オープンハウスがブラック企業って本当?評判や口コミなどを徹底調査

オープンハウスといえば、「東京で家を持とう」というキャッチフレーズのCMで有名です。

しかし、「実力主義でしんどい」「体育会ノリがキツイ」「残業多すぎ、休日出勤も当たり前のブラック会社」などという評判を聞くことも。

そこで、オープンハウスの元社員や現役社員の口コミや評判から年収残業休日やりがいなどといった実情を調べてみました。

オープンハウスに転職しようか悩んでいる方は、ぜひ、続きを読んでみてください。

ワンポイント転職活動アドバイス

転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    まずは、オープンハウスで労働経験のある元社員や現社員の口コミなどから、オープンハウスの「年収」や「残業時間」などの評判をみてみましょう。

    オープンハウスの平均年収について

    オープンハウスの平均年収

    オープンハウスの年収の平均は、656万円でした。

    2020年5月5日更新

    上記は、株式会社オープンハウス全体の平均年収であるため、年代や職種が混在しています。

    そこで、年代別・職種別・役職別の平均年収を記載していきます。

    以下で記載している平均年収はオープンハウスの有価証券報告書を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データや口コミサイト(OpenWork・enLighthous・転職会議など)のデータや当サイト(Jobchange)実施のアンケートなどのデータを元に算出した数値のため、参考値としてご覧ください。

    年代別_平均年収

    まずは、年代別の平均年収を紹介します。

    20代

    536.5万円

    30代

    782.7万円

    40代

    890.2万円

    50代

    920.1万円

    60代

    670.5万円

    元社員、元社員の年収に関するアンケート、口コミや求人情報などを元に算出している概算値です。

    また、東洋経済の調査によると、20代平均給与は最高額であり、上場会社の中で平均給与が最も高い会社として紹介されていました。

    オープンハウスの年収グラフ

    職種別_平均年収

    続いて、職種別の平均年収を紹介します。

    営業

    604万円

    企画・事務

    632万円

    クリエイティブ

    450万円

    建築・土木系エンジニア

    550万円

    役職別_平均年収

    続いて、役職別の平均年収を紹介します。

    部長

    1,230万円

    課長

    962万円

    係長

    732万円

    一般社員

    413万円

    平均年収推移

    続いて、平均年収の推移も紹介します。

    16.9期連

    656万円

    17.9期連

    654万円

    18.9期連

    635万円

    19.9期連

    642万円

    20.9期連

    656万円

    年収に関する口コミ・評判

    よくない口コミ・評判に関しては青線、よい口コミ・評判に関しては赤線で囲ってあります。

    給与水準は一般的な企業と比較し、高いと思います。但し、就業時間を考慮に入れた時給換算にすると非常に低いものとなります。それから高給を得ている人については、賞与の占める割合が高く、月額の可処分所得は新入社員と大きく変わらないようなこともあります。

    20代_男性_営業系
    給料はいいが、見込みで残業代がついているため。
    ただ、時給換算するとものすごく安くなるチームもあるので、要注意。
    営業マンは2年目で1000万円を超えるプレイヤーも存在するため、企業としては報酬に関しては十分だと言える。

    20代_男性_IR
    時給計算してはいけません。
    するだけ虚しくなります。
    とにかく拘束時間が長いです。
    勤怠を打っていない時間も当然のごとく働かされるので勤務時間もあてになりません。

    20代_男性_営業系
    給与水準は高く、入社して年数を経過する中で給料が安くなってしまったという話を聞いたことがない。
    会社全体も業績を伸ばしているが、会社の利益を社員に還元するというクリーンな姿勢はどこにも負けないと思う。

    30代_男性_営業系
    東証一部上場以来、終業時間には厳しくなったが、ぎりぎりまでは働くイメージ。
    定時で帰るものはいない。
    しかし働く時間が制限されているので、時間でパソコンの電源、インターネットの接続が切れるなど、必要以上の残業を制限されるよう制度化されている。

    20代_男性_営業系
    入社当時は大学の同期と比べて比較的多くもらえます。
    ボーナスも多くもらえるが売上で査定する為、配属店舗によってはかなり差が出ます。

    20代_男性_営業系

    オープンハウスの残業について

    過酷な労働環境というイメージのオープンハウスですが、一人あたりの平均勤務時間が11時間であることから、約3時間ほどの残業が発生している可能性があります。

    ただ、職種や役職によっても状況は異なりますので、一概にはブラックだとはいえないでしょう。

    また、オープンハウスの採用情報ページのよると、20時には6割以上の社員が帰宅しており、働き方改革を推進しているようです。

    1ヶ月の平均残業時間(合計)

    60.4時間

    1ヶ月の申請しない平均休日出勤日数

    3.6日

    1ヶ月の最大残業時間(合計)

    150時間

    1ヶ月の最小残業時間(合計)

    40時間

    残業・労働時間に関する口コミ・評判

    よくない口コミ・評判に関しては青線、よい口コミ・評判に関しては赤線で囲ってあります。

    長期休暇は長いが、シフトに出た人には反響がもらえける制度などで、出ざるを得ない環境にあった。

    20代_男性_営業系
    残業が多すぎる。
    事務職でも毎日帰りが11時とか日付が変わってからとかだった。
    成長期の会社で業務量が多いので仕方ない気もするが、ひたすら毎日残業だと友人と飲みに行くことも、帰りに買い物して帰ることも不可能。
    プライベートを大切にすることはこの会社では不可能。プライベートを捨てた集団が働いている感じである。

    20代_女性_管理職
    出社はしなくていいですが自宅でひたすら案内取りの為に電話掛けさせられます。
    もしくは店舗の近くまで呼び出されてそこで永遠と電話掛けや物件内覧などさせられます。
    出社していないだけで勤務時間外には勤務時間外の仕事を与えられるのでプライベートはありません。

    20代_男性_営業系
    18時に帰る会社ではなく、総合職はみんな21時半以降に帰る。
    給料にもみなし残業代は入っているので、一般的な会社よりも頑張るほうの会社だと思う。
    他の会社も伸びてるところや稼いでるところはそんなもんだと思うし、私は若いうちにキャリアを積んでおきたいと思って働いて、最初は大変と思っていたが、人間はその環境に置かれたら慣れる。

    30代_女性_営業系
    長期休暇が長い点。GWは5月に6連休、6月に5連休。夏季休暇は8月に9連休。冬期休暇は16連休ある。
    社会人になっても海外旅行へは行きやすいメリハリのある働き方できる。

