転職

パナソニックを辞めたい人が増加中?衝撃の理由と失敗しない転職活動

パナソニック(Panasonic)と言えば日本を代表する総合家電メーカーであり、日本人であれば誰もがその社名を知る超一流企業です。

しかし、近年は、
「日本の家電メーカーの将来は暗いので脱出したい」
「電機メーカーには将来性がないのでパナソニックを辞めたい」
という転職希望者がパナソニック社員の方の間で増加してきています。

2017年現在から約10年前のパナソニック(旧・松下電器)は、トヨタ自動車を上回る将来安泰の超一流企業と認識されていました。

リーマンショック直後の2009年度に発表された大学生就職人気企業ランキングにおいて、理系学生の就職人気ランキングであのトヨタ自動車をも大きく上回り2位に君臨していた憧れの人気企業が、2000年代の半ばから液晶分野の好調によって躍進していたパナソニックでした。

理系総合ランキングTOP10
1 ソニー
2 パナソニック
3 資生堂
4 サントリー
5 味の素
6 シャープ
7 トヨタ自動車
8 旭化成グループ
9 キヤノン
10 カゴメ

パナソニックが就職先として人気だった理由

理系総合2位、2008年10月に社名変更をした『パナソニック』は6年連続トップ10入り、前年比6ランクアップと根強い人気を呈している。

投票理由の特徴は「安定している・業界上位である・将来性がある」といった安定軸項目において全項目が平均的に高く(選社理由:安定している=11.8%・業界上位である=21.7%・将来性がある=8.8%)、抜群の安定性を学生が感じ取った模様だ。

2009年度の就職戦線では、アメリカのサブプライムローン問題に端を発したリーマンショックの影響から将来に不安を抱いた若者や学生の堅実志向・安定志向・大手志向が非常に高まっており、「安定している・業界上位である・将来性がある」という点で評価の非常に高かったパナソニックが根強い人気で就職人気ランキング2位に躍進していました。

この当時のパナソニックは就職先としてずば抜けた人気を誇る企業でしたので、この時期に入社されたパナソニック社員の方は凄まじい競争と倍率を勝ち抜いて入社した非常に優秀な方であり、他企業からすればまさに垂涎ものの人材の宝庫です。

巨額の赤字を抱え深刻な経営危機に陥ったパナソニック

この様に2009年度の就職戦線において、「安定している・業界上位である・将来性がある」という理由から将来安泰の一流企業として若者や学生にとっての憧れの就職先であったパナソニックですが、しかし、その後2011年から2012年にかけて二期連続でかつて好調だった液晶分野の大不振による巨額の赤字を抱えることになり、シャープと同様の深刻な経営危機に陥りました。

引用:「もはやうちは負け組」と社長が危機宣言—2期連続で7,500億超の巨額赤字を計上したパナソニックは倒産寸前から復活した日産のV字回復に学べ –https://gendai.ismedia.jp/articles/-/33958″>現代ビジネス

「普通の会社ではないと自覚するところからスタートしなければならない」
「過去の投資判断に課題があった」
「もはやうちは負け組である」

パナソニックの津賀一宏社長は10月31日、2013年3月期第二・四半期決算発表の席上でこう語った。

同時に発表した2013年3月期通期の業績見通しでは、当期純損益を500億円の黒字予想から一転、7,650億円の赤字に引き下げ、63年ぶりの無配に転じる。パナソニックは前期も製造業では過去2番目に大きい7,721億円の当期純損失を計上、同社のような「優良企業」が2期連続の巨額赤字を計上するのは日本の企業史の中でも異例のことだ。

人員削減などのリストラによって本業の儲けを表す営業利益はどうにか黒字を確保したものの、営業外損益で事業構造改革費4,400億円を計上、さらに繰り延べ税金資産を4,125億円取り崩すことで巨額の当期純損失に陥った。

事業構造改革の主な内容は、携帯電話事業や買収した三洋電機のリチウムイオン電池や太陽電池の不振・事業縮小によって発生した減損処理(のれん代計上)に伴うもの。中村邦夫前会長(現相談役)時代から大坪文雄前社長(現会長)時代にかけての投資判断の誤りやM&A戦略の失敗のツケを払わされている形だ。

業績好調でトヨタを上回る人気を誇っていた将来安泰で安定経営のはずの一流大企業が、その後たった数年で巨額の赤字を抱える負け組に転落して深刻な経営危機に陥る。

まさに一寸先は闇という激動の現代を反映する出来事と言えます。

業績V字回復で経営危機を乗り越えたパナソニックだが…
その後パナソニックは、テレビ事業における8年ぶりの黒字化などの業績のV字回復によってどん底の赤字状態を見事に脱し、深刻な経営危機を乗り越えました。
(引用:パナソニックV字回復 テレビ事業が8年ぶりに黒字化 –https://news.allabout.co.jp/articles/c/463493/”>All About NEWS

パナソニックに成功をもたらした「組織編成の変更」

時事通信などは、営業赤字が続いていたパナソニックのテレビ事業が2016年3月期に黒字に転じる見通しとなったと報じている。大画面4Kテレビが日本や欧州で好調なためで、営業黒字は8年ぶりだという。

黒字化の背景には、プラズマディスプレイからの撤退など構造改革を進められたからという見方が強い。パナソニックの構造改革はどのように行われたのだろうか。組織マネジメントの専門家である大関暁夫氏が、パナソニックの「二度の組織改編」についてAll Aboutで解説している。

(中略)

パナソニックへと社名を変更した松下電器は、製品路線に生じた迷いに加え円高不況とアジア勢の台頭による低価格化の波を大きくかぶり、12年には史上最大の巨額赤字を計上。これ受けて事業部制への回帰することになる。

円安の恩恵もあるが、事業部制への回帰によって市場ニーズを踏まえた「選択と集中」が行われ、プラズマディスプレイからの全面撤退、住宅関連部門、自動車関連部門への軸足シフトといった事業再編ができたのだ。

しかし、このパナソニックの経営再建は一時的な円安による特需や大規模な従業員の首切り・リストラによるコストカットによるものであり、メーカーの現場で働く多くの従業員の方からは、日本の家電メーカーの将来や未来は長期的に明るいものとは決して思われていません。

引用:5年前より正社員を減らした500社ランキング – 東洋経済オンライン

パナソニックは13万人減、電機目立つ

東洋経済オンラインは、過去5年で正社員を大きく減らした上場企業を独自に調査。

上位500社をランキングした。雇用期間の定めがなく解雇にも厳しい制限などがある「正社員」は、有価証券報告書で原則は従業員数として記載されている。直近本決算(2014年12月~2015年11月期)と5年前で比較して、その減少数を調べた。

(中略)

ランキングの1位はパナソニック。2010年3月期に38万4586人だった連結従業員数は、13万人あまり減少して、2015年3月期は25万4084人となった。この5年は、毎年1万人以上の規模で正社員が減っている。

そして2017年にはパナソニックからさらなる大規模な事業解体とリストラの発表があり、日本の電機メーカーの苦戦は顕著なものとなっています。

参照:パナソニック リストラ再び デジカメなど6事業 収益源探し、悩む電機 – 日本経済新聞

パナソニックが不採算の6事業を対象に一段のリストラに踏み切る。2018年3月期に液晶パネルの生産ラインや半導体事業会社の株式の売却を検討するほか、今春にはデジタルカメラなど3つの事業部を解体して人員を減らす。

12年に就任した津賀一宏社長は大規模リストラに取り組んで健全な経営を取り戻したが、足元の業績は低迷している。リストラ後の次の一手が見えないパナソニックは、新たな収益源の育成に悩む世界の電機大手の姿を映す。

10年前には多くの若者や学生達が「パナソニックで正社員になれれば将来安泰」と憧れていた将来安泰の超安定企業のはずのパナソニック。

しかし、現実には日本の家電産業は将来的に危機的な状況にあり、パナソニックは5年間で1/3の正社員を減らすという壮絶なリストラの嵐が吹き荒れる荒波の世界だった訳です。

日本の家電メーカーの将来や未来に悲観的な現場の声

この様な非常に見通しの暗い日本の家電産業の現場で働いている多くの方は、会社や事業の将来を悲観するどころか絶望感すら感じている様子が、転職口コミサイトの投稿から生々しく伝わってきます。

パナソニックからの転職者・転職希望者の方の転職動機や退職検討理由も「将来に危機感を感じて」という回答の割合が圧倒的に多く、半数以上を占めています。

参照:パナソニックの「退職検討理由」- https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000FrQN&q_no=8″>Vorkers
  • 業界としての将来性に魅力を感じない。 今後伸びる業界や会社で働きたいと感じた。
  • 安定感はあるが、個人的にも、会社的にも将来性が乏しい。
  • 勤務地がコロコロ変わる。単等業務もコロコロ変わる。将来が不安になる。
  • 開発設計業務に飽きてしまった。組織に将来性を感じなくなったから。
  • 事業の将来性に夢がなくなったため。
  • 所属部署の将来性乏しかったから。
  • 将来に不安がある。サポート部門なので、専門性の確立ができない。
  • 将来のキャリアパスが見えにくくなった。
  • コンシューマー向けの商品を担当しており、担当商品の将来性に不安を感じたから。
  • パナソニックでは今もなお事業の縮小や大規模なリストラが続いており、「手遅れとなってリストラされる前に他の将来性のある会社へ脱出した方がいい」という判断で転職を検討されている方も非常に多い様子が伺えます。

    とは言っても、毎日会社に出社して忙しく働くサラリーマンの方が、働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

    そして会社の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、とんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

    かと言って会社を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

    そこでオススメなのが、現在の会社で普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる転職エージェントに、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

    会社を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在の会社で働き続けることも可能ですので安心です。

    パナソニックからの転職で転職エージェントを活用すべき4つの理由

    パナソニックに転職エージェントを活用すべき4つの理由
    パナソニックから転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、大手企業や人気企業などの好条件な非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    パナソニックの転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    パナソニックからの転職でおすすめ転職エージェント

    パナソニックからの転職でおすすめ転職エージェント
    パナソニックからの転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 好条件求人を所有する可能性が高いか
  • 転職先の実情を把握しているか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    50代で転職を成功する人と失敗する人の違い。失敗しない転職活動。

    「会社の都合で仕事がなくなった…」
    「年収や待遇が不満…」
    「カラダを壊してしまった…」
    「家庭の事情で転職せざるをえない…」
    50代の転職理由は様々ですが、正直に伝えると50代での転職は失敗してしまうことが多いです。

