【女性専用】未経験からデザイナーに転職するのはムリ?

webデザイナーを知っていますか?

よく耳にするようになった職業ではありますが、実はよく知らないという人も多いはずです。

webデザイナーは、これからの時代には不可欠な仕事であり、需要が高まっていると予想されています。

また、女性歓迎の求人が多いことや柔軟な働き方(リモートワークや時短勤務)を推進している企業も多いことから、女性からの人気の高い職種でもあります。

デジタル化(DX)を進める企業の増加に併せて、webデザイナーの求人募集数が増えている今でこそ、未経験からデザイナーを目指すタイミングとしてはベストです。

そこで、webデザイナーの現状や未経験からwebデザイナーになるための方法をご紹介します。

ワンポイント転職活動アドバイス

転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    webデザイナーの年収

    webデザイナーの年収

    まずは、誰もが気になるであろうwebデザイナーの年収について解説します。

    一般的なwebデザイナーの年収

    デザイン系の学校に通っている人なら、webデザイナーを目指している人も少なくないでしょう。

    しかし、webデザイナーといっても、様々なジャンルで働くことになります。

    就職先も異なり、ホームページなどのWeb制作を行っている会社だったり、広告代理店です。

    年収に関しても、就職先によって異なってくるというのが現状です。

    平均年収は約360万円とされており、ほかの職種に比べれば少ないといえます。

    基本的なwebデザインができて、コーティングもできるデザイナーであればこの額が妥当といえるでしょう。

    しかし、キャリアやスキルによって年収に変動はあり、JaVa等を操作できたり、スマホ対応サイトを作れたりすると年収はアップします。

    そのため、企業によって求めるスキルも異なってきます。

    広告代理店であれば、サイトを構築したりバナーを製作することが多いのですが、SEO系メインでの製作も多いので年収も高いといえるでしょう。

    平均として約450万円はもらうことができます。

    年齢によって異なる年収

    webデザイナーの年収は、年功序列といってもよいでしょう。

    しかし、スキルアップによって異なってくるので、若い年齢でも年収が高い人も存在します。

    しかし、これは一例であり、専門職ということもあってキャリアを積むことで成長していく職種なので、一概には言えません。

    年齢別の年収は、20代なら200万前後、30代なら250万前後、40~50代になると400万円ほどになる人もいます。

    デザイン系は、スキルを積むことによって、より優秀なデザイナーになることができます。

    コーティングのスピードにしても、デザインに関しても同様です。

    色彩などは好みがありますが、万人受けするような色彩のデザインをすることは意外と難しいのです。

    デザイン系の専門学校に通っていたとはいっても、即戦力になるわけではありません。

    専門職の中でも少し年収が低いとされていますが、プロ意識が要求される職種なので、妥当といえます。

    女性webデザイナーの年収って男性に比べてどうなの?

    女性webデザイナーの年収って男性に比べてどうなの?

    女性のwebデザイナーは、男性のwebデザイナーに比べると年収が少ないというのが現実です。

    20代では、ほとんど年収に差が生じることはなく、約200万円前後と言えるでしょう。

    しかし、30~40代になってくると、年収に大きく変動が見られます。

    額で言うなら、100万円程の差が生まれることも少なくないのです。

    平均年収に関しては約350万円とされていますが、それよりも少ないのが現状です。

    原因として挙げられるのは、キャリアアップする前に退職してしまう人が多いということです。

    女性は、出産をすれば育児休暇をもらいますが、デザイナーは職人と同様なので、日を開けてしまうと、本来のポテンシャルを発揮できません。

    最低でも3年は育児休暇をもらうわけですから、女性が3年間デザイナーとして働いていない状態で再就職するのは難しいのです。

    本来のポテンシャルを発揮するには、3年以上の時間をかけることになるので、そのまま退職してしまう女性も多いのです。

    女性Webデザイナーはフリーランスで働く女性も多い?

