホーム株式会社。関東を中心に全国58拠点を展開。約5000棟もの戸建て住宅を提供している会社です。

    土日休みの完全週休2日制に加え、残業も1日0~2時間程度。

    19時には退社する社員がほとんどであり、仕事とプライベートを両立できる会社として、転職者からの人気が高い企業です。

    施工管理職

    応募資格:
    高卒以上、要普通自動車免許

    勤務地:
    栃木県宇都宮市、福島県郡山市、高知県高知市、広島県広島市、石川県金沢市、沖縄県那覇市のいずれかの支店

    勤務時間:
    9:00~18:00

    給与:
    【未経験者】
    月給21万円以上+賞与(年2回)

    【経験者 ※2級建築士もしくは2級施工管理技士の資格所持】
    月給23万円以上+賞与(年2回)

    待遇・福利厚生:
    賞与:年2回(7月、12月)

    昇給:年1回(6月)

    未経験で建築・土木へ転職するならオススメ転職エージェント

    未経験で建築・土木へ転職するならオススメ転職エージェント
    未経験で建築・土木へ転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

    • 未経験OK求人を多数保有しているか
    • 企業とのパイプを持っているか
    • 転職サポート実績が豊富か

    おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:412,462件
    非公開求人数:291,985件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    公開求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 年収交渉を代行してくれ年収アップしやすい
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も20万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:128,640件
    非公開求人数:23,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 年収500万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 職務経歴書の登録でスカウト数が大幅に増加
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収500万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収500万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    ※マイナビのプロモーションを含みます。

    基本情報

    公開求人数:48,324件
    非公開求人数:18,475件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:217,091件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    JACリクルートメント

    基本情報

    公開求人数:11,935件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開
    得意な年代:20代後半〜50代前半
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万円以上の求人も多数保有
  • 約550名の業界に精通したプロが在籍
  • 管理職、外資系、海外進出企業などハイクラス転職支援に強み
  • 企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう
  • 外資・グローバル企業に強い

    ロンドン発祥の転職エージェントであり、日本を除く11カ国に拠点もあることから独自のネットワークを活かした外資系や海外企業への転職に強みを持つ。

    「P&G」や「プルデンシャル生命」といった海外でも有名な企業だけでなく、「トヨタ」「パナソニック」「ヤフー」などの日本国内の有名企業の求人も保有している。

    コンサルタントから紹介してもらうことができる非公開求人が多いことも特徴的であり、登録しておくことで他の転職エージェントサービスでは見つけられなかった求人と巡り会える可能性が広がる。

    年収アップ、キャリアアップできる可能性が高い

    公開求人だけでも年収500万円以上が基準となっており、非公開求人の中には年収800万円以上の高年収求人も多数ある。

    これまでの経験やスキルを武器にさらなる年収アップを狙いたい人にはチャンスが多いエージェントサービス。

    ただ、管理職や専門職の求人情報がメインになり、即戦力としての活躍を期待している企業が多いことから経験者には適しているが、未経験の職種にチャレンジしたい人にはあまり適していない。

    紹介してくれる求人のマッチ度が高い

    JACリクルートメントは大手エージェントサービスの中では珍しく、企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう「両面型の転職エージェント」となっている。

    両面型のメリットとしては、企業の社風や仕事内容をコンサルタントが熟知しているからこそ希望する条件と紹介する求人のマッチング精度が高められること。

    また、求職者としては企業が求めている人物像や評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入る。

    そのため面接でズレのないアピールができ、結果として面接通過率を上げられる可能性も高くなる。

    英語面接などの対策に親身に取り組んでくれるため、外資系企業にはじめて挑戦する方でも安心して転職活動に臨める。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    JR東日本は、隠れブラック企業?転職の評判・口コミを徹底分析

    毎日の通勤で使用する機会も多いJR東日本のことを知らない人はいないでしょう。

    2023年現在、従業員数46,051人と企業規模も大きく、会社としての歴史もあるため転職先としても人気がある企業の一つです。

    ただ、そんなJR東日本に対しては、

  • 全国転勤とかしなくちゃいけないのかな…
  • 昔ながらの会社って感じ…
  • 意外と労働時間が長そうでブラック企業っぽい…
  • やりがいはあるかもだけど残業とか多そう…
  • 転職で入るのはむずそう…

  • というようなイメージを持っている人が多いようです。

    この記事ではJR東日本の評判口コミ転職するときに使うべき転職エージェントを紹介しています。

    なお、先にお伝えしておくと、JR東日本は転職先として人気が高く、転職するためには難易度が高い企業です。

    ただ、募集している職種も幅広いこと、採用人数が多いことから、業種・職種が未経験の人にもチャンスがあります。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 面談で希望条件を伝えておく
  • エージェントからの紹介求人を週一でチェック
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流となっています。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    転職エージェントに登録しておけば、希望条件を満たす求人の紹介だけでなくスカウトなどを通じてあなたの市場価値を知ることもできます。

    勘違いされがちですが、転職エージェントに登録したからといって転職しなければいけないということではないのです。

    転職が当たり前になっている今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておくことが重要です。


    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    JR東日本はこんな会社

    JR東日本は、日本国内で鉄道運行を行う鉄道会社です。

    首都圏を中心に幅広い鉄道路線を運営し、新幹線、通勤電車、特急列車などを提供しています。

    駅や施設の管理、鉄道車両の運行、観光列車の運営など、鉄道に関するさまざまな事業を展開しています。

    JR東日本は、高品質かつ安全な鉄道サービスを提供し、日本の鉄道交通における重要なプレイヤーの一つとして地域社会に貢献しています。

    基本情報

    JR東日本の基本情報

    まずは、JR東日本の基本情報を紹介します。

    ※JR東日本の公式ページを参照しています。

    会社名

    東日本旅客鉄道株式会社

    事業所

    東京都渋谷区代々木二丁目2番2号

    設立

    1987年4月1日

    資本金

    2,000億円

    従業員数

    46,051人(単体)

    平均年齢

    38.3歳

    ※参照:Yahoo!ファイナンス

    平均年収

    6,760千円

    ※参照:Yahoo!ファイナンス

    事業内容

    輸送サービス、生活サービス、IT・Suicaサービスの3つの事業ドメインを、以下の4事業セグメント

    運輸事業
    鉄道事業を中心とした旅客運送事業のほか、旅行業、清掃整備業、駅業務運営業、設備保守業、鉄道車両製造事業及び鉄道車両メンテナンス事業等を展開。

    流通・サービス事業
    小売・飲食業、卸売業、貨物自動車運送事業及び広告代理業等の生活サービス事業を展開。

    不動産・ホテル事業
    ショッピングセンターの運営事業、オフィスビル等の貸付業及びホテル業等の生活サービス事業を展開。

    その他
     クレジットカード事業等のIT・Suica事業及び情報処理業等を展開。

    グループ理念

    私たちは「究極の安全」を第一に行動し、グループ一体でお客さまの信頼に応えます。
    技術と情報を中心にネットワークの力を高め、すべての人の心豊かな生活を実現します。

    JR東日本の特徴

    JR東日本の特徴

  • 強みは「人々の生活に根付いているサービス」
  • 探求心があれば新しい領域へ挑戦できる企業風土
  • DXを推進しようとしている
  • 経営体質の抜本的強化を予定している
  • 以下でいくつか詳細をお伝えいたします。

    JR東日本の強み

    日本国有鉄道から引き継いだ鉄道事業がJR東日本のメイン事業です。

    首都圏エリアはもちろん、関東・甲信越・東北と広い営業エリアをもっています。

    駅数は1,676駅、1日当たりの輸送人員は約1,243万人にも上り、この交通インフラ事業によって安定した収益を獲得しています。

    このように、JR東日本は、首都圏エリアを中心に幅広い地域の在来線を運営・管理しています。

    新幹線に強みをもつJR東海と比較して、JR東日本は在来線で人々の生活に根付いている点に強みがあるといえるでしょう。

    また、鉄道事業のイメージが強いJR東日本ですが、実際はショッピングセンター事業(ルミネ等)やホテル事業(東京ステーションホテル等)、広告事業(駅デジタルサイネージ等)など、生活サービスに関する事業も幅広く展開しています。

    他にも住宅事業やITビジネス事業などにも取り組んでいるため、幅広い人材が活躍できる環境があるといえるでしょう。

    DXを推進しようとしている

    「成長・イノベーション戦略の再構築」では、輸送サービス、生活サービス、IT・Suicaサービスの3事業を融合し、DX(デジタルトランスフォーメーション)・CX(コーポレート・トランスフォーメーション)を推進することにより新たな価値を生み出しています。

    「Beyond Stations構想」による新たな価値創造の場の提供や、eコマース「JRE MALL」の更なる強化、新幹線等による荷物輸送サービス「はこビュン」の拡大、「JRE POINT」を活用したお客さまそれぞれに合わせたサービスのブラッシュアップ、新たなデジタル金融サービス「JRE BANK」の創業準備、リアル空間とバーチャル空間を融合させたメタバースステーション「Virtual AKIHABARA World」の展開など、当社グループのアセットをフル活用して新しい暮らしの提案やデータを活用した新領域への挑戦に取り組んでいます。