    しかし、50代で転職を成功させている人がいるのも事実です。

    そこで、「50代で転職を成功させた人」「転職失敗してしまった人の違い」や、成功させるためのポイントや方法をお伝えします。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    50代で転職する人に企業が求めている2つのこと

    50代で転職する人に企業が求めている2つのこと

    まず、50代で転職する人に企業が求めている2つのことを解説します。

    企業が求めていることを把握しておくことは、転職を成功させるためには不可欠です。

    1_仕事の実績や経験

    ベテラン社員が毎年定年を迎え、次世代の30-40代の社員がまだ経験不足である場合、その社員たちを指導してくれる人材を探す可能性があります。

    その枠に50代で食い込むためには、同じ業界で仕事の実績を目に見える形であげておく必要があります。

    また、長年かけて身につけた専門的なスキルや経験を若い世代に伝えていくという仕事もあるでしょう。

    2_資格

    仕事の経験やスキルももちろん必要ですが、転職先の企業が異なる業界や職種だった場合、その実績がどの程度のものなのかわからない場合もあります。そんなときでも転職に役立つのが「資格」です。

    資格といっても、20代の転職とは違い、より専門性が高く、自分の仕事の実績を形にできるものが望ましいです。

    例えば、電気関係の仕事をしてきた人なら、第二種電気工事士や実務経験が必要な資格を取得しておくと、即戦力として採用される可能性が高まります。料理人として働いてきた人なら調理士免許に加え、フードアナリストやフードコーディネーターなど、料理に関する別の資格を持っていることも有利に働くでしょう。

    50代の転職で注意すべき3つのポイント

    50代の転職で注意すべき3つのポイント

    50代で転職する際には、以下の3つのポイントに注意してください。

    経験が活きるか専門性が求められない仕事を探す

    転職先はこれまでの経験が活きるところか、未経験ならば専門性が求められない職種にしましょう。

    そのほうが転職成功率は高い傾向にあります。

    反対に、50代の未経験で専門性を要する業界・職種への転職は成功率が低い傾向にあります。

    活きる経験とは主に専門知識・スキル、マネジメント経験のという2つがあげられます。

    専門知識・スキルの中でも、語学力やIT系・金融系のスキルを持っている人は、業界で人材が不足しているため、50代でも重宝されるケースが多くみられます。

    また未経験の分野への転職を考える場合、配達・集荷のスタッフ、警備員、建設現場のスタッフ、一般事務などの仕事が良いでしょう。

    特別な資格がなくても出来ますし、専門性も高くないため経験がない方も転職がしやすいです。

    また、これらの職種では人手不足が続き、業界未経験の中高年層も歓迎される傾向にあります。

    ネガティブな転職理由を面接では絶対に言わない

    たとえ前職を辞めるに至ったネガティブな理由があったとしても、50代の転職ではそれをストレートに表現せずうまく他の要素と組み合わせながら伝えるのがコツです。

    例えば人員削減でリストラされた場合には、会社の将来性に不安を感じたことやキャリアプランなどど絡めて伝えるようにしましょう。

    また労働環境が厳しくもっとゆったりした職場で働きたくなった場合には、家庭環境への影響や心身への影響などと絡めて伝えると良いでしょう。

    心身の衰えが仕事への意欲や集中力にも大きな影響をもたらす年代だけに、ネガティブな本音を伝えるのではなく、まだまだがんばれるという意欲を演出することも大切です。

    妻子や両親など抱えるものが多い50代だからこそ、それを理由に仕事への意欲をアピールすることも説得力があって良いでしょう。

    企業が求めている人材を把握する

    転職を成功させるためには、企業に必要な人材であることをアピールする必要があります。

    そのためには、企業の人事担当者にあなたが会社で活躍している様子をイメージさせることが大切です。

    例えば、金融会社の営業部長の場合、金融会社には非正規雇用の方も多いのでマネジメントが重要になってきます。

    そのようなマネジメント経験が生かせる場所として、同じ非正規雇用のパート従業員などが多い食品会社の品質管理部長を転職先に選ぶのも一つの方法かもしれません。

    このように、企業側が求める人材を考えて、転職先を選び自身の経験をアピールするわけです。

    50代が転職活動を始める前に心得ておくこと

    50代が転職活動を始める前に心得ておくこと

    50代の人に向けて、転職活動を始める前に心得ておいて欲しいことがあります。

    • 転職先が決まってから退職する
    • 条件面に固執しすぎない
    • 事前に家族の理解を得る
    • スケジュールに余裕をもつ

    転職先が決まってから退職する

    50代を受けている企業(求人の数)は30代と比べると少なくなっているので、転職先が見つかりにくいのは事実としてあります。

    また、50代で転職をしようとしている人は一定数いるため、その分の競争率が高くなります。

    そのため、自分が想定しているよりも転職活動が長引いてしまうこともあります。

    やむを得ない事情があって退職せざるを得ないケースを除いて、転職先が決まるまでは退職しないようにしましょう。

    ヘッドハンティングされた場合も同様で、ヘッドハンティングされたからといって100%採用されるわけではないので、転職先から内定書をもらうまでは現職に留まっていることが得策です。

    条件面に固執しすぎない

    50代で転職をしようとしている理由の上位に、年収アップが入ります。

    転職によって、年収を上げることができればベストですが、条件が高すぎると選択肢の幅を狭めてしまうことになりかねません。

    そのため、生活が維持できる程度の年収は求めても問題ありませんが、状況によっては年収が下がってしまう可能性も加味して転職活動を進めると良いでしょう。

    年収に限らず、ポジションや休日などの条件でも同様です。

    転職する上で譲れる条件と譲れない条件をはっきり決めておくことが重要です。

    事前に家族の理解を得る

    前述したとおり50代の転職では、転職活動が長引いたり、年収が下がったりすることもあります。

    そのため、そのような状況になるかもしれないということを事前に家族に説明し理解を得るようにしましょう。

    事前に理解が得られている場合と得られていない場合では、転職活動を進めるうえでの心理的な負担が変わってきます。

    家族に心配をかけたくない、理解してもらえないなどの理由から、家族に対して転職活動していることを内緒にしているケースも多いようですが、事前に話しておきましょう。

    スケジュール、資金、心に余裕をもつ

    転職活動のスケジュール、資金、心に余裕を持って、転職活動を進めましょう。

    また、資金面においても余裕を持っておくことが重要です。

    在職しながら転職活動を進めることがベストですが、やむを得ない事情で退職後の転職活動のなった場合に備えて、家賃やローンなどを含めた生活費は貯蓄しておけば、家族の理解も得られる可能性が高くなり、心に余裕を持って進めることができます。

    また、失業給付金などの手当を申請しておくことも良いでしょう。

    失業給付金とは

    失業給付金(手当)とは、会社を退職して次の就職先が決まっていない状態(失業)の一定期間、転職や再就職を支援するために国から支給される手当のことです。

    急な会社の倒産など会社都合での退職や、自己都合での退職により失業状態になった時の労働者を守る、セーフティネットのような役割を担っています。

    50代の転職でおすすめ転職エージェント

    50代の転職でおすすめ転職エージェント

    50代の人が転職で登録すべき転職エージェントを下記の3つの条件で厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 50代向けの求人を所有する可能性が高いか
  • 企業の内部事情を詳しく教えてくれるか
  • 50代の転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    50代の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    50代の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    おすすめの転職エージェントを紹介しましたが、ここで1つの疑問が浮かんでいる人もいるのではないでしょうか。

    それは、「転職サイトではダメなの?」という疑問です。

    結論からいうと、50代で転職を検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントと転職サイトの違いを詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。
    [blogcard url=”https://jobs-change.jp/agentsite/”]

    転職エージェントを使うべき4つの理由は以下の通りです。

    4つの理由

    1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、50代から人気の高い大手企業有名サービスを提供しているベンチャー企業などの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    50代の転職エージェント7つの活用術

    50代の転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職エージェントに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職エージェントにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    50代の転職活動まとめ

    転職を検討している50代の方に向けて、おすすめの転職エージェントや失敗しないための転職活動の方法をお伝えしました。

    50代の転職活動は厳しく、長期化してしまうケースもあります。

    経験や人脈といった自分の強みを棚卸ししておくことで、少しでも選考をスムーズに進められるような準備をしましょう。

    そのため、転職エージェントを使って

  • 経験や人脈など自分の強みを棚卸しすること
  • 50代で転職した人の成功事例を聞くこと
  • 条件交渉を有利に進めること
  • 働きながらでも効率的に進めること
  • を意識して、転職活動しましょう。

    埼玉の求人を探すならココ!埼玉県に強い転職エージェント9選

    埼玉県で転職を希望する場合、在職中にひとりで転職活動を行うのは、時間的にも労力的にも限度があるためオススメできません。

    埼玉で転職を検討しているなら、転職エージェントサービスを使うべきです。

    この記事では、埼玉県の求人情報を多数保有し、転職サポートに定評のある転職エージェントを7社を紹介します。

    ※転職エージェントサービスは無料で利用することができます。

    【2021年10月】転職市場
    2021年10月時点では、全体の求人数は増加傾向にあります。

    新型コロナウィルスの影響もあり、一時的に求人数は大きく減少しましたが、採用を再開させた企業新たな人材の採用活動を進めている企業が増えています。

    そのため、少しでも転職を検討している人は、景況感を把握し、今まで以上にこまめに最新の求人をチェックしておくことが大切です。

    自分ひとりでは、間違った情報を収集してしまったり、日中の仕事をこなしながら情報収集する時間を取ることも大変。

    そんなときは、企業から最新の情報を手に入れており、転職市場に詳しい転職エージェントをうまく使いましょう

    埼玉県で転職エージェントを選ぶには?

    埼玉で、評判が良くおすすめの転職エージェントはどこか探していませんか?

    もちろん、転職エージェント選びでは担当との相性も重要なのですが、どこの転職エージェント選ぶかによって「持っている求人の量と質」「アドバイスの質」「サポート体制」が全く違います。

    埼玉県に強い転職サイトを選ばないと、希望に合った求人が見つからないということも。

    そこで、当サイトで紹介している、転職エージェントを使えば、転職成功できる確率をグッと引き上げることができるでしょう。

    埼玉で転職エージェントを利用するには?

