20代の転職

【2021年最新】20代後半にオススメ転職サイト5選

転職を検討されている20代後半の人へ向けた記事です。
「思っていたよりも残業が多くてしんどい…」
「新卒で入社したけど、上司や同僚とウマが合わない…」
「マーケティングを希望していたのに営業のまま…」

などという不安や不満が生まれてきたり、
「将来のことも考えると、安定した生活が送れるようにキャリアアップしたい…」
「スキルも身についたし、経験も詰めたので、新しい環境にチャレンジしてみようかな…」

などという理由で転職を検討している人が多くなってくるのも20代後半の特徴です。
20代後半で転職に成功して年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人がいる一方、
「なかなか、自分にあった求人が見つからない。」
「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う。」

と転職に失敗している人もいるのが現状です。
この記事では、20代後半の人が転職に失敗しないための方法を記載しています。

20代後半の人が転職する理由は?

転職サイトのdodaが20代後半の人を対象に実施したアンケートによると、20代後半の人が転職する理由としては下記のようなものが多いようです。

  • ほかにやりたい仕事がある
  • 会社の将来性が不安
  • 給与に不満がある
  • 残業が多い/休日が少ない
  • 専門知識・技術を習得したい
  • 幅広い経験・知識を積みたい
  • U・Iターンしたい
  • 土日祝日に休みたい
  • 市場価値を上げたい
  • 会社の評価方法に不満がある

  • 引用:転職理由ランキング_doda
    上記はあくまでも統計結果であるため、転職をする理由は人それぞれです。

    20代でも後半になると転職で不利になるって本当?

    20代後半だと転職に不利になると思っている人は少なくないようです。
    しかし、20代前半と後半では転職の有利不利の違いはありません。
    むしろ、ある程度の社会人経験を積み、スキルのある20代後半の方が20代前半に比べ、企業側から求められている傾向があります
    また、仕事に対するモチベーションや体力もある20代なら、未経験業界や職種への転職も受け入れられやすいです。
    さらに、現在は求人数に比べ求職者の少ない売り手市場であるため、転職がしやすくなっています
    30代になると目に見える実績や役職が重要視されることもあるため、20代のうちに転職をすることでチャンスが広がります。

    20代後半の転職は転職サイト選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職サイトに登録することです。
    あなたは、登録する転職サイトをテキトーに選んでいませんか?
    間違えた転職サイトに登録してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。
    実は、転職サイトによって得意としている業界や職種、特徴が違うのです。
    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職サイト選びがとても重要なのです。
    20代後半の人におすすめの転職サイトを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    20代後半の転職で登録すべき転職サイト5選

    20代後半の人が転職サイトを選ぶ時には、下記の3つの基準を満たしているか確認してください。

  • 高年収求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求職者を提案する力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • ※下記で紹介している5つのサイトは上記の3つの基準を満たしている転職サイトのみを厳選しています。
    5つのサイトならどのサイトに登録しても問題ありませんが、5つのサイトの中でも得意としているジャンルが異なりますので、特徴をよく読み、自分に合った転職サイトに登録しましょう。
    おすすめな転職サイトは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    年収アップしたい20代後半におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    未経験の職場にチャレンジしたい20代後半におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい20代後半におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    20代後半で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい20代後半におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    20代後半の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    20代後半の転職では、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    ※上記で紹介している転職サイト(リクナビNEXT以外)は登録すると、転職エージェントのサポートを受けることができます。
    転職サイトごとに違いがあることは、先ほど説明した通りですが、20代後半の転職でエージェントを活用すべき理由を4つ説明します。
    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。
    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「平均年収は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。
    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。
    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントでなければ、なかなか高年収の求人を見つけることはできません。
    たとえ高年収の非公開求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。
    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。
    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。
    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。
    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。
    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。
    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。
    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。
    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。
    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。
    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    20代後半にイチオシの転職サイト
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。
    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。
    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。
    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。
    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。
    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。
    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。
    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。
    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。
    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。
    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。
    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。
    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。
    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。
    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。
    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。
    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。
    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。
    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。
    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。
    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。
    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。
    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。
    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    年収アップしたい20代後半におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    働きやすい会社に転職したい20代後半におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい20代後半におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    20代後半で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    再就職で失敗しないために押さえておくべき3つのポイント

    出産、子育て、介護、病気などの理由から仕事を辞めて、しばらく時間(時期)が経ってから仕事に復帰しようとを考える人も多いと思います。

    仕事のブランクが長いことによって、中々仕事を見つけにくくなるという問題もありますが、それより何より自分の仕事への不安が一番の問題かもしれません。

    しかし、再就職は就活の方法を間違えてしまうと失敗してしまいます。

    ここでいう失敗とは、正社員として就職ができないことや前職より大幅に年収を下げてしまうことを指します。

    そこで、今回は再就職で失敗しない3つの方法をお伝えします。

    【2022年9月】転職市場
    2022年9月時点では、全体の求人数は増加傾向にあります。

    新型コロナウィルスの影響もあり、一時的に求人数は大きく減少しましたが、採用を再開させた企業新たな人材の採用活動を進めている企業が増えています。

    そのため、少しでも転職を検討している人は、景況感を把握し、今まで以上にこまめに最新の求人をチェックしておくことが大切です。

    自分ひとりでは、間違った情報を収集してしまったり、日中の仕事をこなしながら情報収集する時間を取ることも大変。

    そんなときは、企業から最新の情報を手に入れており、転職市場に詳しい転職エージェントをうまく使いましょう


    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    そもそも再就職は何故こんなにも不安になるのか

    再就職の不安

    いざ復帰となる時、こんなことを考えてしまうのではないでしょうか。

  • 上手く仕事ができるだろうか
  • 前のように働けるだろうか
  • 体力がついていくだろうか
  • 年齢相応の仕事ができるだろうか
  • ただでさえ新たな環境に飛び込むというのは不安な中で、仕事から離れていれば離れているほど、ブランクが長ければ長くなるほど、復帰に対する不安で怖い気持ちはさらに強くなってきてしまいます。

    その気持ちを抱くのはいたって普通のこと。何もあなた自身の問題ではありません。

    とは言え、その気持ちに打ち勝たなくては実際に復帰することはできません。

    仕事復帰に向けての準備

    再就職の準備

    仕事復帰に向けて、不安な気持ちから解放されたいと思うのは当然のこと。

    ただ、その不安から完全に解放されるのは実際に仕事を始めてみてからであり、幾分かは不安を受け入れなくてはなりません。

    とは言えあまりに不安になりすぎて、夜も眠れないくらい悩んでしまったり、せっかく働くチャンスがあるのに棒に振ったりというのはやっぱり避けたいこと。

    できる限り不安な気持ちを軽減するにはどうすればいいでしょうか。

    大変なのは最初の1ヶ月

    仕事に復帰した人は誰だって最初は不安な気持ちを抱えているものですが、実際に働きだした人に聞いてみると、やっぱり最初の1ヶ月は大変だったみたいです。

    ただ、1ヶ月もたてば慣れてくるという人がほとんど。

    5年以上もブランクがある人でも、意外に仕事のやり方などは体が覚えていて、なんだかんだでしっかり仕事ができるようになるものなんです。

    ですから最初の1ヶ月は大変だということは覚悟しなくてはなりませんが、なんだかんだで慣れるものだという割り切り方も重要かなと思います。

    すぐに辞めることになったってかまわない

    仕事を始めることに対して、非常に強い覚悟を持つ人もいますが、そんなぎりぎりのことを考えなくたっていいんです。

    無理なら無理で辞めたっていいんです。

    もちろん、ちょっとは耐えることも必要になる時はありますし、社会人としてせっかく採用してくれた会社をすぐ辞めることに対して申し訳ないと思う気持ちを持つことは大事。

    しかし、退職することは権利としてあるわけで、無理なら無理で辞めるという選択肢は常に持っているのです。

    とりあえずフルタイムで働いてみて、無理だったら辞めて派遣社員なり契約社員としてちょっと勤務時間を減らした働き方をすることすればいいし、逆にフルタイムで働く自信がないなら最初は緩やかに働くなんて方法でもいいんです。

    いずれにしろ何もしないよりは一歩前進。

    結局働いて良かったと思う人も多い

    ブランクが長い人にとって、仕事をすることはかなり勇気のいることかもしれませんが、実際に働いてみると働き出して良かったという人が非常に多いです。

    生活にはりがでたり、人生が充実したりと、収入を得られること以外のメリットも多々あります。

    働くことをネガティブなことと捉えるのではなく、むしろ楽しみにするということを意識することも大切です。

    まずはやってみる

    まあ何はともあれ、とにかくやってみることです。

    最初は不安だったけど、慣れたら大丈夫だったということがほとんど。

    上述したようにすぐに辞めることになっても構わないというくらいの気持ちでとりあえずやってみればいいんです。

    別にだめだったからと言って、何か大変な目に合うわけではありません。

    子育てとの両立がやっぱり難しかった、仕事をするのが辛くて仕方がなかった、そんな風に感じたら、また仕事と生活を考え直してみればいいだけのことです。

    結局は働く前から考えに考えたって、全てを解決することなんてできることではありません。

    ダメな可能性もあることを受け入れて、とりあえずやってみることが必要です。

    再就職がふつうの転職より厳しいとされる3つの理由

    再就職が難しい理由

    再就職はふつうの転職に比べ、難しいとされています。

    その理由は大きく分けて下記の3つです。

  • 選考でマイナスなところにフォーカスされやすい
  • お金や将来への不安が膨らむ
  • あせってしまってじっくり考えられない
  • それぞれの理由をもう少し詳細に解説していきます。

    1.選考でマイナスなところにフォーカスされやすい

    無職の期間をはさむ再就職は、内定までに転職より時間がかかり、大変であるケースが多いようです。

    無職の期間があると「前職は本人の都合で急に辞めたのでは?」「仕事に対して意欲がないのでは?」など、選考でマイナスな印象を与えてしまうからです。

    また、無職の期間が長い場合は「病気療養などで実は働ける状態ではないのでは?」「社会人としての能力に大きな欠点があるのでは?」と、採用担当者の不安は大きくなるのです。

