20代の転職

営業職ならフリーターから正社員になれると思ったら大間違い

フリーターから正社員になろうかな…
正社員として就職しやすい仕事って何だろう…
と考えたときに最初に思いつくのは、営業職ではないでしょうか。

確かにどこの企業でも営業職があるため、一番身近な職種と言えるかもしれません。

また、採用においても他の職種に比べ、学歴や経歴よりも人柄やコミュニケーション能力が重視される職種であることも確かです。

実際に未経験を歓迎している企業も多いです。

しかし、営業職と一口にいっても業務内容は様々です。

そのため、営業職だからといって簡単に正社員として就職できると思ってしまうのは大間違いです。

今回は、営業職の仕事内容からフリーターから未経験で営業職になるために押さえておくべきポイントを解説していきます。

ワンポイント転職活動アドバイス

転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    営業職はどんな仕事?

    営業職はどんな仕事?

    営業職は自社の商品やサービスを顧客に購入してもらうために、商品の紹介や提案を行う仕事です。

    営業職は顧客や営業方法などによって、いくつかの種類に分かれ、その呼び名も様々で仕事内容も異なります。

    顧客の違い

    大きく分けて、企業などの「法人」を対象にした法人営業と、一般消費者である「個人」を対象にした個人営業があります。

    既に取引のある顧客を「既存顧客」、新たに取引をする(新規開拓をする)顧客を「新規顧客」と区別しているのも特徴で、それぞれ提案方法は異なります。

    営業方法の違い

    個人で行うものと、チームで行うものがありますが、細かな働き方はその企業の取り扱い商品やサービスによって異なります。

    営業職は大きく分けると”新規開拓営業””ルート営業”2種類に分けられます。

    大抵の方は営業と聞くと、イメージとして「新規が辛くてルートが楽」というものが一般的ですが、それぞれの”辛い部分””やりがい””求められる能力”が違います。

    新規開拓営業

    まずは、新規開拓営業についてお伝えします。

    新規開拓では「テレアポ」「飛び込み」「問い合わせ」を始め、幅広いお客様に接点をとる手法があります。

    新規開拓で最初につまずきがちなポイントは「アポをとること」です。

    何社にアプローチしても初めて名前を聞いたり取引をする会社なので、初めからアポを承諾してくれる割合は非常に少ないのです。

    また、アポイントが簡単に獲得できれば契約が取れるかというと、決してそんなことはありません。

    営業の仕事は、「お客様の話を聞いてその課題を解決する手段を提供すること」です。

    そのため、お客様のニーズを引き出せない営業は成果を出すことが難しいです。

    なので、新規開拓営業にはアポイントを取る為の「我慢強さ」やお客様の話をしっかり聞いて提案できる「提案力」が重要な要素となります。

    しかし、もちろん辛いことだけではありません。

    辛いことを耐えた先に”達成感””やりがい”があります。

    新規の顧客を獲得するのは並の営業力では難しいので、「契約を頂けた際の喜びが大きいこと」です。

    また、新規営業ではインセンティブが付くことが多いので、お金という面でもモチベーションになりやすいです。

    ルート営業

    ルート営業の目的は”既存のお客様から前年度より多くの商品を買ってもらうこと”です。

    この事からルート営業の辛い部分を上げるとすれば社内では数字社外では担当営業として常に前任の営業担当者と比較される点です。

    前年以上の売上げを上げる為に、新製品を導入して頂いたり価格交渉に負けない様にするには、提案力に加え高い「関係構築力」が必須です。

    お客様と長期の関係値を築き、自分自身を好きになってもらえないと、前年度以上の利益を上げることは非常に難しいのです。

    なので、世間のルート営業が新規開拓より楽だというイメージは間違っていないですが、アポイントをとって最低限の売上げを上げるのが比較的容易なだけで、本質は何も変わりません。

    お客様のニーズを引き出し課題を解決し自社の利益を出すのは、提案力関係構築などの営業力が必要です。

    ルート営業のやりがいとして、”同じお客様と長期の関係性を築ける”という点です。

    新規営業でも関係値は作れますが、ルート営業はルートのみを担当するので「関係性」はより強固になります。

    営業職はこんな人におすすめ

    営業職はこんな人におすすめ

    以下に該当する人は営業職に向いている可能性が高いです。

    • 人と話すのが好きな人
    • 相手の話を聞ける人
    • 明るくて元気がある人
    • 計画的に行動できる人

    それぞれの人になぜおすすめなのか、解説していきます。

    人と会話をするのが好きな人

    顧客とのコミュニケーションが売り上げに直結する営業は、人と話すのに抵抗がない性格の人に向いています。

    場をなごませるための世間話も必要なので、おしゃべりが好きだと仕事を楽しめるのではないでしょうか。

    飲食店やカラオケ、サービス関係のアルバイトを経験したことがある人は、人と接する能力が身についているので、営業職に向いているかもしれません。

    相手の話を聞ける人

    営業では自分が提案するだけでなく、相手の話に耳を傾けニーズを掴む力が必要になります。

    一方的な意見や提案ではお客様を満足させられないため、話を丁寧に聞き取り、相手の立場になって考えられる人は営業向きといえるでしょう。

    明るくて元気がある人

    特に新規開拓の営業には「断られて当たり前」という面があり、すぐに気持ちを切り替える必要があります。

    いつまでも落ち込んでいては仕事にならないので、明るく元気な性格で、ストレス耐性がある人に向いているでしょう。

    また、断られても諦めない粘り強さも求められます。

    計画的に行動できる人

    営業には目標となる数字(ノルマ)があるので、達成に向けて計画的に行動しなければなりません。

    無計画的に行動しても目標を達成するのは難しく、1日単位、週単位、月単位という風に、細かくスケジュールを立てる過程が必要です。

    そのため、計画的に動ける人は、営業職で好成績を残せる可能性が高いです。

    未経験からでも営業職で正社員になれるの?

    未経験からでも営業職で正社員になれるの?