    埼玉県のみの転職に特化している転職エージェントは、多くありません。

    ほとんどが、全国あるいは世界的に展開している大手転職エージェントです。

    その中から、埼玉県の求人に絞って紹介してもらうという形になります。

    埼玉県内にオフィスを構えている転職エージェントでは、埼玉県内での面談が可能です。

    それ以外では、電話による相談になります。

    埼玉での転職でオススメ転職エージェント9選

    埼玉での転職でオススメ転職エージェント9選

    埼玉での転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 埼玉県の求人を多数保有しているか
  • 各企業の内部事情にも詳しいか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • それでは、早速ですが、埼玉県に強い転職エージェントを9社紹介します。

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.1

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.1は、リクルートエージェントです。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:161,926件
    埼玉県の公開求人数:2,994件
    非公開求人数:156,302件
    埼玉県の非公開求人数:3,509件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    『リクルートエージェント』は業界最大手の転職エージェントで、都市圏はもちろん、埼玉県の求人数でも公開データを見る限りはNo.1です。

    非公開求人数が開示されている転職エージェント同士の比較になりますが、人材紹介業界でも大手の『マイナビエージェント』『パソナキャリア』と比較しても、4〜6倍ほど求人数に差があります。

    ちなみに、当サイトが500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、担当者によってサービスに差があるとは言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒案件からIT、外資などの専門性の高い分野まで幅広いユーザーからの指示を集めています。

    なので、業界やポジションに関わらず、転職活動をする際には必ず利用するべきエージェントです。

    面談拠点は全国に16箇所

    リクルートエージェントは、全国16箇所に面談拠点を構えています。(2021年1月現在)

    埼玉県周辺に在住の人がアクセスしやすいエリアにも5箇所の拠点があります。

    もちろん、電話やビデオツール、メールでの面談並びに求人紹介は受け付けています。

    面談拠点
    拠点
    東京本社
    北海道支社
    東北支社
    宇都宮支社
    さいたま支社
    千葉支社
    西東京支社
    横浜支社
    静岡支社
    名古屋支社
    京都支社
    大阪支社
    神戸支社
    中四国支社岡山オフィス
    中四国支社広島オフィス
    福岡支社
    受付時間
    10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

    業界・職種問わず、幅広い種類の求人を保有

    リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも最大級の求人数を誇っているので、幅広い業界・職種の求人を取り扱っています。

    また、企業規模としても、大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで幅広い。

    主な取扱い業界

    IT・通信業界
    Web・インターネット業界
    機械・電気業界
    化学・素材業界
    商社
    物流・運輸業界
    小売・卸売・サービス業界
    旅行・エンタメ業界
    マスコミ・広告業界
    人材業界
    コンサルティング業界
    金融・保険業界
    不動産・建設業界
    医療・医薬業界
    インフラ・官公庁・その他

    主な取扱い職種

    営業・販売
    経営・企画
    マーケティング
    事務系(経理・総務・人事)
    IT・エンジニア
    電気・機械
    科学エンジニア
    医療・医薬品
    化粧品
    コンサルタント
    建築・土木技術

    取扱い企業例

    ファーストリテイリング
    ソフトバンク
    BASE
    オムロン
    トランスコスモス
    積水化学工業
    エムスリー
    ダイキン
    シャープ
    武田薬品工業
    三井不動産

    ※2021年1月時点で公開求人にて検索にヒットした企業です。
    既に募集が終了している可能性もあるため、登録後にエージェントに確認してください。

    利用者の口コミ

    リクルートエージェントを利用した人にアンケートを実施したので紹介します。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    また、「他の人にリクルートエージェントを勧めたいですか?」という質問への回答も併せて紹介します。

    積極的に様々な案件を提案してくれる。
    面接から退職・入社手続きまでサポートしてくれる。
    可能性が低いところは率直に教えてくれる。

    30代_男性_営業職
    履歴書添削や面積対策が充実していることから登録をしました。
    他のエージェント会社よりも、時間をかけてサポートしてくれると感じました。
    中小規模の会社だけでなく、大手の求人も紹介してくださったので満足しています。
    年収も高い求人が多かったです。

    20代_男性_マーケティング職
    限られた条件の中でも、幅広い選択肢を提示してくれた
    書籍や雑誌の編集者というかなり限られた希望条件だったが、他のサービスと比べて求人数が多く、ホームページには掲載されていない求人も紹介してもらえました。
    また、紙媒体以外の編集に関する求人も紹介してもらえたので、選択肢が広がりました。

    20代_男性_編集職
    たくさんの職種、会社がたくさん載ってあってまず調べやすかったです。
    担当してくださった方も親切で丁寧でとても感じが良かったです。

    20代_女性_販売職
    リクルートエージェントはどの職種においてもすごい求人の数であったり質もそれなりに良いのが多かったため、転職活動が上手くいって良かったからです。

    30代_女性_事務職
    登録後なかなか連絡がなくどうしたものかと思っていたら、8日後に連絡がありました。
    しかもコンサルタントが上から目線で話をするので、相談をする気が失せました。
    担当の人によって対応は異なるのかもしれませんが、もう少し親身になって対応をしてほしかったです。

    20代_男性_営業職
    求人の量こそありますが質が良くありません。
    就職先が見つかれば何でもいいという感じで、ブラック企業のようなところでも押し付けてこようとしてきます。

    20代_女性_サービス職

    他の人に勧めたいですか?

    履歴書や職務経歴書の作成等、学べる点は多くあるため、勧めます。
    特に、初めて転職をする人にとっては、転職におけるノウハウを深く学べるため有益です。
    最大手ならではのエージェントの質の高さを伺えます。

    20代_女性_事務職
    大手の求人を多数紹介してくださったので、大手を希望している人にはお勧めしたいです。
    また、連絡も取りやすく、スムーズに転職できるのでお勧めできます。

    20代_男性_総合職
    若者だけでなく30代以上の募集している企業が多いので、30代以上の人におすすめです。

    30代_男性_販売職
    勧めたい。丁寧にいろんなことを教えてくださるし、いろいろ代わりにやってくれる。

    30代_女性_企画職
    人によると思いますが参考にはなるとは思いますので勧めようとは思います。ただ積極的ではないと思いますが。

    40代_男性_製造職
    アンケート実施方法:2018年以降にリクルートエージェントを利用して転職した経験のある100名
    アンケート募集方法:クラウドワークス
    アンケート実施日:2020年10月〜12月

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.2

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.2は、dodaです。

    doda

    基本情報

    公開求人数:78,815件
    非公開求人数:58,628件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    『doda』は人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、業界規模No.2の転職エージェントです。

    特に案件の量には定評があり、大手有名企業からベンチャー企業まで、幅広い求人の中からあなたにあった求人を探すことができるでしょう。

    幅広い選択肢をみてみたい方にはおすすめのエージェントです。

    利用者の口コミ

    dodaを利用した人にアンケートを実施したので紹介します。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    また、「他の人にdodaを勧めたいですか?」という質問への回答も併せて紹介します。

    dodaには年収査定システムがあり、転職候補先を絞り込めるのがよかったです。

    20代_男性_営業職
    幅広い職種の選択肢の中からしっかり選べたので満足です。
    希望職種を細かく登録できるので、多くの選択肢から求人を選ぶことができました。
    エージェントの方からの連絡もこまめで、丁寧な印象を受けました。

    30代_男性_販売職
    在職中に転職活動をしていたので、エージェントの方が遅い時間帯でも面談に対応してくれたのはとても助かりました。
    他社のエージェントサービスは電話かメールでしか連絡が取れないことが多いのですが、dodaはLINEで気軽に連絡できるので便利です。

    20代_女性_マーケティング職
    他社ではあまり案件を紹介してもらえず門前払も数社ある状況で、これだけ提示してくれたのは本当にありがたかったです。

    40代_男性_技術職
    面接の練習を何回も電話と対面でやってもらい、苦手意識をなくすことができました。
    年収交渉もしてくれたので、担当者の方にはとても感謝しています。

    30代_男性_エンジニア職
    担当者から理系の事は詳しくないとさじを投げられた。
    オープンオファーの数は多いが、スキルや希望と関係なく飲食業と不動産営業ばかり。

    30代_男性_企画職
    無駄に転職活動を急かす印象で、たまたま決まったところに入れるところが目的だから。
    入った会社で上手くやっていけるかは全く目的ではないから。

    30代_女性_事務職
    電話での対応がとにかく最悪で、ため口での話し方にすごくむかついた。
    実際に待ちあ合わせ時間に行っても20分ほど待たされて、対応が最悪。

    20代_女性_サービス職

    他の人に勧めたいですか?

    1人だとなかなか決心できない、人のアドバイスが欲しいという人におすすめです。

    20代_女性_事務職
    私の場合だとdodaは人にお勧めしたいと思う。
    なぜなら自分に合った仕事が広く紹介してくれたり詳しく求人情報を提供してもらえるから。

    30代_女性_販売職
    ITの求人ばかりなのでお勧めできます。
    福利厚生や待遇もしっかりとしているものが多いのでお勧めできます。

    30代_男性_マーケティング職
    どちらともいえない。
    メールで情報を送っていただけるのはありがたいと思いますが、自分の希望ではない職種もあるのでメールが鬱陶しいと思う方には不向きかと。

    30代_男性_営業職
    人それぞれなので希望等が合えば勧めたいと思います。
    やはり懇切丁寧なのがいいと思います。

    40代_男性_MR職

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.3

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.3は、マイナビエージェントです。

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:19,958件
    非公開求人数:21,766件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    スキルが浅い方や、第二新卒者の転職におすすめな転職エージェントです。

    未経験者でも可能な求人を取り扱っており、求人の80%は非公開求人で、マイナビエージェント限定の求人も多数あります。

    残業時間や、福利厚生、育児休業取得実績など、一般的な求人情報ではわからない情報を提供しています。

    業界・職種別に専門のキャリアアドバイザーがつき、内定獲得後も、退職・入社の手続きまで手厚いサポートです。

    利用者の口コミ

    マイナビエージェントを利用した人にアンケートを実施したので紹介します。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    また、「他の人にマイナビエージェントを勧めたいですか?」という質問への回答も併せて紹介します。

    マイナビは大手で転職ノウハウが蓄積されていると思ったからです。
    面接予定日の決定までがスムーズで、こちらの希望にマッチした求人をすぐに紹介してくれました。
    すぐに働きたいという希望を叶えてもらえました。

    20代_男性_製造職
    登録をした翌日にコンサルタントから電話があり、ヒアリングがありました。
    こんなにすぐに対応をしてもらえるとは思っていなかったので、非常に頼りになると思いました。
    履歴書や職務経歴書の書き方、面接時のポイントなどの役に立つアドバイスが多々あり参考になりました。

    30代_女性_営業職
    場合、企業からの連絡のレスポンスが早く、面接日時の登録もサイトを通じて行えるなどの利便性が優れていると思いました。
    また、登録した情報から適切な求人の紹介を受けられるのも良かったと思います。

    20代_女性_営業職
    担当アドバイザーの方が専門的な知識をしっかり持っていて親切に対応してくださったので納得の行く転職活動ができました。

    30代_男性_エンジニア職
    大手企業の求人が多く、応募をする際の安心感がありました。
    また、担当者もこちらの希望を考慮して選ばれるので、より転職希望を叶える仕組みになっていることが良かったです。

    30代_男性_コンサルタント職
    全体的に見づらく、検索の絞込みも割りとざっくりで完全な希望条件に合う求人が少なかった。
    メッセージ管理も面倒だったのと、毎回ログインをしなければいけなかったので使いづらかった。

    30代_男性_建築職
    未経験だけど別の業界に転職を検討していてマイナビエージェントに登録したが、何度も何度も飲食業の求人を紹介されたので信頼できなくなりました。

    20代_男性_サービス職

    他の人に勧めたいですか?