    20代_女性_営業系
    東証一部上場後には残業も何時は絶対過ぎてはいけないなど、しっかりとした基準が設けられるようになった。

    20代_女性_営業系

    口コミでは、さまざまな評判がありましたが、オープンハウスでは働き方改革に向けて下記のような指針を示しています。

    働き方改革

    当社グループでは、さらなる成長へ向けた生産性向上施策として、働き方改革を推進しています。

    業務効率化へ向け、労働時間の適正化を推進するとともに従業員一人ひとりに意識改革を促し労働時間の管理を行っています。

    働き方改革を通じ、従業員一人ひとりのモチベーションを高め、従業員と会社が一体となって双方の成長に貢献し合う姿を実現する、強い組織であり続けたいと考えています。

    働き方改革推進に向けた指針の内容
    1.出社可能時刻について
    就業規則で規定された始業時刻よりも、必要以上に早い時刻の出社を禁止しています。

    2.深夜労働・休日労働について
    マネージャー以上の管理監督者を含め、深夜労働、休日労働は原則行わないこととしています。

    3.時間外勤務上限の厳守について
    各事業部ごとに設定した月々の時間外上限を厳守することとしています。

    4.労働時間の記録について
    WEB打刻を徹底し、マネージャー以上の管理監督者においても、実態に沿った記録を行っています。

    5.業務終了または終礼後の打ち合わせの禁止について
    業務終了または終礼後の打ち合せ等は、原則禁止としています。

    オープンハウスの社風について

    日本一の不動産流通企業を目指すだけに、社の組織化も急ピッチで進んでいますが、経営側との距離が非常に近いこともポイントの一つ。

    社長をはじめ管理職が常に社員とコミュニケーションを保っている為、急成長企業に生じがちな「社内の温度差」もなく、共通の目標をもとに一人ひとりが高いモチベーションを維持し、妥協を許さない社風です。

    『平均年齢28歳』『管理職における20代の比率が約70%』と若いスタッフが圧倒的多数を占めることも特徴です。

    また企業内部の様子としては結果が重視されるようで、成果主義な印象を持ちます。

    社風に関する口コミ・評判

    よくない口コミ・評判に関しては青線、よい口コミ・評判に関しては赤線で囲ってあります。

    とりあえず、精一杯働く、プライベートはいらないという社風。
    四半期に一回表彰式という成績優秀な営業マンが表彰されたり、昇格者が発表されるイベントが東京タワー近辺のホテルで盛大に行われる。
    職場の雰囲気は、パワハラが多い。

    20代_男性_IR
    実績次第でどれだけでも出世できるので、女性だから出世できない、ということはまずない。
    30歳前に課長になることも十分可能。
    ただし、いわゆる女性としての幸せ、みたいなのはあきらめる必要があるかもしれない。(そんなの不動産業界で満たそうと思うこと自体間違いであると思うが。)

    20代_男性_代理店営業
    新卒社員に対してと、中途社員に対しては扱いは圧倒的に違うので、新卒で入ったほうが良い会社だと思う。
    ただ入った後の評価制度はフラット。
    新卒でも中途でも結果を出した人が上に上がれるというところは営業部門では納得できる環境だと思う。

    30代_男性_企画・管理
    この規模の会社であるのにも関わらず社内決済がかなり早く、風通しがいい。
    出る杭は打たれるという風潮は全くないに等しい。
    成長企業であるので、ポジションがどんどん増えており、上が詰まっていると感じたことは一度もない。
    やればやっただけ(結果を出しただけ)評価してもらえる。

    20代_女性_営業
    頑張ったら頑張った分だけ評価される社風。
    業績はしっかりボーナスや役職等目に見える形で評価されるため、やりがいも感じやすいと思う。
    20代で管理職は当たり前の環境なので、成長したい・チャレンジしたい人にとっては良い会社だと思う。

    20代_女性_事務
    部活みないな雰囲気。
    成果を出せば、若いうちからいろいろな仕事を任せられるし、キャリアアップできる。
    また会社の成長率が高いため、マネージャー以上のポストが増えているのでそのチャンスも多い。
    実際生半可な気持ちでは上がれないがその分やり甲斐はある。

    20代_男性_営業

    オープンハウスの社風に関しても、体育会系のイメージを持っている方が多いと思いますが、こちらに関しては口コミをみる限り、あながち間違ってはいないようです。

    ただ、オープンハウスとしても働きやすい環境を作るためのさまざまな指針を示していました。

    働きやすい職場環境づくりへ向けて

    当社グループでは、多様な人材が活躍できる職場環境づくりを進めています。

    従業員が各自の能力を最大限に発揮し、生産性が向上することを目的として、健全な職場環境の維持並びに活気ある職場の実現に向け、働き方改革およびダイバーシティを推進しています。

    また今後は、AIなどの先進技術を積極的に活用することにより、さらなる生産性の向上を目指してまいります。

    ダイバーシティ推進

    当社グループは、従業員一人ひとりの人権を尊重し、性別、年齢、国籍等の属性にとらわれない多様性を活かした組織づくり・働きやすい職場環境づくりに努めています。

    株式会社オープンハウスでは、ダイバーシティ推進を重要な経営戦略の一つと位置づけており、2013年にダイバーシティ委員会を設置し、人種、宗教、性別、年齢、性的指向、障がいの有無、国籍等に関係なく、多様な人材が活躍できる会社として、企業憲章に則った行動指針により競争力を生み出し、社会に必要とされる不動産会社を目指しています。

    今後は、各職場でマネージャーやリーダーとして活躍する女性社員を増やすことを基本方針として「女性社員の積極採用」と「女性社員のキャリア形成支援」を継続して推進してまいります。

    女性活躍推進法における行動計画

    1.計画期間
    2016年4月1日~2020年3月31日

    2.当社の課題
    総合職採用に占める女性比率が低い
    (2015年度における女性社員の割合:総合職 10%)
    女性管理職(マネージャー以上の役職者)が少ない
    (2016年2月末時点:7.9%)

    3.目標
    2017年以降、定期採用者における総合職の雇用区分(営業職、技術職)ごとに女性採用者の割合を20%以上にする。

    4.取り組み内容
    (1)女性社員の積極採用

  • 女性社員による採用説明会の実施やホームページを通じた女子学生向け情報の発信
  • 臨時雇用、派遣社員の正規雇用化の推進
  • 技術職の積極採用に向けたインターシップの充実
  • 職業観・就労意識の形成や向上を目的とした情報の発信
  • (2)女性社員のキャリア形成支援

  • 結婚・出産等のライフイベントの影響を受けやすい女性のキャリア形成を支援することを目的とした、育児休業規程へのキャリア選択制度の盛り込み
  • 一般職から総合職への職掌転換制度の運用
  • 一般職の長期的なキャリア形成支援を目的とした、昇進ステージ設定およびステージに応じた役割責任と報酬制度の導入
  • ライフイベント(結婚、妊娠、出産、育児)に応じた柔軟な雇用体系・キャリアパスの整備
  • 参照:株式会社オープンハウス公式ページ
    ここまでのまとめ