    2.お金や将来への不安が膨らむ

    すでに退職している場合、就職活動が長期化すると経済的なあせりから面接がうまくいかなくなることがあります。

    なかなか仕事が決まらず先の見えない生活が続くと、精神的に落ち込んでしまいます。

    落ち込んだままでは就職活動に集中できず、うまくいかなくてさらに落ち込むという悪循環に陥ってしまうのです。

    3.あせってしまってじっくり考えられない

    生活や将来へのあせりから、早く仕事を決めたいと思っていると、条件などをじっくり考えないまま返事をしてしまいがちです。

    条件を確認しないまま内定欲しさに承諾してしまうと、あとから交渉しようと思っても厳しいでしょう。

    その結果、前職よりも給料が大幅に下がってしまったり、待遇の面で「こんなはずじゃなかった」と後悔することになったりします。

    何もかもが満足いくような完璧な職場はありません。

    ですから、前職の職場で不満に思っていたことをきちんと洗い出し、どうしても嫌だったポイントを整理しておきましょう。

    どうしても譲れないポイントが明確になっていれば、それをクリアした職場がきっと見つかるはずです。

    不満をそのままにしておくと、再就職しても同じような不満がうまれ、転職活動を繰り返してしまうことになりかねません。

    再就職に失敗する人が陥りやすい3つのNG行動

    再就職の3つのNG行動

    早く就職活動しなくてはと焦ってはいけません。

    再就職で失敗してしまう人が陥りやすい3つのNG行動を記載しておきますので、よく読んでから就職活動をするようにしましょう。

  • とりあえず再就職できればと就職先を選ばない
  • 振り返りをしないで就職活動を始める
  • 1人で就職活動をする
  • 1.とりあえず再就職できればと就職先を選ばない

    無職の状態でいると、よりどころがなくなってしまったような感覚になるため、あせりを感じやすくなります。

    しかし、だからといって十分な準備をしないままやみくもに応募をしても、選考通過は難しいでしょう。

    不採用が続くと精神的にもまいってしまい、働く意欲が落ちてしまいます。

    自分のできることとやりたいことは何かをしっかり考え、それに適した企業に応募しましょう。

    希望する条件に当てはまった就職先を決めて、応募書類を添削し直したり、面接対策を念入りにおこなったりした方が通過率も高くなり、心の安定にも繋がります。

    2.振り返りをしないで就職活動を始める

    前職の退職理由に向き合わないまま就職活動を始めると、選考の場で自信を持って話せなくなってしまいます。

    自信を持って話せないと、退職理由のネガティブな部分を聞かれたとき、面接担当者に良い印象を残せません。

    たとえ退職理由がネガティブなものだったとしても、そのことにきちんと向き合い受けとめましょう。

    そして、退職から得た教訓を活かし、今後のエンジンにしていかなくてはなりません。

    ですから、一度前職での自分の働きぶりや退職に至るまでの振り返りをしましょう。

    過去を受けとめることが、不安解消に最善の手段になります。

    3.1人で就職活動をする

    就職活動をするときは、家族や友人など身近な人の助けを借りましょう。

    一人で抱え込んでしまうと、精神的に追いつめられやすくなります。

    良い結果を得るためにも、精神的に安定した状態で就職活動に臨みましょう。

    再就職の場合、転職より活動期間が長くなりがちなため、不安な気持ちになりやすいものです。

    そんなときは、転職エージェントや再就職支援会社などを頼るのも一つの手段です。

    転職エージェントに登録すると、転職アドバイザーが自分の適性をアドバイスしてくれたり、さまざまな相談にのってくれたりします。

    さらに面接練習や指導もしてもらえるので、自信を持って選考に臨めます。

    再就職を成功に導くために守るべき3つのルール

    再就職の3つのルール

    長々と再就職活動をする際の注意点を記載してきましたが、ここからが肝心です。

    失敗しないことも勿論大切ですが、やはり再就職する限りは成功させたい。

    そんな方のために、再就職を成功に導くために守るべき3つのルールを最後に記載しておきます。

  • ネガティブだと思われる点は前もってさらけ出す
  • 質問されそうなことへの回答を準備する
  • 離職期間中の時間は有効に活用しよう
  • 1.ネガティブだと思われる点は前もってさらけ出す

    書類選考の際に、履歴書や職務経歴書に前職の退職理由が書かれていないと、「書けないような退職理由なのだろうか?」と思われることがあります。

    履歴書や職務経歴書にきちんと退職理由が書いてあれば、必要以上にネガティブな印象を持たれることはなくなるでしょう。

    採用担当者が気になりそうなポイントをあらかじめ考えておき、提出書類にはできるだけ正直に書いておくとよいでしょう。

    2.質問されそうなことへの回答を準備する

    「退職理由は?」「失業期間は何をしていましたか?」という質問にも、言い回しに工夫をした回答を準備しておけば安心です。

    就職活動がうまくいっていない時の答え方の例
    「自分のキャリアについて見つめなおした結果、未経験の技術職にチャレンジをしようと考えました。未経験のため、選考に時間がかかっています。
    しかし、働いていないからこそ勉強する時間も増やせたので、目標とする〇ヶ月後までには内定をいただけるよう準備を整えています」

    就職活動がうまくいっていない場合、難航していることをそのまま伝えると、採用担当者の不安がふくらんでしまうのでNGです。

    目標をもとにスケジューリングをして、積極的に就職活動に取り組んでいるよう伝えるとよいでしょう。

    人間関係が理由で退職をした時の答え方の例
    「上司と仕事のやり方で食い違うことが多くありました。私は、営業成績を上げるために他の部署と連携すべきと考えていましたが、上司にその考えを理解してもらうことができませんでした。
    会社や部署が一丸となって良い結果を出せる環境で働きたいと思い、退職を決めました。ただ、私にももっと努力すべき点があったと反省しているため、同じことを繰り返さないようにする所存です。」

    個人的な批判をするのではなく、あくまでも仕事への姿勢が合わなかったということを伝えることが重要です。

    また、相手の悪いところを挙げるのではなく、自分の反省点や今後どうしていくかを伝えるとよいでしょう。

    3.離職期間中の時間は有効に活用しよう

    離職期間中は、不安な気持ちに負けず前向きに行動していく必要があります。

    せっかくまとまった時間ができたのですから、自己分析をして自分と深く向き合ってみたり、新しい勉強をしたりすることもおすすめです。

    時間を有効活用することで、おのずと進むべき道が明確になり、自分のやりたいことについて自信を持って堂々と話せるようになっていきます。

    良い精神状態で就職活動に臨むことで、面接で堂々とした態度でいることができ、採用担当者の印象も良くなるでしょう。

    再就職するなら転職エージェントを活用すべき4つの理由

    再就職するなら転職エージェントを活用すべき4つの理由
    再就職するならを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    再就職するためのエージェント7つの活用術

    再就職するための転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに再就職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    再就職でオススメの転職エージェント

    再就職でオススメの転職エージェント
    再就職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 再就職に向いている求人を保有しているか
  • 職場の状況を詳しく教えてくれるか
  • 再就職サポート実績が豊富にあるか
  • オススメ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    フリーターから正社員になれる?おすすめ転職エージェント6選

    この記事を見に来ているということは、あなたは恐らく現在フリーターだと思います。

    また、
    「月収を増やしたいから正社員になりたいな」
    「正社員になって少しでも裕福な生活がしたい」

    なんて思っていませんか?

    しかし、正社員になれば月収が上がるというのは大間違いです。

    実は、フリーターで働いている方が月収が高いことはあるのです。

    そこで、今回はフリーターと正社員の違いについて詳細に書いていきたいと思います。

    また、月収を上げる方法や休日を増やす方法も合わせてお伝えしていきます。

    現在、フリーターとして働いている人、正社員として再就職をしたいと考えている人は必ず読んでください。

    ※ただ、30歳以上の人は試すことのできない方法になりますので、29歳以下の人のみ読み進めるようにしてください。

    【2022年9月】転職市場
    2022年9月時点では、全体の求人数は増加傾向にあります。

    新型コロナウィルスの影響もあり、一時的に求人数は大きく減少しましたが、採用を再開させた企業新たな人材の採用活動を進めている企業が増えています。

    そのため、少しでも転職を検討している人は、景況感を把握し、今まで以上にこまめに最新の求人をチェックしておくことが大切です。

    自分ひとりでは、間違った情報を収集してしまったり、日中の仕事をこなしながら情報収集する時間を取ることも大変。

    そんなときは、企業から最新の情報を手に入れており、転職市場に詳しい転職エージェントをうまく使いましょう

    1.フリーターと正社員の待遇の違い

    まずは、フリーターと正社員の待遇の違いを理解しましょう。

    初任給

    正社員の平均年収は、フリーターが就職せずにアルバイトのみで働いた場合と比べてどの程度差があるのか、まずは初任給の比較です。

    厚生労働省の統計によると、2015年の高校卒業者の初任給が平均で16万9千円、短大・専門学校卒で17万6千円、大学卒で20万2千円、そして、大学院修士課程終了後に卒業した者は22万8千円となっています。

    それに対して、フリーターは1日8時間、時給1,000円で週5日働いたとして月収は16万円~17万円ほどです。
    今度はこれらを年収で換算すると正社員は大卒で240万円程度となり、フリーターは月17万円として年収は204万円になります。

    これを見る限り、差は大きくないと感じるかもしれません。

    しかし、一般的に正社員に用いられる年収・月収とは、予め税金や年金、社会保険料などを天引きされて支払われた給与のことを指します。

    一方で、フリーターはこの年収・月収から、各種税金や国民年金、社会保険料などを自分で払わなければなりません。

    つまり、アルバイトで月収17万円を稼いだとしても、実質的な月収は12~13万円、年収で150万円ほどという計算になるということ。

    手取り金額に差を感じなくても、実際には万単位での開きがあることになります。

    このことから、正社員とフリーターでは同じ勤務時間でもスタートの時点で差がつく可能性があることがわかるでしょう。
    (引用:厚生労働省

    生涯賃金

    スタートの時点で正社員と大きな差がつけられることがあるフリーターですが、本当に問題なのはその先です。

    正社員の給料は、勤続年数やキャリア、スキルを積むと次第にアップしていきます。

    対して、フリーターの時給は上がりにくく、1度の昇給時の金額は10円~100円、200円程度と少なめ。

    その結果、すべての年齢層における正社員の平均年収が約415万円に対して、フリーターの平均年収が約170万円という大きな差になって現れてきます。

    年収は、65歳までに正社員が稼ぐお金の合計「生涯賃金」に大きく影響することがわかるでしょう。

    若い間は年収が低くても生活できるかもしれませんが、年を取ると体力が低下してできる仕事が限られてしまい、退職を余儀なくされたり、短時間勤務や休日を増やしたり
    しなければならないことも。