    真剣にサポートしてくれるので勧めたいです。

    20代_女性_サービス職
    サービスが充実してるのでぜひ勧めたいと思います。

    30代_女性_販売職
    求人数が多いので、たくさんの選択肢の中から自分に合った職種や業種を探すことができます。
    また、履歴書の添削や面接の練習などを協力的に行ってくれるので、満足のいく転職活動をすることができるからです。

    20代_男性_マーケティング職

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.4

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.4は、ビズリーチです。

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:109,000件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    利用者の口コミ

    ビズリーチを利用した人にアンケートを実施したので紹介します。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    また、「他の人にビズリーチを勧めたいですか?」という質問への回答も併せて紹介します。

    エージェントとの間に信頼関係を築きやすい転職サイトだと思うので、ぜひまた使いたい。

    20代_女性_企画職
    希望をじっくり聞いてくれて且つスピーディだった
    希望した企業の面接の傾向とアドバイスを事前に教えてくれたので利用していてよかったと思えました。
    給与条件面での調整も間に入って交渉してくれたのでスムーズにいきました。

    40代_男性_コンサルタント職
    即戦力人材を求める企業が登録しているというTVCMを見てお試し感覚で登録してみることに。
    正直、一部有料であることに抵抗はありましたが、実際登録してみると他のサイトよりも多くのスカウトメールが来て、それも比較的、有名企業からばかりだったので驚きました。

    30代_男性_マーケティング職
    新しい求人が入るとすぐに調べてくれて、まめに報告してくれたり紹介してくれたりして本当に助かりました。
    すぐに報告してくれることによって締め切り日に間に合うこともできました。

    30代_女性_経理職
    希望と若干ズレている求人もいくつか紹介されたのが残念だった。
    また、自分の場合はしつこく連絡をもらいたくなかったのでその点もマイナスに感じた。

    40代_男性_営業職

    他の人に勧めたいですか?

    エージェントの方が転職者に寄り添って推してくれるので、転職にかかる時間も短縮でき、お勧めしたい。

    30代_男性_営業職
    スキルがあり、短期決戦で転職を考えている人には勧められる。長いスパンには向かない。

    40代_男性_コンサルタント職
    経歴に自信が有る人なら良いのではないかと思います。

    30代_女性_販売職
    スキルが高い人には紹介をしたいと思います。
    理由は、スキルが高い人ほど転職に有利だと担当者から言われたためです。

    20代_女性_事務職

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.5

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.5は、DYM就職です。


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.6

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.6は、リクナビNEXTです。

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:46,087件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.7

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.7は、ワークポートです。

    ワークポート

    ワークポートの特徴

    ・35万人が選んだ転職エージェント
    ・15年の転職実績
    ・5人に1人が未経験職種へ転職成功
    ・転職活動中の進捗が一目でわかる!『e コンシェル』

    ワークポートが保有する求人情報のうち、約70~95%が一般には公開していない求人情報であるため、直接エージェントに紹介してもらいましょう。
    一般的には非公開になっている求人には好条件のものが多く、高年収や管理職などレアな求人である可能性が高いです。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    埼玉県内の求人数は、他の転職エージェントと比べると多くありませんが、IT・Web業界への転職に強い転職エージェントです。
    多数の非公開求人も取り扱っています。
    転職コンシェルジュがマンツーマンで転職をサポートし、また、セミナーを開催するなどしています。
    登録後は、リアルタイムで更新される転職ツール「eコンシェル」で、求人情報を閲覧することが可能です。
    給与条件や入社日の調整、退社のアドバイスなど、内定後もサポート体制が充実しています。

    ワークポートの特徴

    年代
    20代~30代
    得意業種
    ゲーム・アミューズメント・広告・デザイン・通信・商社
    面談拠点
    ありません。電話での相談になります。
    口コミ・評価
    ・転職コンシェルジュが親身になってくれた。
    ・希望職種以外の求人も紹介され、情報量が多すぎた。
    ・希望の求人がなかった。

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.8

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.8は、Spring転職エージェントです。

    5.Spring転職エージェント

    Spring転職エージェントは、アデコグループの転職エージェントブランドです。
    アデコグループは実績のある総合人財サービス企業で、世界60ヶ国に5,100拠点を展開しています。
    Spring転職エージェントでは、専任コンサルタントによる、サポート体制が充実しています。
    転職希望者のカウンセリングを行い、会社との相性まで見極めて、求人を紹介します。 
    転職希望者の専門分野に精通した専任コンサルタントが、企業の人事担当と、直接やり取りするので、正確な情報を伝えることができます。

    Spring転職エージェントの特徴

    年代
    20代~40代
    得意業種
    外資系企業・グローバル企業・商社・IT・Web・事務・建設・不動産
    面談拠点
    埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-16 シーノ大宮ノースウィング2F
    JR線 大宮駅徒歩7分
         
    口コミ・評価
    ・メールや電話でも親身になってくれ、身近に感じられる。
    ・専任コンサルタントのレベルが高い。
    ・希望する職種以外の面接をすすめられた。
    ・他の転職エージェントと比べて求人数は少なく、求人の質も高くない。

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.9

    埼玉の転職に強い転職エージェントNo.9は、パソナキャリアです。

    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます


    『パソナキャリア』は、人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している、16,000社以上と取引実績のある信頼できる優秀な転職エージェントです。
    実際に、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。
    年代
    20代
    得意業種
    製造業・商社・医療・流通・金融・建設・土木・不動産
    面談拠点
    埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル19F
    JR大宮駅西口から徒歩3分
    口コミ・評価
    ・キャリアアドバイザーが親身になってくれ、メンタル面もケアしてくれた。
    ・メールでの問い合わせに対する返信が早い。
    ・面接対策が充実している。面接先までの地図なども用意してくれた。
    ・求人の紹介数が少なかった。
    ・キャリアアドバイザーの口調がきつく、上から目線だった。
    ・電話、メールのレスポンスが速く安心できる

    地元に面談場所がなくても、大手転職エージェントに登録すべき理由

    「求人数が多くなくても、面談拠点のある転職エージェントの方がサポートもよさそうだし、その2社だけ登録しておけばいいのでは?」

    多くの埼玉の転職相談を受ける中で、上記のような質問をよく受けます。

    結論としては、下記の2つの理由から「必ず大手の総合転職エージェントにも登録した方がいい」です。

    「転職ノウハウ」が圧倒的に違うため、提案の質が高い

    簡単に言うと「相談時に、自分にあったどういう求人を紹介してくれる」「選考突破のためのノウハウが凄い」可能性が高いです。

    なぜなら、大手の総合転職エージェントは全国に拠点を持つため、年間に転職を決めている数が、埼玉に特化しているエージェントと比較すると圧倒的に違います。

    そのため、転職に関するノウハウが多く蓄積しているため、それを共有してもらえるという大きなメリットがあります。

    大手の転職エージェントだからこその求人案件が存在する

    特に大企業にありがちなのが、東京や大阪で転職求人をお願いしている関係から、そのまま埼玉の案件も独占的にお願いするという場合です。

    また、中小企業についても、最大手だからという理由でお願いする会社も多いと聞きます。

    転職という人生を左右する大事なイベントだからこそ、自分にとって最高の求人をみすみす逃さないためにも登録しておきましょう。

    転職エージェント7つの活用術

    住友不動産の転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    最後に

    平成29年9月時点で、埼玉県における有効求人倍率(季節調整値)は1.43倍で、全国値(1.52倍)を下回っています。
    また正社員の有効求人倍率(実数値)は0.84倍で、全国値(1.03倍)より低く全国で42位と、やや厳しい数字となっています。
    東京に隣接していることから、埼玉には“埼玉に住み東京で働く”という人が多くいるため、昼夜間の人口比率が全国的にみて非常に低い県のひとつです。
    しかし、埼玉を勤務地とする求人は多いため、エージェントをしっかり活用すれば、埼玉に住み埼玉で働く“職住近接”を実現するのも難しくありません。
    大手の転職エージェントに登録して求人情報を多く得るとともに、得意分野を持つ中小エージェントも視野に入れてみてください。