    結論から言うと、未経験のフリーターからでも営業職に就くことは十分に可能です。

    理由は、大卒や高卒で営業未経験の人を採用している会社があるように、必ずしも企業は営業経験者を求めているわけではないからです。

    むしろ、自分たちの営業方法を一から教えることができるので、未経験者を採用したい場合もあります。

    また、未経験で正社員を目指すなら、年齢が若いほど有利です。

    スキルがなくても若手が欲しいという企業は多いので、1日も早く就職活動をすることで正社員になれる確率が上がります。

    仕事を探す時は、未経験を歓迎している求人を中心に見ると良いでしょう。

    フリーターのための面接対策

    フリーターのための面接対策

    世の中には、最終学歴や経験を優先させて採用する企業も確かに存在します。

    特に大手企業などの場合、応募要件として営業経験が3年以上などという条件があったりします。

    しかし、人材が不足している今の時代では、学歴や経歴よりも人柄を重視する企業も増えています

    なぜなら、入社してもらってもすぐに辞められてしまうのでは、企業としても入社した人にとってもデメリットしかないからです。

    特に、営業職で本当に大切なのは、学歴や経歴よりも、人柄やコミュニケーション能力です。

    面接ではあなたの持ち味や強みを伝えれば、採用につなげることができるでしょう。

    最後に、フリーターで営業職の正社員になるために、大切なポイントを2つだけ紹介しておきます。

    1.履歴書と職務経歴書だけはていねい具体的に書く

    経歴やスキルがなかったとしても、ていねいに書こうとしている気持ちは伝わります。

    就活において、履歴書や職務経歴書はその人となりを表すものとなります。

    面接の時に履歴書と職務経歴書を片手に面接官はあなたを面接します。

    その履歴書が折れ曲がっていたり、誤字脱字があるとそれだけで印象が悪くなってしまいます。

    面接当日に持参する履歴書は気合いをいれましょう。

    人柄やコミュニケーション能力を重視する会社だとしても、面接してくれる人も人間です。

    気持ちのこもった履歴書を用意することで就職したいという誠意を伝えることが大切です。

    好感の持てる履歴書のポイント

  • 誤字脱字がない
  • 空欄が多くない
  • 志望動機や自己PRは長過ぎる文章ではなく箇条書き
  • 職務経歴書は長期のアルバイト経験も書く
  • 2週間以内の写真を貼る
  • 2.フリーター経験はアピールになる

    アルバイト経験は評価されないと思い込んでいる人がいますが、そんなことはありません。

    アルバイトであっても営業に活かせる経験やそこから得た強みがあるなら、積極的にアピールすべきです。

    今までの経験とともに、今後への意欲を示せると効果的です。

    経歴として、「○○という職場で△年間アルバイトをし、××(☆☆を任されてました)を学びました」という風に、具体的に回答してください。

    フリーターから営業職への転職には転職エージェントを活用すべき4つの理由

    フリーターから営業職に転職エージェントを活用すべき4つの理由

    フリーターから営業職へ転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 各企業の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 各企業の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、フリーターを歓迎している求人だけでなく、営業職の中でも好条件な非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    フリーターから営業職の転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    フリーターから営業職への転職でおすすめ転職エージェント

    フリーターから営業職への転職でおすすめ転職エージェント

    フリーターから営業職への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • フリーター歓迎の求人を所有する可能性が高いか
  • 各企業の内部事情にも詳しいか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    フリーターから営業職に転職するまでの流れ

    フリーターから営業職に転職するまでの流れ

    フリーターから営業職に転職するまでの流れを説明しておきます。

    転職するまでの基本的な流れとしては、「転職エージェントに登録」→「応募」→「書類選考」→「面接」→「内定」→「入社」になります。

    ★転職エージェントに登録
    本ページで紹介している転職サイトに登録しましょう。

    転職に成功している人は平均2.3社ほどのサイトに登録しています。

    ★応募
    転職エージェントに希望する条件を伝え、営業職の求人を紹介してもらってください。

    ★書類選考
    これまでの経験、保有している知識・スキルが応募職種にマッチングするかを重視して選考されます。

    書類選考後、1~2週間以内には書類選考結果をエージェントから伝えてもらえます。


    ★面接
    書類選考後、1〜4回ほどの面接を実施されることが一般的です。

    これまでの経験や応募する職種によって面接回数が変化することがあります。

    ★内定
    内定となった場合には内定通知書が提示されます。

    ★入社
    入社日については、内定通知後1ヶ月程度で入社するのが一般的でが、内定者の事情に応じて調整してもらうことができます。

    最近では、余裕を持って転職活動を行なう人も増えているので、内定後半年ほどでも待ってくれるケースも増えています。

    エージェントが入社日の調整等は代行してくれます。

    ・応募から内定までは早くて1週間以内、入社までは1ヶ月以内が平均的です。
    ・土日や夜間の面接も調整してもらえることがあります。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    失敗しない第二新卒の転職。転職エージェント活用術と登録すべき6社

    「新卒で入社した会社が思っていた会社と違った…」だけど、「周りには転職した人がいないから相談できる人がいない…」

    そんな第二新卒の人に向けて第二新卒の転職事情転職で押さえておくべきポイントをお伝えします。

    年収を上げたい!残業がない会社に行きたい!キャリアアップしたい!などと考えている第二新卒の人はぜひ参考にしてください。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    実は、第二新卒は企業から求められている

    実は、第二新卒は企業から求められている

    第二新卒の人は転職において、「経験もスキルもないのに転職できるのかな…」「すぐに辞めた自分を雇ってくれる会社なんてあるのかな…」などの不安を持っている人が多いです。

    このような悩みは第二新卒の人に限った話ではありません。

    初めて転職する人は誰しもが抱えている不安です。

    そのような不安を抱えている第二新卒の人に朗報です。

    実は、第二新卒は下記2つの理由から企業から強く求められています。

    1.新卒の採用に注力しない企業が増えている

    第二新卒が企業から求められている理由の1つ目として、近年の採用状況が大きく影響しています。

    近年の新卒採用として、優秀な学生をインターンシップなどで囲い込み、そのまま新卒として内定を出す方法や積極的な学校への広報活動により優先的に応募をしてもらう方法などを取っている企業が増えています。

    数年前よりも企業側の新卒人材の奪い合いが激しくなっているため、新卒の採用には注力しなくなっている企業も増えてきているのです。

    そのため、新卒の採用にこだわるのではなく、中途や第二新卒の採用を強化しています。

    2.ビジネスマナーとポテンシャルを評価されている

    第二新卒が企業から求められている2つ目の理由として、ビジネスマナーとポテンシャルを強く評価されていることがあります。

    新卒で入社した会社で一連のビジネスマナーなどを研修で学んでいたり、実務での実践もあることから、企業はビジネスマナーなどの基礎知識を一から教える必要がないのです。

    本来、新卒ならビジネスマナーの研修などに使う時間を第二新卒であれば、業務に関する知識や経験を積んでもらうための教育に多くの時間を使うことができるようになるのです。