    高輪ゲートウェイや新宿・渋谷・大井町エリアの開発など、多様で魅力あるまちづくりも着実に進めています。

    国際事業においても海外プロジェクトへ積極的に挑戦するなど、世界の鉄道を技術で牽引。

    生活サービス、IT・Suicaサービスの成長を加速し、3事業の融合と連携をさらに進めることで、モビリティ事業と生活ソリューション事業のセグメントの収益比率をできるだけ早く「5:5」にしていくとのこと。

    経営体質の抜本的強化を予定している

    「経営体質の抜本的強化」では、鉄道の構造改革を進めています。

    ワンマン運転の拡大やドライバレス運転の実現に向けた技術開発、チケットレス・モバイルシフトなどによる駅業務の変革、AI・ドローンなど最新技術を活用したスマートメンテナンスなど、外部との連携をさらに拡大することで知見・システムを取り入れ、技術力を高めながら、時代を先取りしたスタイルの実現に取り組んでいます。

    また、今年から「オフピーク定期券」を始めますが、人流を変えることで働き方を変え、社会を変えていきたいと考えています。

    探求心があれば新しい領域への挑戦も認められる企業風土

    「人物本位、実力本位の採用を行い、人材をじっくり育て、一人ひとりが持つ能力を最大限に引き出していきたい」というのが、JR東日本の人材に対する基本姿勢です。

    これからのJR東日本は、お客さまの移動のニーズに応える「輸送サービス」と、人々の生活を豊かにする「生活サービス」、「IT・Suicaサービス」を掛け合わせることで、お客さまに提供できる価値を拡大していきます。

    そのためにはより幅広い価値観を持った多様な人材が、それぞれの持てる力をそれぞれのフィールドで発揮することが必要です。時代の変わり目で、新しいチャンスがうまれようとしているこの今、お客さまの日常や地域社会を支える使命感・責任感・誠実さに加え、環境の変化に対応して「変革」を推し進める柔軟な発想とチャレンジ・スピリットを持っている、意欲にあふれる多様な人材を求めています。

    私は重要な社会インフラを支える企業の社長として、「社会や地域の課題に向き合い、先んじて解決していく」という視点が大切だと考えています。そして、次の150年先を見据えた新しい社会を切り拓いていく担い手となることが、私たちJR東日本グループの果たすべき使命です。

    当社グループが持つ技術と情報を中心としたネットワークの力を活かして、皆さんが抱いている「志」や「夢」を叶え、新しい時代をともに創っていきませんか。「日常の暮らしをもっと便利なものに変えていきたい」「社会に貢献し、世の中に役に立つ仕事がしたい」そうした思いを実現するビジネスフィールドがJR東日本グループには大きく広がっています。

    「すべての人の心豊かな生活を実現する」ため、新たな価値の創造に向けて挑戦し、世の中のためになるという気概を持ち、一緒に輝ける方との出会いを心待ちにしています。

    JR東日本の評判・口コミ

    JR東日本の評判口コミ

    一部の噂では、JR東日本は「やばい」「ブラックだ」などの評判もありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

    どのような会社なのかを知るために、JR東日本で従事した経験のある元社員や現在も従事している社員の口コミを見てみましょう。

    掲載している評判・口コミは、2023年10月24日時点で収集したものです。

    なお、良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    年収・給与制度に対する評判・口コミ

    まずは、誰もが気にするであろう年収や給与制度に対する評判・口コミを紹介します。

    年収は地元の中ではトップクラスでよかった。 ボーナスも良くて6ヶ月分夏冬で出ることもあったので充実していた。 なかなか難しい仕事で覚えるまで、また仕事に慣れるまでとても苦労しました。 研修は数え切れないくらい行い、事象が発生したらかわら版の様に情報が回ってきたりします。 研修だけではなく、競技大会もあります。車両技能競技大会や保線区の大会など様々です。 正直給料が良いものでなければなかなか続けにくい仕事だと思います。 上に昇格するのも出身の区が関係してるみたいです。

    30代_男性_保線区
    賞与はその年によって何ヶ月分かが決まるため、不公平に感じることがなく、残業代もしっかり出していただけるため全員が一生懸命に取り組む環境であれば社員同士での不公平さを感じることはなかった。

    30代_女性_サービス
    ボーナス6.1ヶ月、昇給6000円(55歳まで)手当、地域手当(5〜15%)扶養手当(16000円+子供1人あたり3500円)、夜勤手当、緊急呼出手当(4400円)、宿直手当(一回5400円)、日当手当(月5000円)、特勤手当(一回3200円くらい) 給与に関しては若いうちはわりと貰っているかもしれない。給与にはそこまで不満はないが、ベテラン社員は仕事もあまりせず800万〜900万貰っている現状がある。手当が実際は上記よりたくさんあるため、人によって年収のばらつきが多く、年収サイトの情報は参考にしかならない。地方と首都圏では地域手当と残業や夜勤の数が違うため、年収150万は違う。

    20代_男性_電力/指導
    基本給が安すぎて手当で稼いでいる会社。それなのに手当がどんどん見直しをされ、役職手当ばかり増えていく。早く試験に受かれということかもしれないが、平等性のない試験であるため評価基準が不明瞭。

    30代_男性_営業
    年功序列であり、何も考えなくても年収は上がっていく。 しかし、社内試験があり、これに落ちると年収が上がらないため、勉強する必要があり、とても面倒くさい。

    20代_男性_エンジニア
    フィードバックの無い昇進試験のもとで昇進・昇給していきます。他所の会社みたいに個々で営業成績があるわけでもないので、学校のようなテストで昇進が決まります。 毎年作文を強制的に提出させられますが、出せば人事評価が上がるとのこと。強制的なので出さない人が相対的に評価が下がります。こういう風土の会社ですJRは。

    30代_男性_信号通信

    ワークライフバランスに対する評判・口コミ

    続いて、労働時間・残業といったワークライフバランスに関する評判や口コミです。

    有給等は積極的に取れるため、ブラック企業ではない。 職場でもとりづらい雰囲気等もないため、問題ない。 よってしっかりとワークライフバランスが取れている会社だと思う。

    20代_男性_現場
    日勤、泊まり勤務、あけ勤務、休日、といったサイクル。慣れるまではかなりキツイが、慣れてしまえば休日の体感時間が長くなるようにかんじる。フレキシブルなので平日休みもでき、役所や病院、空いている時間に観光ができたりして過ごしやすいようになる。

    20代_女性_サービス
    福利厚生が充実している。 家族共に福利厚生の補助を受けられる ワークライフバランスも安定しており、仕事と家事や休暇のバランスもよくとれる。 また有給休暇も取りやすくかんじる プライベートは充実できる

    30代_男性_設備
    勤務指定を受けている人とフレックス制で働く人がいるが、勤務しているを受けている人は2ヶ月前に勤務が決まってしまい、直近での休みたいが効かず柔軟とは言えない。 フレックス制であればコアタイムがなく翌日休むこともできるため、どの職場に配属されるかで運命が大きく変わる。

    30代_男性_営業
    コロナ前まではゆるい感じで、給料は安いがキツくもなくプライベートも確保できるのが良かった。しかし、ここ数年で様変わりしてしまった。人員は減らされ、有休を取ると他の人が休日勤務というパターンが増えている。また、管理者は必ず非番でも打ち合わせやら勉強会やら会議やらで残業。無駄な管理者ごっこのせいで雁字搦め。たいした手当もつかずにただプライベートが削られて、年休も取りにくい。そんな会社になってしまった。相変わらずの成長という名目の無駄な転勤でキャリアリセットされ家族とも離れ離れもしくは長時間の通勤を強いられる人多数。転勤させるなら給与アップしていくのならわかるが、何の意味もない一般職の転勤なんてザラにあります。社宅の使用も期限があるので家を購入せざるを得ない。家、家族がある中、無意味な希望しない転勤に怯えながら、また、中間管理職になりたくないと思いながら大半の一般人は過ごしていると思います。なぜか時代の流れにいつも逆行していく経営陣です。おかげさまで若い人ほど見切りをつけて転職しています。

    40代_男性_技術
    平常時はかなりライフに寄っているが、異常時には深夜だろうと休日だろうと連絡がくるため、携帯電話は手放せない。また、日頃から運行情報を気にする癖ができてしまうため、自分が休みの日でも列車が遅れると何かあったのか気になってしまう。 現場業務だと残業もそこまで多くなく、自分の時間は確保できる。資格取得・語学習得など転職に向けた準備も問題なくできる。 多くの社員が家庭を大事にしており、仕事一筋な人は一部の総合職だけである。

    40代_男性_技術

    社風・組織体制の口コミ

    続いて、企業の社風や組織体制に対する評判や口コミの紹介です。

    組織や企業体質は少し古いところがあるが、企業努力は見える、 研修等も充実しており、他企業と比べると企業体制はよいものと感じる

    30代_男性_設備
    チームワーク意識高め。人によって合う合わないはあると思う。困ってる人に対して手を差し伸べる人が多いように思う。 以前は組合の力が強い会社で勉強会等の集会があったが、ストライキ騒動の影響でほとんどの社員が非組合員となり、組合色がほとんど無くなってしまった。