    仕事を辞めたいけど辞められない…言い出しにくい理由と対処法を解説

    「会社、辞めさせてください」
    言葉にすると簡単なのに、なんでこんな簡単なことが言えないんだろう…

    残業が多すぎる…
    人間関係がうまくいかない…
    今の仕事内容が嫌い…
    もっとやりたいことがある…

    人によって理由はさまざまですが、仕事を辞めたいと思っている人は少なくありません。

    その中には、辞めることは決めているものの「辞めたい。」と言えずに困っている人がいます。

    自分がいなくなったら職場に迷惑かけてしまいそう…
    辞めたいなんて言ったら、上司に怒られそう…

    これは『辞めたいと言えない理由』のうちのほんの一例です。

    責任感や恐怖が原因となって言い出せない場合があるようです。

    しかし、私たちには『働きたい場所で働く自由』があります。

    法律的にも、あなたは会社をいつ辞めてもよいですし、あなたが退社することを会社が拒む権利はありません。

    つまり、「辞めさせてください」と言うことができれば、基本的にいつでも会社を辞められるということです。

    そこで、この記事では「仕事を辞めたいけど言えない…」といった状況を打破するための方法を解説しています。

    まだ転職するかどうか分からないけど、今の状態をどうにかしたいと少しでも思っている人は参考にしてみてください。

    仕事を辞めたいと言えない理由

    仕事を辞めたいと言えない理由

    まずは『なぜ「辞めたい。」と言い出せないのか』を客観的に捉えられるようになりましょう。

    言えない理由を分析しない限りは、対策を打てないからです。

    以下では、一般的な人が「辞めたい。」と言い出せない理由をお伝えしています。

    あなたの気持ちと重なる部分がないかチェックしてみましょう。

    1.これまでの生活を変えるのが怖い

    今の会社を辞めるということは、生活をガラッと変えるということになります。

    人間関係も変わりますし、業務内容も大きく変わることでしょう。

    人間は慣れていないことにストレスを感じる生き物です。

    もしかしたら、知らず知らずのうちにそのストレスを避けたがっていて、「辞めたい。」と言い出せないのかもしれません。

    踏ん切りが付かないのであれば、今はまだ転職するには早いと心の底では思っているのかもしれません。

    「辞めたい。」と言い出せない自分を責めたりせず、『本当に辞めるべきか?』を問い直してもよいかもしれませんね。

    2.気まずいから

    「辞めたい。」と言ったあとの面倒そうな人間関係を想像して、なかなか言い出せないケースがあります。

    「あいつはもう辞めるから。」とよそ者のように対応されるかもしれませんからね。

    こうなるのは日本の法律と会社の就業規則が原因となっています。

    それは、基本的に会社に辞職希望の旨を伝えたとしても、1ヶ月は勤める必要があるというものです。

    社会人である以上、これは避けては通れないです。

    人間関係をこじらせないためには上司に口止めをするしかないのでしょうか…。

    ですが、仕事の引継ぎをしなくてはいけないため、限界はありそうです。

    3.引き止められそうだから

    『必要とされると断れない人』は一定数いますよね。

    そのような人が一番恐れるのは、引き留められることです。

    「お前がいなくなったらこの事業がストップしちゃうよ」
    「〇〇君がいなくなったら、誰が後輩の面倒を見るの?」
    「なんとか、あと1年いてくれないかな…?」

    このように引き留められたら、なかなか断りにくいでしょう。

    これに当てはまる人は、『引き止めたら相手にデメリットになるような理由』や『引き止めようがない理由』を考えておき、引き留められた時にそれを伝える必要があります。

    例えば、以下のものなどが挙げられるでしょう。

    引き止めたら相手にデメリットになるような理由
    副業を決めてしまったため、本業に本腰を入れられなくなってしまうから。

    後輩と仲が悪いので、職場の空気を悪くして生産性を下げてしまうことが予想されるから。

    引き止めようがない理由
    もう内定をもらっていて、引き返すことができないから。

    将来のビジョンを実現するために身に着けなくてはいけないスキルがここにはないから。

    4.上司が怖いから

    「そんな甘い考えでは転職は無理だ」「雇ってもらっている恩を忘れたのか」といったように、色々言ってくる口やかましい上司はどこにでもいるかと思います。

    ここで覚えておきたいのは、相手はあなたの将来のためでなく、自分の利益のためにわめき散らしているということです。

    誰かが怒り出した際に言いなりになっていてはますます増長するだけです。

    「この人はわざわざ目くじらまで立てて何が目的なんだろう」と、考える余裕を持つと冷静になれるかと思います。

    5.気が小さいから

    自分で気が小さいと思う人は退職に限らず、基本的に波風を立てる事に対してアレルギー反応を起こす傾向があるかと思います。

    しかし、この壁を越えねば辛いだけの日常から脱出できません。

    苦しいのは言う瞬間だけ、もしくは辞めるまでの1ヶ月だけだと覚えておきましょう。

    そもそも思ったよりあっさり辞めさせてくれるかもしれません。

    これまでの人生でとりこし苦労をした経験はないでしょうか。

    6.職場に迷惑をかけそうで申し訳ないから

    『自分がやるはずだった仕事』が職場の人に任せるのが申し訳なくて、「辞めたい。」と言い出せない人がいます。

    他人に対して申し訳無さを感じるのは仕方ないことです。

    転職する以上、大なり小なり職場に影響が出るのは避けられません。

    繁忙期を避ける、引き継ぎをしっかりするなど最低限のことはやっておきさえすれば、責められる筋合いはないといえるでしょう。

    7.人手不足だから

    人手が足りなくてあなたが辞めると困ると、上に言われているパターンです。

    しかし、仮にあなたが辞めることで何らかの悪影響が出たとしても、それはあなたではなく採用できなかった経営側の責任です。

    あなたが辞めると人手がいなくなって困るというのは、責任転嫁でしかありません。

    『人手不足』を理由に引き留められたとしても、あなたは何も悪くないので、堂々と辞める意思を貫きましょう。

    8.辞めた後のことが決まっていないから

    辞めた後の生活の目処が立っていない場合、生活への不安が「辞めたい。」と口にするのをためらわせます。

    その場合には、いち早く転職先を見つけるようにしましょう。

    転職先が決まっていると、将来の生活への不安が大幅に軽減されるため、「辞めたい。」と言いやすくなるからです。

    あなたは辞めたい会社は辞めて、自分のやりたいことをやるべきなのです。

    とはいっても、「こんな理由で辞めたいなんて許されるのかな?」と気になる人もいるでしょう。

    なぜなら、辞めたい理由がどうしようもないものだった場合、今の職場でどう思われるかわからないのはもちろん、転職時の面接で退職理由を話したときに、それが不利に働かないか気になるからです。

    では、どのようなケースなら、一般に『辞めた方がよい』と判断されるのでしょうか。

    仕事を辞めたほうがよい7つのケース

    仕事を辞めたほうがよい7つのケース

    仕事を辞めたいと言い出せない理由について解説してきました。

    ここからは、いまの仕事を辞めたほうがよい7つのケースを解説します。

    1.心身を壊しそう

    過労で消耗すると判断力が鈍ったり、うつ病になってしまったりして転職どころではなくなってしまいます。

    そのため、心身を壊す前に退職して、転職しましょうということです。

    では、何をもってして『心身を壊しそう』と判断することができるのでしょうか。

    それは『身体から発せられる危険信号』から判断することができます。

    うつの前兆

    • 沈んだ気持ちが続く
    • 些細なことで自分を責めてしまう
    • 何も楽しめない
    • 食欲が出ない、息苦しい、体のどこかが慢性的に痛む
    過労の前兆

    • 頭痛や肩こりが慢性化している
    • 腹痛が増えた
    • 凡ミスが増えた
    • すぐイライラするようになった

    上の4つはうつの前兆で、下の4つは過労の前兆です。

    症状が大したことないからと目をつぶる人もいますが、症状が進行するほど取り返しがつかなくなります。

    軽い不調でも慢性的に続くようであれば、早いうちに対処しましょう。

    これまであなたがどんなに会社に貢献していても、働けなくなった労働者を雇い続けたいと思う企業はおそらくありません。

    自分の身は自分で守るしかないということですね。

    心身を壊しそうだと思ったら、早急に退職を考えましょう。

    2.人間関係が苦痛

    他人と過去は変えられません。

    どうしても今の職場の人間関係がストレスなら、退職するというのもまた1つの解決策です。

    最近流行りのアドラー心理学では、『すべての悩みは対人関係の悩み』とまで言い切っています。

    それだけよくある問題なので、次の転職では繰り返さないよう注意したいところです。

    3.仕事が合っていない

    内気な性格なのに営業へ配属されたなど、本人の適正に関係なく仕事を振り分ける会社は多くあります。

    やりたくもないし向いてもないことをやるのは、本人も辛いですし、会社としてもマイナスになってしまうケースが可能性があります。

    そのため、「頑張っても期待に応えられないし、何よりも今の仕事が辛すぎる…。」という場合には、退職を考えてもよいかもしれません。

    ただし、辞める以上はやりたいことが明確でないと、次の職場でも「仕事つまんねー」と愚痴をこぼすことになりかねません。

    同じ失敗を繰り返さないためにも、仕事の内容を理由にして辞めるからには、自分に適している仕事内容は何なのかをしっかりと考えてから転職するようにしましょう。

    4.やりたい仕事がある

    やりたい仕事があり、それを逃すと後悔しそうならば、転職するのもよいでしょう。

    ただし、その際には年齢には注意したいところです。

    未経験の職場や業界へ転職するのは、20代が最も向いています。

    20代ならその若さのためにある程度転職しやすいですが、それ以上になると、転職先から拒否されるケースが増えていきます。

    なぜなら、年齢が高いほど、前職場のルールや文化が身に付いていて、雇っても一緒に仕事をやりにくいと判断される可能性があるからです。

    家庭を持つとやりがいよりも年収が重要になってきますし、そもそも未経験では雇われなくなってきます。

    悠長に3年間も働いていては、目の前のチャンスを逃してしまいます。

    5.辞めたいと思うことが多発している場合

    何か嫌なことがあって衝動的にやめたいと思うのは、一時的なことなので後からきっと後悔します。

    3年後、5年後、10年後に今の会社で働く自分を想像してみてください。

    もしよいイメージが湧かないのでであれば、これ以上働いてもあまりよいことはないかもしれません。

    6.昇給・昇進が期待できない

    業界や会社の成長性によってはこれ以上昇給・昇進できないことも珍しくありません。

    その場合、年収の天井を突き破るには転職が最も現実的かと思います。

    市場価値のあるスキルや実績があれば年収アップが可能です。

    まずは転職エージェントにあなたの市場価値を客観視的に判断してもらいましょう。

    7.会社に将来性がない

    会社に将来性がない場合は、今まで培ってきた経験やスキルすらも、将来必要とされなくなる可能性があります。

    転職しない方がむしろリスクですから、すぐにでも行動を開始したいところです。

    ここまで、

  • 仕事を辞めたいと言い出せない原因や解決策
  • 辞めたほうがよいケース
  • について、お伝えしてきました。

    最後にお伝えしなければいけないことが上手に退職を伝える方法です。

    もし、伝える方法を間違えて、望まない形で社員に拡散してしまい、最後の最後で人間関係トラブルに巻き込まれてしまったら大変です。

    最終出社日まで気持ちよく勤めるために、どのように伝えたらよいのか。

    そもそも、どうしたら「辞めたい。」と言いやすくなるのか、をお伝えします。

    辞めたいと伝えて円満退職する方法

    辞めたいと伝えて円満退職する方法

    うまく退職意思を伝えて、円満退職する方法を紹介します。

    >1.多くの社員と話をしておく

    なるべく多くの社員と話をして、

  • 辞める理由
  • 今までの感謝
  • などを伝えるようにしましょう。

    日本人は噂で回ってきたものを厳しめに捉える傾向にあります。

    ○○さんの退職の話を噂で聞いた場合は下記のように捉えられることがあります。

    「キャリアアップしたいから仕事辞めるらしいよ」
    「いいこと言ってるけど、どうせ今の仕事に飽きただけでしょ?」
    「最近、会社休みがちだったし、なんとなく、辞めるかなーと思ってた」