    • 平均年収は656万円と上場会社の中で平均給与が最も高い会社
    • 基本的には成果主義だが年齢が上がるにつれて高くなっている
    • 働き改革も推進されており20時には6割以上の社員が帰宅している
    • 平均年齢は28歳で若い人材が活躍している
    • 社風は挑戦をし続けるベンチャー気質
    • カリスマ社長のワンマン的な会社

    オープンハウスの評価制度について

    オープンハウス=急成長企業というイメージは、労働者のみならず、不動産業界や経済界全体で共通した認識です。

    実力主義を貫いているオープンハウスでは、年齢や性別、入社年次等は一切関係なく(大学での専攻や前職での経験についても同様)、実力主義のようです。

    評価制度に関しても、営業職以外の社員についても実績を数値化し、公平な評価に結びつけられているとのこと。

    評価制度に関する口コミ・評判

    よくない口コミ・評判に関しては青線、よい口コミ・評判に関しては赤線で囲ってあります。

    宅士建物取引試験で合格しなければ出世はできない。
    しかし企業からの補助は何もなく、激務の仕事の合間をぬって資格勉強をしなければならない。
    そのためほとんど休日はないと考えた方がよい。
    また休日は二週間に一回しか水曜だけの休み、二週間に一回火曜、水曜の休みと通常企業より休みが少なく、休日出勤を求められることがある。

    20代_男性_営業
    営業はとにかく売上で出世が決まる。
    一度出世すると余程売上が落ちない限り役職も同じ。
    マネージャーになると部下の売上で決まる。
    営業じゃないところはどうやって評価されているのかいまひとつ不透明。
    わかりやすい成果を上げてる部署に所属してる人と何やってるのかいまひとつわかりにくい部署にいるひととでは役職が上がるスピードが違う気がする。

    30代_男性_営業
    会社全体としての研修はほとんどなく、とにかく現場で仕事を覚える。
    新卒は内定者期間中にかなり研修がある為、学ぶことは多いが、中途の場合はほとんどなく、とにかく結果を求められる。

    20代_男性_営業
    とにかく成果を上げればわかいときから出世ができる。とにかく結果がまずは求められる。

    20代_男性_営業
    どんなことでもとにかくやれからスタート。
    そうすることでわからないことは自発的に質問をしにいく体制が身につく

    20代_男性_営業
    実務の研修は内定者のときに時給ももらえて行えるので、入社するときには戦力として働ける

    20代_男性_営業

    20代の管理職率76%

    成果を上げればすさまじい速度での昇進が可能だ。急成長を続けるオープンハウスだけに、管理職のポストも急激に増えており、多くの若手社員がその責任あるポジションを手に入れ、さらなる成長を目指している。

    ※係長昇格平均39.6歳、課長昇格平均45.1歳
    (一般財団法人 労務行政研究所「役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向」より」)

    オープンハウスを退職した人の理由

    会社の実情を知るためには、現在勤めている人の評判だけでなく、退職した人の意見の方が参考になることもあります。

    そこで、オープンハウスを退職した人の理由を一部お伝えしておきます。

    働き方を変えるために退職した20代営業

    給料に残業代が含まれているため、一見月収早く見えるが残業代を差し引いた額を考えれば他の企業と給料面での差はない。

    それであるならば、他の企業でホワイト企業を探した方がよいだろう。

    しかし残業が少なければ結果的に給料はひくくなるため、何を重視して企業を決めるのか考えた方がよいだろう。

    また資格試験で合格しなければ管理職につかないようになっているため、宅建の資格取得が必須である。

    業界チェンジを理由に退職した20代営業

    ワークライフバランスが悪いため。

    一日の拘束時間が非常に長く、またノルマを追い続けるため休日返上で働くこともザラにあった。

    数字がないと上司から叱責され、限界を感じたので退職しました。

    しかしこれは不動産販売系の会社ならなんとなくどこにもあてはまることだと思うので違う業界に行きました。

    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    オープンハウスのやりがい

    ここまでは、オープンハウスの年収や残業についての評判をみてきました。

    残業時間が長かったり、体育会系の社風であったりと、人によっては「少しブラックなのかな・・・」と思ってしまうような口コミもありました。

    しかし、圧倒的な成長をしているオープンハウスならではのやりがいもあるはず。

    そこで、オープンハウスで働くことでのやりがいをお伝えしておきます。

    オープンハウスのやりがいを知るための5つのキーワード

    オープンハウスのやりがいを表すものとして下記の5つのキーワードがあります。

    企業の成長スピードが著しい

    オープンハウスは創業時にセンチュリー21・ジャパンのフランチャイズに加盟。

    その圧倒的な営業力でたちまち頭角を現し、3年後には同フランチャイズで全国1位となった。

    しかし、その座に満足することなくさらなる成長を果たすため、フランチャイズを脱退。新たな一歩を踏み出したのだった。

    昇進昇格のスピード感が早い

    成果を出せばスピード昇進できるのもオープンハウスの魅力のひとつとされ、3か月に1度行われる表彰式で昇進・昇格が発表されます。

    最短記録としては、施工管理職で入社6ヶ月でマネージャーに昇格した人や設計職では入社から9ヶ月でマネージャー、4年で次長まで上りつめた人材もいるとのこと。

    驚異的な成長率を継続している

    市場規模約40兆円という巨大な不動産業界。その成長率は2~3%とされる。

    それに対してオープンハウスの直近6年間の成長率は実に30%以上。

    歴史と安定性が特徴の業界の中でこの数字は突出したものであり、まさに常識を覆す成長率である。

    2013年に東京証券取引所市場第1部に上場してから6年で売上高は5.6倍、当期純利益は7.0倍に拡大。

    7年で約6倍にまで組織も拡大

    事業の勢いとともに、組織も常に拡大しており、2013年9月期に530名程だった従業員数も2020年9月期には2,876名まで拡大しています。

    今後も既存事業の成長や事業領域の拡大することが予想されるので、さらに組織も拡大していくことでしょう。

    働き方改革に注力し社員定着率は約7割

    オープンハウスは創業当初は過酷な労働環境であることが問題視されていましたが、働き方改革に注力することで入社後3年の定着率は約7割と、一般的な企業の平均的な数字となっています。

    個人の実績や成果を公平に評価するという風通しの良い社風に変化しています。

    やりがいについての評判・口コミ

    成績をあげればあげただけボーナスに跳ね返ってくるし、入社年度に関わらず、出世の道は開けている。
    平等な環境ではあるのでできない言い訳はできない。
    ただ、配属される店舗や上司によってやりやすさが異なるのは事実かと思う。
    叱咤されキツいこともあったが、会社はどんどん伸びているし労働環境も改善されてきている。

    20代_男性_営業
    街に出て個人のお客様に声をかけ、信頼関係の下、住宅を売るということは大変やりがいがある。
    そのため、売れた時の喜びは大きい。しかし、売れるまでが大変なこともある。(人と接することが好きな人や話すことが得意な人は馴染める会社であると思う。)
    自分の好きな物件を扱うことができる。

