夢真を辞める前に準備しておくべき1つのこと

夢真を辞めたいと思い、「夢真 辞めたい」と検索している人は、もしかして下記のような状態ではないですか?

  • ガテン系の上司が怖くて言い出すのが怖い…
  • 辞めるって言ったら、悪口を言いふらされそう…
  • 勇気を出して辞めるって伝えたのに引き止められた…
  • Yahoo!知恵袋や2chでも、多くの人が「夢真を辞めたい…けど、どうしたらいいのか分からない」という相談が多く寄せられています。

    そこで、今回は「夢真 辞めたい」と考えている人のために、準備しておくべきことを1つだけお伝えしておきます。

    すぐに辞めるのではなく、次の転職では失敗をしないように在職中から準備しておくことが大切です。

    まず、夢真を辞めた人の退職理由を見てみましょう。

    夢真を辞めた人の退職理由

    夢真を辞めたいけど、「こんな理由で辞めてもいいのかな…」「そもそも辞め羅れるのかな…」という不安があると思います。

    そこで、夢真を退職した人の理由を見てみましょう。

    掲載している口コミは、2020年10月20日時点で当サイト実施のアンケートや企業口コミサイトOpenWorkから収集したものです。
    仕事は毎回、社内の営業担当が持ってきた派遣先での業務でした。
    そして、ひとつの派遣先契約が満了すると、また次の派遣先へと行くことになるのですが、次の派遣先が決まるのは営業次第であるため、営業担当の者からの打診がくるまでは待機扱いとなり、給料が減ってしまってました。
    社員の中には、次の派遣先がなかなか決まらず、少ない給料でやりくりをしなくてはいけないため、困っている社員も多々ました。
    家族のある社員の場合は、減ってしまった給料を補うべく、副業としてアンケートの回答や知り合いの会社でバイト(給料を手渡し)をしているような人もいたみたいです。
    そんな状況であるにもかかわらず、会社側は状況を変えようと努力してる姿勢は一切ありません。
    会社がやることとしては、新しい人材を次々に採用してばかり。
    働いている人のことには目をくれず、辞めて人が減ったなら補充。辞めることを見越して補充。というような状態でした。
    私は、そのような会社の姿勢に呆れて退職を決意しました。

    30代_男性
    未経験でも大丈夫ということだったので、入社を決意しました。
    しかし、入社してからも研修が短すぎてなにも分からないまま現場に配属されたり、ほぼ放置状態でした。
    配属先はあらかじめヒアリングされた希望の職種に沿った部署に配属されるのですが、配属先によってはシフト制であったり、土日休みだったりと待遇はそれぞれでした。
    社風は配属先によって異なるので、雰囲気の良い配属先もあったようですが。
    噂されているとおり、離職率が高い理由もなんとなくわかる気がします。
    随時、正社員の登用もしているようなので、毎週新しい人が本社にやって来ていました。

    20代_男性
    おそらく、私を含め多くの人は夢真に何年もいないと思う。前述の通り社員のキャリア開発をまったくやる気がなく、基本給も低く、せっかく苦労して資格を取っても見返りが少ない。一級建築士に月6000円しか手当を出さないというのは目を疑った(自分で開業したほうがマシなのではないか)。ある程度実務経験を積み、なんらかの資格を取り、特別教育を受けられるだけ受け、待遇のいい会社に移るというやり方が最も現実的に思える。研修では5年後どうなりたいか?という作文を書かされたが、5年後も夢真にいるイメージがどうしても持てなかった。

    20代_女性
    この会社での先の自分を想像できない。成長している姿がイメージできない。 一般的な会社であれば、昇進等があるかと思われるがそれがなく、昇給もあまり期待できる様子もないので務め続けることに意味があるのかと疑問に思う。

    30代_女性
    将来性を考えて給与が低い。又、派遣先によって雇用期間が違うので、人によっては安定性がない。正直、給与さえよければ後は我慢できた事かなと思います。

    20代_女性

    夢真の離職率は約37%と高めの水準

    当連結会計年度にて3,289人の採用実績となり計画を上回る入社となりました。
    それに伴い2019年9月末現在の在籍技術者数は前年同期比1,033人増加の6,099人となっております。

    出典:夢真ホールディングス2019年度有価証券報告書

    採用人数が3,289人に対し、前年同月比は1,033人しか増えてないため、2,256人が離職した計算となります。

    つまり、約1年間以内での離職率は約37%になります。

    また、平均勤続年数も2,5年となるため、離職率は高めであると言えます。

    参照:平成28年 雇用動向調査(厚生労働省)

    ただ、この離職率は人材派遣という特性上、他の会社に比べて離職率が高いことが仕方ない部分でもあります。

    しかし、退職したい人が多いということも事実なので、ここからは、夢真を辞めたいと考えている人が準備しておくべきことを1つだけご紹介します。

    夢真を辞める前に準備しておくべき1つのこと

    それは、転職エージェントを使っておくことです。

    転職エージェントとは、無料でプロの転職サポートを受けられるサービスのことです。

    求人を紹介してくれるという”だけ”というイメージを持っている人が多いですが、実は、円満退職のためのアドバイスや退職するための書類の準備などについてもサポートしてくれます。

    また、退職を検討している時は不安なことも多いので、転職アドバイザーにサポートしてもらうことで精神的に落ち着くことができます。

    退職サポートは、ZoomやGoogleハングアウトなどのWebツールや電話・メールなどでも相談をすることができるため、地方に住んでいる方や在職中で忙しい方でも安心です。

