Uターン転職者が増えてるって本当?魅力や理由、転職の注意点も解説

生まれ育った地元を離れて都会で仕事をしていた人が、転職して地元に戻ることを指すUターン転職

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、地元に戻ることや地方移住に興味を持ったなどの理由でUターンを考え始めている人は増加傾向にあります。

しかし、Uターン転職をするにあたって、注意しておきたいポイントもあります。

このページでは、Uターン転職に関する基本的な情報注意すべきポイントを解説します。

ワンポイント転職活動アドバイス

転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    Uターン転職がおすすめな人

    Uターン転職がおすすめな人

    まずは、Uターン転職がどんな人におすすめか解説します。

    年収がダウンしても生活のゆとりを優先したい人

    株式会社マイナビが調査した結果によると、Uターン転職を経験した人のうち、年収が以前よりも下がったという人は、増加した人を上回る結果となっています。

    一方、Uターン転職に満足感を感じている人は、不満を感じている人よりも上回る結果となっています。

    何に対して満足を感じるかは人それぞれですが、Uターン転職に成功している人の傾向として、年収が下がってもその他の部分で高い満足を得ていることが挙げられます。

    そのためUターン転職は、年収ダウンは覚悟の上で、他に満足したいことがある人、または年収にはこだわらないという人におすすめです。

    地元にも働きたい仕事がある人

    東京近辺に比べて企業数が少ないため、Uターン転職は職種や業種の選択肢がどうしても限られてしまいます。

    そのためUターン転職は、地元に帰っても働きたい仕事につける人、もしくは業界や職種を問わず、求人を探している人にもおすすめ。

    実際に地元から東京近辺に就職を決めた人からよく聞かれるのが、「やりたい仕事が地元にない」という声です。

    地元に戻りたいという気持ちがあっても、やりたい仕事がないので東京近辺で仕事をしている人は数多くいます。

    同じようにUターン転職でも、やりたい仕事が見つからないという困難に直面することは多いでしょう。

    こうした点に目をつぶっても、別の満足感を優先したい場合は、Uターン転職がおすすめだといえます。

    車通勤が苦ではない人

    新・都道府県別統計とランキングで見る県民性の調査によると、自家用車の通勤率は地方に行くほど高くなっています。

    車通勤が苦手でなければ、むしろ電車の通勤ラッシュに巻き込まれないというメリットがありますが、運転自体が苦手という場合は、Uターン転職では大きなネックになる可能性があります。

    この記事では、Uターン転職のメリットやデメリット、Uターン転職を成功させる方法をお伝えしていきます。
    上記に当てはまった方は読み進めてください。

    Uターン転職の基礎知識

    Uターン転職の基礎知識

    続いて、Uターン転職の基礎知識です。

    そもそもUターン転職ってなに?

    Uターン転職とは、生まれ育った地元を離れて都会で仕事をしていた人が、地元に戻って転職すること。

    地元に戻る理由は、自分の生活を変えたい、家業を継ぎたい、など人によってさまざま。地元にいる家族の介護が理由になる場合も多くなってきています。

    どの場合にも言えるのは、仕事だけではなく生活も変わるため、人生の大きな転機になるということ。

    良くも悪くも、その後の自分の人生を考える機会になるでしょう。

    Iターン・Jターンもある

    Iターン転職、Jターン転職も、Uターンと同じように「地方に移って働く」ことです。

    厳密に細かく見ると、以下のような違いがあります。

    Iターン転職

    もともと都会で生まれ育ち、仕事をしていた人が、地方に移って働くこと。

    Jターン転職

    地方出身者が都会で就職して働いた後、生まれ育った地元とは異なる地方で働くこと。

    Uターン転職の魅力

    Uターン転職の魅力

    Uターン転職の魅力について解説していきます。

    • 自然に囲まれ、ゆとりある暮らしができる
    • 都会よりも生活費が抑えられる
    • 通勤ラッシュがない
    • 家族の近くにいられる
    • 慣れ親しんだ土地で生活できる
    • 地元に貢献する働き方も選べる
    • 地方自治体のUターン支援施策

    上記のような「田舎暮らし」ならではの魅力に加え、地方自治体が行っているUターン者の支援施策もメリットのひとつ。

    住宅の確保や子育て支援、引越し費用の負担など、自治体ごとにさまざまな支援施策があります。

    また、全国的なITインフラの基盤が整い「都会でなくても仕事ができる」という環境ができてきたこともあり、業種によっては地方に拠点を置く企業が増えています。

    例えばIT、Web関連企業はその最たる例。

    もちろん都会よりも企業数・求人数が少ないという前提はありますが、職種によってはゆたかな生活環境の中で最先端の仕事ができる場合もあるかもしれません。

    Uターン転職者ってどれくらいいるの?