    40代_女性_財務
    チームで仕事を進めるため、仕事上のトラブルがあっても周りに相談しやすい。また、援助をしてくれる。定期的に人事異動があることから、仕事の進め方の講習会が頻繁にあり、転入者にとって仕事がしやすい環境である。 家庭的な雰囲気があり、フロアが違っても電話で用件を済ますのではなく、顔と顔を突き合わせて仕事をするため、コミュニケーションが活発である。

    30代_男性_電気設備設計
    権力者たちがいつまでも退職せず、やる気のある中間層の希望する役職が埋まっており、詰まっている状態。「あの人がこういったからこの仕事して」というようなことも多く、ルールや企画などすることがバカバカしくなることもある。

    30代_男性_営業
    最近、融合と連系、変革という名の元に職場統合が推し進められています。職場名や役職が横書きカタカナになった職場、人が多く見受けられますが、本質としては何一つ変わっていません。ただただ、混乱を招いています。意識高い系みたいで恥ずかしくなりますね。

    30代_男性_信号通信
    トップの声が全てに影響するといえる。今もなお古典的な企業と言えるのではないか。 現場で働く人たちはただ管理職の言う通りに仕事をして、気に入られれば昇進していくだろうが現実はなかなかそうもいかない。

    40代_男性_乗務員

    仕事のやりがいに対する評判・口コミ

    続いて、働きがいややりがいに関する評判・口コミです。

    社会的使命感がやりがいにつながる。事業分野が多岐にわたるためいろいろな経験をするチャンスがある。

    30代_男性_エネルギー
    自分のやりたいことはやらせてもらえる。問題意識を持ち続けることが大切で、それに対する改善活動をすることも良しとされる。

    20代_男性_駅業務
    ルーチンワークが基本なために、達成感や充実感を得るとなると、自分から何かに挑戦する必要がある。海外留学や、他企業への出向などに挑戦することも可能なため、閉塞感はない。

    30代_男性_営業
    総合職採用なので、挑戦の場はある程度用意されていた。自己申告書に書き続け、言い続け、なんとか希望の部署で働くことができたが、基本的に任期は3年。そこで成長実感が得られた。私の場合は研修講師を経験できたので、その経験は人材、組織開発の面では他企業でも大いに役立つキャリアだと思う。

    20代_男性_営業
    ルーティンであり、新しいことに挑戦することよりもとにかくミスしないことが重要な仕事なのでやりがいは感じられないと思う。 自分の与えられた仕事しかせず、面倒なことからとにかく距離をおく高齢社員が少なくない。

    30代_男性_営業
    設備に関しては外注化が進んでいますので、自分で実際に作業を行う機会は少ないです。 その割に障害復旧は直轄でしなければならないのですが、普段触らない設備を直すのはやはり時間が進かかり、技術力の低下が見受けられます。

    30代_男性_信号通信

    JR東日本への転職には転職エージェントを活用すべき4つの理由

    JR東日本に転職エージェントを活用すべき4つの理由
    JR東日本への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. JR東日本の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. JR東日本の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、JR東日本の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、

    • 過去どのような人が採用されたのか
    • 採用されなかったのか
    • どのような質問をされたのか
    • どのように回答したか

    などのデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    また、そのようなデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれます。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。

    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    JR東日本への転職でおすすめ転職エージェント

    JR東日本への転職でおすすめ転職エージェント
    JR東日本への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • JR東日本の求人を所有する可能性が高いか
  • JR東日本以外の求人も提案できるか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:412,462件
    非公開求人数:291,985件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    公開求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 年収交渉を代行してくれ年収アップしやすい
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も20万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:128,640件
    非公開求人数:23,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 年収500万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 職務経歴書の登録でスカウト数が大幅に増加
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収500万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収500万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    ※マイナビのプロモーションを含みます。

    基本情報

    公開求人数:48,324件
    非公開求人数:18,475件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:217,091件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    JACリクルートメント

    基本情報

    公開求人数:11,935件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開
    得意な年代:20代後半〜50代前半
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万円以上の求人も多数保有
  • 約550名の業界に精通したプロが在籍
  • 管理職、外資系、海外進出企業などハイクラス転職支援に強み
  • 企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう
  • 外資・グローバル企業に強い

    ロンドン発祥の転職エージェントであり、日本を除く11カ国に拠点もあることから独自のネットワークを活かした外資系や海外企業への転職に強みを持つ。

    「P&G」や「プルデンシャル生命」といった海外でも有名な企業だけでなく、「トヨタ」「パナソニック」「ヤフー」などの日本国内の有名企業の求人も保有している。

    コンサルタントから紹介してもらうことができる非公開求人が多いことも特徴的であり、登録しておくことで他の転職エージェントサービスでは見つけられなかった求人と巡り会える可能性が広がる。

    年収アップ、キャリアアップできる可能性が高い

    公開求人だけでも年収500万円以上が基準となっており、非公開求人の中には年収800万円以上の高年収求人も多数ある。

    これまでの経験やスキルを武器にさらなる年収アップを狙いたい人にはチャンスが多いエージェントサービス。

    ただ、管理職や専門職の求人情報がメインになり、即戦力としての活躍を期待している企業が多いことから経験者には適しているが、未経験の職種にチャレンジしたい人にはあまり適していない。

    紹介してくれる求人のマッチ度が高い

    JACリクルートメントは大手エージェントサービスの中では珍しく、企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう「両面型の転職エージェント」となっている。

    両面型のメリットとしては、企業の社風や仕事内容をコンサルタントが熟知しているからこそ希望する条件と紹介する求人のマッチング精度が高められること。

    また、求職者としては企業が求めている人物像や評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入る。

    そのため面接でズレのないアピールができ、結果として面接通過率を上げられる可能性も高くなる。

    英語面接などの対策に親身に取り組んでくれるため、外資系企業にはじめて挑戦する方でも安心して転職活動に臨める。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    JR東日本への転職のポイント

    JR東日本転職のポイント

    年間を通して人材を募集している

    JR東日本では、基本的には一年中、人材を募集(通年採用)しています。

    特定の時期に募集が開始されるということはなく、常に中途採用者を募集しているので、いつでも選考を受けることが可能です。

    ただし、職種によっては募集をかけるとすぐに応募が集まってしまうような人気な職種もあるため、定期的にJR東日本の採用ページをチェックするか、希望条件に合う求人が出た際に連絡をもらえるように転職エージェントに伝えておくのが効率的です。

    総合職、エリア職といった2種で募集しているが、ウェルカムバック採用、JR東日本グループ、人材紹介・派遣などでも募集がされています。

    人気の職種はすぐに募集が集まってしまうということをお伝えしましたが、それ以外にも管理職のポジションや新規事業に関わるポジションに関しては、他社に情報が漏れることを防ぐため、求人を非公開にして募集するケースが増えています。

    このような非公開求人も転職エージェントを使うことで閲覧、紹介を受けることが可能です。

    JR東日本の面接回数

    JR東日本の面接は多くの人の場合、複数回実施されているようです。

    人によって、実施回数は変動はあるみたいですが、2〜4回程度が平均的です。

    なお、面接の前までにはエントリーシート登録、適性検査も必要となっているため、時間に余裕を持って転職活動を進めると良いでしょう。

    概ね、2ヶ月程度でエントリーから内定をもらえるケースが一般的です。

    全体の流れをまとめると以下のようになります。

  • マイページ登録
  • WEBテスト受験・エントリーシート登録
  • エントリー完了
  • 書類選考
  • 面接(複数回実施)
  • 内定
  • 処遇面談
  • 入社
  • WEBテストは、難易度が高いものではなく、一般常識を問われるものが多くなっています。

    エントリーに際しての注意事項

    新規登録、エントリーシート登録をする上で注意点がいくつかあるため、以下の点には注意しておきましょう。

    年度内で1度だけしか登録、エントリーが出来ない
    例)2023年4月26日~2024年3月31日(予定)の期間内に、お一人さま1回限りの登録です。

    入力時間は「新規登録」「エントリーシート」画面とも、1画面あたり60分
    入力する際は、内容をあらかじめ確認しておき、入力内容を事前にまとめておくと良いでしょう。

    登録(「送信」ボタンをクリック)しない限り、入力は何度でも可能です。

    「エントリーシート」は一度登録すると修正できませんの注意すること。

    JR東日本の求人情報

    JR東日本の求人情報

    JR東日本では主に鉄道事業に関する職種を募集しています。

    経営の柱となっている事業なので、募集されている数も多くあります。

    代表的な募集されている職種を6つ紹介します。

    ※ここで記載している求人は、こちらのページで紹介している転職エージェントで紹介してもらえる可能性が高いものです。

    募集職種
    ビジネス戦略_Suica(総合職)
    事業ミッション
    2001年にIC乗車券として首都圏エリアに導入したSuicaは多くのお客さまにご利用いただいており、その発行枚数は8,800万枚を超えています。Suicaにかかわる仕事は、利用エリアの拡大やSuica電子マネー加盟店の開拓、他企業の先進的な決済サービスとの連携、Suicaに関するシステムや端末の開発・管理など、多岐にわたります。JR東日本は、Suica事業を経営の第3の柱としてSuicaの可能性を広げるビジネスを展開しています。