    女性のwebデザイナーは、年収の低さからフリーランスに転じるという人もいます。

    キャリアアップやスキルアップは、一般企業に就職していてもすることができますが、ルーティン化されているため成長に陰りが見えてきます。

    そうなると、30代で男性と女性では年収の差が開いてしまうというのも頷けます。

    今では、フリーランスでもwebデザイナーとして働くことができる環境は整っているといえます。

    また、前職のコネを使って、クライアントを確保するということも可能なのです。

    確かに、女性がフリーランスに転じたとして、安定しているとは言えませんが、育児休暇をもらっていても働くことが可能です。

    パソコンと機材があれば、仕事をすることができるのがwebデザイナーですから、フリーランスで働く人も多いのです。

    フリーランスで働く女性を応援する求人サービス

    独立したい。業務委託で働きたい。

    そんなフリーランスのための求人サービス「クラウドテック」。

    報酬額や勤務地、職種やスキルなどの希望を実現するために専属キャリアサポーターがサポートしてくれます。

    支払いは最短で15日後。さらに社会保障や福利厚生も充実。

    あらゆる手をつくし、フリーランス・個人事業主の働き方を支援してくれます。

    フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」

    webデザイナーになるための資格ってどんなものがあるの?

    デザイナーになるための資格ってどんなものがあるの?

    続いて、webデザイナーになるための資格について解説します。

    無資格でもwebデザイナーとして働くことができる企業もありますが、webデザイナーはスキルが重要視される専門職のため、資格を持っている場合には就職、転職を有利に進めることができます。

    Webクリエイター能力認定試験

    この資格は、webデザイナーになるためには必須の資格といってもよいでしょう。

    企業では資格を有していなくても採用することがありますが、未経験者を優遇している会社に限ります。

    やはり、資格を取得していたほうが、即戦力になりますから、必要となってくるのです。

    この資格では、web制作をするうえで、必要な基本的なスキルを勉強して取得することになります。

    コーティングの基本であったり、デザイン能力などが問われることが多いでしょう。

    条件は特に存在せず、誰でも受験できるというのが特徴の一つです。

    また、この資格の良いところは、知識を実務に生かしやすいということでしょう。

    実践的な内容を試験では問われることが多く、勉強していればデザインの基本は学ぶことが可能です。

    ウェブデザイン技能検定

    この資格は、webデザイナーが取得できる唯一の国家資格といってもよいでしょう。

    1~3級のレベルが存在し、3級に関しては誰でも受験が可能になります。

    しかし、2~3級になってくると、実務経験が必要となってくるので、まずは3級を取得することになります。

    基本的には、ウェブデザインについての知識を問われることになります。

    クリエイター能力認定試験と同様に、実務に関わってくる知識を問われるので即戦力として使用できます。

    また、企業側も取得を推奨している資格であり、取得することで年収アップにも繋がるので取得しておいて損はありません。

    女性は未経験でもWebデザイナーになれる?

    女性は未経験でもWebデザイナーになれる?

    webデザイナーは未経験者でもなることができます

    企業によって異なってきますが、資格を取得していなくても、webデザイナーとして雇用してる会社も少なくないのです。

    これは、即戦力として使えなかったとしても、OJTをすることによって、キャリアアップをしていくからです。

    基本的には、資格を有していたり、webデザイナーとしての経験がある人を採用していますが、人手不足の関係から採用することもあります。

    未経験者を優遇している会社として、広告代理店があげられます。

    広告代理店では、基本的な業務内容はバナーの制作とHP制作がメインになってきます。

    仕事内容に関しても、コーティングは少なく、デザインなどがメインになってきます。

    未経験者は、働いていくうちに学んでいくことも多いですが、仕事内容が限られるというデメリットもあります。

    企業の業務内容によって異なる?