    しかし、こういった人も本人から直接話を聞くと、優しく応援してくれることがよくあるのです。

    具体的に説明すると以下のようなイメージです。

    「言ってくれてありがとう。なんか困ったことあったら相談に乗るからね。次の職場は決まってるの…?」

    2.後輩を育てておく

    仕事の引継ぎの負担を減らすことができるので、後輩を育てておくことは円満な退職につながります。

    あなたが退職するということは、他の人の仕事が増えるということです。

    その際に仕事を振られた人は新しいスキルを身に着けなくてはいけません。

    それがストレスとなって、あなたに襲いかかる可能性が少なからず存在します。

    あなたと同じスキルを持っている後輩をしっかりと育てておけば、そういったことになるリスクを減らすことができるので、円満な退職につながるでしょう。

    「辞めたい」と言いやすくする5つの方法

    「辞めたい」と言いやすくする5つの方法を解説します。

    1.言えない理由をつぶしていく

    言えない理由をつぶしていきましょう。

    今日は先輩が忙しそうだからなぁ…
    辞める理由がそこまで固まってないからまだ言わない方がいいかなぁ…

    あれこれ辞めたいと言い出せない理由ばかり考えてはいないでしょうか?

    結局のところ、言い出せないのは自分自身でハードルを高くしているからです。

    あなたの職場で似た状況にあっても辞めていった人はいるでしょう。

    先輩が忙しそうならば、朝一番で先輩の下へ行き、お話の時間を作ってもらう。

    辞める理由が固まってないならば、友達の手を借りたりして、理由が煮詰まるように努力する。

    などなど、やりようはたくさんあるはずですので、一つひとつできない理由をつぶしていきましょう。

    2.辞めるべき理由を並べてみる

    『辞めたい欲求』が『言い出す恐怖』より大きくなったときに人は行動します。

    ですので、辞めたい欲求を大きくすることも大切です。

    まずは、なぜ今の職場を辞めなきゃいけないのか、紙に箇条書きしてみましょう。

    紙に箇条書きすると自分の置かれている状況を客観的に捉えることができるようになります。

    結果、自分の辛い状況を再認識することにつながり、辞めたい欲求を高めることができると考えられます。

    3.「退職します」と言ったらどうなるのか具体的に考えてみる

    子どものとき、友達に「先生が呼んでたよ。なんか怒ってたよ。」と言われて、異常に恐怖を感じたことはありませんか?

    具体的にどうなるのかがわからないと、想像だけが膨らんでどんどん怖くなるものです。

    今考えている不安や恐怖も現実になる保証はなく、過去の経験やイメージから作り上げた空想の産物に他なりません。

    「辞めると言ったら怒られる」
    「辞めると言ったら白い目で見られる」

    なんてものはあくまで空想でしかないということです。

    結局のところ、辞めると言ったらどうなるかは言ってみるまでわからないものです。

    4.退職届を書いてしまう

    『退職届を書いて、上司に退職届を出す』というのは相当大変です。

    退職届を書くなんて慣れていることではないですし、上司にかしこまった話をするのもプレッシャーがかかります。

    そのため、腰が重くなって、「動き出すことができない…。」なんてことがしばしば起こります。

    だからこそ退職届を書いて、カバンの中にしまっておくことを第一の目標に設定してしまうことを推奨します。

    人間は一気に高い目標を設定すると、どうしても挫折してしまいます。

    しかし、小さい目標ならば達成可能性は一気に高まります。

    退職届を書いてカバンに締っておき、あとは出すだけの状態にする。

    そうしておくだけで一気に動きやすくなります。

    5.転職先を決めてしまう

    次に働く職場さえ決まってしまえば、今の職場に辞めると言わざるを得なくなります。

    また、仕事を辞める際は出来る限り転職先を決めてから退職を申し出るようにしましょう。

    内定はいつ出るかわかりませんし、退職をした後に職場を探す場合は、貯金を切り崩しながら生活していくことになります。

    職のないプレッシャーから妥協して職場を選んでしまい、転職する前よりも条件が悪くなってしまえば目も当てられません。

    転職サイトや転職エージェントを利用することで多くの求人を吟味したり、転職や企業に関する情報収集をしたりしていくことで、今よりもよい職場を見つけていきましょう。

    特に次は企業選びに失敗したくない、という方は転職エージェントの活用を考えた方がよいでしょう。

    転職エージェントと面談をすることで、あなたの希望に合った求人を紹介してもらえますし、求人票だけではわからない企業の情報を教えてもらえるためです。

    最後に、まだ次の職場が決まっていない人が退職前に活用すると便利な転職エージェントをご紹介しておきます。

    登録して、

  • 求人だけ眺めてみる
  • 自分の市場価値を知ってみる
  • 辞めるべきか相談してみる
  • 自分にあった仕事は何か診断ツールを使ってみる
  • などの活用をしてみてもいいと思います。

    事実、転職サイトに登録している人の約4割はまだ転職する気はないけど、登録している人だそうです。

    いざ、という時に備えて登録しておくことは今後のあなたのキャリアにおいてマイナスになることはありません。

    仕事を辞める前に登録しておくべき転職サイト

    仕事を辞める前に登録しておくべき転職サイト

    ※転職を成功させた人は約2.4社以上のサービスに登録しています。

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    トヨタ自動車に転職できる?失敗しない転職活動【評判・口コミあり】

    転職サイトのdodaから転職で人気の企業ランキングが発表されました。

    そこで今回は圧倒的人気を誇るトヨタ自動車について評判や転職方法について調べてます。

    転職を検討中の方は参考にしてください。

    ビジネスパーソン約5,000人に、「もし転職するなら、どの企業に転職したい?」というテーマで調査をしました。多くの人が「転職したい」と回答したのは、どんな企業なのでしょうか。2020年に支持を集めた人気企業上位300社のランキングを発表します。

    2020年の転職人気企業ランキングは、1位「トヨタ自動車」(前年2位)、2位「グーグル」(同1位)となり、前年と比べると1位と2位で順位が逆転しました。次いで3位に「ソニー」(同4位)、4位「楽天」(同3位)、5位「Apple Japan」(同10位)が続く結果となりました。

    人気企業ランキング

    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    トヨタ自動車はこんな会社

    トヨタ自動車株式会社は、日本の大手自動車メーカーである。

    通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。

    豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。

    トヨタグループ全体の2018年の世界販売台数は約1,059万台で3位、トヨタブランド単独では約886万台で世界第1位である。

    参照:Wikipedia

    基本情報

    トヨタ自動車トの基本情報
    まずは、トヨタ自動車の基本情報を紹介します。

    ※トヨタ自動車の公式ページや信頼できる機関の情報を参照しています。

    会社名

    トヨタ自動車株式会社

    事業所

    本社
    〒471-8571
    愛知県豊田市トヨタ町1番地

    東京本社
    〒112-8701
    東京都文京区後楽1丁目4-18

    創立

    1937年(昭和12年)8月28日

    資本金

    6,354億円

    従業員数

    74,132人(連結 359,542人)

    平均年齢

    39.6歳

    ※参照:Ullet

    平均年収

    865万円

    ※参照:Ullet

    勤続年数

    15.8年

    ※参照:Ullet

    代表者

    代表取締役社長
    豊田 章男

    事業内容

    自動車の生産・販売

    基本理念

    1.内外の法およびその精神を遵守し、オープンでフェアな企業活動を通じて、国際社会から信頼される企業市民をめざす
    2.各国、各地域の文化、慣習を尊重し、地域に根ざした企業活動を通じて、経済・社会の発展に貢献する
    3.クリーンで安全な商品の提供を使命とし、あらゆる企業活動を通じて、住みよい地球と豊かな社会づくりに取り組む
    4.様々な分野での最先端技術の研究と開発に努め、世界中のお客様のご要望にお応えする魅力あふれる商品・サービスを提供する
    5.労使相互信頼・責任を基本に、個人の創造力とチームワークの強みを最大限に高める企業風土をつくる
    6.グローバルで革新的な経営により、社会との調和ある成長をめざす
    7.開かれた取引関係を基本に、互いに研究と創造に努め、長期安定的な成長と共存共栄を実現する

    トヨタは、’92年1月「企業を取り巻く環境が大きく変化している時こそ、確固とした理念を持って進むべき道を見極めていくことが重要」との認識に立ち、「トヨタ基本理念」を策定いたしました。(’97年4月改定)

    トヨタグローバルビジョン

    笑顔のために。期待を超えて。
    人々を安全・安心に運び、心までも動かす。
    そして、世界中の生活を、社会を、豊かにしていく。
    それが、未来のモビリティ社会をリードする、私たちの想いです。
    一人ひとりが高い品質を造りこむこと。
    常に時代の一歩先のイノベーションを追い求めること。
    地球環境に寄り添う意識を持ち続けること。
    その先に、期待を常に超え、お客様そして地域の笑顔と幸せにつながるトヨタがあると信じています。
    「今よりもっとよい方法がある」その改善の精神とともに、トヨタを支えてくださる皆様の声に真摯に耳を傾け、常に自らを改革しながら、高い目標を実現していきます。

    トヨタ自動車の特徴

    トヨタ自動車の特徴

  • 大手自動車メーカーで、日本を代表するグローバル企業
  • 4輪車の販売台数では世界第2位(2016年度)
  • 世界170カ国で販売しており、生産拠点26カ国、開発拠点は9カ国に展開
  • 平均給与は800万円台~で、業界の中でも高水準の給与。福利厚生も充実している
  • 残業時間は平均的で、長時間労働の規制は厳しく、残業代もしっかりと支払われるホワイト企業
  • トヨタ自動車への転職のポイント