    20代_男性_ルートセールス
    やりがいは十二分にあると思います。営業側の年齢層が若いために、相手するお客様の年齢層も必然的に若めな方が多いのかなと思います。
    社内で競い合う環境はありますし、基本的にどの営業所も血気盛んで楽しいんではないかと思います。
    自分自身にとことんストイックになれる!という人ならなおいいかと思います。

    20代_男性_営業

    オープンハウス評判・口コミまとめ

    オープンハウスの評判・口コミまとめ

    オープンハウスの評判を紹介しました。

    1つの企業にバックグラウンドの異なる様々な人が集まるため、評判が割れるのは当然です。

    大事なポイントは、悪い評判良い評判の割合、悪い評判と良い評判の共通点を見つけること、の2点です。

    まず、悪い評判と良い評判の割合ですが、基本的にネットにのっている情報・口コミは悪い評判が多いです。

    理由は、単純で、悪い評判の方がペンが進むし、ストレス発散という副次的な目的があるからです。

    余談になりますが、悪い評判が多い業界として、「激務」な業界があげられます。

    コンサル会社や制作会社などの悪い評判が多いのも、そのためです。

    そのような「激務」な業界の評判は「悪い評判1」:「良い評判4」くらいの割合で見た方がより現実的でしょう。

    また、「悪い評判と良い評判の共通点を見つけること」に関してですが、
    今回のオープンハウスの例でいえば、
    悪い評判として、「大企業とは思えない。長く働き続けることはできない。」とある一方で、
    良い評判として、「良い意味で大企業感がない。ベンチャー起業という感じ。」とあります。

    これらの共通点とは何でしょうか?

    それは、「ベンチャー気質」という言葉に集約されます。

    共通点を見つけることで、それが個人の志向性の問題で、悪い評判にもなれば、良い評判にもなるということがわかるでしょう。

    「会社に入ってバリバリ働きたい」「若いうちから責任感もって仕事をしたい」という方には、オープンハウスの社風は、魅力的なわけです。

    「本質を見つける」というと、少々大袈裟ですが、会社の評判を見る時は、上記2つの意識をもって、考えたいものです。

    ネットの口コミはネガティブなものが多いです。

    正確な情報が知りたいなら、企業の内部事情に詳しい転職サイトに登録してコンサルタントへ聞くのがオススメです。

    オープンハウスへの転職にはエージェントを活用すべき4つの理由

    転職でエージェントを活用すべき4つの理由

    オープンハウスへの転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. オープンハウスの職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. オープンハウスの職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、オープンハウスの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートした実績があり、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。

    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識

    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。
    仮に面接で失敗しても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。そのため、エージェントを使うことで内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    自分で求人に応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができるのです。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと考えることが多く、個人で交渉するのは難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更

    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    オープンハウスへの転職でおすすめ転職エージェント

    おすすめ転職エージェント

    オープンハウスへの転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

    • オープンハウスの求人を所有する可能性が高いか
    • オープンハウス以外の求人も提案できるか
    • 転職サポート実績が豊富か

    おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    オープンハウスはこんな会社

    オープンハウスは、1996年(平成8年)設立。東京23区を中心として不動産仲介業を展開。

    1997年よりセンチュリー21・ジャパンとフランチャイズ契約を締結していたが、2012年に解約し、2013年(平成25年)9月、東京証券取引所第一部に上場しています。

    引用:wikipedia

    基本情報

    オープンハウス基本情報

    オープンハウスの基本情報を紹介します。

    ※オープンハウスの公式ページを参照しています。

    会社名

    株式会社オープンハウス

    本社所在地

    〒100-6312
    千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F(総合受付13階)

    創業

    1997年9月

    資本金

    197億5,010万円

    従業員数

    2,876名(2020年9月末時点)

    代表者

    代表取締役社長 荒井正昭

    事業内容

    1.不動産売買の代理・仲介事業
    2.新築戸建分譲事業
    3.マンション・ディベロップメント事業
    4.不動産投資事業
    5.不動産金融事業
    6.前各号に付帯関連する事業

    売上高

    2020年9月期 5,759億円
    2019年9月期 5,403億円
    2018年9月期 3,907億円
    2017年9月期 3,046億円
    2016年9月期 2,472億円
    2015年9月期 1,793億円

    オープンハウスの仕事内容

    オープンハウスの仕事内容

    オープンハウスの仕事内容について紹介します。

    オープンハウスで働く仕事は大きく分けて3つに分けられます。

    • 不動産コンサルティング職
    • 住宅設計・施工管理職
    • 都市開発の企画・管理職

    ここからは、オープンハウスの3つの仕事を紹介します。

    オープンハウスへの転職を検討している人は参考にしてください。

    不動産コンサルティング職

    戸建、マンション、収益不動産、用地仕入れなどの不動産営業を担当する仕事。

    転職後に2ヶ月の研修を完了すると、下記の4つの部門に配属されます。

    戸建部門

    都市部の自社分譲物件(建売・土地売り)の仲介・販売をする部門。

    マンション部門

    当社が企画・開発したマンション物件の紹介・提案をする部門。

    収益不動産部門

    金融機関からの情報をもとに購入した収益性の高い不動産をリノベーション、リーシング、売却。収益の最大化を図る部門。

    用地仕入れ

    不動産会社などからの情報をもとに、現地調査や地主・業者と折衝をしながら分譲用地を仕入れをする部門。

    こんな人におすすめ
  • とにかく負けず嫌い
  • 新しいことに挑戦して自己成長したい
  • 仕事に熱中できる環境で働きたい
  • 「日本一」の会社をつくっていきたい
  • 収入アップやキャリアアップを実現したい
  • 実力や能力を正当に評価して欲しい
  • 住宅設計・施工管理職

    注文戸建、分譲戸建、戸建施工管理、マンションプロジェクト開発、リノベーションなどを担当する職種です。

    注文戸建設計

    土地の形や周辺環境を踏まえ、お客様が建てたい家のイメージをヒアリングし、細部までこだわって、一緒に理想の家を作り上げていきます。

    「和室が欲しい」「収納を増やしてほしい」等、ご要望を伺いながらカスタマイズ設計もしていきます。

    分譲戸建設計

    「憧れの都心に一戸建てを持ちたい」という多くのお客様の想いに対して、“快適な住まいを適正な価格で提供できる”強みを持つオープンハウス。

    そのための設計を行うのが、分譲戸建設計の仕事です。

    地価の高い都心において現実的な価格で家を建てることができる、オープンハウスならではの様々なノウハウがあります。

    累計16,000棟以上にのぼる豊富な実績から生み出される、こうした「独自のノウハウ」をフル活用することによって、多くのお客様の夢を実現できる職種です。

    戸建施工管理

    「都心に一戸建ての家を持ちたい」という多くのお客様の夢に対して、「時流にマッチしたシンプルな木造建築デザイン」「都心の狭小地をうまく活用した、ゆったりとくつろげる居住空間を提供」する家を、高品質かつ適正な価格で提供しているオープンハウス。