    そのため、いち早く業務で成果を出してもらうことも期待でき、即戦力としても期待がされています。

    また、第二新卒という若さはポテンシャルを評価されるため、転職において優位に働きます。

    余計な癖や固定観念がない第二新卒であれば、業務内容を吸収する力も高く、職場の雰囲気や理念などにも共感し、転職先の会社に馴染むことに苦労しない人が多いのです。

    転職する第二新卒が増えている

    第二新卒が企業から強く求められている理由は上述した通りですが、
    「転職して今よりも待遇が悪くなったらどうしよう…」「思っていた仕事と違ったらどうしよう…」などといった心配を抱えている人も多くいらっしゃいます。

    今の職場で何かしら不満があって転職を検討しているのでしょうから当たり前の心配です。

    まずは、どれほどの第二新卒が転職をしているのか確認してみましょう。

    3割以上の人が3年以内に転職している

    就職活動のときには「ずっと働ける会社に就職する」と思っていた人も多いかと思います。

    しかし、就職した会社を3割以上の人が3年以内に転職をしています

    厚生労働省が発表しているデータです。
    第二新卒(中卒、高卒)離職者のグラフ

    数値を抜粋

    高校:40.8%

    大学:32.2%

    3年以内に転職している人が多いことがお分かりいただけたかと思います。

    「年収アップしたい!」「仕事とプライベートを両立できるようになりたい!」「やりがいのある仕事をしたい!」と考えて転職している第二新卒の人がとても多いのです。

    第二新卒は面接で熱意・意欲をアピールすべき

    厚生労働省が人事担当者・採用担当者へ実施した調査から、第二新卒の転職では熱意・意欲をアピールすべきであることが読み取れます。

    画像の内容で重要な点を抜粋します。

    採用選考の際に重視する項目として、新規学卒者枠では熱意・意欲が、中途採用者枠では実務経験が最も重視されている。

    第二新卒者枠は新規学卒者枠に準じた傾向があるが、実務経験等をより求める傾向も見られる。

    中途採用者枠において、企業規模別での重視項目を比較すると、企業規模にかかわらず実務経験が重視されている。

    また、企業規模が大きくなるほどコミュニケーションを重視し、規模が小さいほど熱意・意欲を重視する傾向がある。

    第二新卒が転職する前にやっておくべき1つのこと

    第二新卒の人が転職の前にやっておくべきことは1つだけで大丈夫です。

    1つのこととは、

  • 自分の気持ちや経験を整理(振り返り)すること
  • です。
    自分の気持ちや経験を整理(振り返り)するといっても、そんなに複雑で難しいものではありません。

    下記のような質問を自分に対して投げかけてみるだけでいいのです。

    • 今の職場での不満なことはなにか
    • いつから転職したいと考え始めたのか
    • 転職を考え始めたきっかけはなにか
    • 学んだことを次の職場で活かせるか
    • 次の会社ではどんな仕事をしていたいか

    1人では整理(振り返り)が難しいと思う人は、転職エージェントに相談してみましょう。

    転職エージェントは、多くの求職者の転職をサポートしてきた実績があります。

    1人では整理できないことも、親身に相談に乗ってくれる転職エージェントと一緒であれば整理されてスッキリすることもあります。

    他にも転職エージェントを活用すべき理由がいくつかあるので、このあと解説していきます。

    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    第二新卒が転職エージェントを活用すべき4つの理由

    第二新卒が転職エージェントを活用すべき4つの理由

    第二新卒で転職を検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、第二新卒向けの好条件求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    第二新卒の転職でエージェントを使い倒す7つの方法

    第二新卒の転職でエージェントを使い倒す7つの方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきこと7つを記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更

    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    第二新卒に強い転職エージェント

    第二新卒に強い転職エージェント

    第二新卒で転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 第二新卒向けの求人を多数保有しているか
  • 各企業の内部事情にも詳しいか
  • 第二新卒の転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    【2021年最新版】20代が本当に使うべき転職エージェント5選

    この記事は、転職を検討している20代の人へ向けた記事です。

    今の職場に対して、
    「思っていたよりも残業が多くてしんどい…」
    「新卒で入社したけど、上司や同僚とウマが合わない…」
    「マーケティングを希望していたのに営業のまま…」

    など、不安や不満を抱えている方も多いでしょう。

    また、働き始めて1年以上経つ頃には、徐々に仕事に慣れ始めます。

    そうすると、
    「将来のことも考えると、安定した生活が送れるようにキャリアアップしたい…」
    「スキルも身についたし、経験も詰めたので、新しい環境にチャレンジしてみようかな…」

    などの理由で転職を検討している人が多くなってくるのも20代の特徴です。

    しかし、20代で転職に成功して年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人がいる一方で、
    「なかなか、自分にあった求人が見つからない。」
    「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う。」

    と転職に失敗している人もいるのが現状です。

    そこでこの記事では、20代が転職に失敗しないための方法20代におすすめの転職エージェントを紹介しています。

    転職を検討している20代の人は、転職活動をする際の参考にしてください。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    20代の人が転職する理由は?

    20代の人が転職する理由は?

    20代の人を対象に実施したアンケートによると、20代は以下のような理由で転職を検討しています。

    • ほかにやりたい仕事がある
    • 会社の将来性が不安
    • 給与に不満がある
    • 残業が多い/休日が少ない
    • 専門知識・技術を習得したい
    • 幅広い経験・知識を積みたい
    • U・Iターンしたい
    • 土日祝日に休みたい
    • 市場価値を上げたい
    • 会社の評価方法に不満がある

    しかし、上記はあくまでも統計結果のため、転職を検討している理由はもっといろんな要因が絡み合っていることでしょう。

    20代の転職を成功に導く3つのコツ

    20代の転職を成功に導く3つのコツ

    続いて、20代転職を成功させるために押さえておいて欲しい3つのコツをお伝えしておきます。

    コツを押さえて、後悔しない転職を実現させましょう。

    譲れない条件を決める

    社会人経験をすると、仕事に対してのこだわりや労働条件への要望が具体的になってきます。

    また、実現したい働き方が見えてくるようになるのと同時に、条件面などの妥協点もうっすら分かるようになってきます。

    転職活動をする際に自身の生活やキャリアを振り返る機会が必然的に出てくるためです。

    しかし、転職先を選ぶときに叶えたい条件ばかりを挙げていてはキリがなくなってしまいます。

    そのため、転職する条件としてどうしても譲れないことを1~3つほど決めて、その条件に合致しているかどうかで転職先を選ぶようにしましょう。

    どうしても譲れない条件を満たしている転職先を選び、こうだったらもっといいのになという部分は、働きながら満たせるように努力を重ねると30代以降のキャリアにもプラスになります。