    フリーターは時給制であることから、退職や時短勤務はそのまま収入の減少を意味します。

    ケガや病気になっても保障がなく、貯蓄も少ないため、いざという時に困窮するケースも少なくありません。

    さらに、正社員が厚生年金に入っていると、老後に平均で約22万円の支給がありますが、フリーターのほとんどは国民年金で、支給額は6万5千円ほどとなっています。

    もちろん、個別で個人年金を積み立てるのは可能ですが、収入が少なめのフリーターの方は生活にゆとりがなくなってしまうかもしれません。

    フリーターは老後に対して大きな不安を抱えていることになります。
    (引用:平成27年賃金構造基本統計調査の概況

    休日・休暇

    一見、フリーターは休みが多く、正社員は休みが少ないと思う方もいらっしゃると思います。

    しかし、実際はその限りではなく、制度が充実している正社員の方が休暇が充実している場合もあるのです。

    基本的に正社員であれば休日は固定(交代制もあります)であり、会社の規定により最低の休日日数は決まっています。

    休日出勤などであれば代休制度を利用するなど、会社の規定として制度は決まっております。

    一方フリーターであれば、シフト制の職場である限り、ある程度希望を出す事ができます。

    しかし、時給制のため会社の規定で最低の休日日数が決まっていることは少なく、代休などの制度も無いことが多いです。

    長期休暇

    正社員であれば、会社にもよりますが、夏季休暇や年末年始休暇など長期休暇があります。

    さらに、慶弔休暇や年休など通常の休日とは別の休暇がもらえます。

    最近ではバースデー休暇などの記念日休暇や、リフレッシュ休暇などの新しい休暇制度を導入する企業も増えております。

    一方、フリーターであれば休みはある程度自由に取る事ができるでしょう。

    しかし、休めば休むだけ給与が下がるのはもちろんのこと、他のアルバイトの方との兼ね合いもあるので、年に何回も長期休暇を取ることは難しいでしょう。

    社会的信用

    正社員で雇用されるということは、単純な報酬の面だけでなく社会的な信用を得る事でもあります。

    将来的な面も含めての比較です。

    ローンなどの審査

    正社員は賃金などの直接なメリットだけでなく、社会的に有利になるといった点もあります。

    車や家など大きな買い物をする際にローンを組もうと思っても、フリーターでは審査に通らないという事も珍しくありません。

    また、クレジットカードの金融機関の審査も通りにくいのが現状です。

    いかに高時給のアルバイトであっても雇用形態で判断されるので、手取りが高くともアルバイトであれば審査には通りにくいのです。

    将来の安定性

    雇用の安定といった面においても、正社員とフリーターでは大きな違いが有ります。

    正社員は法律で守られているので簡単には解雇されることがありません。

    しかし、アルバイト契約であれば、雇用主からの一方的な通告で解雇することができます。

    そのため、正社員で働くことは、安定した生活への第一歩なのです。

    近年では、正社員でもいつ会社が潰れるかわからないから安定していないとの声もあります。

    しかし、フリーターであれば尚更雇用は安定しません。

    さらに、万が一勤め先が倒産してしまっても、正社員であれば今まで務めた職歴があり、会社倒産という正当な理由もあるため、転職活動においても大きなマイナスになることは少ないです。

    一方アルバイト雇用であれば、長く勤め年齢が上がるほど仕事内容を変えての応募が難しくなるため、また同じ様な環境を探す事になってしまいます。

    仕事の幅

    フリーターの仕事で身につくスキルは、同じ仕事内容で活かせるものがメインになります。

    例えば、コンビニのアルバイトであれば、レジ打ち・品出し・清掃など、特定の場面でのみ使えるスキルになります。

    そのため、スキルを活かしての就職や転職は同業界のみに限られてしまう事がほとんどであり、別の仕事に就くためには未経験歓迎の求人へ応募する必要があります。

    正社員としてスキルを積んでいれば、転職や何らかの理由により再就職する際にも、様々な選択肢があります。

    例えば営業職として仕事をしていれば、仕事によっては営業力や交渉力だけでなく、企画や資料作成、PC操作、事務処理などのスキルも見についていることがあります。

    さらには、ビジネスマンとしての地力や知識も付いているので、別業界・別職種への挑戦も可能です。

    フリーターと正社員で変わらないこと

    続いて、フリーターであろうと正社員であろうと変わらないことを見てみましょう。

    労働時間

    フルタイムで働くフリーターも正社員も実際は労働時間に大きな差はありません。

    正社員には残業がありそうですが、結局頑張りがちなフリーターも残業してしまいます。

    責任の重さは違えど、労働時間に関してはさほど変わらないということができます。

    もちろんブラック企業の場合は例外です。

    人間関係

    正社員とフリーターを両方経験した私だからわかりますが、どちらも人間関係の悩みは尽きません。

    社員には社員なりの悩みがありますし、フリーターもしかりです。

    まず社員だと上司からも部下からも板挾みになるのが辛いでしょう。

    一方でフリーターは全くタイプの異なる悩みです。

    それは肩身が狭くなるということ。

    社員の時は社員というだけで話を聞いてもらえましたが、フリーターはそれだけでもバカにされ、見下されてしまうことがあります。

    同じ人間であるにもかかわらず。。

    結局人は猿山のボスの言うことに従ってしまうもの。

    たとえ、同じ人間だったとしても人の見る目は異なるのです。

    このようにフリーターはフリーター、正社員は正社員で人間関係の悩みは尽きません。

    そういう意味でもフリーターでも正社員でも変わらないでしょう。

    そのため、もし人間関係が嫌で正社員をやめようと考えているならフリーターになったからといってそれが解消されるとは限りません。

    社会保険はフリーターでも入れる

    フリーターでも社会保険に加入することができます。

    つまり、正社員との違いにはなりません。

    フリーターであろうが、正社員だろうと、社会保険には加入できるのです。

    もっともフリーターの場合は会社にもよるでしょう。

    アルバイトでも一定の時間を超えると、社保に加入する義務が発生します。

    そのため、あまり優良企業ではないアルバイトだと社保に加入させないためにシフトを削るなんてこともよくある話です。

    費用の半分を事業者が負担しなければならないことから、加入させたくないというのが企業の本音です。

    もちろん正社員の社会保険の加入は義務づけられています。

    よって、社会保険の加入を求めてアルバイトから正社員を目指す人も珍しくありません。

    フリーターのメリット

    続いては、フリーターでいることのメリットも見てみましょう。

    責任が少ない

    フリーターの最大のメリットは責任が少ないことです。

    責任感に押し負けてフリーターになってしまう人もいます。

    「フリーターは気楽でいいよな」

    まさにその通り、気楽じゃなきゃフリーターなんてやってられません。

    場所と働く時間を選べる

    好きな時間、好きなところで働けるのがフリーターの魅力の一つです。

    アルバイトなら基本的にシフト制で、異動も一切ありません。

    一方で正社員が働く時間を選べることは皆無です。

    仮にシフト制の会社でも自分の希望が全て通ることはありえません。

    会社の規模によって、異動が伴うこともあります。

    時間と場所に融通きくのがフリーターなのです。

    好きな分だけ働ける

    次も時間に関するメリットなのですが、今度は量です。

    フリーターなら自分の都合に合わせて労働時間を決められます。

    たくさんお金が欲しい人はたくさん働いてよし、そこまでお金が必要ない人は減らしてよし。

    こんなことができるのもフリーターだからです。

    受かりやすい

    基本的には正社員になるより、アルバイトで採用される方が簡単です。

    これは誰でも予想がつくでしょう。

    正社員の方が経営者側からしたらやはりそれなりにコストがかかるので精査しなければなりません。

    それに解雇しにくいですから。

    一方でアルバイトは言い方悪いですが、要は使い捨てです。

    ですから比較的簡単に受かることができます。

    なかなか仕事が見つからない人がアルバイトから始めるのもそのためです。

    すぐに辞められる

    フリーターは比較的簡単に職場を変えられます。

    もちろん、正社員でも辞められる権利はあります。

    しかしイメージ的にはやはりアルバイトを辞めるのと、社員を辞めるのとでは敷居が異なります。

    フリーターであれば、アルバイトが嫌ならやめればいいのです。

    フリーターとフリーランスって違うの?

    次に、フリーターとフリーランスを混同している人もいらっしゃるようなので、違いをみていきましょう。

    フリーランスとは

    フリーランスは、決まった会社などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する働き方です。

    使われ始めたばかりの言葉ですので、時々によって若干定義が異なる場合もあります。

    また、その働き方をしている「人」をフリーランサーと呼びますが、そのままフリーランスと呼ぶ場合もあります。

    「フリーランス=決まった会社などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人」として説明します。

    フリーターとは

    フリーターとは、フリーランスアルバイターの略語で、非正規雇用により働いていて生計を立てている人を指します。

    ただし、この言葉の定義付けは曖昧で、正社員と同じようにフルタイムで働く契約社員や派遣社員を含まないこともあります。

    例えば、厚生労働省が調査のために設けた定義では、15歳~34歳の卒業者(在学者を除く)で、

  • 現在、パート・アルバイトとして働いている人
  • 現在は働いていないが、パート・アルバイトで働こうとしている人
  • のようなことが書かれていて、契約社員や派遣社員は含まれていません。