    個人ではなく、チーム制でお互いの現場をサポートできる体制であり、担当エリア制により移動時間を少なくすることや、独自開発の管理アプリを活用して効率よく業務を行います。

    マンションプロジェクト開発

    マンションプロジェクト開発業務では、オープンハウスの新築分譲マンションシリーズ「オープンレジデンシア」の業務に携わることができます。

    企画だけ、設計だけ、工事だけ、のような分業ではなく、用地の仕入れから商品企画。

    建築監理やお客様への引き渡しまで、協力会社様と連携しながら一連の業務を担当するのが大きな特徴。

    オープンハウスがこれまで蓄積した多くのノウハウを活用して新築分譲マンションを手掛けながらも、比較的新しい事業部のため、自分から業務の仕組みや組織、制度を企画運用して行くことも可能です。

    リノベーション

    「都心に一戸建て」というテーマの元、これまで累計16,000棟の戸建て住宅を手掛けてきたオープンハウスは今、新築マンション事業や中古マンションの不動産再生事業などにも注力しています。

    リノベーション業務担当の仕事は、都心を中心とした好立地にある、優良中古マンションの仕入れ企画からリノベーション設計施工~再販売まで幅広く対応。

    1件1件、全く異なる物件に対して「より高い付加価値をつけて売れる商品」に仕立てるため、自らリノベーションを企画・設計・施工し、販売につなげる魅力があります。

    品質管理、積算、業務経理

    技術系では、品質管理・積算・技術系総合職・リノベ・リフォーム施工監督等・安全パトロール等を担当します。

    事務・管理系としては、業務経理が中心の業務になります。

    地域・エリア限定になるものの、名古屋・福岡エリアではマンション設計監理等を担当する職種も存在します。

    こんな人におすすめ
  • コミュニケーションが得意
  • リーダーシップがある
  • 計画性がある
  • 危機管理能力が高い
  • 都市開発の企画・管理職

    戸建分譲用地の企画・商品化・販売促進までの一連の業務を担当する部署での仕事。

    企画・設計業務

    オープンハウスが取得した用地を、分譲する戸建住宅用地として加工・計画する業務。

    「売れる商品」を「購入したい商品」として企画・商品化する。

    外注管理業務

    戸建事業において発注する協力会社様との取引管理を行う業務。

    解体工事・ライフライン工事・ブロック工事・測量等、多くの協力会社様とコミュニケーションを取りながら、当社が計画した工期・コスト・仕様を実現するための管理能力やコミュニケーションスキルが求められる。

    契約・決済業務

    不動産売買契約書・重要事項説明書の作成やチェックを行う業務。

    有資格者には実際に契約時に同行してもらい、重要事項説明の説明もあるため、契約に関するリスクを未然に防ぐ、重要な職務。

    こんな人におすすめ
  • 若手育成に力を入れている部署で働きたい
  • 頑張りを給与や役職で正当に評価されたい
  • 20代で役職者として活躍する会社で働きたい
  • 仕事とプライベートのメリハリをつけて働きたい
  • 責任感が強い仕事に就きたい
  • オープンハウスの働く環境について

    オープンハウスには子育てをする社員が働きやすい環境を提供する制度ダイバーシティの一環として、育児と仕事の両立を支援するために、子育て中の社員が働きやすいフレキシブルな就労スタイルがあります。

    ここでは、実際にオープンハウスにある5つの就労プログラムについてご紹介します。

    勤務時間限定プログラムA

    原則、所定労働時間の勤務を行い、概ね40h/月程度の時間外労働、休日労働を想定した勤務形態。

    年間休日は就業規則通り。

    勤務時間限定プログラムB

    原則、所定労働時間の勤務を行い、概ね20h/月程度の時間外労働、休日労働を想定し、且つ年間休日を125日とした勤務形態。

    フレキシブルプログラム

    対象社員の希望に沿って勤務日数や勤務時間を設定できる。

    短時間勤務プログラム

    時間単位で好きな時に好きなだけ自由に勤務することができる。

    在宅勤務プログラム

    在宅で時間単位で好きな時に好きなだけ自由に勤務することができる。

    オープンハウスの福利厚生

    オープンハウスの社員になると受けることができる福利厚生を2つご紹介します。

    慶弔見舞金(出産祝い制度)

    社員やその家族の冠婚葬祭に支払うご祝儀やご香典、お見舞金などの手当。

    社員やその家族の結婚、出産、死亡などに対して支給。

    オープンハウスでは「結婚祝金」「出産祝金」「香典・供花・弔電」「傷病見舞金」「災害見舞金」を支給している。

    例)5年以上在籍した社員本人もしくは奥様が出産した場合の出産祝い金
    第一子誕生時:10万円を支給
    第二子誕生時:20万円を支給
    第三子誕生時:100万円を支給

    社有社宅制度

    オープンハウスが保有する物件に安価な家賃(市場価格の3割程度)で住める制度。

    社有社宅は市場より安価な家賃に設定しているので月々の支出を抑えることができ、敷金、礼金なしで入居可能。

    各営業センターにアクセスのしやすい、川崎・南行徳・溝の口・国立に社宅あり

    オープンハウスの事業優位性

    オープンハウスの事業優位性について解説します。

    強い営業力を持ち合わせたディベロッパー

    商品ありきではなく、マーケットの実需を踏まえた事業戦略をとっています。

    そのため、ローリスクビジネスを核としながら、ハイリターンビジネスへの積極参入、不動産とのシナジーを生み出す金融事業の始動をすることを可能としています。

    また、参入障壁の高い事業用地での高収益物件を開発することで、首都圏での集中展開から海外市場への飛躍も実現しています。

    これらの「広範囲な事業チャネルへの進出」は、同業他社には真似のできない、オープンハウスならではのビジネスモデルです。

    今後も総合ディベロッパーとして、独立系No.1の道へ、着実に前進していくことでしょう。

    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    不動産業界に転職するときに有利になる資格

    不動産業界の転職で「応募するために必要な資格ってあるの?」「持ってたら有利になる資格ってあるのかな?」という疑問を持っている方のために、持っていたら有利になる資格を紹介します。