    面接ではポジティブに退職理由を伝える

    企業との面接では、すべて正直に話す必要はありません

    正直に話す必要がないことの代表例として、退職理由があると思います。

    「これを正直に伝えてしまったらマイナスになるかもな」と思った場合は、ウソをつかない範囲でポジティブな表現に変換して面接官に伝えるようにしましょう。

    例えば、退職理由が「やっていた仕事の内容がつまらなかった」という理由で退職をしていた場合でも、「他の業務をチャレンジしてみたいと思った」や「仕事をする中で自分の適正に気づくことができた」などと伝え方を変換することで、面接での印象は大きく変わります。

    期限を決めて転職活動をする

    転職が初めての人の場合や自分のやりたい仕事が明確でない人の場合には、転職活動の進め方がわからずに、転職活動期間が長引いてしまうことがあります。

    しかし、転職活動が長引けば長引くほど、譲れない条件の基準や転職先を選ぶ際の軸がズレてしまうこともあります。

    また、在職中に転職活動を行う人が多いと思いますが、在職中の仕事にも影響が出てしまうことにもなりかねません。

    そのため、転職活動をする際はいつまでに転職先を決めるのか期限を設定し、ダラダラと長引かせることなくメリハリのある転職活動にしましょう。

    補足ですが、転職活動にかける期間は1ヶ月〜1ヶ月半が平均です。

    20代の転職は転職エージェント選びが重要

    20代の転職エージェント選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職エージェントに登録することです。

    あなたは、登録する転職エージェントをテキトーに選んでいませんか?

    テキトーに転職エージェントを選んで登録すると、転職に失敗してしまう可能性が高くなります

    なぜ、自分に合った転職エージェントを選ぶことが重要なのか

    大小合わせて50社以上もある転職エージェントですが、実は転職エージェントによって転職サポート対象としている年代や職種が違います

    間違った転職エージェントに登録してしまい、

  • 「求人を紹介してもらえなかった」
  • 「ぜんぜん希望と違う求人を紹介された」
  • 「コンサルタントの対応が雑すぎた」
  • などといった不満の声を聞くことがあります。

    これらの要因は、サポート対象ではない転職エージェントに登録していること(自分に合っていない転職エージェントに登録していること)が深く関係しています。

    反対に、転職サポート対象となっている転職エージェントに登録した場合には、

  • 希望にあった求人を紹介してもらえる
  • 企業に合った書類の添削や面接の対策が受けられる
  • 年収やポジションを交渉してもらえる
  • などといった恩恵を受けることができます。

    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職エージェント選びがとても重要なのです。

    20代の人におすすめの転職エージェントを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    20代の転職でおすすめ転職エージェント

    20代の転職でおすすめ転職エージェント

    20代の人が転職で登録すべき転職エージェントを下記の3つの条件で厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 20代向けの求人を所有する可能性が高いか
  • 企業の内部事情を詳しく教えてくれるか
  • 20代の転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    20代の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    20代の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    おすすめの転職エージェントを紹介しましたが、ここで1つの疑問が浮かんでいる人もいるのではないでしょうか。

    それは、「転職サイトではダメなの?」という疑問です。

    結論からいうと、20代で転職を検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントと転職サイトの違いを詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。
    [blogcard url=”https://jobs-change.jp/agentsite/”]

    転職エージェントを使うべき4つの理由は以下の通りです。

    4つの理由

    1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、20代から人気の高い大手企業有名サービスを提供しているベンチャー企業などの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    20代の転職エージェント7つの活用術

    20代の転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職エージェントに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職エージェントにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    20代の転職活動まとめ

    転職を検討している20代の方に向けて、おすすめの転職エージェントや失敗しないための転職活動の方法をお伝えしました。

    20代の転職は、この先のキャリアの方向性を決める可能性が高いため、とても重要です。

    そのため、

  • 譲れない条件を決めること
  • 今後のキャリアをイメージすること
  • 転職エージェントを使って多角的に情報収集をすること
  • を意識して、転職活動しましょう。

    ウズキャリがフリーターの救世主という噂は本当か。就職・転職の攻略法

    フリーターという職歴はキャリアとして認められることが困難で、長期化するほど正社員へ転職は難しくなると言われています。

    転職活動の実情を見ていくと、様々な困難が待ち受けています。

    具体的には下記のようなことです。

  • 転職しようと思っても、フリーターの期間は何もしていなかったことして扱われる
  • 職務経歴等に詳細に記載していても選考時に考慮に入れられないことがある。正社員でなかったため、責任能力等に問題があるとの評価を受ける
  • 職歴がないのと同じ扱いなので幾らその職の経験があっても何の意味も持たない事
  • フリーターというだけで『遊んでいる』と見下す人がいる
  • しかし、ある転職サイトを使うことで正社員へ就職成功の可能性を飛躍的に上げることができます。

    ある転職サイトとは、「ウズキャリ」という転職サイトです。

    今回は、「ウズキャリ」がなぜフリーター・既卒・第二新卒の救世主と言われているのか、徹底的に解説していきます。

    【2021年9月】転職市場
    2021年9月時点では、全体の求人数は増加傾向にあります。

    新型コロナウィルスの影響もあり、一時的に求人数は大きく減少しましたが、採用を再開させた企業新たな人材の採用活動を進めている企業が増えています。

    そのため、少しでも転職を検討している人は、景況感を把握し、今まで以上にこまめに最新の求人をチェックしておくことが大切です。

    自分ひとりでは、間違った情報を収集してしまったり、日中の仕事をこなしながら情報収集する時間を取ることも大変。

    そんなときは、企業から最新の情報を手に入れており、転職市場に詳しい転職エージェントをうまく使いましょう

    ウズキャリとは

    ウズキャリは、株式会社UZUZ(2012年設立)が運営するフリーター・既卒・第二新卒の就職サポートを専門とした転職サイトです。

    求人の紹介から履歴書添削、面接対策などすべての就職サポートを無料で受けることができます。

    フリーター・既卒・第二新卒を対象とした転職サイトはハタラクティブやJAICなどもありますが、ウズキャリは下記の4つの特徴があります。

    ウズキャリの4つの特徴

    ウズキャリの4つの特徴

    ウズキャリの特徴を紹介します。

    ウズキャリはこんな人におすすめ

  • 20代のフリーター
  • 既卒・第二新卒の人
  • 首都圏に住んでいる人
  • 経験やスキルに自信が無い人
  • ビジネスマナーや専門的なスキルを身に付けたい人
  • IT系への就職・転職を検討している人
  • 1.キャリアカウンセラーは全員、元既卒・第二新卒で転職経験あり