    Uターン転職者ってどれくらいいるの?

    どれくらいの人が、Uターン転職を希望しているのか気になる人もいるのではないでしょうか。

    昨今では、コロナウィルス拡大の影響を受け、リモートワークや在宅勤務をしている人も増えていることから、地元に帰って勤務している人も増えています。

    そこで、就職・転職情報サイトを運営する学情が行なっている調査を参照し、Uターン転職希望者がどれくらいいるのか解説します。

    Uターン転職希望者数

    参照:学情_UIターン( UターンとIターンの総称)に関する調査

    上記グラフでもわかる通り、全体の65.8%の人がUIターンや地方での転職を希望しているとのことです。

    この数値は、2020年5月に比べて29.7ポイント増加するなど、希望する人の数は増えているのです。

    Uターン転職を希望する理由

    Uターン転職理由ランキング

    続いて、Uターン転職を希望する理由を見てみましょう。

    Uターン転職をした理由

    マイナビやパソナキャリア、学情などが調査しているものを参照し、Uターン転職をした人の理由は以下のようなものが多いようです。

    • 地元の方が生活環境が充実するから
    • 勤めていた会社に不満があったから
    • 地元の方が経済的に楽だから
    • 地元が好きで地元に貢献したかったから
    • 自己都合ではなく家庭の事情
    • 地元に友人や協力してくれる支援者がいるから
    • 地元に希望する仕事や企業があった

    このアンケートの対象者である20~30代では、都会とは違うゆとりある生活を求めてUターン転職を決意した人が多いようです。

    また、コロナウィルス拡大により、以下のような理由で転職を検討している人も増えているとのこと。

    • 都市部で働くことにリスクを感じたから
    • テレワークで場所を選ばずに仕事ができることが分かったから
    • 実家の方が在宅勤務できる環境が整っているから

    テレワークの推奨・定着もしてきていることから、将来を見据えて、Uターン転職を希望する人も増加傾向です。

    年齢別のUターン転職事情

    年齢別のUターン転職事情

    全年代では上記のような理由でUターン転職を希望している人が多いですが、各年代によって多少の違いがあるようです。

    そこで、各年代のUターン事情を解説していきます。

    20代のUターン転職事情

    20代では、「就職は首都圏でするけど、もともと地元には帰るつもりだった」という理由や「首都圏での生活が自分に合わないと思った」などの理由が、Uターン転職を希望する理由として多くなっています。