    退職サポートに定評がある転職エージェント

    退職サポートに定評がある転職エージェント
    夢真を辞めたいと考えている人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 退職サポートを受けることができるか
  • 退職後の転職活動もサポートできるか
  • 求人の詳細情報を持っているか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    夢真を辞めたいときに覚えておくべき円満退職4つのポイント

    転職エージェントが退職に関してのアドバイスをしてくれますが、夢真を辞めたいと考え始めた時に知っておくといいポイントをご紹介します。

    今後どこかで夢真の社員に会ったり、ビジネス相手になったりする可能性もあるため、円満退社できるようにしましょう。

    1.就業規則を確認する

    企業ごとに、「退職意思がある場合には、最低○ヶ月前に申し出る」というルールがあります。

    そのため、就業規則を読んでおき、退職予定日の何日前に退職願を出すのか確認をしておきましょう。

    すでに転職先が決まっている場合には、転職先の会社へいつから入社できるのか伝える必要が出てくるので、就業規則から退職できる想定の時期を把握しておくとスムーズです。

    また、円満退職するためのポイントとしては、繁忙期や決算期を避けて退職時期を設定するのがマナーになるので、早めに退職意思を伝えておくと融通が利かせやすくなります。

    2.退職意思を伝える順序を間違えない

    いきなり、人事や部長などに退職の意思を伝えるのはマナーとして相応しくありません。

    直属の上司に相談してから然るべき順序で人事や部長に伝えるようにしましょう。

    多くの企業の場合、直属の上司に伝えることで、上司から部長に伝達してくれたり、直属の上司だけに伝えれば良いケースもあります。

    なお、引き止めやよからぬ噂をされてしまうなど、余計なトラブルを避けるためにも、退職することを周囲に広めすぎないようにしましょう。

    3.カウンターオファーに心乱されない

    退職の意思を伝えたタイミングで、上司から年収アップや昇進などの条件を提示されることがあります。

    それらことをカウンターオファーと呼ばれていますが、このカウンターオファーに惑わされないことが大切です。

    提示された条件を実現してくれる保証はないですし、オファーを信じて現職に留まったとしても、一度は退社しようとした事実が残るため人間関係に歪みが出たり、職場で働きづらい雰囲気になってしまうことがあり、結局、退職するというケースも多くあります。

    退職の意思を固めたら、年収アップや残業を減らすなどの条件の誘惑に惑わされることなく、「もう転職先での入社日が決まっています」と伝えましょう。

    4.引き継ぎリストを作っておく

    他のメンバーに迷惑がかからないよう、自分の業務の棚卸しを行ない、リスト化しておきましょう。

    残務整理は退職日までに必ず完了するか、どこまで終わらすのか区切りをつけておきます。

    「引き継ぎが終わるまでは退職できない」などと考えると、思うように進まない場合に退職日が伸びてしまい、転職先に迷惑をかけることにもなりかねません。

    そのため退職日までにできるだけのことをすると考えて、早めの引き継ぎを心がけましょう。

    おまけ

    最後に、退職時の引き継ぎ書で記載しておくと喜ばれる項目をご紹介します。

    基本的に、引き継ぎ書には以下の6項目を記載しておきましょう。

  • 業務の目的、概要
  • 作業手順、過去の作成データ
  • 作業期間、納期
  • 業務に関連する部署、担当者
  • 報告先、取引先
  • 備考、自分が工夫したところ、過去に失敗したこと
  • 業務の目的、概要
    業務の目的や意図、最終的なゴールを書きます。

    前後の仕事の理解が深まるポイントになりますので、仕事の目的を書いておくと後任者の理解が深まります。

    作業手順、過去の作成データ
    作業手順を箇条書きで書いておくと分かりやすいです。

    家電製品の取り扱い説明書のように順を追って作業を進めていけるように書くと良いです。

    「① 集計表に○○データを入力する」
    「② ○○~○○までの期間の平均、最大、最小値を出す」 etc

    注意点として、専門用語や社内用語は控えておきましょう。

    限られた人しか分からないような用語は、逆に分かりにくくなります。

    作業期間、納期
    「いつまでに完了すべきなのか」、「いつまでに提出すべきなのか」といった納期を書いておきましょう。

    すぐに終わらないような仕事があるときは、「作業見込み、3~4h」などと必要な作業時間の目安を書いておくと良いです。

    業務に関連する部署、担当者
    業務の都合上、連携する部署や担当者がいる場合は記載しておきましょう。

    他部署から情報を入手しなければならない場合など、記載しておきましょう。

    こちらに書いておくことで退職時の引継ぎの顔合わせの抜け漏れなどに役立ちます。

    報告先、取引先
    業務完了するときに連絡する報告先、取引先を書きます。取引先の場合、担当者レベルまで記載し、担当者に関する情報をなるべく残しておくことが大切です。

    備考、自分が工夫したところ、過去に失敗したこと
    役立つ引継ぎ書とあまり役立たない引継ぎ書の大きな違いは、「備考欄」にあります。

    【備考欄に書くと良いもの】
    過去に自分が失敗したこと
    仕事で困った時に相談する相手
    自分なりに工夫していたこと
    過去にあったトラブル事例と対処法

    備考欄の厚みが仕事のノウハウになります。

    特に失敗したり、困ったりしたときの対処法が書いてあると後任者が非常に安心します。

    過去のトラブルやミスの事例を共有しておき、同じような事例が発生しないことが周囲の安心につながります。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す