    未経験でもwebデザイナーになれるのは、企業によって異なってきます。

    その企業のwebデザイナーが何を行っているかがカギになってくるのです。

    デザインをメインで行っているような、広告代理店であれば採用をしているでしょう。

    しかし、HP制作をメインで行っている企業に関しては、少し採用が厳しくなってきます。

    仮に未経験で採用されたとしても、資格取得を推奨されることも少なくありません。

    女性が未経験からwebデザイナーになる方法

    女性が未経験からwebデザイナーになる方法

    女性が未経験で、ウェブデザインを学ぶというのは、独学でも可能です。

    例えば、未経験者が独学で学ぶ場合には、通信講座を利用する方法や未経験者専用の教本などを利用して勉強することになります。

    しかし、未経験者が専門知識を勉強するには少し時間がかかってしまいます。

    仮にも、女性であって美的センスがある女性だったとしても、時間をかけることになります。

    未経験者で女性という立場なら、年収が低いwebデザイナーになるというのは少し厳しいのが現状でもあります。

    効率的にWebデザイナーになるにはスクールに通うことがオススメ

    未経験からWebデザイナーになりたいということであれば、Webデザイナースクールに通うことがオススメです。

    女性が未経験者でwebデザイナーになりたいと思っているなら、やはりスクールに通うべきです。

    スクールでは、webデザイナーになるたの基本的な知識を勉強できます。

    当然、スクールに通っている人のほとんどが未経験者であり、女性の数も多いです。

    男性でwebデザイナーになる人は、少なく専門学校でも女性の比率のほうが圧倒的に多いでしょう。

    仮に、業界未経験の状態で、入社したとしても学べることは限られています。

    また、女性であれば年収の低さが問題視されている職種です。

    そうなれば、完全に未経験という立場でwebデザイナーになるのも困難なので、スクールに通うことが一番の近道です。

    ましてや女性なら、ある程度のスキルアップは必要になりますから、余計スクールに通うべきなのです。

    最低限、webデザイナーになるなら用意しておきたいもの

    webデザイナーになるためには、揃えておいたほうが良いものがいくつかあります。

    そこで、最低限用意しておくべきものを紹介します。主に以下の3つです。

    • 8GB以上のパソコン
    • Photoshopとillustrator
    • テキストエディタ

    8GB以上のパソコン

    まず用意すべきものは、なんといってもパソコンです。

    画像ファイル(png,jpg)やフォトショップデータ(psd)やXDデータ(xd)などを取り扱うことになるため、8GB以上のメモリがあったほうが良いでしょう。

    また、CPUはcorei5以上が推奨です。

    CPUとは・・・
    マウス、キーボード、ハードディスク、メモリー、周辺機器などからデータを受け取り、コンピューターでは 制御・演算を担当している中央演算処理装置のことです。

    性能が高いCPUは処理速度が速いため負担のかかる命令を出してもスムーズに挙動してくれますが、性能が低いCPUの場合には、処理速度が遅く、仕事がスムーズに進みません。

    Photoshopとillustrator

    Webデザインのグラフィックには、Photoshopとillustratorなどのグラフィックソフトを使うことが大半になります。

    Photoshopは 写真の加工や合成、補正ができる、世界で最も有名な画像編集ソフトです。

    illustratorはロゴや文字組、レイアウトなどの細かなデザインをするときに適しています。

    これら2つは、Webデザインをするうえで欠かせないソフトとなるため、事前に用意しておきましょう。

    ただ、利用に関しては有料となるため、個人で契約する前に会社やスクールで支給されないか確認してみると損をしなくていいでしょう。

    テキストエディタ

    HTMLやCSS、JavaScriptを使ってWebサイトを制作する作業(コーディング)で使うテキストエディタには、様々な種類があります。

    それぞれのエディタによって、動作の重さ、機能の充実性、拡張性、日本語に対応しているかなどの違いがあります。

    無料で利用することができるエディタも多いため、実際に使ってみて、自分に合うエディタを見つけましょう。

    テキストエディタの選ぶポイント

  • 拡張機能の有無
  • 対応しているOS
  • 対応している言語
  • 関連情報の豊富さ
  • 上記のポイントでテキストエディタを選ぶと良いのですが、初めての人は選ぶのが大変だと思うので、おすすめのテキストエディタを紹介しておきます。