    就職を機に地元を離れるという経験をするものの、生活が合わず、慣れ親しんだ地元に帰って仕事をしている人も多いということですね。

    20代のUターン転職の場合では、未経験からでもチャレンジできることやスキルを積んでいながらも柔軟に転職先に適用できることから、若手を求めている企業も多いです。

    そのため、転職活動も比較的スムーズに進めることができるので、Uターン転職もしやすいです。

    さらに転職活動を有利に進めるとしたら、これ!と言えるスキルや自分の強みを首都圏で働く上で身につけられると、なおのこと良いでしょう。

    30代のUターン転職事情

    30代では、「生活環境を見直したい」という理由や「ライフステージでの変化」という理由でUターンを希望する人が多いようです。

    上記のような理由が多くはなりますが、30代の場合には他にも様々なケースがあると思います。

    30代の場合は、ビジネスマンとしての基礎能力も高く働き盛りです。

    ベンチャー企業や中小企業では、多くのマネジメント経験を積んでいる方もいるでしょう。

    そのため、Uターン転職の場合でも、ご自身のスキルや強みを活かして転職先を見つけることもできる可能性が高いです。

    特にマネジメントの経験を積んでいる場合には、転職活動でも大きなポイントとなるので、すでにマネジメントをしている人は企業との面談ではしっかりとアピールしましょう。

    まだ、マネジメントの経験を積んでいない人は、今いる会社でリーダーとなり、大小問わずにプロジェクトを経験してから、Uターンを検討してみてもいいと思います。

    40代のUターン転職事情

    40代では、「親の介護をするため」という理由や「実家の家業を継ぐ」などの理由が多くなっています。

    ビジネスマンとしても成熟しているため、今後の働き方を踏まえてUターン転職を検討する人が増えているようです。

    40代の転職では、30代のときよりもマネジメント能力や経験を問われるケースが多くなります

    また、Uターン転職でも経験したことのある業種や職種での転職が前提となるため、未経験の仕事への転職は難しいでしょう。

    マネジメント経験を活かして異業種や異職種に転職するか、経験職種でプレイヤーとして転職するかの2択になる可能性が高いです。

    ご家庭を持っている方も多いと思うので、Uターン転職をするときはご家族の承認を得ることも重要になります。

    Uターン転職でよくある失敗と注意すべきポイント

    Uターン転職でよくある失敗と注意すべきポイント

    Uターン転職を成功させ、満足のいく仕事・生活ができている方はたくさんいますが、その逆の事例ももちろんたくさんあります。

    あとで後悔しないために、よくある失敗例と考えておくべき注意点を確認しておきましょう。

    仕事に関する失敗3パターン

    下調べをきちんとしないままに地元に戻ってしまったら、希望する求人が全くなかった。。。

    1.都会よりも求人は少ない。先に仕事を探すのが基本

    人口の少ない地方では、都会に比べて企業の数が少なく、当然ながら求人数も少ないです。

    Uターン転職の場合、実家など生活の拠点は確保できる場合が多いため、「とりあえず帰る」という選択をしても大丈夫と思うかもしれませんが、「帰ったはいいものの希望の仕事が見つからない」という危険は大いにあります。

    まずきちんと情報収集し、地元の状況を把握した上で、転職の目処が立ってから動くのが得策です。

    2.キャリアの評価基準が都会と違うことを把握する

    地方の企業では、高学歴や仕事での実績、高キャリアがむしろマイナスに働くことがあります。

    とくに中小企業やベンチャー企業では、高学歴でキャリアもあるいわゆるエリートは「部下として扱いにくいのでは」「オーバースペックなのでは」と判断され、敬遠されることも。

    もちろん、これまで積んできた実績を卑下したり、隠したりする必要はありません。

    ただ、上記のように都会の企業とは考え方が違うということを念頭に置いて、伝え方を工夫しましょう。

    伝えかた例

  • 実績をすべてアピールするのではなく、その企業で活かせるポイントをピックアップする
  • 地元に貢献したい思いを伝えてUターンへの本気度をアピールする
  • 3.事前に企業の情報収集をし、できるだけ直接確かめる

    まず大前提として、Uターン転職であっても、転職の第一歩は、どんな仕事がしたいのか・どんな働き方がしたいのかをよく考えることです。

    Uターン転職の場合、生活の変化に注意が行きがちですが、だからといって仕事を適当に決めてしまうのは失敗のもと。

    また、企業の風土や文化も都会とは違う場合があるので、その点も踏まえてできる限り情報収集をしましょう。

    知人のツテや縁故での転職が決まっていたとしても、入社を決める前に会社を訪問し、直接自分の目で見ておくべきです。

    生活に関する失敗パターン

    年収が下がっても生活費が低いから問題ないと思っていたが、意外と生活が苦しくなった。。。

    1.その地域の生活スタイル・生活費の目安を確認しておく

    年収が下がることは把握していても、地方なら生活費が安いから大丈夫・・・と安心するのは危険です。

    地方では家賃などの住居費は安いものの、実は、それ以外の生活費は都心とあまり変わりません。

    また、都心部では公共交通機関が発達しており交通費が安く抑えられますが、地方に行けばいくほど交通網は未発達で、移動には自家用車が必要だったり、公共交通機関を使うと逆に交通費が高くなったりすることも。

    昔の記憶や「なんとなく地方は生活費が安そう」というイメージだけを信じるのではなく、今の環境や生活コストをきちんと確認しておきましょう。

    また、地方自治体では、転入を促進するための制度として、転入支援金、住宅補助、教育費支援など、さまざまな施策を実施しています。

    自分の地域で活用できる制度を調べてみましょう。

    各都道府県の平均年収
    厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」(平成26年)によると、各都道府県の平均年収では東京都が612万6000円でダントツの1位。