    フリーターとフリーランスの違う点

    続いては、フリーターとフリーランスで違う点を詳細に見ていきます。

    収入

    フリーランスは、専門知識をもって他者と取引することで収入を得ます。

    その技術などの対価として収入を得るため、正社員よりも収入が高くなることも多いです。

    また、職種や力量次第で、収入に上限はありません。

    それに対して、フリーターのほとんどは、時間当たりの収入においても正社員より少なくなります。

    また、ここには力量次第という要素は少なく、終身雇用を前提としないため、任される仕事も限定的になり、収入の上昇にも限界があります。

    専門知識

    フリーランスには、その仕事を外注して対価を支払うだけの価値を求められます。

    その価値を生み出すための専門知識が必要です。

    それに対して、フリーターに求められるのは、正社員の補助としての役割に留まるため、必要とされる専門知識は限定的です。

    正社員であれば、30歳を超えた中途採用は経験者採用がほとんどになりますが、アルバイトは未経験可の求人も多いです。

    求められる役割が異なるためです。

    着地点と通過点

    フリーランスは、フリーランスとして活躍するために準備してスキルなどを磨いてきた方も多いと思います。

    対してフリーターは、フリーターとして活躍するためではなく、音楽など他のことをするために時間に融通が効きやすいフリーターを選んでいることもあるかと思います。

    場所と時間の拘束

    フリーランスは、契約に縛られますが、その契約を結ぶかどうかの選択肢があります。

    請負契約では、定められたものを納期までに納品すればよく、場所も時間も全く拘束されないこともあります。

    対して、フリーターは雇用契約に縛られます。

    同じ会社に勤めている間に、何度も雇用契約を結ぶことはありませんので、最初に決めた働き方の制限を受けます。

    有給

    フリーランスに有給はありません。

    委任契約の顧問報酬のようなものでない限り、働いていないときの報酬は常に0円です。

    対してフリーターは、正社員と同じく有給があります。

    取得の要件が満たされれば、申請することができます。

    フリーランスとフリーターの共通点

    言葉上、近いものがあるように確かに一部においては共通点があります。

    収入を安定させづらい

    正社員として働いて毎月決まった給与が振り込まれてくるわけではなく、また賞与もない(一部パートにはあるようです)ため、収入を安定させづらい環境にあります。

    生活が不規則になりがち

    出社時間などがまばらになることもあって、生活が不規則になりがちです。

    ただし、フリーランスであれば契約先、フリーターであれば就業先によっては、出社・退社の時間も決まっている場合もありますので、一概には言えません。

    社会的に守られにくい

    正社員であれば、会社を通して仕事をしますので、きちんと働いている中でトラブルがあった時は守ってくれます。

    しかし、フリーランスやフリーターは、終身で会社に所属するという前提がないため、立場が弱くなることが多く、同様の扱いを受けることはあまりありません。

    周りに心配される

    上記に記載したような理由から、フリーランスもフリーターも程度に大きな差があるものの、周りから心配されることがあります。

    副業

    フリーランスはもちろんですが、フリーターもたいていは副業は可能です。

    副業したいからフリーターになっている人も多いと思います。

    正社員になりたいフリーターは転職エージェントを使うべきか

    結論、使うべきです。

    転職エージェントとは・・・言い換えると人材紹介会社です。

    無料で就職(転職)支援を受けることができることが特徴であり、リクナビNEXTやマイナビ転職、indeedなど求人検索サイトとは別のサービスとなります。

    サポート内容は、求人の紹介、選考書類の添削、面接対策、企業への推薦、アフターフォローなどです。

    求職者一人ひとりに担当者が付いて、いろいろ相談に乗ってもらうことができます。

    フリーターでも正社員として採用する気のある会社の求人が集まっているので、フリーターから脱出して正社員を目指す時には、是非とも選択肢として覚えておいて損はないと思います。

    求人検索サイトを使って地道にやるという選択肢もありますが、書類選考が通らないことが多いです。

    なぜなら、フリーターを歓迎している企業も求人を出しているからです。

    正社員になるために転職エージェントを使うべき4つの理由

    正社員になるために転職エージェントを使うべき4つの理由
    正社員になることを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 各企業の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 各企業の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人検索サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、フリーターを歓迎している好条件求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    フリーターの人向け転職エージェント7つの活用術

    フリーターの転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    フリーターの人におすすめの転職エージェント

    フリーターの人におすすめの転職エージェント
    正社員への転職を検討しているフリーターの人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • フリーターを歓迎している求人を所有しているか
  • 各企業の内部事情に詳しいか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    まとめ

    どの転職エージェントもプロのキャリアアドバイザーによる充実して就職サポートを受けることができます。

    特におすすめの転職エージェントはリクルートエージェントマイナビエージェントです。

    どちらの転職エージェントも、紹介する求人を独自の基準で厳選しています。

    どちらを利用しても、フリーターの採用に積極的な優良企業だけを紹介してもらえます。

    「どの転職エージェントを利用しようか悩む」という方は、紹介した2つの転職エージェントを併用するのがおすすめです。

    2つ利用し、複数のキャリアアドバイザーから意見をもらうことで、より確実な就活対策ができます。紹介してもらえる求人も倍になるため、希望の求人を見つけやすくなります。

    就職エージェントは掛け持ちしても問題ありませんし、途中でどちらか一つの利用を中止することも可能です。

    相談だけしてみるつもりで利用してみてください。

    「いつかは就職しないといけないこと分かっている。でも、なかなかその気になれない」という方は、とりあえず転職エージェントに相談だけでもしてみることをおすすめします。

    キャリアアドバイザーが親身になって就活のことだけでなく、人生についても親身に相談に乗ってくれるはずです。

    もちろん料金は無料です。

    就職エージェントは相談するためだけに利用しても問題ありません。

    相談だけして「やっぱり就活する気になりません」と言ってもとがめられることはありません。

    就活に悩みや不安があるならとりあえず相談だけでもしてみることをおすすめします。

    フリーターの就職事情と正社員になる方法。ブラック企業の見極め方

    「今はフリーターだけど、いつかは正社員として働かなきゃ…」
    「でも、いきなり正社員に就職することなんてできるのかな…」
    などといった不安を抱えていません?

    また、
    「正社員になりたいけど何から始めればいいか分からない」
    「就活を始めたのはいいけど、全然内定をもらえない」
    などと悩んでいませんか?

    フリーターと正社員では、将来的に見ると大きく差がついてしまうので焦ってしまうこともあります。

    そこで今回は、フリーターの就職事情正社員になるための方法ブラック企業の見極め方を記載していきます。

    【2022年9月】転職市場
    2022年9月時点では、全体の求人数は増加傾向にあります。

    新型コロナウィルスの影響もあり、一時的に求人数は大きく減少しましたが、採用を再開させた企業新たな人材の採用活動を進めている企業が増えています。

    そのため、少しでも転職を検討している人は、景況感を把握し、今まで以上にこまめに最新の求人をチェックしておくことが大切です。

    自分ひとりでは、間違った情報を収集してしまったり、日中の仕事をこなしながら情報収集する時間を取ることも大変。

    そんなときは、企業から最新の情報を手に入れており、転職市場に詳しい転職エージェントをうまく使いましょう


    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    フリーターの就職事情

    フリーターの就職事情

    フリーターは正社員に就職するのが難しい。と世間一般的には思われがちです。

    本当にフリーターが就職するのは難しいのでしょうか?

    フリーターの就職難易度

    やはり就職しやすいといえば新卒の学生、その内定率は80%を超えると言われています。

    そして卒業後からの年数が経てば経つほど、新卒の学生の半分近くまで内定率が下がってしまう傾向があります。

    数字だけみていると、フリーター期間が長いと就職難易度が高いのではないかと思ってしまいますが、実はそんなことはありません。

    新卒の学生は就職に向けて学生時代から真剣に取り組んでいますが、実はフリーターをしている方というのは新卒の学生ほど真剣に取り組める状況ではないという現状があります。

    応募数も新卒の学生に比べると少なく4分の3程度という数字になっています。

    しかし、中途採用という道もあるため、フリーターが就職できないということは決してありません。

    フリーター期間が長いと就職に不利?

    大学を卒業して就職せずに(就職できずに)フリーターとして仕事をしていた方は「就職に不利なのではないか」とネガティブに捉えてしまいます。

    フリーターのイメージは「ちゃんと就職していない」と確かにマイナスイメージが強く有利ではありません。

    面接では必ずといってもいいほど「なぜ就職しなかったのか」「フリーター期間には何をしていたか?」ということが問われるでしょう。

    やはりフリーター期間が長かったり、前職をすぐに退職していたら「仕事に対して熱意がないのではないか?」「うちで就職してもすぐに辞めてしまうのではないか?」と思われがちなので、ここで採用担当者を納得させられるだけの答えを用意しなければいけないというのが高いハードルになります。

    このことが就職に不利と言われている理由です。

    ネガティブなフリーターのイメージを払拭するだけの理由を適切に答え、採用担当者にキャリアプランを伝えなければいけません。

    フリーターを続けている男性と大卒で就職した男性とでは生涯賃金の差が2億円ともいわれ、年金だけで生活できず高齢になってもフリーターを続けていかなければいけません。

    就職を目指すことだけでなく、将来の生活へもデメリットが大きいのです。

    しかし、35歳までの方であればチャンスは大いにあります。

    いつ就活を始めるべきか

    フリーターをしていて正社員への就職を少しでも考えているなら、今すぐ行動してください。

    フリーターを長く続ければ続けるほどデメリットは大きく膨らんでしまいます。

    そして、年齢が上がれば上がるほど、フリーターとしてのアルバイトも探しにくくなりますので、転職を考えているなら正社員への就職を視野にいれてみてください。

    フリーターから正社員に就職したキッカケ

    フリーターが就職したキッカケ

    フリーターの方が正社員として就職を目指すきっかけは様々ですが、実際にフリーターが正社員に就職したキッカケを紹介します。

    結婚したい・子供が生まれる

    やはりフリーターというとイメージが悪いため、結婚に向けて相手の両親へ挨拶行くのも躊躇すると思います。

    そこで、結婚を機にフリーターから正社員へ就職したという方が多いようです。

    また、共働きという形で結婚はできても子供ができた場合、交際中に子供ができた場合と、子供ができると安定しないフリーターの収入では生活が厳しいというのが現実。
    守るべき存在のため、正社員を目指す方が多いようです。

    老後が不安

    フリーターは正社員に比べて自由度が高く、気楽な生活が送ることができるというメリットがある反面、将来が安定しないというデメリットがあります。

    社会保険が不十分、年収も正社員に比べて低いため、十分な貯蓄ができません。

  • 安定した収入を毎月得て、老後に備えて貯蓄をしなければいけない
  • 安泰な老後のため今頑張らないといけない
  • 高齢のフリーターを見ていると自分の未来を想像して不安
  • などと、一念発起して正社員を目指す方も多くいます。

    フリーターが正社員への就職活動で痛感したことは?

    次に、フリーターの方が正社員への就職活動で感じたことを教えてもらいました。

    1.転職活動全般における障壁

    評価してもらえない

    • フリーター期間は何もしていなかったことして扱われる
    • 職務経歴等に詳細に記載していても選考時に考慮されないことがある
    • 正社員でなかったため、責任能力等に問題があるとの評価を受ける
    • その職の経験があっても何の意味も持たない
    • フリーターというだけで「遊んでいる」と見下す人がいる

    このように、職歴がキャリアとして認められにくい現状に苦労を感じるフリーターが多いです。

    その他の意見として、「スキルや責任感が身かない」ことへの不満、仕事の責任感が軽いことへの「慣れ」を指摘する人などが見られました。

    やりがいが感じられない

    • 正社員と違って責任がなく、仕事も簡単なものが多い
    • 長く勤めてもスキルが身につかず、どうしても経験不足になる
    • 「責任ある仕事を任されることが少ないのでいつまで経ってもスキルが向上しない
    • 「仕事に対する責任感が薄れるので、正社員を志望しても、仕事に責任を負うことがプレッシャーになる
    • 「仕事を辞めやすいので、責任感のない働き方になってしまう人がいる
    • 「ぬるい環境に慣れてしまう

    転職活動を始める以前に、「時間がない」「お金がない」という点を挙げる人も多く見られました。

    時間、お金がない

    • 正社員になるための採用試験を受ける時間がなく、アルバイトに追われている
    • 貯金もできないので転職活動に割くためのお金や時間の余裕もない
    • 引っ越しにはお金が必要、それでも引っ越しても仕事が見つかる保証はない

    2.求人応募時における障壁

    • 募集年齢が自分の年齢より下
    • 書類選考の段階で不採用になり、面接を受けることすらできない
    • 資格所有や経験者優遇ばかりで、働きたくても働けない会社が多い
    • 30歳を過ぎると、世間的にも実績などを求められる
    • 年齢だけじゃなく学歴、資格等の理由で正社員の応募はほぼ諦めている
    • 正社員になりたいと思っていても年齢や学歴、資格等の理由でほぼ諦めている