    【主な業務内容】

  • チケットレス(IC乗車券・モバイルSuica)
  • キャッシュレス(電子マネー加盟店拡大・加盟店管理)
  • Suicaに関するシステムや端末の開発・管理
  • JRE POINT
  • Fintech連携
  • 応募資格
    (1)募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する方
    (2)4年制大学を卒業した方または大学院を修了した方
    勤務時間
    勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります。
    例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)
    ※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります。
    ※2)企画部門の他、全事業場でフレックスタイム制を導入しています。(一部対象条件有)
    ※3)2022年度の平均的な時間外勤務実績は年間175時間程度
    給与
    給与:ご経験を考慮し、当社規定に基づいて決定します。
    諸手当:職務手当、技能手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当など
    昇給:年1回
    賞与:年2回(2022年度実績 4.76ヶ月)
    休日休暇
    年間114日の休日(曜日に関わらず指定します)
    このほか年次有給休暇(入社時に15日、最大20日)および慶弔休暇など
    ※2022年度の平均的な有給取得日数は、年間18.5日程度
    福利厚生・待遇
    制度/各種保険完備、財形貯蓄、グループ共済会、住宅援助金、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)など
    施設/寮、社宅、病院など
    募集職種
    IT・デジタル戦略(総合職)
    事業ミッション
    IT戦略にもとづき、次世代のITビジネス・情報システムを実現します。近年では、IoT・AI・ビッグデータを活用した技術革新によって、新たな価値の創造やイノベーションの推進が主たるミッションとなっています。

    【主な業務内容】

  • IT技術を通じた職場のサポート
  • ITシステムの開発・運用アンリ・セキュリティ
  • ITシステム投資、開発・運用管理の支援
  • ITを活用した新ビジネス創出
  • IT戦略策定
  • 応募資格
    (1)募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する方
    (2)4年制大学を卒業した方または大学院を修了した方
    勤務時間
    勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります。
    例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)
    ※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります。
    ※2)企画部門の他、全事業場でフレックスタイム制を導入しています。(一部対象条件有)
    ※3)2022年度の平均的な時間外勤務実績は年間175時間程度
    給与
    給与:ご経験を考慮し、当社規定に基づいて決定します。
    諸手当:職務手当、技能手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当など
    昇給:年1回
    賞与:年2回(2022年度実績 4.76ヶ月)
    休日休暇
    年間114日の休日(曜日に関わらず指定します)
    このほか年次有給休暇(入社時に15日、最大20日)および慶弔休暇など
    ※2022年度の平均的な有給取得日数は、年間18.5日程度
    福利厚生・待遇
    制度/各種保険完備、財形貯蓄、グループ共済会、住宅援助金、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)など
    施設/寮、社宅、病院など
    募集職種
    輸送(総合職)
    事業ミッション
    輸送の仕事には、「輸送計画」と「運行管理」の2つの柱があります。
    「輸送計画」の主な仕事は、お客さまのニーズに応えた列車ダイヤの策定です。数々のデータからお客さまの動きを分析し、設備などのさまざまな制約条件をクリアしながら、列車ダイヤを計画していきます。また、計画したダイヤに応じて、できるだけ効率のよい、車両の使用計画や乗務員の行路を作成することも重要な仕事です。鉄道は生活に密着しており、社会・経済に与える影響が大きく、たとえ1本の列車であっても人々の流れを変え、地域を発展させる可能性を秘めています。「輸送計画」は「輸送」サービスのベースとなる商品設計部門です。
    「運行管理」は、列車の運行状況をつねに把握し、輸送サービスの品質を確保する仕事です。運行管理を担っている指令室では、災害や事故などが発生したときに、状況を把握して瞬時に的確な判断を下し、安全を確保しながらその後の運転計画を策定し、お客さまへの影響を最小限に抑えるべく指揮を執ります。一つひとつの判断が何万人もの人々の行動を左右する重要な仕事です。「運行管理」は日々の輸送サービスの品質保証部門です。

    【主な業務内容】

  • 列車の運行(車掌・運転士)
  • 乗務員指導・育成
  • ダイヤ作成(輸送計画)
  • 車両・乗務員運用計画
  • 運転設備計画
  • 中長期輸送計画
  • 設備投資計画
  • 指令(運行管理)
  • 応募資格
    (1)募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する方
    (2)4年制大学を卒業した方または大学院を修了した方
    勤務時間
    勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります。
    例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)
    ※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります。
    ※2)企画部門の他、全事業場でフレックスタイム制を導入しています。(一部対象条件有)
    ※3)2022年度の平均的な時間外勤務実績は年間175時間程度
    給与
    給与:ご経験を考慮し、当社規定に基づいて決定します。
    諸手当:職務手当、技能手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当など
    昇給:年1回
    賞与:年2回(2022年度実績 4.76ヶ月)
    休日休暇
    年間114日の休日(曜日に関わらず指定します)
    このほか年次有給休暇(入社時に15日、最大20日)および慶弔休暇など
    ※2022年度の平均的な有給取得日数は、年間18.5日程度
    福利厚生・待遇
    制度/各種保険完備、財形貯蓄、グループ共済会、住宅援助金、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)など
    施設/寮、社宅、病院など
    募集職種
    国際事業(総合職)
    事業ミッション
    国内外の企業と協力しながら、オペレーション&メンテナンス分野(列車の運行や設備の保守などに関する計画・管理・支援・実施など)を中心とし、グローバルな事業展開に挑んでいます。現在、インド高速鉄道プロジェクト、タイ・バンコク都市鉄道パープルライン、海外鉄道プロジェクトへの技術支援などの事業に取り組んでいます。また、パリ、ロンドン、シンガポールの3海外事務所に加え、2022年3月には訪日外国人旅行者数の拡大や新たな価値を生み出す技術シーズ、新サービスの発掘などを目的として新たにロサンゼルスに事務所を開設しました。
    応募資格
    (1)募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する方
    (2)4年制大学を卒業した方または大学院を修了した方
    勤務時間
    勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります。
    例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)
    ※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります。
    ※2)企画部門の他、全事業場でフレックスタイム制を導入しています。(一部対象条件有)
    ※3)2022年度の平均的な時間外勤務実績は年間175時間程度
    給与
    給与:ご経験を考慮し、当社規定に基づいて決定します。
    諸手当:職務手当、技能手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当など
    昇給:年1回
    賞与:年2回(2022年度実績 4.76ヶ月)
    休日休暇
    年間114日の休日(曜日に関わらず指定します)
    このほか年次有給休暇(入社時に15日、最大20日)および慶弔休暇など
    ※2022年度の平均的な有給取得日数は、年間18.5日程度
    福利厚生・待遇
    制度/各種保険完備、財形貯蓄、グループ共済会、住宅援助金、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)など
    施設/寮、社宅、病院など
    募集職種
    建設(総合職)
    事業ミッション
    駅や鉄道のポテンシャルを活かし、お客さまの期待に応える次代のサービスを創出するために、プロジェクトを企画・推進・実現し、あわせて工期短縮やコストダウンに努めることがミッションです。
    上野東京ラインのような輸送ネットワークを強化するプロジェクトや、東京駅のように利便性・快適性を向上させる駅改良プロジェクトを、高度な技術を駆使して企画・推進・実現しています。
    ほかにも、鉄道と道路の連続立体交差化、河川改修事業にともなう橋りょう架替えといった事業も、国や関係自治体と連携して進めています。さらに、新宿駅交通結節点整備(バスタ新宿)のようにまちづくりに貢献する工事も担っています。

    【主な業務内容】

  • 工事監督
  • プロジェクト実施(工事発注・協議調整)
  • 工事設計
  • 調査計画
  • 応募資格
    (1)募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する方
    (2)4年制大学を卒業した方または大学院を修了した方
    勤務時間
    勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります。
    例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)
    ※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります。
    ※2)企画部門の他、全事業場でフレックスタイム制を導入しています。(一部対象条件有)
    ※3)2022年度の平均的な時間外勤務実績は年間175時間程度
    給与
    給与:ご経験を考慮し、当社規定に基づいて決定します。
    諸手当:職務手当、技能手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当など
    昇給:年1回
    賞与:年2回(2022年度実績 4.76ヶ月)
    休日休暇
    年間114日の休日(曜日に関わらず指定します)
    このほか年次有給休暇(入社時に15日、最大20日)および慶弔休暇など
    ※2022年度の平均的な有給取得日数は、年間18.5日程度
    福利厚生・待遇
    制度/各種保険完備、財形貯蓄、グループ共済会、住宅援助金、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)など
    施設/寮、社宅、病院など
    募集職種
    法務(総合職)
    事業ミッション
    法務部門は、当社グループのビジネスを法的な見地から支えることをミッションとしています。そのためには、国内外での事業活動で生じる法的問題への対応や新たな法規制・法改正への対応、裁判などの紛争解決を的確に行うことはもちろん、事業スキームの構築段階から関与し、新規事業の推進を法的側面からサポートすることが重要です。私たちの仕事は、事業活動における法的リスクを最小化して企業価値を守ることのみならず、魅力ある事業・サービスを創造してお客さまに提供し、企業価値を向上させるための法的支援を行うことが求められています。
    応募資格
    (1)募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する方
    (2)4年制大学を卒業した方または大学院を修了した方
    勤務時間
    勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります。
    例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)
    ※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります。
    ※2)企画部門の他、全事業場でフレックスタイム制を導入しています。(一部対象条件有)
    ※3)2022年度の平均的な時間外勤務実績は年間175時間程度
    給与
    給与:ご経験を考慮し、当社規定に基づいて決定します。
    諸手当:職務手当、技能手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当など
    昇給:年1回
    賞与:年2回(2022年度実績 4.76ヶ月)
    休日休暇
    年間114日の休日(曜日に関わらず指定します)
    このほか年次有給休暇(入社時に15日、最大20日)および慶弔休暇など
    ※2022年度の平均的な有給取得日数は、年間18.5日程度
    福利厚生・待遇
    制度/各種保険完備、財形貯蓄、グループ共済会、住宅援助金、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)など
    施設/寮、社宅、病院など