    人材を募集している企業のほとんどが、資格や経験よりも人柄や意気込みを重視する傾向にあるため、資格がなくても問題ありません。

    しかし、せっかく持っている資格があるのであれば履歴書には記載するようにしましょう。

    不動産業界への転職で有利になる資格

    不動産業界を以下の2つに分けて紹介します。

    【不動産業界】2つの分類

    1. 設備管理系
    2. 施工管理系

    設備管理系

    まずは、宅建や不動産管理士といった、不動産業界では重宝されることの多い、設備管理系の資格を紹介します。

    宅地建物取引士

    通称「宅建」と呼ばれ、不動産関連の仕事に直結するエキスパートで、不動産売買や賃貸の仲介に不可欠な国家資格です。

    毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格となっています。

    資格取得によって、物件の取引条件や手付け金、登記、不動産に関する条件など重要事項の説明や、重要事項説明書の作成・交付・押印、契約後のトラブル防止となる書面の記入・押印など、不動産関連の職種での重要な手続きに携わることができます。

    取得難易度
    平均:15〜17%

    過去10年間の宅建の合格率は15~17%で、合格基準点は31~37点(50問中)です。
    つまり、約75%を正解できれば合格できます。

    2019年度の合格率:17.0%
    ※受験者:220,797人のうち合格者:37,481人

    転職で有利になるか
    不動産業を営む会社や事業所などには「宅地建物取引主任者」を置かなければいけないという義務があるので、不動産業界の転職にとても有利な資格といえる。

    マンション管理士

    「マンション管理士」の資格を持てば、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等、マンションの管理に関して、管理者またマンションの所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うコンサルタント的な役割を担う事が出来ます。

    取得難易度
    平均:7〜9%

    過去10年間の宅建の合格率は15~17%で、合格基準点は31~37点(50問中)です。
    つまり、約75%を正解できれば合格できます。

    2019年度の合格率:17.0%
    ※受験者:220,797人のうち合格者:37,481人

    転職で有利になるか
    マンション管理士は組合運営のノウハウのほか、契約などの法律知識、マンション構造などの技術的知識までも有する点で老朽化対策を一気通貫に受任することができ、他業種の専門家ではなかなか太刀打ちできない独自のポジションを占めています。

    今後も必要性が高く将来性のある資格といえます。

    公益財団法人マンション管理センター

    不動産鑑定士

    不動産鑑定士とは、公認会計士試験と並んで3大国家試験の一つ。

    余り一般的には聞かないが相続税路線価評価、固定資産税評価、公示価格、基準地価格の評価など、評価として一般生活に密接な関連性が高い資格です。

    取得難易度
    平均:5%(最終合格率)

    一次試験の短答式:平均30%
    二次試験の論文式:平均15%

    過去10年間の宅建の合格率は15~17%で、合格基準点は31~37点(50問中)です。
    つまり、約75%を正解できれば合格できます。

    転職で有利になるか
    不動産鑑定の部署を設けている不動産会社では、不動産鑑定士の資格を持っているかどうかで選考が大きく左右されます。

    資格取得の難易度がとても高いので、その試験に合格したという事実は転職活動を有利に進めてくれます。

    また不動産業界以外の一般企業や不動産に関係する官公庁においても優遇される場合もあるため、転職という場面で見ても不動産鑑定士は価値の高い資格と言えます。

    公益財団法人マンション管理センター

    建築設備士

    建築設備士は、建築士の求めに対し建築設備の設計、工事監理に関する適切なアドバイスを行える建築士法に基づく国家資格です。

    建築設備士の取得者は実務経験なしで二級建築士、木造建築士試験の受験資格及び試験合格後の登録(免許取得)資格が与えられ、実務経験なしで一級建築士試験の受験資格が与えられます。

    なお、一級建築士試験合格後の登録(免許取得)には、建築設備士の取得後4年の実務経験が必要です。

    取得難易度
    平均:25%

    ※令和2年度 建築設備士(実受験者数:2,526人のうち合格者数:650人)

    転職で有利になるか
    建築士が建築設備まで理解して設計を行うことも不可能ではありませんが、建築設備が複雑化するなかで建築設備の専門的な知識を持つ建築設備士の意見が求められる場は多く、需要は高まっています。

    建築技術教育普及センター

    土地家屋調査士

    土地家屋調査士の資格は国家資格となっており、この業務を行うには法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格し、各都道府県内に設立された「土地家屋調査士会」へ入会して、日本土地家屋調査士会連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録しなければなりません。

    受験資格は特になく、筆記試験と合格後の口述試験があります。

    筆記では不動産の登記に関する内容と測量・作図に関する内容で、口述試験では土地家屋調査士の業務を行うにあたっての必要な知識を問われます。

    取得難易度
    平均:9%

    ※令和元年度(実受験者数:4,198人のうち合格者数:406人)

    転職で有利になるか
    土地家屋調査士の仕事は、現地に出向いての測量業務や、法務局での調査業務、また、図面や書類の作成といった事務所でのデスクワークなど多岐にわたります。

    不動産を正確に登記に反映することで、安全な不動産取引につなげ、所有者の財産を明確にするという使命のもとにおこなう独占業務であるため、今後も安定した需要が見込まれます。

    独立開業へも希望を持てるとともに、地域や地元に根づいて続けられる業務とも言えるため、地域貢献ができる職業です。また、資格試験に必要な勉強科目が共通していることや、一部試験が免除になることなどから、宅地建物取引士やマンション管理士、測量士などの資格とも関連性があります。

    日本土地家屋調査士会連合会

    コンクリート診断士

    コンクリート診断士は、建物に使われているコンクリートを診断し、問題を早期に発見し、適切な補修・補強をうながせる専門家を認定する資格です。

    取得難易度
    平均:15.6%

    ※2019年度(実受験者数:4,243人のうち合格者数:663人)

    転職で有利になるか
    今後、増加が見込まれる補修やリニューアル工事に対応できる人材として、需要が増すことが予想されます。

    工事発注者がこの資格の所持を条件に挙げることが増える一方で、有資格者の数はまだまだ少ないのが現状です。

    そのため、有資格者は転職市場で重宝されるだけでなく、発注者からも信頼されます。

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

    施工管理系

    工程管理や安全管理、品質管理などを建築現場で行う施工管理。

    工事が大規模になるほど工程は複雑になり技術者の数も増えるため、施工管理によって計画性のある質の高い工事を行う必要性があります。

    施工管理の主な仕事は、発注者との打ち合わせや技術者の指導といった、現場管理や監督業務です。

    建築施工管理技士

    建設学全般を広く扱う資格ですが、近年では設計分野にも重点を置く資格体系となっています。

    また、建設施工において高い精度を要求されつつも、施工計画・安全管理・品質管理・工程管理といった事項を達成しつつ、予定工期内に建設を完成させる高度な技術的スキルが求められる資格です。

    なお、建築施工管理技士の区分は1級、2級と分かれています。

    取得難易度
    1級建築施工管理技士:平均40%

    2級建築施工管理技士:平均50%

    1級建築施工管理技士試験のほうが出題範囲が広い分、合格する難易度が高くなっています。

    転職で有利になるか
    専門的かつ高度な技術と経験が要求され、空調や電気、土木工事の業者とも連携する場合もあることから転職で有利になる可能性が非常に高い資格です。