    以下4位までは神奈川県、愛知県、大阪府と大都市が占めており、それ以下の道府県になると平均年収は500万円以下です。

    家族を連れてUターンしたが、暮らしてみると「思っていたのと違った」と不満が出ることも少なくありません。

    2.収支・生活スタイル・教育環境なども具体的に共有する

    家族やパートナーがいる場合、生活の変化を共有し、納得を得るのは大前提ですが、「田舎住まいってなんとなくよさそう」というイメージだけで移住を決めるのは失敗のもと。

    家族がその地域のことを知らない場合は、とくに配慮が必要です。

    前述のように生活スタイル、コストなどが具体的にどうなるかを確認し、シミュレーションすることが重要です。

    また、子どもがいる場合は、教育環境や教育機関についても気を配りましょう。

    他にも、それぞれの地域ごとに特有の文化や状況があります。

    昔はなじみのあった土地でも、しばらく離れていれば状況は変わるし、情報はつかめないものです。

    知っている土地だからこそ安心しがちですが、あとから後悔しないためには事前の情報収集と準備が何よりも重要です。

    なお、自治体によっては、移住前に暮らしを体験できる「体験移住」の制度を設けているところもありますので、不安がある場合は活用してもよいでしょう。

    体験移住制度の例
    長崎県五島市(家賃無料で最大3ヶ月滞在)
    富山県南砺市(体験住宅に一泊1000円で最大1ヶ月滞在)
    ※現在は制度が廃止されている場合もあります。
    詳細は各自治体にお問い合わせください。