    JR東日本の福利厚生

    JR東日本の福利厚生
    一流企業だけあって、福利厚生も充実しているJR東日本。

    独自性の溢れる福利厚生を一部紹介します。

    ※配属される事業部によって、受けられる福利厚生が異なる場合もあるため、転職エージェントに確認しましょう。

    法定外福利厚生

    JR東日本では「カフェテリア・プラン(選択型福利厚生制度)」を導入しています。

    カフェテリアで好きなメニューを選ぶように、社員それぞれのライフスタイルやニーズにあわせて、会社が用意した福利厚生メニューを一人ひとりに配付されたポイントの範囲内で自由に選択できる制度です。

    カフェテリア・プランのなかからいくつかご紹介します。

    住まい

  • 所有/賃貸住宅援助金
  • 財形(住宅)援助金
  • 住宅ローン支援
  • 寮/社宅
  • 勤務地にあわせ、独身者・単身赴任者のための寮(一人用個室)、家族向けの社宅を設置しています。

    余暇

  • レクリエーション
  • クラブ活動
  • 旅行商品・宿泊施設補助
  • 会員制リゾート施設補助
  • レジャー施設補助
  • 各種クラブ活動として、JR東日本には運動系クラブ(22クラブ)と文化系クラブ(7クラブ)が活発な活動をしています。

    旅行商品・宿泊施設補助では、JR東日本国内ツアー(びゅう国内ツアー・ダイナミックレールパック)で取扱う商品及び提携ペンションを含む社外施設等について、会社の補助を受けて割安に利用することができます。

    会員制リゾート施設補助では、会員制リゾート施設を約80箇所、割引契約施設が約250箇所あり、法人価格で利用することができます。

    フィットネスジム利用補助では、法人会員権を取得しているスポーツ施設を、メンバー料金で利用することができ、さらに会社の補助を受けて割安に利用することができます。

    自己啓発

  • スクール支援
  • キャッシュバック支援(教養図書等の補助)
  • スクール支援として、会社が指定する各種スクールを受講し、その料金を社員が支払っている場合、その費用の一部に会社の補助を受けることができます。

    資格取得、英会話、カルチャースクールなど幅広いジャンルがあります。

    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    LINEヤフーへの転職は難しい?中途で転職成功させる方法が評判・口コミから判明

    2023年10月1日、ヤフーとLINE、Zホールディングス(ZHD)の新合弁会社として「LINEヤフー」が設立されたことで、これまで以上に注目されているLINEヤフー。

    それもそのはず、国内シェア第2位を誇る「Yahoo!JAPAN」やオークションサイト「ヤフオク」を運営するヤフー株式会社月間アクティブユーザー数1.99億人LINE株式会社PayPayやZOZOTOWN、ソフトバンクなどを傘下に持つZホールディングスが合併し、約230の国・地域にサービスを提供するモンスター企業となったためである。

    そんな注目されている、LINEヤフーに対しては、

  • 副業が推奨されてて自由度が高そう…!
  • 給与水準が高そう…!
  • 最新の情報に触れられそう…!

  • といったポジティブなイメージもありますが、

  • やりがいはありそうだけど残業とか多そう…
  • 休日とかも出勤させられそう…
  • エリートばっかりで肩身狭そう…

  • といったネガティブなイメージを持っている人も多いようです。

    また、新卒でしか入社できないといったイメージを持っている人も多く、中途での転職は難易度が高すぎて転職先の候補から外している人もいるようです。

    しかし、結論からお伝えすると、LINEヤフーは中途採用にも力を入れており、募集している職種が幅広かったり、採用人数が多いことから転職できる可能性は十分あります。

    ただ、転職先としての人気も高い企業でもあるため、転職するための難易度は高い企業であることも事実です。

    そこで、LINEヤフーの評判口コミを紹介するとともに、転職成功させるために押さえておくべきポイントと使うべき転職エージェントをお伝えしていきます。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 面談で希望条件を伝えておく
  • エージェントからの紹介求人を週一でチェック
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流となっています。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    転職エージェントに登録しておけば、希望条件を満たす求人の紹介だけでなくスカウトなどを通じてあなたの市場価値を知ることもできます。

    勘違いされがちですが、転職エージェントに登録したからといって転職しなければいけないということではないのです。

    転職が当たり前になっている今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておくことが重要です。


    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    LINEヤフーはこんな会社

    LINEヤフーの主な事業はインターネット広告や会員サービス、イーコマース事業です。

    LINEヤフーは、1つのサイトだけでさまざまな情報をまとめて調べることができるポータルサイト(Yahoo! JAPAN)を運用していることが一番の特徴であり競合優位性となっています。

    また、Yahoo!は検索エンジンのほかにショッピングやニュース、オークションに旅行、天気など、幅広いジャンルの情報を扱い、あらゆるユーザーニーズを満たすサイト構成を実現しています。

    情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。というミッションを掲げ、業界のリーディングカンパニーとして次々と新しいサービスを生み出し、インターネット業界を牽引しています。

    LINEヤフーの事業を支える会社には、「LINE株式会社」「PayPay株式会社」「株式会社ZOZO」「株式会社出前館」など、知名度の高い企業が名を連ねています。

    基本情報

    LINEヤフーの基本情報

    まずは、LINEヤフーの基本情報を紹介します。

    LINEヤフーの公式ページを参照しています。

    会社名

    LINEヤフー株式会社

    事業所

    本社
    〒102-8282
    東京都千代田区紀尾井町1-3
    東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー

    設立

    1996年1月31日

    資本金

    247,473(百万円)(2023年8月末時点)

    連結子会社数

    124社(2023年8月末時点)

    持分法適用関連会社数

    39社(2023年8月末時点)

    代表者

    代表取締役会長
    川邊 健太郎

    代表取締役社長 CEO
    出澤 剛

    代表取締役 CPO
    慎 ジュンホ

    事業内容

    インターネット広告事業、イーコマース事業及び会員サービス事業などの展開並びにグループ会社の経営管理業務など

    LINEヤフーの特徴

    LINEヤフーの特徴

  • 国内最大規模のインターネットサービス企業グループ
  • 約200を超える多彩なサービスを提供し、国内総利用者は3億人
  • トータルデジタルリサーチ国内No.1のYahoo!JAPANを運営
  • スマホアクティブリーチ国内No.1のLINEを運営
  • スマホ決済サービス国内No.1のPayPay、LINEPayを運営
  • 2023年10月1日付で遂に新合併会社としてLINEヤフー誕生

    ヤフー、LINE、Zホールディングスの合弁会社の新名称が「LINEヤフー」に決定し、10月1日に設立。

    合併により、サービスの連携強化と統廃合を進め、広告事業においての連携強化と収益改善が期待されている。

    300億円規模の固定費削減と集中と選択を図り2023年度に再編を予定すると共に、ID連携を強化する目的でプレミアム会員特典のアップグレードした「LYPプレミアム会員」を開始予定。

    業績面では、1.67兆円の売上収益を達成し、調整後EBITDAも3期連続で過去最高を更新したが、景気後退や広告市況の低迷により内部の課題があるため、抜本的な対策として合併が行われることとなった。

    メディアから通信までを網羅する世界でも類を見ない多様なポートフォリオ群

    ポートフォリオ群
    ポートフォリオ群2

    メディア、コマース、Fintech、メッセンジャー・SNS、AI、通信など、メディアから通信まで網羅しているポートフォリオを持っていることはLINEヤフーの強みであり、最大の特徴といえる。

    消費者の日常生活には欠かせないサービスを数多く展開しており、合併によりこれまで以上に連携がスムーズになりLINEヤフーの経済圏は更に拡大していくと想定される。

    LINEヤフーの評判・口コミ

    LINEヤフーの評判口コミ

    一部では、LINEヤフーは「給料は高そうだけど残業が多そう」「新卒じゃなきゃ入れなそう」などの噂もありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

    どのような会社なのかを知るために、LINEヤフー(ヤフー株式会社やLINE株式会社も含みます)で従事した経験のある元社員や現在も従事している社員の口コミを見てみましょう。

    掲載している評判・口コミは、2023年10月8日時点で収集したものです。

    なお、良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    年収・福利厚生・評価制度の口コミ

    給与自体はやれば上がるような体制。ただ、昇給の上がり幅は他のIT企業と比べては低いかも。もししっかりあげたいのであれば、一度退職して他の企業に勤めた後に再度戻ってきて、転職時に給与交渉をした方が現実的にみて年収は上げられる可能性は高そう。新卒で入った場合は、給与が低めに抑えられているので、他の社員を見てなんでこの人がこんなにもらってるのと思うこともある。