    その他「自分に合う仕事が分からない」という問題が、比較的若年層に見られました。

    明確なキャリアビジョン、職業の展望を持たないままにフリーターを続ける人、正社員を希望するものの「そもそも、自分には何の仕事が合っているか、何が向いているのかが分からない」と、漠とした職業観が伺えます。

    3.面接における障壁

    「大学を卒業していないこと、資格を保有していないことがネックになることが多いです。

    • フリーターとはいえ「働いていた」のに、ニートと同じ扱いにされる
    • 「今まで何してたの?」と面接で問われることが多い
    • 見下し面接が多い。人事の悪ふざけや明らかに悪意のある質問をされる
    • 年齢を重ねるたびに今まで何をしていたのか詳しく聞かれる
    • 新卒で面接を受けるよりも答えにくくハードルが高く感じる

    今や雇用者側にとってフリーターは、貴重な戦力であり欠かせない存在になっています。

    しかし今回、フリーター自が責任感のある仕事を経験できないままキャリアが流れていき、正社員への転職活動時に大きな困難に直面する、そんな構図が見えてきました。

    フリーターから未経験でも正社員になれる

    フリーターから未経験でも正社員になれる

    今の自分で正社員になれるだろうかと不安感を持ちながら、フリーターをズルズル続けている方も少なくありません。

    今はどこも人材不足のため、未経験からでも正社員への就職が可能になっています。

    また、今の仕事から転職するきっかけで求人情報を見て、せっかくなら正社員に…と目指した方もいます。

    フリーターが就職するベストなタイミング

    「よし!就職活動をしよう!」と思い立って就職活動をするのはNGです。

    就職活動には効率よく活動できる時期がありますので知っておく必要があります。

    就職活動を始める時期は求人数が多い時期を選ばなくてはいけませんが、それは春と秋、とくに3月・4月9月・10月入社がおすすめ。

    なぜ多いのかというと、ボーナスの支給を待ってから退職しようとする方が多く、この時期になると退職者と求職者が増える時期だからです。

    新年に内定をもらうことを目標に就職活動をすれば春には新生活をスタートすることができるでしょう。

    就職活動をスタートする場合は、今働いているアルバイト先に迷惑をかけることのないよう就職活動をしていることを伝え、シフトの調整をしてもらうことも大切になります。

    フリーターだけにある魅力とは

    「フリーターは終わっている」「フリーター歴が長いと就職できない」とフリーターのイメージにはネガティブなものが多いですが、最近では現役就活生にはないフリーターだけの魅力を求めて第二新卒やフリーターを積極的に採用する企業が増えています。

    企業が求めている人材は、現役就活性でもフリーターでも企業の戦力となる人材です。

    フリーターならではの2つの魅力をご紹介します。

    1.社会人経験がある

    フリーターの評価が最も高いポイントは、社会人として会社で働いた経験があるということ。

    現役就活生は若さや初々しさといったポイントが魅力で、企業色に染めることができることが評価され採用されますが、社会人としての経験がない部分ではマイナスポイント。

    基本的なビジネスマナーやビジネススキルを指導する必要があります。

    例えば、報告・連絡・相談という「ホウレンソウ」です。

    社会人なら誰しもが知っているビジネスマンとしての基本中の基本ですが、現役就活生では不十分なケースが多くみられます。

    反面フリーターはホウレンソウの大切さや流れ、チーム内での連携と協働など仕事を円滑に進めることができるスキルをすでに持っているという点が戦力となるのです。

    フリーターの積極的な採用は、企業独自のやり方や特徴さえ理解できれば即戦力となる部分が大きな魅力となります。

    2.精神力が強い

    現役就活生はまだまだ学生気分が抜けていない方が多く、甘さや余裕といった精神面の弱さが目立ちますが、フリーターの方は社会の荒波にもまれ社会人として生計を立ててきた経験から精神的に強いという点が評価のポイントになります。

    入社すると「思っていた仕事と違っていた」とミスマッチを感じ退職する新卒生が多く、仕事や残業、職場の人間関係などで悩み鬱になってしまう方も少なくありません。
    企業が求めているのは、へこたれないポジティブな精神を持っている人材です。

    苦い思いにもめげずに転職活動をして正社員を目指しているというのは精神力の強さを評価されます。

    仕事に対して前向きで熱意をもって取り組むことができるバイタリティ、推進力は企業が期待するポイントのひとつ。

    また、現役就活生と異なる点として、「次こそは正社員で骨を埋めよう!」と決意が固いため、仕事にもポテンシャルとして表れるのでしょう。

    ポジティブでポテンシャルが高いという点は仕事をスムーズに実行できることに繋がりますので魅力とされています。

    フリーターと正社員の違い

    フリーターと正社員の違い

    若い方の中では同じくらいの給料がもらえるならフリーターでいいと、正社員にならずフリーターとして生計を立てている方が多いです。

    しかし、フリーターと正社員、給与や社会保険以外にも違いがあります。

    待遇面での違い

    フリーターと正社員、どちらも月給20万だったとしても年収にすると正社員の方が高く、5年後の年収ではさらに差が出てしまいます。

    その差が生まれる理由は昇給と賞与にあります。

    正社員の場合は少なくても月給の1カ月~1.5ヵ月分、多くて3カ月分の賞与が出ます。

    昇給も1年に1回設定されている企業が多く、昇給があることでモチベーションアップにもつながります。

    例え、月給が同じでもトータルすれば正社員の方が、支給額が大きいということが違いのひとつです。

    また、フリーターが時給制なことに比べて正社員は月給制。

    休みが多い月でも毎月同じ給与が支払われるというのは金銭管理ができるといった面でもメリット。

    仕事内容と責任の違い

    待遇に次いで違いがあることは仕事内容。

    正社員になると責任のある仕事を任せられるようになります。

    将来大きな仕事がしたいとキャリアプランがある方は早く正社員として就職していた方が良いです。

    また、フリーターに比べ企業の投資額が変わってきます。

    セミナーや研修などの参加費用が交通費も含め会社負担であるケースがほとんどです。

    いつ辞めるか分からないアルバイトには投資されず、会社に貢献してもらうために正社員の人材育成に力を入れているということです。

    雇用期間の違い

    アルバイトや契約社員などには契約期間に定めがあることに対して、多くの企業では、正社員に雇用期間の定めがありませんので、定年まで働くことができます。

    中には契約更新をする正社員の雇用もありますので求人応募の際は注意しましょう。

    将来安定して生活したいという方は、安心の正社員がおすすめです。

    フリーターでも正社員として採用されやすい人の特徴

    フリーターでも正社員として採用されやすい人の特徴

    フリーターを長く続けていると正社員として採用されにくいのでは…と不安になってしまう人もいるかもしれません。

    確かに、フリーターは社会的に評価が低いのが現状です。

    これは定職に就かずふらふらしているというイメージが広まってしまっているからではないかと考えられます。

    また、人材不足が叫ばれている中でもフリーターの採用には慎重になってしまう企業があるのも事実です。

    では、フリーターから正社員として採用されるのはどのような人なのでしょうか。

    長期的に働いてくれる

    フリーター時代のアルバイト感覚で嫌になったらやめると簡単に辞められては採用した側の企業は困ってしまいます。

    正社員として雇用するからには今後、社員として成長して会社を支えて行ってくれる人材を育てていきたいと企業側は考えています。

    そのため、採用後すぐに辞めてしまう人は正社員としては雇用されづらい傾向にあります。

    責任感がある

    アルバイトでは正社員ほどの責任を課せられることは少ないことが多いです。

    何かミスをしても上の人が責任を取ってくれる、かばってくれると甘えている人は正社員としての採用は厳しいかもしれません。

    正社員として働くということは今後、自分がその上の人の立場になるということ。

    しっかりと自分の仕事に責任を持てることが正社員として採用されるポイントになるそうです。

    目的意識がある

    フリーターをしているとやりたいこと、目的意識がないと取られがちです。

    しっかりと正社員としてどんなことをしたいか、将来のビジョンを持っている人が採用されやすくなります。
    正社員として働くからにはしっかりと自分の意志を企業に伝える必要があるということです。

    社会人としてのマナーが身についている

    正社員として採用されるために必要なことは最低限社会人としてのマナーが身についていることが条件となるでしょう。

    その中でも挨拶ができることは大前提とされることです。

    最近では面接の際に挨拶ができないという人もいるそうです。

    これでは正社員として働き始めても取引先などとのコミュニケーションがうまく取れるとは思えません。

    そして、真面目に受け答えができる、遅刻をしないという当たり前のことも正社員として求められる必要最低限のラインです。

    内定をもらえない人に共通する3つの特徴

    内定をもらえない人に共通する3つの特徴

    フリーターの就職事情で「採用される人はどこに応募しても採用される」「採用されない人はどこに応募しても採用されない」といった特徴があります。

    鳴かず飛ばずのフリーターの方が就職できない理由を3つご紹介します。

    1.基本的なマナーが出来ていない

    社会人としての最低限のビジネスマナーが試される場は面接。

    学歴ではなく人柄を重視してくれる企業も多いですが、人柄重視ならなおさらマナーは大切。

    人は見た目で9割決まるといいますが、落ち着いたカラーのスーツ、明るすぎない髪の毛の色、清潔感のある身だしなみを整え面接に臨まなければいけません。

    見た目もですが、挨拶や姿勢、受け答えといったマナーが出来ていることも必要です。

    2.自己分析できていない

    多くの就職できないフリーターは自己分析できていないということが特徴です。

    自分自身を理解していないため、大手企業や有名企業ばかりに目を向け、「自分はもっと良いところにいけるはずだ」と理想ばかりが大きくなっていませんか?