    ATOM

    AtomはGitHubが開発した無料で利用できるテキストエディタです。

    自動保管やプレビューなどの基本機能だけでなく拡張性も豊富なことから、多くのデザイナーやプログラマーが利用しています。

    動画でプログラミングが学べるドットインストールを入れれば、動画を見ながらコーディングの勉強もすることができるので、オススメです。

    拡張機能を利用することで日本語での表示が可能になります。

    また、対応しているOSもMacOS、Windows、LinuxのOSと幅広いです。

    Visual Studio Code

    Visual Studio Codeはマイクロソフトによって開発されたテキストエディタです。

    こちらも無料で利用することができます。

    HTMLやCSSの他にも様々プログラミング言語に対応しており、コードの自動補完や複数の選択箇所を同時に編集できるなど特徴的な機能に加え、無料で充実した拡張機能を使えることから初心者から上級者まで幅広く利用しています。

    Brackets

    Bracketsは、Photoshopなどで有名なAdobeが提供しているHTMLエディタです。

    細かい設定をしなくてもインストールすれば直ぐにコーディング画面とプレビュー画面が表示されるというのが特徴です。

    そのため、これからホームページの作成に挑戦してみたい、未経験からwebデザイナーを目指している方でも直感的にHTMLの構成が理解しやすいです。

    MacOSとWindowsに対応しており、こちらも無料で利用することができます。

    女性にオススメのwebデザイナースクール

    女性にオススメのWebデザイナースクール

    Webデザイナーを目指す女性にオススメのデザイナースクールを紹介します。

    デザイナースクールはたくさんありますが、女性に特化したスクールはここしかありません。

    女性に特化したWebCampWoman

    WebCampWoman(ウェブキャンプウーマン)は、育休中にWebスキルを身に付けたい方や、Webデザイナーとして在宅ワークを目指す方など、仕事も家庭も両立したい主婦・ママさんが参加されているプログラミングスクールです。

    WebCampWomanが選ばれる6つのポイント

  • 1.主婦・ママ限定のスクールである
  • 2.学習期間は1〜3ヶ月
  • 3.託児所を完備している
  • 4.ベビーシッターがいる
  • 5.受講生の90%以上が初心者
  • 6.在宅ワークの案件を取れるようになる
  • 続いて、WebCampWomanを受講するメリットを解説していきます。