    ウズキャリで就職・転職サポートをしているキャリアカウンセラーは全員が元既卒・元第二新卒で転職経験がある人です。

    求職者と同じ経験をしているキャリアカウンセラーだからこそ、フリーターや既卒・第二新卒の方に悩みや不安に共感することが出来るのです。

    ウズキャリは社内の雰囲気が良く、ウズキャリの利用者の写真で飾られた「チェキの壁」、サポートに対するお礼や感謝の言葉が書かれた「黒板の寄せ書き」、内定が決まったあとの「内定祝いイベント」など若者向けの就活サポートも提供しています。

    丁寧なカウンセリングは20時間以上も

    今までの経歴(アルバイト含む)や就職・転職先の希望のヒアリングの他にも、その人の性格・人となり・志向性までをしっかりと把握し、マッチする求人を紹介するためです。

    2.既卒・第二新卒の内定率は驚異の86%以上

    ウズキャリでは、会員登録から入社後フォローまで一貫してサポートしてくれます。

    フリーター・既卒・第二新卒に特化しているからこその就職サポートを受けることで他の転職サイトに比べ内定獲得率が高いのです。

    書類選考通過率も87%以上

    初回の2時間に及ぶキャリアカウンセリングによってあなたのアピール材料を洗い出し、魅力的な推薦状を作成します。

    面接ごとにカスタマイズされた面接対策

    企業によって面接のやり方や質問項目も変わります。

    面接ごとに蓄積された過去のデータを元にカスタマイズされた面接対策により高い面接通過率を実現します。

    採用担当者からのフィードバックを回収

    面接ごとに採用担当者から評価点/懸念点をどちらも回収することで面接の課題を浮き彫りにし、最短距離で内定を獲得できる面接対策を実施することができます。

    個別サポート or 集団サポートを選択できる

    「個別形式」と「集団形式」からあなたに合った就活サポート形式を選ぶことができます。

    どちらを選んでもサポート料は完全無料です。

    3.厳正な自社基準でブラック企業を完全排除

    ウズキャリで紹介する企業は、すべて厳正な審査を通過しているものです。

    そのため、就職後の定着率93%以上となっています。

    厳正な審査とは・・・
    過去に入社した先輩たちからの入社後の会社の雰囲気や業務内容などについてフィードバックをもらい、以下の条件に合致していないかを確認している。

  • 離職率が高くないか
  • 残業時間が長くないか
  • 社会保険への加入はあるか
  • 求人情報と異なっていないか
  • 各種ハラスメントが起きていないか
  • 先輩たちからのフィードバックだけではなく、キャリアカウンセラーも企業に出向き、求人情報との差異がないか確認しています。

    4.大手上場企業からベンチャー企業まで、優良企業多数

    ウズキャリは、若手人材を積極的に採用・育成している企業の求人を多数所有しています。

    知名度がそこまで高くない優良企業

    新卒の就活では知名度が高い企業の競争率が高くなってしまいますが、知名度がそこまで高くない優良企業も多数存在します。

    裁量もチャンスもあるベンチャー企業

    ベンチャー企業は大手企業と比べると確かにリスクもありますが、その分裁量もチャンスも多くある点が魅力です。

    ウズキャリは他の転職サイトと何が違うのか

    ウズキャリは他の転職サイトと何が違うのか

    ウズキャリには、他の就職・転職サイトでは受けることができない2つのサポートがあります。

    1.オーダーメイド型就活サポート

    フリーター・既卒・第二新卒に特化し、求職者一人ひとりに合わせた個別の就活サポートです。

    業界や職種に精通したキャリアカウンセラーが、業界の市場動向・職種ごとの仕事の流れなど詳細な説明から、理想的なキャリアプランの再構築、希望条件にマッチした求人を紹介してくれます。

    また、選考通過率を上げるための書類添削・面接対策・選考日程調整などもキャリアカウンセラーが個別で対応しているので、スムーズな就職・転職活動をすることが可能です。

    特に面接対策では、過去のサポート実績(内定を獲得したケースと不合格になったケースを分析)から、企業ごとの面接対策を実施しています。

    企業ごとの面接対策を受けることで自信を持って面接に臨むことができるのです。

    他の転職サイトでは、企業担当者求職者担当者が別れているケースが多いのですが、それでは企業と求職者のマッチ度が低くなってしまう懸念があります。

    そこで、ウズキャリでは、一人のキャリアカウンセラーが企業と求職者の双方を担当しています。

    そのため、企業側が欲している人材を把握し、求職者の希望条件を満たした就職を実現することができるのです。

    年収400万円以上の高年収求人も保有しているため、年収を上げたい方、20代で責任のあるポジションに就きたい方や、スキルアップをしたい方、有名企業に就職しキャリアアップしたい方にも満足してもらうことができます。

    2.研修型就活サポート

    UZUZカレッジという研修連動型の就活サービスです。

    フリーター・既卒・第二新卒者の就業支援を対象に、研修を通じて職種特有(エンジニア・営業など)の専門知識・スキルを身につけることができます。

    また、求職者が集う合同面接会を実施し、就職活動を並行して進めることができます。

    実績として、UZUZカレッジは開講から200名以上が入校、入校後1か月以内の内定率は40%を超え、若手の人材でも4~7週間という短期間で内定獲得までのサポートを実現しています。