    30代_女性_エンジニア系(ヤフー株式会社)
    定期的にチームメイト同士で互いの評価を匿名で送り会う。自分がチームメイトからどう評価されているかの透明性が高い。普段一緒に働いている同じチームの人からの評価なので誰からどのように評価されているかもだいたい把握できる。 その評価の際、相手の給与ランクに相応しい働きをしているか評価するために相手の給与ランクが開示される。もちろん自分の給与ランクもチームメイトに開示される。そのため、チームメイトが前回から昇給しランクが上がっているかやチームメイトの給与額の推測ができるため、チームメイトの働きぶり・評価と給与額の関連性について、透明性は高いと思われる。

    30代_男性_エンジニア系(ヤフー株式会社)
    しっかり仕事して上司とコミュニケーションを取れており、ある程度目立っていれば昇給するので良いと思う。ボーナスとは違いうんではなくちゃんと実力がある人しか上がらない。ただ昇給幅が1万円程度なので新卒から安い給料で入った人には厳しい制度だと思う。

    30代_男性_営業(ヤフー株式会社)
    営業部門は個人売上に連動し評価され昇給されていた、と聞くが、大きな昇給の恩恵を受けた話は一切聞かず、押し並べて昇給幅は低かったよう。管理部門はほぼ昇給せず

    40代_男性_管理部門(ヤフー株式会社)
    超優秀な人材はどんどん上がる。急速に大きくなった会社のため上が詰まっており、上の下以下の人材はいつまで経っても上がらない。実力主義とも言えるが実際は上がらない人の割合が多すぎて社内で不満が溜まっている。 昇格しても給与はほとんど変わらないのに業務量が急に増えるため、従業員満足度調査ではリーダー(課長)の満足度がいつも低い。部長までいくとゲームクリアという感じでのんびり高給をもらっている。

    20代_男性_営業(ヤフー株式会社)
    360度評価を売りにしていたが、自分の評価だけでなく関係者についてもいちいち評価をしなければならずとてつもなくめんどくさかった。人が多く、入れ替わりも早いため、上司だけでは評価の目が届かないための制度のように感じた。上司以外からも自分の評価が分かるのは新鮮さもあったが、評価時期の負担が大きい。

    30代_男性_広告系(LINE株式会社)

    労働時間・残業の口コミ

    スーパーフレックス、リモートワークが基本なって自由度は最高。二代目社長の宮坂さんが働きやすく社員化が才能を発揮できる組織づくりをしたいという強い意志で仕組みを変えていった結果国内でもっとも社員に優しい会社となった。

    20代_男性_広告系(ヤフー株式会社)
    残業は一切強要されることはありません。 仕事が終わらなければ残業すればいいだけですし、残業したくなければ仕事が定時内で終わるようにスケジュール管理すれば問題ありません。 営業なのでもちろん数字は問われますが、自分のペースで仕事ができる良い会社だと思います。 土日は必ず休みですし、土曜日が祝日の場合は金曜日も休みなので、かなり休日は多い方だと感じます。

    30代_男性_営業(ヤフー株式会社)
    裁量労働制やフレックスタイム制が採用されているため、時間の融通は効きやすいと思います。業務量に関してはそれぞれ部署で異なると思うのでなんとも言えませんが、プライベートを犠牲にしてはたらいているイメージはあまりありません。

    20代_女性_ビジネス(LINE株式会社)
    私はプライベートとのバランスは調整しづらかったです。上司が部下の仕事をわかってない状態で仕事を割り振っていたため、ありえない仕事量になっていました。上司も悪い人ではなかったとは思いますが、新しい分野に進出する場合、誰を上司に置くかはよく考えてほしいなと心から思います。

    20代_女性_サービス開発(LINE株式会社)
    ワークライフバランスについては厳しすぎるほど厳しく、自分で納得するまでやりたいことができないぐらいだった。一方でその分余った時間を使ってスキルアップや友人との時間に使えるので、余った時間の使い方は大事だと思う。

    20代_男性_データサイエンティスト(ヤフー株式会社)
    業務量が多い。裁量労働制なのでスケジュールをやりくりすれば、平日でもプライベートの予定を入れることはできるが、ただやるべきことを後ろ倒しにしただけなので、結果として後から大変になる。 当方、めちゃめちゃ優秀ではないが、世の中的には上半分には入れるレベル感と自己認識している。ずーっと追われるように忙しく待遇面もそこまで報われなかった。

    30代_男性_コーポレート(ヤフー株式会社)

    社風・組織体制の口コミ

    業務量が多い。裁量労働制なのでスケジュールをやりくりすれば、平日でもプライベートの予定を入れることはできるが、ただやるべきことを後ろ倒しにしただけなので、結果として後から大変になる。 当方、めちゃめちゃ優秀ではないが、世の中的には上半分には入れるレベル感と自己認識している。ずーっと追われるように忙しく待遇面もそこまで報われなかった。

    30代_男性_企画(ヤフー株式会社)
    いわゆる外資系と比べると日本の人の割合が多いため日本の企業の文化がありつつ、アジア圏の人もいるため外資の文化がうまく融合している感じです。 コミュニケーションも日本語がメインですが、場合によっては英語を使う場面があります。技術職の場合は他の職種に比べると多少英語を使う場面がなくはないですが、社内に各種翻訳・通訳をサポートする部署やツールも揃っており、中学校程度の英語知識があれば不自由はあまり感じません。

    40代_男性_エンジニア系(LINE株式会社)
    1on1という文化があり、自分の上司と毎日話す機会がある。仕事の話だけではなく、雑談やプライベートの話もするので仲良くなったり距離を縮めるきっかけにもなる。自分的には良い文化だと思うが、全員にとってそうではないと思う。毎日仕事とは関係ない話をすることをストレスに感じる人もいると思うので、向いている人は向いてるのではと思う。

    30代_男性(ヤフー株式会社)
    現場の人間は計画が進んでいないことを理由に昇給もしませんし、ひとたび解散となるとキャリアも積み直しの懲罰的人事に結果的になりますが、会社としては懲罰的人事になっていると思っていません。 コア事業の本筋に配属されて頭から好待遇なら入ってもいいと思いますが、それ以外なら長くいる会社ではありません。 また、インターネット黎明期からずっといる方がおおく硬直化している部分があります。老害とまではいいませんがインターネット老人会的な懐古的企画案を毎度聞かされるのが嫌な人には向いてないと思います

    20代_女性_企画(LINE株式会社)
    非常に役所的であり、極めて縦割り。向き合いはユーザーではなく、社内の偉い人。よくも悪くも大企業病におちいってしまっており、クリエイティブな仕事をしたい人にはまったく向いていない。

    40代_男性_管理部門(ヤフー株式会社)
    規模は大きくなっているが、ベンチャー企業としての習性も残っており、とてもアクティブに事業を立ち上げていく。マネージャー以外の役職もないため、社員同士は平等で風通しが良い文化であるが、会社全体的に戦略があまりなく、行き当たりばったりであるため、将来へ不安を感じる社員も多い。

    30代_男性_管理部門(LINE株式会社)

    入社の決め手

    インターネット業界最大手で最も世の中に影響をあたえることができるWeb企業の一つであることです。 また、働かれている方のスキルや経験も豊富で非常に多くのことを吸収することができるであろうと思いました。

    20代_男性_企画(ヤフー株式会社)
    Fintech分野での事業進出・拡大で注目されていた企業だったので新たなチャレンジができる点に魅力を感じ入社することを決断した。

    30代_女性_事務(LINE株式会社)
    ZHDとなり、Yahoo、LINE、PayPay、ZOZOなど、各領域のトッププレイヤーが集う今日本で1番面白いフェーズにあるインターネット企業だから。

    20代_女性_スタッフ(ヤフー株式会社)
    ものすごいスピードで拡大していく企業なので、経験面で良いものが得られると思った。 しかし、拡大速度はすごいが、方向性が見えてないものがほとんどで自然に将来不安になる。管理体制がなく事業部が先走り失敗するパターンが繰り返されており、管理職として勤めても尻拭いに追われるのみで、得られる経験は少ない。

    30代_女性_管理部門(LINE株式会社)
    とりあえず日本で一番有名なサイトではあるがここ数年は、新たに生まれるサービスはほとんど失敗している。既存の有名サービス、ニュース、ファイナンスなどで成り立っている。 人の生活スタイルを変えるような新しいサービスを生み出すような会社ではない、働いている人もモチベーションが低い

    40代_男性_管理部門(ヤフー株式会社)
    ネットへの知見を深めたかった。採用が熱心で内定を降りやすかったこともある。LINEという企業のブランドにも当時は価値を感じた 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 安心して働くことができる一方、待遇は悪い。成果をあげたとしても昇給やボーナスは全く見込めない。一方、新卒の社員は定期的に昇給するなど社員間の不平等も際立っている。

    30代_男性_企画(LINE株式会社)

    LINEヤフーへの転職には転職エージェントを活用すべき4つの理由

    LINEヤフーに転職エージェントを活用すべき4つの理由
    LINEヤフーへの転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. LINEヤフーの職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. LINEヤフーの職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、LINEヤフーの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、

    • 過去どのような人が採用されたのか
    • 採用されなかったのか
    • どのような質問をされたのか
    • どのように回答したか

    などのデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    また、そのようなデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれます。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。