    WebCampWomanを受講する3つのメリット

    WebCampWomanを受講するメリットは大きく3つです。

    受講生の90%以上が初心者からのスタート

    ウェブキャンプウーマンで「プログラミングを学ぼう」という人は90%以上が初心者です。

    みんな同じ場所からのスタートなので、全くの未経験の人でも安心して参加できます。

    初心者歓迎のプログラミングスクールとなっています。

    主婦やママ限定のスクール

    主婦でプログラミングを学びたいという志を持った仲間が集まります。

    同じような境遇の人と知り合いになれるので、良いつながりを作ることができます。

    受講後にフリーランスとして活躍するようになった場合、情報交換なども可能です。

    3ヶ月で在宅ワークが目指せる

    未経験からでも3ヶ月で在宅ワークができるようになります。

    今の時代、クラウドソーシングなどを使えばITの仕事をすることは難しくありません。

    今はプログラミングやデザインのスキルを習得すると在宅ワークがしやすい時代なのです。

    女性が未経験からWebデザイナーを目指すなら絶対にこのデザイナースクールがオススメです。

    WebCampWomanを受講するキッカケ

    WebCampWomanを受講するキッカケ

    デザイナーにはなりたいけど、未経験の私なんかが通うことができるのかな…などと不安になる方もいらっしゃるかと思います。

    そこで実際にWebCampWoman(ウェブキャンプウーマン)を受講した女性の口コミを抜粋しておきます。

    以下の口コミは公式ページから抜粋しました。

    専業主婦 Eさん

    今年で子供が小学校に入り、自分の時間ができたので新しく何かを始めたいと思って受講しました。

    以前は、記事を書く仕事をしていたので、Webデザインができるライターになれたらいいなと思っています。

    会社員 Hさん

    今までずっと事務の仕事で、転職しようにもスキルがなくて事務の仕事しか選べませんでした。

    Webデザインに興味があったので自分に合っているのか確かめたいと思って受講しました。

    会社員総務担当 Tさん

    社外のデザイナーさんとお仕事する中で、私もWebデザインの知識がほしいと思いました。

    また将来子供ができたら、在宅でWebデザインのお仕事ができたらと思い受講しました。

    ネットショップ経営 Sさん

    趣味でアクセサリーのネットショップをやっているのですが、サイトのデザインをデザイナーさんに頼むのはお金がかかるし、思った通りのデザインにできないので、自分で作れるようになりたいと思いました。

    デザイナーってWebデザイナー以外もあるの?

    「デザイナー」と一口に言っても、そこにはいろんなジャンルがあり、それぞれに仕事内容も異なります。

    今回はWebデザイナーについて記載してきましたが、デザイナーに関する他の種類も紹介しておきます。

    グラフィックデザイナー

    ポスター、チラシ、商品ラベルやパッケージなど印刷物の広告デザインを考える、作る。

    エディトリアルデザイナー

    書籍・雑誌・カタログなど多ページの印刷物を、読みやすくするデザインを考える、作る。

    DTPデザイナー

    デザインから印刷入稿データの作成までを担当する。

    ゲームグラフィックデザイナー

    人物や背景など、ゲーム画面のあらゆるビジュアルをデザインする。

    ファッションデザイナー

    洋服をデザインし、素材や縫製、商品化に向けての指示なども行う。

    空間デザイナー

    店舗やデパート、公共施設、公園など、さまざまな「空間」をデザインする。

    上記以外にも

  • アーバンデザイナー
  • インテリアデザイナー
  • 環境デザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • ゲームデザイナー
  • ロゴデザイナー
  • ブックデザイナー
  • など、あらゆる業種での仕事があります。

    デザイナーを目指す女性にオススメの記事

    デザイナーを目指す女性にオススメの記事

    デザイナーを目指す女性にオススメの記事を紹介しておきます。

    31歳デザイナー転職 40代以降も働ける仕事を探す
    〜結婚直後の両立不安を抱えて求人少ないクリエーティブ職を探す日々〜

    日経WOMAN ONLINE

    「やるべきことを決め、突き進むだけ」 Web業界とファッション業界、土田あゆみが両方で活躍できるワケ
    CAREERE HACK

    心揺さぶられたら、その場でスケッチ。
    〜デザイナー 秋田佳子のインスピレーションを支える「仕事道具」〜

    CAREERE HACK

    THE GUILD 小玉千陽の「逆境」に負けない生き方。
    〜国内屈指のデザインチームに仲間入りするまで〜

    CAREERE HACK

    まとめ

    WebCampWomanではベビーシッターが常駐していたりと、ママでも本気で学べる環境が整っています。

    そのため、安心して学習に専念できます。

    主婦・ママ向けのサービスはここ以外には存在しないためWebCampWomanはかなり頼もしいサービスです。

    家庭と学習の両立を諦めている主婦・ママさんのチャレンジを応援してくれます。

    また、WebCampWomanには利用者が安心できる制度があります。

    それは、「返金サポート」です。

    どういったものかというと、サービスに満足できなかった場合、受講開始後8日間以内であれば受講料を全額返金する、というものです。

    万が一、受講スタート後に下調べした内容と異なると感じたら申し出ることで受講料は返ってきます。

    WebCampWomanの公式サイトからは無料説明会の申し込みもできます。

    日付や日時も選べるため、あなたの都合の良い日時が見つかるはずです。

    気になっている方はぜひ利用しましょう。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す