    UZUZカレッジで受けられる3つのコース紹介

    UZUZカレッジで受けられる3つのコース紹介

    UZUZカレッジで受けられる3つのコースを紹介します。

    インフラエンジニアコース

    通信インフラ分野の仕事に携わる上で、必要となる知識やスキルを基礎から学ぶことがきます。

    コース専属の講師から4週間にわたってインフラエンジニアに必要不可欠なネットワーク、サーバ、データベース等の基礎知識を学ぶ研修プログラムです。

    研修修了後には通信インフラ分野で未経験採用を行う企業の選考をアレンジします。

    研修費用は完全0円

    4週間にわたる充実した研修を行いますが、入学金も研修費用も完全無料です。

    スピーディかつお金をかけずに就職活動を成功させましょう。

    専属講師がマンツーマンサポート

    知識だけ豊富な講師ではなく、現場で活躍している現役エンジニアがマンツーマンでサポートします。

    実践的なノウハウはもちろん、現場の雰囲気や裏話なども聞くことができます。

    研修からそのまま就活へ

    研修修了後には合同企業説明会や個別選考に進みます。

    就活のプロが書類の添削から面接の対策まで徹底的にサポートします。

    エンジニアとして必要な資格の取得を目指せる

    IT分野の登竜門的資格である「ITパスポート」やインフラエンジニアの業務上必須となる「CCNA」といった資格の取得を目指して勉強に取り組みます。

    プログラマーコース

    システム・アプリ開発領域においてニーズの高いプログラミング言語「Java」を基礎から実践的なレベルまで学ぶことがきます。

    7週間の研修を通じて「Java」を習得し、 未経験者から「プログラマー」としての就職を目指すクラス制の研修コースです。

    研修費用は完全0円

    7週間にわたる充実した研修を行いますが、入学金も研修費用も完全無料です。

    スピーディかつお金をかけずに就職活動を成功させましょう。

    元プログラマーが徹底サポート

    現場での実戦経験豊富な元プログラマーの講師が徹底的にサポートします。

    知識だけでなく、実際の仕事の流れや現場の雰囲気、開発エピソードなども聞くことができ、業務 イメージを膨らませることもできます。

    研修をしながら就活も実施

    カリキュラムの中盤から就職活動も並行して行います。

    研修で学んだ知識を活かして、面接でも最大限の成果を上げるための面接対策を実施します。

    人気ナンバーワンの「Java」を習得

    システム開発分野において、現在最も人気のあるプログラミング言語である「Java」を基礎から学び、最終的には「Web掲示板」を作成できるレベルまで到達します。

    CADエンジニアコース

    自動車・航空宇宙分野といった製造業においてニーズが非常に高い 「CAD」を学ぶことでCADエンジニアとしての就職を目指します。

    未経験者でも基礎から「CAD」の基礎知識や操作方法を学ぶために4週間にわたって「CAD」による課題図面を制作する研修コースです。

    研修費用は完全0円

    4週間にわたる充実した研修を行いますが、入学金も研修費用も完全無料です。

    スピーディかつお金をかけずに就職活動を成功させましょう。

    ものづくりの肝となる「CAD」の技術を習得

    ものづくりにおいて、図面作成は必須業務の一つです。

    その図面作成において利用されている業務ソフトが「CAD」です。

    就職に有利な「CAD」スキルを未経験から習得することができます。

    専属の講師が徹底的にサポート

    CAD研修専属の講師が基礎から徹底的にサポートします。

    知識だけでなく、実際のCADの使い方まで課題を通じて教育するため、実践的な研修を受けることができます。

    研修をしながら就活も実施

    カリキュラム修了後には就職活動を開始します。

    研修で学んだCADの知識やスキルがアピール材料となる求人を中心に選考を受けていきます。

    もちろん面接対策も実施します。

    ウズキャリに登録すると受けられる3つのメリット

    ウズキャリに登録すると受けられる3つのメリット

    ウズキャリに登録すると求人を紹介してもらえたり、面接対策を受けられたりするだけではありません。

    その他にも就職・転職活動をする上でのメリットが3つあります。

    1.メールマガジン「ウズマガ」で転職情報を効率的にゲットできる

    「そもそも自分に何が向いているのかわからない」「何をアピールして良いかわからない」など、既卒・フリーターならではの悩みをウズキャリ既卒がお届けする2週間のメールマガジン「ウズマガ」が解決してくれます。

    多くの方が共通して抱える悩みを14回に分けて解説しており、求人選びから内定獲得に至るまでのあらゆる悩みに応えてくれます。

    「ウズマガ」は既卒・フリーターに特化した専門のカウンセラーが書いています

    既卒・フリーターの就職活動の苦労や悩みを知っているからこそ、的確なアドバイスができるのです。

    2.Wi-Fi環境完備の就活スペースが利用可能

    ウズキャリ既卒では「UZUZBASE」という、Wi-Fi環境完備のスペースを提供しています。

    就活関連の書籍がそろった本棚があり、例えば就職活動の合間に立ち寄り、エントリーシートの作成や業界・企業分析などの準備に活用できます。

    UZUZBASEには、キャリアアドバイザーが常駐しているので、気軽に質問することもできます。

    また、少人数制のセミナーを毎週開催しており、「自分に本当に合った仕事を選ぶ力を養いたい」という方は色々なセミナーに参加してみることをオススメします。

    3.ウズカレchで業界情報や転職に役立つ情報をゲット

    就活に役立つ動画や、仕事を楽しくするための動画を平日毎日18:00に更新中しています。

    動画を見れば、就職・転職・仕事の悩みを解消することもできます。

    「過去2,000人以上の未経験者を正社員に導いてきた、既卒・第二新卒専門のキャリアカウンセラーが講師を務めているチャンネル」や「ブラック企業を防ぐための方法を解説しているチャンネル」、「各業界や職種について詳細解説をしているチャンネル」など様々です。

    ウズキャリが向いていない人

    ウズキャリが向いていない人

    ウズキャリはIT業界・営業職、エンジニア以外に就職・転職を検討している人には向いていません。

    なぜなら、ウズキャリが保有している求人は圧倒的にIT業界、営業職、エンジニアの求人が多いからです。

    反対にそれ以外の業種、職種の求人は少ないです。

    IT業界、営業職、エンジニア以外を検討している方は、大手の転職サイトを利用しましょう。

    ウズキャリが保有している求人

    保有している求人の割合を見てみましょう。

    ソフトウェア・通信

    40.4%

    サービス・インフラ

    20.2%

    広告・ソフトウェア・マスコミ

    15.7%

    メーカー

    8.9%

    その他(商社・流通小売・金融など)

    14.8%

    IT業界に従事している人の数は、102万人と言われています。

    出典:経済産業省「平成29年特定サービス産業実態調査」

    日本の就業者数は6,687万人なので、ウズキャリの紹介先企業のうちIT系業種が多いことがわかります。

    職種は「情報処理・情報通信技術者」「営業」が7割を占めています。



    ウズキャリの特徴

    ・既卒・フリーター・ニートの就職・転職に特化
    ・元既卒、第二新卒のキャリアカウンセラー
    ・内定率は驚異の86%以上
    ・ブラック企業を完全排除
    ・専門スキルを身につける研修

    ウズキャリを運営している株式会社UZUZはアットホームな雰囲気です。
    フリーター・既卒・第二新卒の人の就職・転職を必ず心強いサポーターになります。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    ウズキャリの登録〜就職決定までの流れ