    施工管理技術検定についての詳細はこちら

    土木施工管理技士

    河川、道路、橋梁などの土木工事において、技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などに携わる必要不可欠な技術者が「土木施工管理技士」という資格です。

    1級土木施工管理技士の資格を取得すると、特定建設業の「営業所ごとに置く専任の技術者」及び現場に配置する「監理技術者」として認められます。

    また、2級土木施工管理技士の資格であれば、一般建設業の許可を受ける際に必要な「営業所ごとに配置する専任の技術者」及び「建設工事における主任技術者」として認められる等、施工管理に携わる方には必要不可欠な資格です。

    取得難易度
    1級土木施工管理技士(学科):54.7%
    1級土木施工管理技士(実地):45.3%

    1級土木施工管理技士(学科):67.1%
    1級土木施工管理技士(実地):39.7%

    ※令和元年度

    転職で有利になるか
    建設に関わるあらゆる工程に携わる現場の責任者として、とても重要な役割を果たすため、有資格者は重宝されると共に転職にも有利になります。

    全国建設研修センター

    電気工事施工管理技士

    資格を取得することで、建造物の建設や増築などに必要となる「電気工事における施工計画の作成」、「工事の工程・安全・品質などの管理」、「電気工事の監督業」などを行えます。

    施工管理技士は施工管理上の技術責任者として、高く位置づけられている重要な資格です。

    電気施工管理技士1級と2級に区分されています。

    取得難易度
    1級電気施工管理技士(学科):40.7%
    1級電気施工管理技士(実地):66.3%

    2級電気施工管理技士(学科):58.7%
    2級電気施工管理技士(実地):45.4%

    ※令和元年度

    転職で有利になるか
    施工管理技士は施工管理上の技術責任者として、高く位置づけられている重要な資格です。

    そのため、キャリアアップや転職において強力な武器になります。

    施工管理技術センター

    建設機械施工技士

    建設機械施工技士とは、建設現場で建設機械施工に関する運転操作や、監理技術者や主任技術者として現場の施工管理を行う責任者を認定する国家資格です。

    1級建設機械施工技士は各種建設機械を用いた施工における指導・監督的業務を行い、2級建設機械施工技士はさらに第1種から第6種までに分類され、それぞれの機械を用いた施工において、運転・施工の業務に携わることができる。

    取得難易度
    25.1%

    ※令和元年度

    転職で有利になるか
    特定建設業や一般建設業の許可基準である営業所の専任の技術者になる事も可能で、転職だけでなく将来のステップアップのために有用な資格です。

    JCMA一般社団法人日本建設機械施工協会

    管工事施工管理技士

    1級管工事施工管理技士の資格を取得すると、特定建設業の「営業所ごとに置く専任の技術者」及び現場に配置する「監理技術者」として認められます。

    また、2級管工事施工管理技士の資格であれば、一般建設業の許可を受ける際に必要な「営業所ごとに配置する専任の技術者」及び「建設工事における主任技術者」として認められる等、施工管理に携わる方には必要不可欠な資格です。

    取得難易度
    1級管工事施工管理技士(学科):52.1%
    1級管工事施工管理技士(実地):52.7%

    2級管工事施工管理技士(学科):69.3%
    2級管工事施工管理技士(実地):44.1%

    ※令和元年度

    転職で有利になるか
    資格を取得すれば工事現場における重要な役割に就くことができます。

    1級では特定建設業の専任技術者、一般建設業の主任技術者および監理技術者になることが可能です。

    また、2級では一般建設業の専任技術者、主任技術者になれます。

    日本建設情報センター

    オープンハウスと比較されている企業

    オープンハウスと比較されている企業

    当ページを見ている人の中には、オープンハウス以外の転職先を検討している人も多いと思います。

    オープンハウスのようにハウスメーカーと比較している人、不動産業界という括りで比較している人など様々だと思います。

    そこで、ここからはオープンハウスと比較されることが多い企業を紹介します。

    転職エージェントからの話を元に、実際にオープンハウスと比較している人が多い企業に絞っているため、転職先を検討する際の参考にしてください。

    なお、これらの求人も上記で紹介している転職エージェントであれば、詳細の給与条件や業務内容などを含めて紹介してもらえる可能性があります。

    ハウスメーカーという分類で比較されている企業

    まずは、ハウスメーカーという分類ででオープンハウスと比較されていることの多い企業を紹介します。

    実際に求人を目にしたことのある企業もあると思いますが、各企業の事業内容も併せて紹介しています。

    ※紹介している企業は上部で紹介している転職サイトで紹介してもらえる可能性が高いです。

    ただし、時期によって募集求人が異なるため、転職サイトは2,3社に登録しておき、好条件求人を見つけられる可能性を高めておきましょう。

    ハウスメーカー

  • 積水ハウス
  • 住友林業
  • 三井ホーム
  • 大和ハウス工業
  • 一条工務店
  • 積水ハウス

    住まいに関する事業に特化し、日本の住宅産業のリーディングカンパニーとして住居を探す人だけでなく、転職者からも高い人気を誇っている企業です。

    積水ハウスのは、累積建築戸数が235万戸を超え世界No.1の実績を誇っていたり、多様な視点を住宅ビジネスに取り入れ、事業領域を拡大している点が同業界でも一目置かれているポイントとなっています。

    また、平均年収も750万円〜800万円と高いため、転職をして年収アップしたい人から特に人気が高いです。

    住友林業

    木造戸建注文住宅の分野で人気が高く、オープンハウスとも比較されることも多いのが住友林業です。

    日本の木造戸建注文住宅の分野を牽引し、アメリカや新興国などの海外市場へも積極的に参入しています。

    ハウスメーカーという側面以外にも、山林の経営や木材建材商社としてのビジネスも展開していることが注目されています。

    多様な事業を展開していることから、キャリアアップをしたい人別事業に携わってみたい人からの人気が特に高いです。

    三井ホーム

    三井ホームは、数あるハウスメーカーの中でも規格にとらわれないデザイン性を強みとしています。

    お客様の夢を形にするフルオーダーメイドや永く住み継がれるデザインにこだわっていることが、ハウスメーカーの中でも評価されているポイントとなっています。

    また、ジョブローテーション制を採用し、社員の適性や得意分野を活かす人事戦略や評価制度が好評で、転職先として検討している転職者も多い理由の1つ。

    大和ハウス工業

    住宅に限らずに様々な建築物を手がけているのが大和ハウス工業という企業です。

    戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、商業施設、事業施設(物流施設、医療・介護施設等)、環境エネルギーなど幅広い事業領域にプラスして、リフォームや買取再販事業、戸建住宅団地の再耕(再生)事業「リブネスタウンプロジェクト」にも着手しています。