    また、「自分は〇〇業界に向いているはずだ」と自分で決めつけてしまう方も多く、本来の自分自身の強みではない企業へばかり目を向けていたということも。

    メリットは自分自身の強みをしっかりと確認できることと、視野が広がること。

    自己分析によってマッチングする企業へ入社することで、入社後のミスマッチをなくし長く働くことができるようになります。

    3.履歴書、職務経歴書が不十分

    フリーターが正社員の就職を目指すときに避けては通れないのが書類選考。

    履歴書、職務経歴書を書くのが怖いという方も多いのではないでしょうか。

    誤字脱字が目立つ、会社名や資格を正式名称でかけていない、写真が貼付されていない…というものもある中、「職歴欄にアルバイトの経歴しか書くことがない」という場合、職歴欄を空欄にしている方が多いみたいです。

    しかし、例えアルバイトの経験しかなくても書き方によってアルバイト歴を評価してもらうことは可能です。

    アルバイトといえどもプロ意識をもって仕事をし、得た知識や技術などを今後に活かす場合ができることをアピールすることで高い評価を得て採用への近道となります。

    フリーターから抜け出すための解決方法

    フリーターから抜け出すための解決方法

    資格を取る

    フリーターを抜け出すためには正社員として就職する必要があります。

    しかし、フリーターを長く続けてきた自分が正社員として働くことが出来るのか自信がないという人も多いはず。

    それなら、まずは何か興味のあることを見つけて資格を取ってみるのはどうでしょう。

    資格があると就職にも有利ですし、自分自身の自信にもつながります。

    強い意志を持つ

    正社員として働くからにはアルバイト感覚ですぐに辞めたり、責任を軽く見ていては務まりません。

    正社員として頑張ろうという強い意志が必要です。

    熱意をもって面接に臨めば企業側にも伝わります。

    自分はこんなことがしたいという思いをしっかりと企業に伝えましょう。

    自分に合った職を探す

    正社員なら何でも良い、という考えでは入社後思っていたのと違う、こんな仕事はしたくないなどと言う思いからすぐに辞めてしまう原因にもなりかねません。

    自分が少しでも興味のある業界、職種を探してみましょう。

    フリーターが就職するためには、転職エージェントを活用することをおすすめします。

    職歴なし、ニートでも就職まで全面的にサポートしてくれるエージェントもあり、業界の専門家であるコンサルタントがマンツーマンでキャリアプラン相談や自己分析のアドバイスなど就職サポートしてくれます。

    履歴書、職務経歴書といった応募書類の添削や模擬面接で採用されやすいようアドバイスを受けることができ、企業とのやり取りや面接日、入社日の代行もお任せできます。

    書類選考なしで面接まで進むことが出来るエージェントもありますので、フリーターにとっては心強いサポートといえます。

    もし、自分がやりたいことがない場合は就職エージェントに相談してあなたに合った仕事を一緒に探してもらいましょう。

    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    ブラック企業の見極め方

    ブラック企業の見極め方

    「早く正社員になりたい」といってもブラック企業に就職してしまっては元も子もありません。

    入社できたとしても心身ともに疲れてしまい退職するという結果になってしまうことも少なくありません。

    そのためには入社前に企業研究をしてブラック企業を見抜き、ホワイト企業への就職活動を目指す必要があります。

    ブラック企業を見極める4つのチェック項目

    ブラック企業を見極めるためにチェックしておいて欲しい項目を4つ紹介します。

    1.求人広告を常に出していないかチェック

    求人情報を見ていて「あれ?この企業っていつも求人募集しているな」と気付いたらブラック企業かもしれません。

    事業を拡大するために人材を多く募集しているケースもありますが、離職率が高く人材が不足し募集し続けているケースも。

    2.給与が高すぎないかチェック

    同業界に比べて給与が高い場合や給与に差がある場合は注意が必要です。

    みなし残業が含まれているケース、ノルマ達成できたときの給与を記載しているケースもあります。

    入社して「思っていたより給与が低かった」とがっかりすることのないように、給与事情はしっかりとチェックしなければいけません。

    3.口コミサイトをチェック

    元社員や第三者の実体験に基づいた企業の評判が書かれている口コミサイトをチェックするのもおすすめです。

    口コミに「ブラック企業かも」と思うような情報が書かれている場合は避けたほうがベター。

    ここで注意しなければいけないポイントは、誰でも自由に書くことができる口コミサイトではなく、ユーザー登録をちゃんと行わなければ書き込めないといった信憑性の高い口コミサイトを利用するようにしましょう。

    4.就職四季報をチェック

    就職四季報は給与や離職率などをチェックすることができます。

    離職率が3割を超えている企業、初任給が高く昇給率が低い企業は、「釣った魚には餌はやらない」パターンである可能性もあります。

    ホワイト企業の見極め方

    ホワイト企業の見極め方

    ブラック企業と呼ばれるところの求人もありますが、しっかりと社員のことを考えているホワイト企業と呼ばれるところの求人もあるので、そこをしっかりと見極めて就職しましょう。

    では、優良企業(ホワイト企業)は、どうやって見極めたら良いのでしょう。

    ホワイト企業に共通する2つのこと

    ブラック企業を見極める時と同様に、ホワイト企業に共通していることを2つ紹介するので、就職先選びのときに参考にしてください。

    1.業績が良い

    まず、ホワイト企業の特徴として業績が良いことが挙げられます。大手企業=業績が良いというわけではありません。

    有名企業なら安心と考える人もいるかもしれませんが、よく社名を聞く企業でも実は赤字経営といったところも多いのです。

    大手だからと選ぶのではなく、業界での実績、シェア率などが高いところを選ぶ方が良いでしょう。

    2.離職率が低い

    これもホワイト企業を見つけるのにはポイントとなってきます。離職率が低いということは、働きやすく辞める人が少ないということだと考えられます。

    辞める人が少ない分、求人が出ることも少ないですが、見つけた時にはチャンスです。

    しかし、このような特徴を自分で求人から見極めるのは至難の業。

    どうすれば良いのか分からないという時はフリーター専門の就職エージェントに相談してみましょう。

    フリーターの就職活動で気を付けた方がいい3つのこと

    >フリーターの就職活動で気を付けた方がいい3つのこと” width=”1100″ height=”550″ class=”alignnone size-full wp-image-3903″ /></p>
<p>フリーターの方が<font color=#ff0000><strong><span style=就職活動するときに気をつけて欲しいことを紹介します。

    1.早く就職活動をする

    年齢を重ねるにつれて求人数も少なく、フリーター期間が長くなることで就職しにくくなるというリスクが増していきます。

    「就職しようかな」と思ったらなるべく早く就職活動に取り組むことが必要です。

    期間を決めて就職活動に専念するという方法もおすすめです。

    なかなかスムーズにいかない就職活動では、「ただなんとなく」求人情報を見ているだけでは採用までたどり着くことが出来ません。

    例えば、「6カ月の間に採用を目指す」と具体的な期間を定めて全力投球しましょう。

    さらに具体的な目標として「1カ月の間に5社に履歴書を送る」といった目標設定も効果的です。

    短期集中して就職活動へのモチベーションをアップさせることが大切です。

    2.経験済みの業界も視野に入れる

    全くの未経験でチャレンジすることは難しいケースが多いため、過去にアルバイトで経験した業界、前職と同じ業界を視野に入れ就職活動することで正社員として採用されやすくなるでしょう。

    培った経験はたとえアルバイトでも貴重なものです。

    それを活かして自己アピールすることで即戦力として働くことができる人材だと採用されやすくなります。

    3.サポートしてもらう

    一人での就職活動では「本当に就職できるのだろうか」「この企業でいいのだろうか」といった様々な不安があると思います。

    「もっとスムーズに就職活動を進めたい」「自分に合った企業を見つけたい」という方は転職エージェントを活用することをおすすめします。

    就職活動には自己分析や仕事選び、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策と様々な対策を講じる必要がありますが、あらゆるサポートをしてくれるのが転職エージェント。

    就職、転職のプロにサポートしてもらうことでスムーズに就職活動を進めることができます。

    フリーターが企業に応募する際の注意点

    履歴書は応募者の顔。ここで躓いてしまってはいけません。

    正社員として働いたことがないからどのようにアピールしていいか分からない、どのように書いていいか分からないと悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

    一般的な書類選考通過率は30%といわれ狭き門、フリーターの期間が長い方はさらに厳しくなるものでしょう。

    書類選考を通過するための履歴書の書き方

    採用担当者に「ぜひ一緒に働いてみたい」と思わせ書類通過できる履歴書のポイントをご紹介します。

    履歴書の見た目

    パッと見た第一印象が書類通過のスタート地点。

    履歴書に折り目やシワ、シミがついていない綺麗な状態であるかということが前提です。

    「履歴書を大事に扱っていない人は、会社の書類も大事に扱えない人だろう」というマイナスイメージを持たれてしまいます。

    履歴書の文字は上手な字であればプラスポイントですが、字が下手だったとしても誤字脱字のない丁寧に書かれた文字かどうか、読みやすく配慮された文字列かどうかが重視されます。

    書くことがないからといって空欄を作るのは印象が良くありませんので、できるだけ項目をすべて埋めて空欄は避けましょう。

    自己PRや志望動機

    採用担当者が最も重視して見る部分の自己PRと志望動機。内容が薄くなっていませんか?

    「御社に貢献したいから」「興味があったから」といった抽象的な理由はNG。具体的に、」「自分には何ができて、自分のキャリアプランの中と企業のキャリアプランがマッチしている、自分のスキルが企業にどのように役立てることができるか」という内容を具体的に記入します。

    「なぜその企業を選んだのか」
    「どうしてその企業で働きたいのか」
    という自分自身の熱意や想いを伝えることが大切です。

    そして記載してはいけないNGポイントは給料や福利厚生、残業、休暇といった内容を志望動機に記載することです。

    「給料が良かったから」「残業がないから」といったことは絶対にNGです。

    履歴書を書き終えたら、誤字脱字がないか、他者に伝わる内容になっているか、自分の伝えたい気持ちが書かれているか一通りチェックしましょう。

    フリーターは職務経歴書を書かなくてもいいの?