    ウズキャリの登録〜就職決定までの流れ

    1.ウズキャリの公式サイトで申し込み

    まずは、公式サイトで登録をしましょう。
    ウズキャリの公式サイト

    2.本人確認(面談の日程調整)

    面談を予約したあとに、電話で本人確認の連絡がきます。

    登録内容に誤りがないことをきちんと確認しましょう。

    また、この電話では面談の日程調整と簡単なヒアリング(就職・転職活動の状況など)が行われます。

    3.キャリアカウンセリング

    ここから本格的な就職・転職サポートはじまります。

    ウズキャリのカウンセラーとのキャリアカウンセリングを実施し、あなたの履歴や希望をヒアリングします。

    ※この「個別面談」とは企業の採用担当者との面談ではありません。リラックスしてあなたの本音を伝えましょう。

    4.求人紹介

    面談でのヒアリング結果を元にあなたの適正を判断し、希望や将来のキャリアデザインなどを考慮した上で求人をいくつか紹介してくれます。

    5.応募書類添削や面接対策

    自己PRの作成や志望動機の伝え方など、キャリアカウンセリングの結果から一人ひとりの適正に合わせた側面、選考企業にあわせた側面から的確なアドバイスをしてくれます。

    また、本番の面接と同じような模擬面接も実施してくれます。

    6.選考

    面接対策が終われば、次は実践である採用選考が行われます。

    ウズキャリの担当者が選考先の企業の採用担当者と調整をしてくれます。

    万が一、選考に漏れてしまったとしても、その企業の採用担当者からウズキャリへの面接時のフィードバックを受けて、次の選考に活かしましょう。

    7.就業決定

    内定後、入社の準備に入ります。

    企業には伝えずらい、入社日や年収交渉などはウズキャリの担当者が行なってくれます。

    ウズキャリ運営会社の情報

    最後にウズキャリを運営している株式会社UZUZの情報を記載しておきます。

    基本情報

    ウズキャリ運営会社

    会社名

    株式会社UZUZ

    代表取締役

    岡本 啓毅

    所在地

    UZUZ本社オフィス
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿3丁目11-20オフィススクエアビル新宿3階

    UZUZ大阪オフィス
    〒550-0011
    大阪府大阪市西区阿波座1-3-18エッグビル本町 2F 201号

    UZUZ横浜オフィス
    〒220-0005
    神奈川県横浜市西区南幸2-21-5 ヤナガワビル 8-3

    設立

    2012年2月22日

    資本金

    1,500万円

    従業員数

    47名

    事業内容

    人材紹介事業(若手人材を対象)
    ビジネス/ITスクール事業(若手人材を対象)
    研修事業(法人向け)
    採用ツール制作・運用代行事業
    採用コンサルティング事業
    Webマーケティング支援事業

    受賞歴

    GOOD ACTION 2017
    第5回ホワイト企業大賞特別賞
    Charming Chairman’s Club CHAMPIONSHIP 2019
    2020年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング入賞(小規模部門18位)
    新宿区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定

    転職が怖い…なんて言ってられるのも20代のうちだけ

    「転職した先でうまくできなかったらどうしよう…」「転職して給料が下がったらどうしよう…」などの理由から転職が怖いと感じている人も多いと思います。

    また、「そもそも、転職先が見つからないかもしれない…」「家族や周りの友人や情けないと思われるかもしれない…」という怖さを感じている人もいるかもしれません。

    特に、初めて転職を検討されてる方は、怖いという思いを強く持っているでしょう。

    しかし、あなたが20代なのだとしたら、すぐに行動すべきです。

    なぜなら、20代は転職において市場価値が非常に高いため、希望の条件を実現するための転職がしやすいためです。(詳しくは後ほど解説します)

    また、誤解されている人が多いのですが、転職活動は転職を決意してから行うものではありません。

    転職が少しでも頭に浮かんだときに、気軽に始めていいものです。

    あまり深く考えすぎずに、「ちょっと求人を見てみようかな」「相談してみようかな」くらいの気持ちで始めてみればいいのです。

    転職が怖い…なんて言ってられるのも20代のうち

    20代であれば、すぐに行動すべきとお伝えしましたが、その理由を解説していきます。

    理由は単純で、20代は転職において市場価値が非常に高いため、希望の条件を実現する転職がしやすいためです。

    まずは、下記のグラフを見てください。
    20代の転職成功率

    20代の転職成功率は、約50%とおよそ2人に1人が転職に成功しています。

    ここでいう転職成功の定義は、転職できたか否かであるため、転職によって希望する条件を実現できたかどうかという統計データではないことはご了承ください。

    希望する条件を実現できたかどうかに関しても、この後、統計データと転職者の声から解説していきます。

    上記のデータをみて、「そもそも、転職できるのだろうか…」という怖さ(不安)が少しでも解消してもらえたらと思い、記載させていただきました。

    転職で希望条件を叶えることはできてるの?

    20代の転職成功率が高いことは前述した通りですが、希望する条件を叶えられているかということが気になることでしょう。

    結論からいうと、約80%が転職によって希望条件を叶えています。

    年収を上げたい、休日を増やしたい、残業を減らしたい、などといった労働条件に関してであったり、やりたい仕事ができるようになりたい、尊敬できる上司がいるところで働きたい、人気のあるサービスに携わりたい、スキルアップしたい、などといった労働環境によるものだったりと希望する条件といっても、人によって様々です。

    そこで、当サイトでは、クラウドソーシングサービスというアンケートを募集できるサービスを使って、単刀直入に「あなたは、転職によって希望する条件を叶えられましたか?」という質問を100人にアンケートを実施しました。

    すると、78人が叶えられたという回答でした。

    20代の転職で希望を実現できたか

    調査元:クラウドソーシングサービス
    調査対象:100名
    調査日:2019年9月

    当サイトのアンケート結果が「転職して年収が下がったらどうしよう…」「転職して失敗したら嫌だな…」と思っている人が少しでも一歩を踏み出すためのキッカケになっていれば幸いです。

    経験者に聞いてみた「転職してどうでしたか?」

    約80%の人が転職で希望する条件を実現できたというデータを先ほど紹介しましたが、実際に20代で転職を経験された人の声をみていきましょう。

    上司の発言や言動に対して理解ができないことが多かったです。

    だけどその上司は会社からの評価が高いことに対して会社への不信感や疑問を感じることが多くなり、転職を決意しました。

    私自身、その上司とは同じチームで働くことも多かったが、上司とはウマが合わなくなくて、業務にも集中できなくなっていき、仕事でもミスをしてしまうこともありました。

    (自分のミスを棚にあげるわけではなく、事実として上司の1つ1つの言動や行動に気が取られてしまっていた)その状態で働き続けていたのですが、次第にストレスからか精神的にも不安定になっていきました。