    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    LINEヤフーへの転職でおすすめ転職エージェント

    LINEヤフーへの転職でおすすめ転職エージェント
    LINEヤフーへの転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • LINEヤフーの求人を所有する可能性が高いか
  • LINEヤフー以外の求人も提案できるか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:412,462件
    非公開求人数:291,985件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    公開求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 年収交渉を代行してくれ年収アップしやすい
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も20万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:128,640件
    非公開求人数:23,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 年収500万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 職務経歴書の登録でスカウト数が大幅に増加
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収500万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収500万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    ※マイナビのプロモーションを含みます。

    基本情報

    公開求人数:48,324件
    非公開求人数:18,475件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:217,091件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    JACリクルートメント

    基本情報

    公開求人数:11,935件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開
    得意な年代:20代後半〜50代前半
    対応エリア:全国

    求人数_2023年10月26日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万円以上の求人も多数保有
  • 約550名の業界に精通したプロが在籍
  • 管理職、外資系、海外進出企業などハイクラス転職支援に強み
  • 企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう
  • 外資・グローバル企業に強い

    ロンドン発祥の転職エージェントであり、日本を除く11カ国に拠点もあることから独自のネットワークを活かした外資系や海外企業への転職に強みを持つ。

    「P&G」や「プルデンシャル生命」といった海外でも有名な企業だけでなく、「トヨタ」「パナソニック」「ヤフー」などの日本国内の有名企業の求人も保有している。

    コンサルタントから紹介してもらうことができる非公開求人が多いことも特徴的であり、登録しておくことで他の転職エージェントサービスでは見つけられなかった求人と巡り会える可能性が広がる。

    年収アップ、キャリアアップできる可能性が高い

    公開求人だけでも年収500万円以上が基準となっており、非公開求人の中には年収800万円以上の高年収求人も多数ある。

    これまでの経験やスキルを武器にさらなる年収アップを狙いたい人にはチャンスが多いエージェントサービス。

    ただ、管理職や専門職の求人情報がメインになり、即戦力としての活躍を期待している企業が多いことから経験者には適しているが、未経験の職種にチャレンジしたい人にはあまり適していない。

    紹介してくれる求人のマッチ度が高い

    JACリクルートメントは大手エージェントサービスの中では珍しく、企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーが行なう「両面型の転職エージェント」となっている。

    両面型のメリットとしては、企業の社風や仕事内容をコンサルタントが熟知しているからこそ希望する条件と紹介する求人のマッチング精度が高められること。

    また、求職者としては企業が求めている人物像や評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入る。

    そのため面接でズレのないアピールができ、結果として面接通過率を上げられる可能性も高くなる。

    英語面接などの対策に親身に取り組んでくれるため、外資系企業にはじめて挑戦する方でも安心して転職活動に臨める。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    LINEヤフーへの転職のポイント

    LINEヤフーへの転職のポイント

    年間を通して人材を募集している

    LINEヤフーでは、基本的には一年中、人材を募集(通年採用)しています。

    特定の時期に募集が開始されるということはなく、常に中途採用者を募集しているので、いつでも選考を受けることが可能です。

    ただし、職種によっては募集をかけるとすぐに応募が集まってしまうような人気な職種もあるため、定期的にLINEヤフーの採用ページをチェックするか、希望条件に合う求人が出た際に連絡をもらえるように転職エージェントに伝えておくのが効率的です。

    人気の職種はすぐに募集が集まってしまうということをお伝えしましたが、それ以外にも管理職のポジションや新規事業に関わるポジションに関しては、他社に情報が漏れることを防ぐため、求人を非公開にして募集するケースが増えています。

    また、特に2023年中は合併後の固定費削減の文脈から採用を控えていることもあり、希望の職種・ポジションの求人を見つけづらい可能性があります。

    そのため、非公開求人も押さえておくためにも転職エージェントを使うことがおすすめです。

    複数の職種に同時にエントリーすることは出来ない

    中途採用では、同時に複数の職種へのエントリーをすることはできません

    複数エントリーをした場合は、いずれかの職種に絞ることになるため、複数の職種へのエントリーは控えておくべきでしょう。

    ただ、中途採用では一つのポジションに応募した場合でも、書類選考の段階で募集中の全職種での採用可能性を検討しているそうです。

    求める語学力は応募ポジションにより異なる

    求める語学力は、応募ポジションにより異なります。

    多言語対応した翻訳botなどのツールや、社内の専門通訳・翻訳部門など、語学が堪能でない方へのサポートもありますし、英語・韓国語・日本語の語学講座も設けており、語学スキルを向上させて業務に生かすことも可能です。

    また、外国籍の方もすべての職種において採用の対象です。

    ただし、社内の公用語は日本語ですので、読み書きを含めた日本語でのビジネスコミュニケーションが可能な方を推奨しています。

    LINEヤフーの求人情報

    LINEヤフーの求人情報

    LINEヤフーは、大きく分けてエンジニア、デザイナー、企画・マーケティング、コーポレートなど4部門で求人を募集しています。

    一部の求人情報を記載しておきます。

    ※ここで記載している求人は、こちらのページで紹介している転職エージェントで紹介してもらえる可能性が高いものです。

    募集職種
    サービス企画/検索広告
    仕事内容
    テキスト広告の検索広告を始めとした、検索に連動したマネタイズ。
    検索連動型広告のサービス企画およびプロダクトマネジメントを担い、検索広告の成長に取り組みながら、新たな広告商材の検討含めたさまざまなチャレンジができる。
    身近なサービスをより成長させるために、企画からディレクションまで幅広く携わることができる点が魅力となる仕事。

    【主な業務内容】

  • 検索広告および新たな広告商材でのマネタイズ
  • 広告主代理店の課題解決
  • 上記実現するための企画立案と開発のディレクション
  • 応募資格
    <必須スキル>

  • ウェブシステムについての基本的な知識
  • プロジェクトリーダーやマネジメントの経験
  • SQL利用経験または広告サービス経験
  • <歓迎スキル>

  • ウェブ系、または業務系システムの設計/開発に携わった経験
  • 大規模プロジェクトでのリーダーまたはプロジェクトマネジメント経験
  • 運用型インターネット広告に関する知見
  • データ分析を基にした企画の経験
  • 給与
    想定年収:447万円~1,404万円
    賃金形態:月給制(固定残業代含む)
    基準給与:298,000円〜936,000円

    (基準給与の内訳)
     ―基礎給    :229,981円~727,541円
     ―固定時間外手当:68,019円〜208,460円

     ※時間外労働の有無に関わらず、35時間分の固定時間外手当を支給
     ※固定時間の超過分は、超過勤務手当を別途支給
     ※月給の各項目名はグレードにより異なります
    賞与:年2回を上限に、会社や所属部署の業績を踏まえて支給
    福利厚生・待遇
    選択型確定拠出年金制度、総合福祉団体定期保険、長期所得補償制度、財形貯蓄制度、株式累積投資制度、定期健康診断・人間ドック二次検査の費用補助、LY Working Style手当、社内マッサージ室、サークル、懇親会費補助など

    【2024年6月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上を保有し転職サイトの中で最大級。
    • doda
      doda独占求人が9割!他の転職サイトで見つけられなかった求人と巡り会える可能性が高い。
    • JACリクルートメント
      精度の高いマッチングが好評!両面型の転職サポート。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。
    • ビズリーチ
      年収500万円以上の高年収求人数を多数保有。職務経歴書登録でスカウト率がアップする。

    転職先の候補としてLINEヤフーと比較されている企業

    本記事を見ている人の中には、LINEヤフー以外の転職先を検討している人も多いと思います。

    LINEヤフーと同様にインターネット業界で比較している人、知名度のあるサービスを運営している企業で検討している人など、比較の対象は様々だと思います。

    そこで、ここからはLINEヤフーと比較している人が多い企業を紹介します。

    転職エージェントからの話を元に、実際にLINEヤフーと比較している人が多い企業に絞っているため、転職先を検討する際の参考にしてください。

    インターネットサービスを運営している企業で比較される企業

    まずは、インターネットサービスを運営している企業という括りでLINEヤフーと比較されていることの多い企業を紹介します。

    誰しもが耳にしたことのある企業が多いでしょうが、各企業の事業内容も解説しています。

    LINEヤフーと比較されている企業

  • DeNA
  • 楽天
  • メルカリ
  • リクルートグループ
  • ソフトバンク
  • ヤフー
  • ミクシィ
  • LINE
  • DeNA

    DeNAは、Eコマースサイトやモバイル用ポータルサイトを運営している企業です。

    20年度の売上高は前年比では2.3倍となる1,127億円であるものの、ピーク時である12年度の2,024億円に比べると縮小している。

    「ソーシャルメディア事業」や「ポータル・マーケティング事業」としていたゲームプラットフォーム「モバゲー」の人気が爆発したことで売上アップの原動力。

    2021年現在のDeNAの事業セグメントは「AI事業」「ゲーム事業」「スポーツ事業」「オートモーティブ事業」「ヘルスケア事業」「ライブストリーミング事業」「新規事業・その他」の7つです。