    正社員経験のないフリーターの方は職務経歴書って必要なの?と思ってしまうかもしれません。

    しかし職歴がなくアルバイトの経験しかない方であっても、フリーターとしてその仕事で培った経験やスキルをアピールできる大事な書類となります。

    職歴がないというマイナスポイントをカバーする職務経歴書を書いて書類通過を勝ち取りましょう。

    もしフリーターとして働いていた仕事に関連する企業や同業者への就職を希望した場合、例えアルバイトの経験であってもその仕事の経験やスキルは企業にとっても即戦力をアピールすることができます。

    企業としては1から新入社員へ指導するよりは、基本的な知識やスキルを身に着けている社員が欲しいものです。

    業務内容、実績などを具体的に記載することが大切です。

    関連する業種ではない場合でも、その仕事で得た知識やスキルを、希望する企業へ活かすことができるという内容が記載されていればOKです。

    就職を目指すフリーターの面接対策

    見事30%の書類選考を通過すれば、次のハードルは面接。

    企業によって異なりますが書類選考通過後、1次面接・2次面接と進むのが一般的です。

    内定を貰いやすくする面接のポイントを4つご紹介します。

    1.基本的なマナーが備わっているか

    面接はとにかく緊張との戦いとなるでしょう。

    しかし面接官も「よし、落としてやるぞ」と面接を行っているわけではありません。

    応募者のいいところや企業のキャリアプランにマッチングするかということ、どのような人物なのかということをチェックしているのです。

    また、他者とのコミュニケーション能力やビジネスマナーといった基本的なマナーが備わっているかという確認も面接でされています。

    2.簡潔に自分の想いを伝えることが大切

    面接でされる質問がだいたい決まっているものですが、どんな質問も相手に伝わりやすく簡潔に伝えることが大切です。

    「私が得意なのは〇〇です。その理由は…で、…のようなエピソードがあります。」
    というように、先に結論を話し後からエピソードや理由を話していくという話し方は、相手にストレートに伝わり、その後にエピソードや理由を話すので面接官もついつい話に引き込まれてしまうといった効果があります。

    話している間は面接官の様子や相槌などを見ながら、話すスピードや長さにも配慮しまとめましょう。

    特に志望動機についての質問は重要です。

    「なぜフリーターから正社員へ就職したいと思ったか」という理由を説明しなければいけません。

    面接官は「なぜ就職せずにフリーターだったのか」ということも併せて質問してくるでしょう。

    その際、「何となく」や「仕方なく」といった内容はNGです。

    仕事への熱意が感じられず、入社してもすぐに辞めてしまう可能性がある人物だと認識されてしまいますので、フリーターをしていたことについては目的や理由があってしていたという答えを用意し、フリーターでしていた仕事で培ったスキルを希望する企業で活かし、正社員としてのキャリアプランや熱意を伝えることが大切です。
    志望動機を伝える際には、必ず企業研究しましょう。

    事業内容はもちろん、企業のキャリアプランを把握し、情報収集して志望動機に反映させていきましょう。

    新卒などにはないフリーターの強みは、アルバイトといっても社会人経験があるという点と業務のスキルや経験があるという点。

    同じ業種や職種だった場合には、イチから指導する必要がなく即戦力として働いてもらえるということです。

    いかにこの部分をアピールできるかがポイントになるでしょう。

    3.面接の服装

    アルバイトの面接ではカジュアルな服でOK髪型自由といったところもありますが、正社員としての面接は基準が厳しく服装や髪形に気を付けなければいけません。

    社会人の第一歩として面接にふさわしい服装で挑みましょう。

    男性
    スーツ:黒・紺・グレーなど
    ネクタイ:シンプルでスーツに合った派手過ぎないもの
    靴下:意外と見落としがちなのが靴下。若者が着用するくるぶし丈の短いものではなく、ビジネス用の長さのものを選びます。(色は紺や黒なら無難)
    靴:黒の革靴。磨いた綺麗な靴を着用しましょう。

    女性
    スーツ:黒・紺・グレー・ベージュなど。パンツ、スカートどちらでもOK
    スカートの場合は膝丈のものを選びます。
    ストッキング:無地のベージュ(肌の色に近いもの)、タイツはNG
    メイク:ナチュラルメイクが基本。派手なマニキュアや長い爪も清潔感が感じられないため避けましょう。

    4.髪型

    男性・女性ともに身だしなみのポイントとして気を付けなければいけません。

    清潔感のある髪型を心がけ、派手な髪の色は好まれませんので避けましょう。

    個性的過ぎる髪型は印象が良くありませんので、男性は短髪、女性は長い髪を束ね清潔感をアピールしましょう。

    就職先が決まった!退職のタイミングは?

    転職、就職と並行して進めなければいけない現在働いている職場への退職の申請です。

    「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、社会人としてスムーズな円満退職をしなければいけません。

    現在働いている職場を退職する際には、退職交渉や後任への引継ぎをする必要がありますので、新しい職場への内定をもらった後から退職の申請をするのでは遅すぎます。

    内定を貰ったので突然退職しますと申請されても人員不足が生じたり、十分な引き継ぎができなかったりと困ってしまう事態になりかねません。

    転職を本格的に検討し始めたら新しい職場への入社日をおおよそ決め、退職時期を見通しておくことが必要です。

    現在働いている職場の退職についての規定をチェックし、何ヵ月前から退職の申請をしなければいけないのか、それに伴う期間や引き継ぎ、手続きが必要なのかを把握しておきましょう。

    退職の申請を行ってから就職活動をするという方法もありますが、一般的に転職や就職は2~3カ月の期間が必要といわれています。

    就職を急がない場合やその間の生活が難しくなければ構いませんが、3カ月以上かかるケースもありますので十分な生活の貯えがない場合は就職活動と退職の準備を並行して行うことをおすすめします。

    フリーターに人気の職種・業種

    フリーターから正社員に就職するときに人気の職種と業種を紹介します。

    営業職

    フリーターが正社員の就職を目指す登竜門として営業職がおすすめになります。

    商品やサービスを顧客に売り込むという対人関係スキルが重視される職種です。

    商品やサービスについての専門的な知識を習得するための勉強は入社後でもOK。

    商品やサービスの知識や魅力を熟知し、お客様へ伝える仕事は、専門的な知識や技術が必要と思われがちですが、最も必要なのがコミュニケーションスキルでしょう。

    こんな人におすすめ

    • 元気で明るくスムーズなコミュニケーションを取れる方
    • 適切な言葉を選び伝える力のある方
    • 約束や時間を守れる方
    • 相手の身になって考えられる方
    • 接客業を経験していた方

    専門的な知識や技術よりもパーソナリティが採用に重視されるため、フリーターや未経験者への求人募集も多く設定されています。

    営業職は常にコミュニケーションをとる仕事なので、飲食店、アパレルなどの接客業をしていた方にぴったりです。

    もちろん、経験がなくても人と接することが好きという方にもおすすめです。

    事務職

    事務職の中でも一般事務職は、特に女性フリーターの方に人気の高い職種です。

    金融事務、医療事務、英文事務といった専門的な事務職ではありませんので専門性に特化したスキルは必要ありません。

    基本的なビジネススキルを必要とし、電話や受付対応、書類作成など仕事を円滑に進めるためのサポートとして仕事をします。

    会社の縁の下の力持ちとなりますが、会社のイメージを左右する仕事ということも覚えておきましょう。

    こんな人におすすめ

    • 責任をもって仕事を処理することができる方
    • パソコンの基本スキルをマスターしている方、得意な方
    • 基本的なビジネススキルを身に着けている方

    事務職にとって必要なスキルは仕事の処理スキルとビジネススキル。

    そのため、学歴や実務経験を重視せずにパーソナリティを重視して採用を判断する企業が多く存在します。

    履歴書や職務経歴書の文字の丁寧さ、面接での身だしなみなどチェックされているので注意しましょう。

    事務職として採用されやすい過去のアルバイトは、入社を希望する企業と同じ職種であるケースが多いです。

    仕事内容が重複する部分もあり、未経験者を採用するよりは即戦力になるという魅力があるからです。

    また、フリーターの方であっても前職の勤続年数が長い場合、コツコツと取り組む姿勢やスキルを高く評価されやすいでしょう。

    女性の正社員としての就職先として多いのが事務職です。

    安定して働くことができる、休みが比較的取りやすいなどの理由から結婚、出産後も働きやすいのが女性に人気の理由と考えられます。

    正社員の事務職を目指したい!という場合にはMOS、秘書技能検定などスキルの証明となる資格を取得しておきましょう。

    IT職

    インターネットやスマホの普及でIT業界は多くの人材を募集していますので、フリーターでも引く手あまたの業界です。

    フリーターの中には日ごろからパソコンを使っている時間が長い方や得意な方はいらっしゃいますが、そんなスキルを眠らせておくのはもったいないです。

    エンジニアやプログラマーのニーズが拡大している今、採用が活発になっているIT職を目指しましょう。

    こんな人におすすめ

    • パソコンの知識やスキルがある方
    • デスクワークが得意な方
    • 新しいことにチャレンジできる向上心を持っている方
    • 情報処理能力を持っている方

    IT業界ときくと敷居が高いイメージがありますが、技術力があれば正社員での採用はスムーズでしょう。

    ただの趣味と思っていたパソコンのスキルが企業で役立つかもしれません。

    最近では人材不足の影響から未経験可の求人も目立つようになりました。必要な知識は入社後に研修などを通して身に着けていくことができます。

    パソコン関連の資格を持っておくと就職には有利かもしれません。

    パソコンと常に向き合って仕事をするのではなく、同僚とコミュニケーションをとり人間関係を構築させながら協働しなければいけませんので、接客業やオペレーターのアルバイトをされていたコミュニケーションスキルが高い方にもおすすめです。

    アパレル業

    アパレル業も求人が多い業界の一つです。アルバイトの求人も多いですが、中には正社員としての募集を行っている企業もあります。

    アパレルのアルバイト経験があれば、正社員採用には有利になりそうです。

    飲食業

    居酒屋やファミリーレストランなど飲食業界も求人が多くあります。

    飲食業のホールスタッフから正社員になり、店長やエリアマネージャーになるなどキャリアアップしていく人もいるようです。

    フリーターの就職活動で転職エージェントを活用すべき4つの理由

    フリーターの就職活動で転職エージェントを活用すべき4つの理由

    就職を検討しているフリーターは、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    なお、フリーターは転職エージェントを使えないと勘違いしている人もいますが、全くそんなことはありません。

    学生でない限り、転職エージェントを利用することができます

    4つの理由

    1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、転職エージェントは業界、職種別に担当が分かれています。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、フリーター歓迎、未経験OKの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    フリーターにもオススメの転職エージェント

    フリーターにもオススメの転職エージェント
    フリーターに特化してはいないものの、全国規模で就職サポートをしている大手の転職エージェントサービスになります。

    後ほど、フリーターや既卒、第二新卒にオススメの転職エージェントもご紹介しますのでご安心ください。

    下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 未経験OK求人を所有しているか
  • フリーターへの就職支援が丁寧か
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    フリーターが転職エージェントに登録できない2つのケース

    フリーターの方でも、上記で紹介している転職エージェントであれば登録できますが、稀に登録できないパターンもあるので注意しておきましょう。

    フリーターの人が転職エージェントに登録できないケースは、主に以下の2つです。

  • 正社員の経験がある人に絞られる場合
  • サービス利用可能対象外である場合(地域・年齢・職種など)
  • 転職エージェントにはそれぞれに特化した業界や特徴があります。

    まずはフリーターでも登録できる転職サイトであることが大前提だが、以下で登録できないケースを具体的に解説していきます。

    1.正社員の経験がある人に絞られる場合

    転職エージェントに登録する場合、まずは経歴を確認・審査されるが、実務・実績を重視し、正社員経験者でないと登録できないエージェントも存在します。

    この場合、フリーターだと登録自体をお断りされる可能性が高いです。

    転職エージェントのなかでも、

  • ハイキャリア向け
  • 専門職向け
  • 管理職向け
  • など、ハイスペック者に特化したサービスを得意としている場合、実務未経験者やフリーター・正社員未経験者はふるいに落とされる可能性が高くなってしまいます。