    転職したことがなかったため、どこの会社も同じなのかという不安から転職することに対して怖い気持ちもあったし、仲の良い同僚にも相談はしていたのですが、このまま今の会社で働き続けてもプラスなことはないなと感じたので転職に踏み切りました。

    転職した先の業界は転職前と同じ業界ですが、100名くらいの規模の会社から30名弱の会社に転職しました。

    給料や休日などと言った条件は前職と同等ですが、一緒に働くメンバーは自分のやりたいことに向かって実直に向かっている人も多いし、私の上司になった人も経験が豊富であり、満足しています。私の場合は2年ほどの在籍で転職しましたが、転職活動する中で不利に感じることはなかったです。

    IT業界 営業 25歳 男性 転職回数1回
    私は就活の時に自分は将来どうなりたいのなどはろくに考えもしていなかったので、就職した会社も何かやりたいことがあって入社したわけではありませんでした。

    ただ、社会人になって実感したこととして、自分の人生に置いて働いている時間が占める時間がとても多いということでした。

    私の性格上、仕事を何となくこなしていたら、毎日に飽きてしまうと思うようになっていったんです。

    せっかくだから一生懸命に仕事を頑張ってみようと思った時期もありましたが、仕事に追われて1日が終わっていく感覚が日に日に強くなってしまい、このままで私の人生は大丈夫だろうかと不安と怖さがありました。

    もう少しプライベートも楽しめるように時間と心に余裕が持てる働き方をしたい、そう思い、入社からちょうど1年という節目のタイミングで転職を決意しました。

    そして、ライフワークバランスが充実しているイメージのあった事務職への転職を希望するように。

    未経験の職種だったので、転職できるのかなと心配だったのですが、転職エージェントの方に履歴書の書き方や面接の受け答えなどをサポートしていただきながら、無事、リフォーム会社の事務職の内定をもらうことができました。

    今の働き方はというと、基本的には定時退社(月初は請求業務があるので、少々の残業はありますが)ができていて、女子会をしたり、趣味である旅行に行って公私ともに充実した生活が送れています。転職する前は怖さもありましたが、転職してよかったと思っています。

    リフォーム会社 事務 22歳 女性 転職回数1回

    20代で転職を経験した人の転職を決意した時や転職してどうなったのかということに関する体験談をみていただきました。

    転職する理由は様々ですが、今回、体験談を書いてくれた2名の方は転職によって希望条件を実現していました。

    転職に対する怖さを解消する3つの方法

    転職は怖くないということを解説してきましたが、それでもまだ怖いという人もいるでしょう。

    そこで、ここからは転職に対する怖さを解消するための具体的な方法を3つご紹介していきます。

    どれも気軽に始められるものですので、参考にしてください。

    1. 求人を試しに見てみる
    2. 友人や家族に相談してみる
    3. 履歴書や経歴書を書いてみる

    1.求人を試しに見てみる

    まずは、気軽に求人を見てみることから始めてみましょう。

    求人をみてみるときは、インディードなどの求人検索サイトで見てみるのもいいですし、リクナビネクストやマイナビ転職といったサイトに登録して見てみてもいいです。

    勘違いしている人が多いですが、転職サイトに利用する人は転職を決意した人だけではないのです。

    転職サイトには登録はしているけど、3ヶ月以内に転職している人は約20%しかいません。

    つまり、約80%の人は求人を見てみるだけのために、転職サイトに登録しているということになります。

    求人を見てみることの主なメリットとしては、下記の4つです。

    求人を見ておくことの4つのメリット

  • 様々な選択肢があることで安心できる
  • どのような経験やスキルが求められているのかわかる
  • 自分にとって譲れない条件が何か見えてくる
  • なんとなく自分の市場価値がわかる
  • 求人を見ておくことは、いざ転職をするとなった時に、転職先を選ぶ参考になりますし、すぐにでも始められることなので、転職が怖いと思っている人は、まず始めにやっておくといいと思います。

    また、求人を見るときは、自分の中でどうしても譲れない条件を1~2つ決めて、その条件に合致している求人がどれくらいあるのかという点を見ておくといいでしょう。

    今は、求人の絞り込み機能があるため、比較的すぐに求人を絞り込んで確認することができます。

    2.友人や家族に相談してみる

    転職の怖さを消すための2つ目の方法としては、友人や家族に相談してみることです。

    転職の怖さを解消するためには、自分のことを振り返るための自己分析退職する理由を明らかにしておくことが重要です。

    しかし、これらは自分一人でやろうとしても、そもそもどうやって振り返ればいいのかわからなかったり、集中できなかったりと簡単ではありません。

    そこで、友人や家族に相談してみるのがおすすめです。

    相談相手としては、転職経験のある人の方が具体的なアドバイスももらえる可能性が高いため望ましいですが、具体的なアドバイスをもらうというよりは、誰かに不安な気持ちを発散し、自分の気持ちを整理することが重要になります。

    転職に関する相談はナイーブな問題でもあるため、友人や家族には相談しにくいな…という人は、転職エージェントに相談してみるのもいいかもしれません。

    3.履歴書や経歴書を書いてみる

    転職の怖さを解消する3つ目の方法は、履歴書や職務経歴書を書いてみることです。

    履歴書には、転職理由を書く項目がありますので、なぜ転職したいのか、転職して何をしていきたいのかという気持ちを整理することができます。

    経歴書には、これまでの成果や実績を記載する項目がありますので、自分はこれまでどんな成果を上げてきたのか、そのときどんな感情になったのかという点について振り返ることができます。

    いざ、転職しようと思った時に、数ヶ月前〜数年前の実績や成果を思い出すことは困難になるので、備忘録としての役割も果たすのでおすすめです。

    今は、わざわざ履歴書や経歴書を購入しなくても、ネットで無料ダウンロードできるので、始めてみるハードルは格段に低いと思います。

    ここで書いた内容は、本番で使用するわけではないので、気軽に自分の気持ちを吐き出す日記のような気持ちで臨んでみてください。

    転職が怖いと思っている人にオススメの転職エージェント

    転職が怖いと思っている人にオススメの転職エージェント

    転職が怖いという人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 豊富な求人を保有しているか
  • キャリア相談をすることができるか
  • いざ転職する時にも利用することができるか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。