  • 事務系・技術系ともに、専門職ポジションでの採用がほとんど
  • 専門職は非公開求人も多く、転職エージェントを使って転職活動を進めよう
  • 事業内容

    1937年に愛知県で設立されたトヨタ自動車株式会社は、言わずと知れた日本の大手自動車メーカーで、四輪車の販売台数は2016年度では世界第2位です。

    トヨタグループの中核を占める会社で、2016年3月期連結売上高28.4兆円は日本国内首位、世界各地に拠点を有する日本を代表するグローバル企業といえます。

    事業計画

  • 「もっといいクルマづくり」のさらなる推進による競争力の強化
  • 完成車事業の枠にとどまらない領域にも種を蒔いていく
  • 上記2つを実現するための経営基盤・財政基盤の強化
  • また経営基盤強化の一環として、巨大企業の意思決定スピードを高めるために、組織を車両を軸にしたカンパニー制へ変更し、1つのカンパニーが「小さなトヨタ」として機能するよう推進しています。

    社員一人一人がチャレンジしやすい環境を整えることや、リーダー層にとってもこれまでの機能代表から、カンパニー責任者代表としてマネジメント能力を発揮できる場となることも狙いの1つです。

    海外での活躍

    トヨタ自動車は、現在170以上の国と地域でトヨタ車を販売しています。

    需要のある地域での生産現地化を進めており、生産拠点は世界に26カ国/地域51拠点を超えます。

    また研究・開発拠点の現地化にも取り組みデザイン拠点・R&D(研究開発)拠点も海外9か所に展開しています。

    トヨタはグローバルでの品質確保を重視していて、『「Made in 生産国」ではなく、「Made by TOYOTA」』を実現出来るよう世界各地の拠点でトヨタウェイの教育に力を入れています。

    トヨタ自動車の評判・口コミ

    トヨタ自動車の評判口コミ

    トヨタ自動車の実情を知るために、トヨタ自動車で従事した経験のある元社員や現在も従事している社員の口コミを見てみましょう。

    掲載している評判・口コミは、2020年11月1日時点で収集したものです。

    なお、良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    転職活動の参考にしていただければと思います。

    労働時間・勤務時間・残業・休日について

    有給はとりやすく、休暇には満足している。
    有給を取っても取らなくても何もフォローされないため自由に使える。

    20代_女性_現役社員_事務
    年休で連続休みを入れる事はほぼ出来ませんが、月1日は休みを取らさらます。
    その為、年休消化はしっかりしてると言えるでしょう。
    ただ会社のくだらない行事が月1日はあるので何とも言えません。

    20代_男性_現役社員_エンジニア
    残業手当に関しての決まった規則があり、社員の健康維持などが守られている点。なるべく残業にならないように徹底して、管理されている点。残業に見合った手当てが支給されている点。

    40代_男性_現役社員_販売
    3DVという、3日間連続で休みを取るよう推奨されている。
    しかし、3日連続ではなくバラバラととりたい人も居ると思う。

    20代_女性_現役社員_事務
    いわゆるホワイト企業というイメージは、技能員が働く工場などの現場にしかあてはらまらないと思う。
    大卒が働く部署では、深夜残業・土日出勤は当たり前。
    働き方を踏まえると、正直商社やマスコミに比べコスパは悪い。

    20代_男性_現役社員_営業
    サービス残業は若干あるが、他の会社よりもひどくはないと、許容orあきらめている。
    本当は、もう少し働けるのだが、36協定の上限を超えるにはハードルが高く、その面倒くささから、サービス残業を飲み込んでいる。

    40代_男性_現役社員_専門職

    年収・給与・ボーナスについて

    ほかの就業場所に比べて時給は高い。
    派遣社員もフレックスをさせてもらえるので自己都合で早く帰ったり融通の利くところがよい。

    20代_女性_現役社員_事務
    他の製造業と比較しても給料は高く、また、定年まで年収が下がることがないため、安心して努められる。
    その他、会社からの補助(年7万円程度)もあり、満足している。

    40代_男性_現役社員_専門職
    勤務態度が仕事内容によって、インセンティブやボーナスの変動があり、モチベーションをあげるきっかけになる点。
    毎年大きな変動はなく、安定したインセンティブ率になっている点。

    40代_男性_現役社員_販売
    年齢が上がれば給与があがると言われるがごく一部の職種ではほとんどあがることはない。
    また、アシスタント業務と言われるが、安い給与で責任のある仕事を任され見合っていない。

    20代_女性_現役社員_事務
    会社上司の見解の査定割合が多く、人によっては、かたよりがまだまだある点。
    年功序列の査定方式が暗黙の了解でなされている点。
    同じ仕事内容でも、肩書きによってインセンティブ率の高低がなんとなく決まっている点。

    40代_男性_現役社員_販売
    産休や病欠に関しても、暗黙の了解で、給与査定に関連していく点。
    長期勤務者に対しても、仕事内容や勤務態度によっての査定重視がなされて、勤務期間イコール昇給率にはなっていない点。

    40代_男性_現役社員_販売

    社内制度について

    社員交流のための制度として、交流の場を設けてくれている制度がある。
    他部所の人、異性との交流ができる良い機会だと思う。

    30代_女性_現役社員_事務
    新入社員から専門職、管理職と階層ごとに教育制度がととのっている。
    オフジェーティがけでなくオージェーティが教育の柱になっている。
    実際の職場の問題を解決することを教育で重視しており、教育を受けて終わりにしていない。

    40代_男性_現役社員_事務
    入社後、3ヶ月間は職場先輩が社会人として働くこと、トヨタ自動車で働くために何を考えて行動をすれば良いのかを教えてくれる制度があること。

    20代_女性_元社員_事務
    積極的に参加する人であれば、この制度はとても良いが、なかなか参加する勇気がないとこの制度の意味がなく、結局積極性が問われることになる。

    30代_女性_現役社員_事務
    時々、高圧的だったり、ものを知らないかたがいて相談したのに気にする観点が違う方がいて相談する気がなくなったことがあります。
    どこにでもあることだと思います。

    30代_女性_現役社員_事務
    配属先にもよるが、先輩や上司が忙しいところでは、無理やりにでもくらいついて質問していくような姿勢でいないと、一瞬にしておいてかれる。
    待ちの姿勢ではやっていけない。また、新しい分野では、仕事の進め方や組織体制が整備中であったりするため、上司や先輩が答えを持っているということは無く、自分でルールや仕事の進め方を作っていくぐらいの気持ちが必要。
    しっかりとモチベーションを高く持っていれば大丈夫。

    30代_男性_元社員_エンジニア

    トヨタ自動車への入社理由と入社後のギャップ

    入社理由

    日本の代表的な会社で車が好きだから

    入社後のギャップ

    直接的に車の生産に関われるかは分からなくて、実際自分の作ってるものがどこでどうなってるのかわからない

    20代_男性_元社員_エンジニア

    入社理由

    大企業だけあり仕事が見つけやすかった。

    入社後のギャップ

    もっとゆったり仕事していると思ったが上司になればなるほど働いていてびっくりした。

    20代_女性_元社員_事務

    入社理由

    賃金が高い創意工夫、専門技能を強く言っていたところ

    入社後のギャップ

    創意工夫では日頃から考えるのではなく業務上している「やらされ感」が強かったのでがっかりした。新しいことに挑戦よりも保守的な思考の会社だと思う。

    30代_男性_現役社員_運送

    トヨタ自動車への転職には転職エージェントを活用すべき4つの理由

    トヨタ自動車に転職エージェントを活用すべき4つの理由
    トヨタ自動車への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. トヨタ自動車の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. トヨタ自動車の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、トヨタ自動車の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    トヨタ自動車の転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    トヨタ自動車への転職でおすすめ転職エージェント

    トヨタ自動車への転職でおすすめ転職エージェント
    トヨタ自動車への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • トヨタ自動車の求人を所有する可能性が高いか
  • トヨタ自動車以外の求人も提案できるか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    トヨタの募集要項

    トヨタの求人情報

    トヨタは、エンジニア、製造、営業、経理、広報など5職種以上で人材を募集しています。

    そこで、トヨタの募集要項と職種の一部を紹介します。

    ※ここで記載している職種は、こちらのページで紹介している転職エージェントで紹介してもらえる可能性が高いものです。

    応募要領
    雇用形態
    正社員(期間の定め無し、時間外労働有)

    給与
    経験、能力等を考慮し、当社規定により支給。
    学士:月給20万8,000円以上
    修士:月給23万円以上
    博士:月給26万4,000円以上

    諸手当
    超過勤務手当、通勤補助など
    賞与。昇給
    昇給年1回、賞与年2回

    勤務地・交通
    本社(愛知県豊田市)、名古屋オフィス(愛知県名古屋市)、東富士研究所(静岡県裾野市)、東京本社(東京都文京区)、大手町ビル(東京都千代田区)、池袋ビル(東京都豊島区東池袋)、九段ビル(東京都千代田区九段南)、各工場など、国内・海外の各研究開発・生産拠点。

    ※将来的に転勤の可能性があり。
    ※職種により初期配属先が異なりますので、各職種の応募内容を確認。
    勤務時間
    8:00~17:00、8:30~17:30、8:45~17:45(休憩1時間)

    ※部署により異なる
    ※部署によりフレックスタイム制あり
    休日
    土日、この他に会社カレンダーで指定する休日

    福利厚生
    施設/寮・社宅、スポーツ施設、保養所など
    制度/選択型福利厚生制度・従業員持株会制度・財形貯蓄制度など

    保険
    雇用保険、健康保険、厚生年金、労災保険

    トヨタの職種紹介

    次は、トヨタの職種を一部紹介します。

    紹介している職種に関しては、トヨタの採用ページの情報を参照しています。

    IT・情報システム

    ITは未来のモビリティ社会の中心でありインフラでもある、欠かせない存在。

    情報システム分野では、事業環境の急速な変化に対応し、オールトヨタのビジネス革新を支えていきます。

    事務系社員と技術系社員が1つの部署で協働して業務にあたっています。

    IT革新推進室

    MaaS、自動運転等のクルマの新たな付加価値の開発では、競合相手は自動車業界以外の他業種にまで広がってきており、特にIT大手は、最新のIT技術を活用し、開発プロセスの変革・加速化を猛烈な勢いで実施しています。

    トヨタ自動車においても最新IT技術を活用した変革は必須であり、それを支えるITインフラ・アプリケーション(ITプラットフォーム)の構築はますます重要になっています。
    (例 ワイヤレスでクルマのソフトウェアや機能をアップデートしたり、走行中データをリアルタイムで収集・分析する仕組み(OTA)の企画、開発など

    IT革新推進室では、自動運転・コネクティッド化を支えるITプラットフォームの企画から開発・構築・展開、モビリティ社会を支える基盤へとITプラットフォームを進化させるための事業戦略の企画・実行を担っています。