    この場合、どれだけその転職エージェントで仕事を紹介してもらいたいと思っても難しくなってしまいます。

    別の新たな転職エージェントを探すようにしましょう。

    転職エージェント探しに時間をかけていると転職そのもののチャンスを逃してしまうため、執着せずに次を探した方がいいです。

    フリーターに特化している転職エージェントの一例は、以下の通りです。

    2.サービス利用可能対象外である場合(地域・年齢・職種など)

    フリーターでも登録できる転職エージェントがあった場合でも、登録できない・断られるパターンもあるので気をつけておきましょう。

    この場合は、その転職エージェントのサービスを受ける対象外であることが考えられます。

    例えば、以下のようなポイントが一例です。

  • 求人エリア地域
  • 登録可能な年齢
  • 過去に経験した職種が特殊・希望する職種が特殊
  • 転職エージェントは必ずしも全国展開しているとは限りません。

    フリーターが登録可能であっても、地元密着型で居住地域・求職地域と大きく外れていれば登録も難しくなってしまいます。

    若年者向けのサービスや、中堅や40~50代向けのサービスの場合、年齢で対象外となる可能性もあります。

    過去の経験が自衛官・芸能人・作家・自営業など特殊な場合も同様です。

    必ずとはいえないものの、「紹介できる案件がありません」とお断りされてしまう可能性も想定されます。

    フリーターが転職エージェントに登録して正社員採用されたいなら、まずは正社員経験がなくてもいい転職エージェントを探し、その中から自分がサービス対象者にあたる転職エージェントを選ぶことが重要です。

    フリーター就職のまとめ

    就職を検討しているフリーターの方に向けて、就職事情や注意すべきことをお伝えしました。

    年齢を重ねれば重ねるほど就職の難易度は上がってしまいますが、企業側の採用ニーズも変化しているため就職できる可能性は高くなっています。

    そのため、

  • どうして就職したいのか
  • 自分の活かせるスキルや経験は何があるか
  • 転職エージェントを使って多角的に情報収集をすること
  • を意識して、転職活動しましょう。

    「いつかは就職しないといけないこと分かっている。でも、なかなかその気になれない」

    という方は、とりあえず転職エージェントに相談だけでもしてみることをおすすめします。

    キャリアアドバイザーが親身になって就活のことだけでなく、人生についても親身に相談に乗ってくれるはずです。

    高卒で転職できるなんて思ったら大間違いです!失敗しない転職活動

    高卒は転職で不利になります。

    転職サイトで求人を見ていると、応募資格で大卒以上と書かれている求人も多いのです。

    そのため、そもそも選択肢が狭まってしまっているのが現状です。

    また、高卒以上可となっていても、その求人には大卒者も申し込めるわけですから、不利なように感じます。

    現状としては、厳しいことを言うようですが、高卒者は大卒者に比べて厳しいのが現状です。

    企業はできるだけ優秀な人材をとりたいのですが、採用活動で行われる書類選考や面接だけでは全てを見極めることは困難です。

    そのため、一つの指標として学歴を判断基準にしています。

    高卒で転職できるなんて思ったら大間違いです

    高卒は大卒に比べ転職が有利か不利かといえば不利になります。

    求人の募集欄を見ると、大卒以上と書かれている事が多いと思います。

    しかし、だからといって高卒は転職できないかと言われれば、答えはNOです。

    高卒でも転職する事は十分に可能です。

    転職する際、企業が求職者に求めているのは、学歴ではなく、スキルや経験です。

    仮に、スキルも経験もない大卒の方が転職しようと思い、色々な企業で面接したとしても、多分落とされます。

    大卒だから受けられる企業が多いだけで、採用されることはありません。

    企業が中途採用の求人を出すときに大卒と書くのは、応募者を絞るためです。

    応募者が多くなっても全てに対応できないので、大卒と書いて、予め応募者を振るいにかけるのです。

    本音を言うと、別に大卒でも高卒でも、スキルと経験がある優秀な方ならどちらでも構いません。

    重要なのは、経験とスキルがあるかないかです。

    ですから、高卒だから転職できないと卑下しないで下さい。

    転職できないのは、学歴ではなく、あなたにスキルと経験がないからです。

    それは大卒でも同じです。

    高卒で転職するときに覚えておくべき3つのこと

    続いて、高卒で転職するときに覚えておくべきことを3つお伝えします。

    1.安易にフリーター、派遣社員にはならない

    まず、安易にフリーターや派遣社員になるということを選ぶのはやめましょう。

    確かに、仕事は決まりやすいし、仕事自体も正社員に比べると楽です。

    しかし、そのまま年齢が高くなってくると、正社員との年収格差は広がっていきますし、徐々に仕事が見つかりにくくなってしまいます。

    どうしても辞める必要がない限りは、できるだけ今の会社を続けながら転職活動を行い、転職先が見つかってから辞めるように心がけましょう。

    2.必要とされるスキルを持つ

    転職で最も重視されるのは、学歴ではなくどういったスキルを持っているかという点です。

    もし、大卒の人よりも高いスキルを持っているならば十分に転職できる可能性はあります。

    それを証明する手段として資格があります。

    資格は取得しただけだとスキルとして認められることはあまりないですが、資格に経験が加わると非常に強い武器になります。

    3.若さ、経験年数は武器になる

    高卒者が大卒者に勝っている武器としてあるのが、年齢に対する経験年数です。

    高卒は大卒に比べて4年早く働きだしているわけですから、年齢に対する経験年数は優れています。

    ただ、長く働いていたというだけでは意味がありませんが、経験年数が長いことで、身についているスキル、実績をアピールしやすくなります。

    高卒での転職を有利に進めるための資格とは

    次は、高卒で転職を有利になる資格を紹介します。

    英語能力が、転職活動で求められている

    今、転職活動をする際に最も有利になりやすいのが、英語能力です。

    「高卒転職者も英語(TOEIC)の勉強をはじめてみよう」でも解説したのですが、職種問わず英語能力があれば採用される可能性が高くなります。

    営業職など英語能力が必要とされるのがわかりやすい仕事だけではなく、事務職などでもメールのやりとりで英語が必要になったり、技術職においても海外の技術情報を原文で理解する必要性が出てきているからです。

    これから東京オリンピックなどもあり、国際ビジネスが加速していく中でますます英語能力が必要されるようになっていくはずです。

    英語に関する何らかの資格を保有しているのでしたら、有利に転職をすすめられることでしょう。

    しかし、英語能力を身につけるには時間がかかるので、転職活動期間に勉強をはじめるのは、おすすめできません。

    英語の資格取得をこれから目指すのであれば、転職後に勉強をはじめるとよいでしょう。

    求人情報で条件にされている資格一覧

    求人情報の募集要項で、上げられている資格であれば、採用選考で評価されます。

    ここでは、どういった資格が募集要項で上げられているのか、主なものを一覧にして紹介していきます。

    普通自動車免許
    簿記3・2級
    宅地建物取引主任者
    一級・二級建築士
    一級・二級建築施工管理技士
    高度情報技術者資格
    統計学の知識
    セキュリティに関する知識
    CCNA、CCNP、LPIC、MCP
    Oracle Master Gold
    介護職員初任者
    介護福祉士
    調理師
    栄養士
    保育士
    中国語検定資格

    建築関連の仕事には、資格が重要になってくることが多いので、重視されているケースが多いです。

    しかし、ほとんどの職種で経験が重視されており、求人情報の募集要項にさえ資格条件を上げている企業は非常に少ないのが現状です。

    転職を成功させるためにすぐにやるべきたった1つのこと

    たった1つのこと、それは、転職活動を始めてみることです。

    高卒に人の中には、転職活動を始める前からどうせ無理だから今の仕事で我慢しようだとか、最初から派遣社員にしようだとか、正社員への転職を諦めてしまっている人がいます。

    しかし、実際に高卒であったって転職することができた人はたくさんいますから、やる前から諦めてはダメです。

    まずは、転職活動を始めてみましょう。

    厳しいことは確かですが、自分の将来につながる仕事が見つかるかもしれません。

    現在の転職状況は過去に類を見ないほどのの売り手市場になっており、転職を希望する人にとって大きなチャンスがある環境になっています。

    このチャンスを逃すことなく、できるだけ早く転職活動を行ってください。

    高卒の人が転職するときに転職エージェントを活用すべき4つの理由

    高卒の人が転職するときに転職エージェントを活用すべき4つの理由
    高卒の人が転職するときには、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 各企業の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 各企業の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、好条件の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    高卒の人が転職するときの転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    高卒の人の転職でおすすめ転職エージェント

    高卒の人の転職でおすすめ転職エージェント
    高卒で転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 高卒を歓迎する求人を所有する可能性が高いか
  • 各企業の労働環境について詳しく教えてくれるか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    転職するときに心得ておくべき1つのこと

    最後に、転職するときに1つだけ心得ていて欲しいことがあります。

    とにかく数をこなす

    高卒とか大卒とか関係なしに、転職は数をこなす事です。

    高卒でも受けられる企業は沢山あります。

    面接は落ちて当たり前で話したように採用、不採用の前に書類審査を通過できるのは1割くらいの方です。

    そこから採用となるとかなり確率が下がります。

    10社、20社落ちたらといって、凹むような方は、転職すべきではありません。

    個人的な意見をいうと、50社以上応募して、やっと転職活動しているという印象です。

    100社くらい応募するのは当たり前くらが丁度良いでしょう。

    当サイトは、転職エージェントに関する情報を中心に発信していますが、これも同じような事が言えて、1つの転職エージェントで転職できなくても別の転職エージェントに登録すれば良いだけです。

    登録するのは無料ですし、転職エージェントは沢山ありますので、転職できるまでどんどん登録すればよいと思います。

    リクルートエージェントやマイナビエージェントなど色々あります。

    リクルートエージェントは求人数が圧倒的に多く転職実績NO1ですので、あなたの事を欲しいという企業が見つかる可能性は高いですし、マイナビエージェントは20代や転職未経験者への転職サポートを得意としています。

    高卒で転職できない方は、学歴のせいで転職できないと言い訳をしてはいけません。

    しかし、よくよく話を聞くと、応募した企業はわずか10社程度で、全然数が足りていません。

    それで転職できるなら、誰でも苦労しませんし、学歴とは関係ないことです。

    確かに高卒という理由で応募できない企業もあるかも知れませんが、それは仕方のないことで、それを卑下しても何もはじまりません。

    多分、高卒を理由に転職できないと思っている方は、仮に今から大卒の資格を取ったとしても転職できないと思います。

    自分の現状はしっかりと受け入れ、その中でどうすれば転職できるのかしっかりと考えて下さい。

    何かのせいにしても現状は変わりません。

    少し厳しい言い方をしましたが、肝心なのは学歴ではなく、スキルと経験です。

    その事は忘れないで下さい。