    グループ会社数360社(2020年3月31日時点)と全国各地に拠点を構えていることで、様々な職種で人材を募集していることから比較されるケースが多くなっています。

    一条工務店

    一条工務店は、気密性や断熱性の高い省エネ住宅を追求し、性能の高い家作りが評価され、様々な賞を受賞している企業です。

    スキルアップ支援が手厚かったり、休暇制度が充実していたり、ジョブリターン制度が採用されていたりする点が転職者から人気を集めています。

    また、誰もが発言しやすいフラットな社風があり、特に第二新卒若手の人が検討しているケースが多いようです。

    不動産業界という分類で比較されている企業

    次に、不動産業界という分類ででオープンハウスと比較されていることの多い企業を紹介します。

    不動産会社

  • 三井不動産
  • 飯田グループホールディングス
  • 三菱地所
  • 住友不動産
  • レオパレス21
  • 三井不動産

    三井不動産は、まさに不動産のパイオニア的存在です。

    「持続可能な社会」と「継続的な企業価値向上」を実現すべく、「リアルエステート・アズ・ア・サービス」、すなわち「不動産をお客さまにモノとしてではなくサービスとして提供する」という考えのもと、「ハードや空間づくり」に留まらず人々に「ビジネスライフやくらし」を提供していくことで、働く人の生産性向上や快適で健康なくらしの実現など、スペースの利用以上の付加価値を創出していくことを目指しています。

    営業職だけでなく、バックオフィスの人材募集も多くあるため、幅広い人が検討している企業の1つです。

    飯田グループホールディングス

    日本一の戸建分譲住宅メーカーとして、戸建分譲住宅における販売シェア30%(2019年度:国内トップシェア)、年間4万6,000戸を供給する業界ナンバー1の企業となっています。

    『単にモノ(ハード)としての住宅を提供するのではなく、住宅を通じて、お客様の幸せな暮らしと、“想い” を実現するための空間(コミュニティー)を創造する企業集団になろう』という気持ちを込めて、「より多くの人々が幸せに暮らせる住環境を創造し、豊かな社会作りに貢献する」をスローガンに、お客様に感謝されるように、真心を込めて、様々なニーズに対応した住宅作りをしており、今後は海外市場へ進出し総合不動産住宅メーカーを目指しています。

    三菱地所

    製造・販売・管理というトータルなサービスで、魅力あふれる街づくりを通じて社会に貢献しているのが三菱地所グループです。

    DXにも取り組んでいることから、不動産業界出身者だけでなくIT系人材の人からも比較されています。

    また、大規模なプロジェクトに携われるケースも多くあるため、やりがいのある仕事をしたいという理由で転職先を探している30代前後〜40代の人からも人気が高いです。

    住友不動産

    住友不動産は、オフィスビル220棟超を保有・運営し東京No.1の実績を誇っています。

    30代の約9割がポストに就任するなど、キャリアアップするための早さが転職者からは魅力的に見えているようです。

    個人住宅ではなく、都市開発事業やオフィスビル事業が強いため、大きな仕事がしたいという若手これまでの経験を活かして大規模な事業に携わりたいという人から人気を集めています。

    レオパレス21

    1985年に敷金無料型賃貸マンションの「レオパレス21」事業を開始後、飛躍的な展開を見せているのがレオパレス21です。

    さらに2001年から「マンスリーレオパレス」(マンスリーマンション)を販売開始したり、収益を安定的に獲得することができるストック型ビジネスモデルの構築を推進するとともに「シルバー事業」「ホテルリゾート・その他事業」など事業を拡大しています。

    ブラックな労働環境というイメージがある不動産業界ですが、レオパレスは月平均残業時間が18.2時間(2017年実績)であったり、テレワークを推進すべく、週4回の在宅勤務やモバイルワーク導入していることから労働環境を見直すための転職を検討している人が比較しているケースが多いです。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    SNSでもご購読できます。

    コメント

    1. masaru より:

      地場の不動産屋を辞めて、とりあえず大手のオープンハウスに転職できたらいいなと思ってたけど、リクルートエージェントのアドバイザーに相談したら「残業多いですけど、大丈夫ですか?」って言われて悩み中。

    2. ひろゆき より:

      オープンハウスへの転職で、マイナビエージェントを利用しました。
      初めての転職で何から始めたらいいのか何も分からなかったのですが、
      マイナビエージェントのコンサルタントの人は履歴書の書き方から会社の選び方まで丁寧に教えてくれました。
      実は、私は子どもがいたので残業ができない、という制限があり、残業なしの会社で、かつ子どもの送迎の事を考えて家から45分圏内の会社を探していました。
      そんな条件のいい会社の求人があるのか少し不安でしたが、調べてもらったところ多くの会社がヒット。そこから受けたいと思った会社を選んでエントリーシート、面接の練習をしました。
      エントリーシートもマイナビの担当者の方がしっかりチェックし、赤ペンを入れてくださったり、直接アドバイスをしてくれました。丁寧なアドバイスと修正を重ねて、内容の濃いエントリーシートが出来ました。内容の良いエントリーシートを書く中で自身の転職意志も明確になってきて、安心して面接受けることができました。
      おかげさまで、転職活動を始めて2ヶ月くらいでオープンハウスを含め、4社の内定をいただきました。多くの企業からの内定をもらえて本当に満足しています。転職活動は難しいと思い込んでいましたが、私のような制限があっても、内定を貰えて本当に良かったです。

    3. 2LDKの女 より:

      広告代理店で企画営業していましたが、インセンティブを全く出してくれなかったためオープンハウスに転職して営業をやってました。実際に働いてみると、この記事に書いてある通り売り上げを出せば月100万円も可能なくらい実力社会でした。実際に私も2度ほどインセンティブ合わせて月額100万円以上稼ぎました。
      もし本気で稼ぎたいのであれば転職先としておすすめできます。

    4. ジョンソンアンドジャスミン より:

      パソナのエージェントが神対応で感動した。
      あまりエージェント使うメリットわかってなかったけど、次も絶対使うわ。

    5. カバチタレ より:

      年収アップとライフワークバランス、どっちを取るべきか…

    6. 退職済み より:

      上司は体育会だし、勤務時間も長かったけど、営業としてスキルアップできることも沢山あったので何だかんだ感謝してます。
      転職活動するときもオープンハウスでの実績は相当評価してもらえたし。

    7. 元社員H より:

      残業が多くても部活みたいで楽しいって言う人もいれば、
      22時まで営業リスト作らせるとか社畜だろって言う人もいるから、
      ブラックかどうかって人によって解釈が違うからなんとも言えないと思うけどね。

    8. 市役所コウジ より:

      28歳んときに中途で転職したけど、稼ぐならマジでアリだと思う。ただ、上下関係もあるし、残業もある程度の覚悟は必要。あと、誰に教えてもらうかってのも未経験だと重要やね。

    コメントを残す