    情報セキュリティ推進室

    繋がる技術やモビリティサービスの進展でクルマを取り巻く環境は大きく変わっています。

    IoT 時代になり、あらゆるものが繋がった世界では、全てのモノやサービスがサイバー攻撃の標的になりえます。

    またコネクティッドカーに代表されるIoT機器から収集されるビッグデータはお客様の個人情報が含まれることから、その管理が非常に重要であるとともに、企業にとっても貴重な財産になりつつあります。お客様に安心、安全なクルマやモビリティサービスを提供するためにはサイバーセキュリティや情報管理の位置づけはますます重要になってきています。

    情報セキュリティ推進室が担うサイバーセキュリティ対策や情報管理は、クルマやモビリティに関わる業務や世界の脅威情報、法規制、暗号化技術、IT技術、車両電子制御技術など幅広い知識や技術が必要とされる仕事です。

    IT・情報システムの応募要領
    業務の詳細
    自動運転・コネクティッド化を支えるITプラットフォームの企画から開発,構築,展開として、

  • IoT、車載データ(制御、画像・センサ等)に関する、大量データの収集・蓄積・活用のインフラ構築
  • 大量データの活用アプリケーション(シミュレーション、機械学習等のAI)
  • 上記ITインフラ・アプリケーションのグローバル連携、展開など
  • Woven Cityの実現に向けたITプラットフォームの企画、開発、構築として、

  • まちのデータ(人流、物流、バイタル等)の収集、分析のインフラ構築
  • エッジコンピューティング、デジタルツイン、ブロックチェーン等の新技術を織り込んだシステムプラットフォームの企画、構築
  • 他システムプラットフォームとの連携
  • クルマのデジタル開発の実現に向け、MBD/MBSEを活用したプロセス、それらを支えるIT基盤の企画、開発

    応募資格
    《学位》

  • 学士卒以上もしくは同等の経験
  • 第2新卒可
  • 文系大学出身者可
  • 《MUST》
    最新ITを活用しながら、コネクティッドシティの実現、新しい時代のクルマづくり、クルマの付加価値を実現したいという方、多様な考え・アイデア、技術を持った方。

    【下記に関するご経験のいずれかを有している方】

  • 事業戦略の企画・実施(企画・マーケティング)
  • ビッグデータおよびAI関連のインフラ構築、アプリケーション開発、適用支援
  • スマートシティのサービスアプリ開発、ITプラットフォーム開発
  • 制御システム開発/車両電子プラットフォーム開発
  • 製品の開発・製造から市場オペレーションに係るIoTプラットフォーム、サービス開発
  • シミュレーション技術(CAE, 1D等)、XiLSの活用に向けた、企画、推進
  • PLM企画推進
  • 上記に関連した、グローバルシステム(データ連携等)の構築や複数・海外のベンダー・技術を活用したシステム構築
  • 《WANT》

  • プロジェクトリーダの経験
  • 英語(海外とメール及びTV会議等でコミュニケーションできるレベル)
  • 国内営業

    高齢化・人口減等の課題が山積みの国内市場は、まさに100年に一度の大変革期。でも私たちは、100年に一度のチャンスだと考えます。”課題先進国”だからこそ、どこよりも早く従来のビジネスモデルから脱却し、販売店とともに、新しい未来を創造する。モビリティサービスカンパニーへの進化は、”トヨタの母国・日本”から実現します。

    国内営業は、以下の部署で構成されているそうです。

    国内販売部、国内業務部、ブランドコミュニケーション部

  • 商品企画
  • 販売計画の立案・実行
  • 広告・マーケティング戦略・企画立案
  • 短期事業計画立案
  • バリューチェーン事業部

  • 用品、U-Car、金融商品(「KINTO」)等、バリューチェーンの総合戦略・個別サービス企画
  • モビリティサービス事業部

  • シェアリング等、新たなモビリティサービスの企画
  • レンタカー・リース事業の企画
  • デジタル基盤開発部

  • デジタルツールを活用した販売店の働き方改革
  • デジタルを活用したマーケティング戦略企画
  • 国内営業部

  • 販売店とフェイシングし、各社毎・地域毎の課題に向き合い、サポート
  • 国内流通政策の企画
  • 販売店経営管理
  • 新商品・ビジネス企画推進の応募要領
    業務の詳細
  • データビジネスを推進する為の事業エリアの特定・事業化企画
  • 商品化に向けたマーケティング、顧客ニーズに基づくデータ分析、商品企画
  • データソリューションのクライアント発掘、営業、販売(国内中心)
  • その他商品化に向けた開発(データプラットフォーム、分析システム、API)
  • 海外子会社によるデータビジネス推進支援
  • *データソリューション企画・開発・販売を行うためのプラットフォーム構築は、基本的には自部署で企画・推進します。
    社内のシステム開発部署や車両開発関連部署とは連携して業務を推進します。

    応募資格
    《学位》

  • 学士卒以上
  • 第2新卒歓迎
  • 《MUST》
    【下記に関するご経験のいずれかを有している方】

  • 新規事業の企画、立ち上げ、現場運営、収益化までの一連プロセスの実務・マネジメント経験
  • 新商品企画・導入経験
  • 立場やバックグラウンドの異なる方々とも良好な関係を築けるコミュニケーション能力
  • IoT
  • パブリッククラウド
  • 分散コンピューティング
  • M2M
  • インフラ(ネットワーク、サーバ)
  • サーバレス
  • プロジェクトマネジメント経験
  • 《WANT》

  • 英語力(TOEIC800点以上)
  • パブリッククラウドとは・・・
    パブリッククラウドとは、企業や個人など不特定多数のユーザに対し、インターネットを通じて、サーバやストレージ、データベース、ソフトウェアなどのクラウドコンピューティング環境を提供するサービスのこと。

    M2Mとは・・・
    Machine to Machine(マシーン・ツー・マシーン)の省略形で、人が介在することなく、機械同士が相互に情報をやりとりすること。

    M2Mでは機械同士の情報のやりとりを指しており、その先にある情報をインターネットやクラウドに送るところまでの機能は持っていない。

    アフターサービス/品質保証

    全世界で約1億台のトヨタのクルマにお乗りのお客様がいます。そのお客様の声を聞き、「もっといい品質のクルマ」、「もっといいアフターサービス」、「もっといい補修部品供給」の実現を通じて、全てのお客様に笑顔になって頂く事を目指します。

    アフターサービス/品質保証は、以下の業務領域で構成されているそうです。

    基監査改良領域(技術職)

    お客様に対して「製品」と「サービス」の品質を保証する為に、全社の責任・役割分担を明確化し、その業務が正しく行われているかを監査し、改良を促します

  • 車両開発の各ステップで、不具合の発生防止
  • 開発材料の品質チェックや、新規部品/工程を改善し、立ち上がり品質を確保
  • クルマの品質管理標準の制定・改定
  • アフターサービス領域(主に技術職)

    市場の窓口として、正確かつ親切なアフターサービス体制の支援や、品質問題の社内への速やかなフィードバックにより、もっと良いクルマづくりに貢献します

  • 販売店/海外代理店へのサービス活動支援、市場品質、技術問題への対応
  • 修理技術開発と人材育成
  • 市場品質問題を早期に発見し、素早く対策・解決するための渉外業務
  • 部品・用品領域(技術職・事務職)

    国内外の補修部品/用品の企画から販売までを担います。

  • 補修部品/用品の企画・開発・品質管理・保証、販売・供給体制確立
  • 補修部品/用品販売事業支援
  • 品質保証の応募要領
    業務の詳細
  • グローバルトヨタ品質改善施策の企画・展開
  • 開発車両・材料の品質監査、法規適合の監査
  • 市場のお客様評価結果(J.Dパワー社の初期品質調査等)の分析・次期開発車両への対策推進
  • メーカー保証条件の企画・展開
  • 応募資格
    《学位》

  • 高専卒以上もしくは同等の経験
  • 第2新卒歓迎
  • 《MUST》

  • メーカーでの設計・開発・品質保証・品質管理の業務経験
  • 自動運転を始め多種多様な制御システム開発経験
  • 関係部署、仕入先と共に品質改善を行うリーダーシップ(組織牽引力)
  • 《WANT》

  • クルマの構造、仕組みに関する基礎知識
  • ディープラーニング等AI手法を活かした業務経験
  • 英語(TOEIC 600点以上)
  • トヨタに転職するまでの流れ

    トヨタに転職するまでの流れ
    トヨタに転職するための流れを説明しておきます。

    転職するまでの基本的な流れとしては、「転職サイト(エージェント)に登録」→「応募」→「書類選考」→「面接」→「内定」→「入社」になります。

    ★転職サイトに登録
    当サイトで紹介している転職サイトから自分に合うものを選びましょう。

    転職に成功している人は平均2.3社ほどのサイトに登録しています。

    ★応募
    転職エージェントに希望する条件を伝え、楽天の求人を紹介してもらってください。

    求人を紹介してもらう際に、どんな経歴の人が働いているのか、どんな雰囲気の部署なのかなど、求人票ではわからない情報もエージェントから聞いておきましょう。

    ★書類選考
    これまでの経験、保有している知識・スキルが応募職種にマッチングするかを重視して選考されます。

    書類選考後、1~2週間以内には書類選考結果をエージェントから伝えてもらえます。


    ★適性検査+1次面接
    トヨタの場合、書類選考を合格した後、個別の面接に加えて、適性検査があります。
    適性検査は、通常、面接日3日前までにWEB上で受験することが必要。

    ※結果は、合否に関わらず、通常1週間以内にメールにて連絡がもらえます。


    ★最終面接
    トヨタの場合は、2回の面接で選考が終わるケースが多く、一次面接のあとは最終面接となるみたいです。
    ここでは、トヨタで働く上で適性かどうかを知るというよりは、条件面での折り合いがつくかどうかも重要となります。
    そのため、年収や休日、役職などの希望条件がある場合には、転職エージェントに相談しつつ、場合によっては条件交渉をエージェントに代行してもらいましょう。

    ★内定
    内定となった場合には、通常1週間以内に内定通知書が提示されます。

    ★入社
    入社日については、内定通知後3ヶ月程度で入社するのが一般的ですが、内定者の事情に合わせて入社日を調整することも可能。

    エージェントが入社日の調整等は代行してくれます。

    ・応募から内定までは1〜3週間ほど、入社までは1〜3ヶ月以内が平均的。
    ・土日や夜間の面接も調整してもらえることがあります。