    Uターンでの転職活動の2つのポイント

    Uターンでの転職活動のポイントと方法を解説します。

    転職活動の2つのポイント

    転職活動の2つのポイント

    地方の求人数は都会よりも少ないため、希望通りの仕事が見つかるかどうかは活動の仕方やタイミングが大きく影響します。

    また、地方ごとに強い産業があるため、それ以外の業種を希望する場合は極端に求人数が少なくなることも多くあります。

    そのため、ポイントは2つです。

    求人が出るタイミングを逃さないこと

    地方の企業は中小企業が大半です。

    募集する人数が少ないので、求人が出てもすぐに枠がうまってしまったり、ツテやコネで決まってしまうことも。

    希望に合う条件があったらすぐに動きましょう。

    様々な手段を組み合わせて可能性を広げること

    求人数が少ないので、チャンスを逃さないようにしておくことが必要です。

    現地に足を運んで転職活動をするのは時間も費用もかかります。

    効率よく進めるためにも、都会にいても活動できる手段をうまく使って情報を集めましょう。

    また、どの場合も、決める前には必ず直接企業に行って自分の目で確かめることは必須です。

    ある程度情報収集ができたら、自ら足を運び、判断しましょう。

    そのためには交通費などの資金も必要になりますので、Uターン転職の活動をすることを決めたら、なるべく早く準備を始められるとよいでしょう。

    Uターン転職活動の流れ

    Uターン転職活動の流れ

    最後に、Uターン転職活動の流れを確認しておきましょう。

    1.求人情報の収集

    地元の求人情報を集めるためには、さまざまな方法があります。

    自治体ごとのサポート情報やハローワークのほかにも、求人サイトやエージェントに登録したり、知り合いの人脈をあたったり、自分に合った方法で探しましょう。

    その場合、どれかひとつに絞るのではなく、いろいろな手段を組み合わせて行うのがベター。

    地方は求人の絶対数が少ないので、チャンスはできるだけ広げておくべきです。

    次の項目で、それぞれの方法について詳しく説明しますのでそちらもご参考ください。

    2.選考~内定

    地方の企業の選考も、都会と同じく平日に行われることが多いです。

    そのため、面接を受ける場合は有給をとるなどの調整が必要になります。

    また、二次選考、三次選考と複数回の面接がある場合も。

    交通費などの費用は基本的には自己負担になるため、事前にそのための活動資金を確保しておきましょう。

    ただ、「ぜひ来て欲しい」と思う人材に対しては、企業が費用を負担してくれる場合もあります。

    自分から言い出しにくい場合は、エージェントに相談するのもひとつの手です。

    3.現職の引継ぎ、退職

    転職先が決まったら、現職を退職する手続きを。

    退職に際しては、就業規定によりますが少なくとも2週間前には申し出ることが必要です。

    また、状況によっては退職交渉にかなり長い期間がかかる場合もあります。

    選考が進み、ある程度Uターン転職の目処がつくまでには、退職のための準備を始めておくのが得策です。

    4.引越し、移住

    あらかじめ移住先が実家などで決まっている場合以外は、住む場所を探す必要があります。

    自治体によっては、住居自体を無償で提供していたり、Uターン者のために優遇したりする制度もあるので調べてみましょう。

    引越しに際しては、さまざまな手続きがあります。

    一度移住してしまえばなかなか都会に戻ってくることはできなくなるかもしれません。

    なるべく早めに準備を進め、抜け漏れがないようにしましょう。

    Uターン転職ができる求人の探し方

    Uターン転職ができる求人の探し方を紹介。

    1.地方自治体ごとのUターンサポート情報を探す

    各自治体では、Uターンをサポートする情報を発信しています。

    都道府県ごとのWebサイトでUターン支援制度の説明や求人も見られるので、手っ取り早く情報収集ができます。

    都会に事務所を持っている自治体も多くあります。

    直接詳しい話を聞ければよりタイムリーで具体的な情報が得られるので、足を運んでみてもよいでしょう。

    また、定期的にU・I・Jターン希望者のためのフェアや説明会も行われています。

    その地方の企業と直接接することができるので具体的な転職のイメージが沸きそうです。

    2.地方の求人情報を掲載している求人サイトに登録する

    全国の求人を扱っている求人サイトや、その地方に特化した求人サイトなどに登録して求人情報を探します。

    まずはUターン先の地域の求人を扱っているかどうかを検索し、複数のサイトに登録しておきましょう。

    また、地方ごとに強い産業があるため、それ以外の業種・職種が希望の場合はなかなか見つからない場合も。

    希望する求人が出るのを待つなら、タイミングを逃さないよう、継続してチェックする必要があります。

    3.地方に拠点を持つ転職エージェントに相談する

    転職エージェントに登録してサポートを受ける場合は、Uターン先の地域に拠点を持っているかどうかをまず確認しましょう。

    大手であっても、その地域には拠点がなく、サービス対象外の場合もあります。

    転職エージェントの中にはUターン転職に特化したサービスを行っているところもあります。

    Uターン転職の専門的なアドバイスがもらえるのはメリットといえるでしょう。

    また、ある程度の規模の都市であれば、その地域だけでサービスを展開する転職エージェントがあることも。

    その場合、まさに地元で活動しているので、地域の環境や生活の生の情報が得られます。

    4.ハローワークで探す

    ハローワークのインターネットサービスで求人を検索することができます。

    業種・職種にこだわらず幅広く探したい場合に適しています。

    ただし、ハローワークに求人募集を出している企業は中小企業が多く、地方では第1次産業農業・第2次産業の求人が多いという特徴があります。

    それ以外の業種・職種を希望するなら、他の手段と組み合わせて利用するのが得策です。

    5.地元の人脈(ツテ、コネ)を使って探す

    生まれ故郷ならではの転職活動の方法として、「ツテ」「コネ」があります。

    転職する本人の人脈だけでなく、ご両親や祖父母、友人など、様々なつながりが転職のチャンスになるかもしれません。

    この場合、地方ならではの人との濃いつながりがメリットでもあり、デメリットにもなります。

    メリット

  • 希望が伝えやすい
  • 人となりなどの見えない部分も評価してもらえる
  • つながりがあるからこそのアンオフィシャルな仕事が紹介してもらえる可能性も
  • デメリット

  • 断りたい場合、断り方や断った後の関係性に配慮が必要になる
  • 入社後、社内の関係性にも「ツテ」「コネ」の影響が出る場合も
  • 入社後辞めたくなった場合、辞めにくい
  • ツテ・コネで転職する場合にも、安易に入社を決めてしまうのはNG。

    必ず決める前に面談したり、会社に行って自分の目で「職場としてどうか」「仕事を一緒にする相手としてどうか」を見極めましょう。

    事前の確認をせず入社後に後悔することになれば、しがらみが残ってしまいます。

    Uターン転職でおすすめ転職エージェント

    Uターン転職でおすすめ転職エージェント

    Uターン転職で登録すべき転職エージェントを下記の3つの条件で厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 地方の求人も多数保有しているか
  • 企業の内部事情を詳しく教えてくれるか
  • Uターン転職を積極的にサポートしているか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す