    2021年8月(予定)には、本社をWeWork渋谷スクランブルスクエアに移転し、新たに神奈川県の横浜にも拠点を構えることがプレスリリースされています。

    営業アプリエンジニアなどで転職を検討している人が、サイバーエージェントと比較しているケースが多いようです。

    楽天

    「グローバルイノベーションカンパニー」として世界中の人々が幸せに生きられる社会を創るため、常識をくつがえすイノベーションを生み出し続けています。

    楽天市場、楽天トラベル、楽天カード、楽天モバイルなど様々な事業を多角的に展開しているため、求人情報としても様々な職種の募集があるため、サイバーエージェントと比較される機会が多くなっている。

    インターネット業界としても知名度の高い楽天ですが、中でも楽天市場や注力している楽天モバイルなどでの人材募集が多いため、営業・コンサルタントやマーケティングセキュリティエンジニアやデータサイエンティストカスタマーサポートや法務・財務などの人から人気が高いようです。

    メルカリ

    スマートフォンに特化した個人間取引(CtoC)のためのマーケットプレイスである「メルカリ」を運営しています。

    日本国内での認知度はそこまで高くないですが、米国でもオールジャンルのCtoCマーケットプレイス「Mercari」の運営もしています。

    「メルカリ」で培った技術力と顧客基盤を基に2019年2月にスマホ決済サービス「メルペイ」の提供を開始するなど、テックカンパニーとして著しく成長を続け、転職者からの人気を集めている企業の1つです。

    特に最新技術に携わりたいエンジニアUI/UXデザイナーの人が検討しているケースが多いようです。

    リクルートグループ

    就職活動をするときに利用されたことがある人も多いであろう「リクナビ」をはじめ、転職サイトとして利用者数No.1の「リクナビNEXT」などをはじめ、不動産情報を提供している「SUUMO」、学習をサポートする「スタディサプリ」などを運営しているリクルートグループ。

    かつては、リクルートキャリアやリクルートライフスタイルなどを子会社として経営されていましたが、各中核事業会社・機能会社が培ってきた事業運営ノウハウや多様な人的資産をリクルートに集約し、更なる提供価値の向上と、新しい価値の創造による社会への貢献を目指すために、本吸収合併によって、中核事業会社・機能会社をリクルートに統合することが最適であるという判断から2020年1月6日に完全子会社が吸収合併されています。

    事業内容も幅広く、募集している職種も多いことから、営業やマーケター、事務職など多種多様な人が転職先として検討していることが多いです。

    ソフトバンク

    固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業を展開しているソフトバンク。

    携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社などがソフトバンクの傘下にあり、近年は先端IT企業などに投資するファンドなどを立ち上げ、投資会社としての側面も強くなっています。

    2021年3月にはLINEと経営統合した新生Zホールディングスグループが加わり、携帯電話サービスの3,700万、Yahoo!JAPANの8,000万、PayPayの3,500万、LINEの8,600万の顧客を有する、国内最大規模のタッチポイントを持つ通信・ITグループとなっています。

    通信事業やテクノロジー事業に携わってきた人副業をしながらキャリアを築きたい人が検討しているケースが多いようです。

    ヤフー!

    検索連動型広告やディスプレイ広告などの広告関連サービスを提供する「マーケティングソリューション事業」、「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!トラベル」などのeコマース関連サービス、および「Yahoo!プレミアム」「Yahoo!BB」などの会員向けサービスを提供する「コンシューマ事業」に加え、クレジットカードやFX、決済に関連する「決算金融関連事業」の構築に取り組んでいる企業です。

    2018年10月にはソフトバンクと連携して、スマートフォン決済サービス「PayPay」の提供を開始するなど、政府が推進する「日本のキャッシュレス化」を牽引するための中心的な役割を担っている企業の1つです。

    収益の柱の1つである広告事業を展開していることにより、アドトレーダーマーケターといった職種の人が検討しているケースが多いです。

    ミクシィ

    ミクシィは、2000年代に大ヒットしたSNSである「mixi」やスマホゲーム「モンスト」の運営をしています。

    「モンスト」が大ヒットしたことを受け、現在ではスマホゲームをはじめとするモバイルゲーム事業やエンターテインメント事業を収益の柱としています。

    そのため、iOSエンジニアAndroidエンジニアデザイナーといった専門職種の人が比較しているケースが多いです。

    LINE

    SNSサービス「LINE」を知らない人はいないでしょうが、それ以外にも「NAVERまとめ」や「ライブドア」などのニュース、ポータルサイトの運営も行なっています。

    2021年3月1日にZホールディングス株式会社と経営統合しています。

    参照:LINE_PR

    知名度の高いサービスに携われるということで多くの求職者から注目を集めていますが、中でもサービス開発、インフラ・セキュリティ・データ領域の開発、関連領域の開発・研究などの業務を行う技術職研究職の人が多く検討しています。

    また、会社として急成長しているため、それらを支えるコーポレート・サポート職(投資・財務経理・法務・コンプライアンス・総務・人事など)の人材の募集も多くあります。

    検索・広告に関わる企業という括りで比較されることの多い企業

    続いては、検索・広告に関わるという括りでLINEヤフーと比較されていることの多い企業を紹介します。

    LINEヤフーと比較されている企業

  • オプト
  • セプテーニ
  • アイレップ
  • デジタルガレージ
  • リスティングプラス
  • トランスコスモス
  • GMOアドパートナーズ
  • アドウェイズ
  • アナグラム
  • オプト

    株式会社オプトは、サイバーエージェントに次ぐ規模の大手インターネット広告代理店でリスティング広告の運用実績で国内トップクラスを誇っています。

    業界特化型のチーム編成(営業やオペレーションが同じフロアで働いていること)による業界の特有知識をチーム間で迅速に共有することができることを強みとしています。

    また、近年では動画広告やAI、ビッグデータ活用にも力を入れており、動画マーケティング専門部署も設立されています。

    取り扱っている広告手法や媒体数、クライアントの数も多いため幅広い人から人気がありますが、特にリスティング広告の戦略的運用に定評があるため、リスティング広告経験者の人が検討していることが多いです。

    セプテーニ

    株式会社セプテーニは国内三大インターネット広告代理店のひとつで、スマートフォン広告・スマートフォンに強い動画広告に力を入れています。

    動画広告においては、広告主企業の目的に合わせたコミュニケーション設計や、動画クリエイティブ制作、効果指標の設定などトータルでのサポートをしていたり、クリエイティブ制作に特化した子会社を持っているため、高品質かつ高い効果を生み出せる体制が構築されています。

    そのため、動画広告の運用経験者デザイナーなどの人が検討しているケースが多いです。

    アイレップ

    株式会社アイレップは博報堂DYホールディングスの子会社のインターネット広告代理店で、リスティング広告とSEO対策に定評があります。

    そのため、広告運用者だけでなく、SEO経験者の人からも人気が高い企業の1つです。

    また、集客施策だけではなく、「企業好意度の向上」や「新商品認知の早期獲得」、「商品・サービスの理解浸透」などを目的としたコミュニケーション戦略の立案も行なっているため、ブランディングに携わっていた人PRなどの業務に従事していた人も転職先としてサイバーエージェントと比較しているようです。

    デジタルガレージ

    株式会社デジタルガレージは、オンラインからオフラインの行動を促すO2Oマーケティングを得意としているネット広告代理店です。

    また、ネットワーク型ネイティブ広告サービスの自社開発も行なっています。

    そのため、ネット広告の運用経験者だけでなく、EC業界出身者などの人もサイバーエージェントが比較しているケースがあります。

    リスティングプラス

    リスティングプラスは、社名にもある通り、リスティング広告を得意としています。

    リスティング広告では、日々の入札調整やアカウント構成の変更などの運用技術に加え、ランディングページ(LP)の企画、制作技術も必要となります。

    そのため、メディア企画を担当していた人Webディレクターなどの経験がある人が転職先として検討していることが多いようです。

    トランスコスモス

    トランスコスモスは、1985年に設立された老舗のネット広告代理店です。

    代理店としてSNS運用やECコンサルティングなどに加え、コールセンター事業なども行なっています。

    そのため、コンサルタントテレコミュニケーター、オペレーターなどの職種を軸で転職先を検討している人が比較しているケースが多いです。

    GMOアドパートナーズ

    GMOアドパートナーズは、GMOグループのインターネット広告代理店です。

    名の知れた企業のグループ会社ということもあり、大手クライアントの集客代行の実績が豊富にあることも強みとなっています。

    検討している層としては、リスティング広告・ディスプレイ広告の経験者が多くなっています。

    アドウェイズ

    アドウェイズは、アプリ広告の運用を得意としているネット広告代理店です。

    アプリ広告に限っては、セプテーニに続く国内2番目の実績があります。

    また、メディア立ち上げや新規事業の創出などにも積極的であることから、新規事業に携わりたい若手マーケターの人が検討しているようです。

    アナグラム

    アナグラムは、運用型広告のみを取り扱っている代理店であるため、SEOやSNSマーケティングなどは基本的に行なっていない。

    その分、運用型広告の運用スキルが高い社員の在籍率が高いことを強みとしている。

    不定期で更新されているアナグラムのメディア(記事)を普段の業務で参考にしている広告運用者も多いのではないでしょうか。

    そのため、運用型広告の運用者として多くの経験を積んだ人が検討しているケースが多くなっています。