転職ノウハウ

未経験で芸能マネージャーへ転職するなら口コミや評判を信じるな。

いま、芸能人マネージャーが転職先として人気、注目をされています。

華やかな芸能界で好きなタレント(俳優・アイドル・声優)を縁の下で支えることができるのが魅力な芸能マネージャーですが、芸能マネージャーの仕事内容についてあまり詳しくない人も多いのではないのでしょうか?

今回は芸能マネージャーの仕事内容や未経験から転職する方法までをご紹介します。

ワンポイント転職活動アドバイス

転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    芸能マネージャーの転職状況

    芸能マネージャーの転職状況

    まずは、芸能マネージャーの転職市場の状況をみていきましょう。

    芸能マネージャーの主な転職先は、芸能プロダクションやタレント事務所となるため、それらの職場の転職状況を紹介します。

    芸能マネージャーは未経験でも転職しやすい

    芸能マネージャーになるためには、国家資格や特別な資格は必要ではないため、新卒者だけではなく中途として転職する人からも人気です。

    また、学歴不問や年齢不問で人材を募集している企業も多いため、未経験からでも転職しやすいといえます。

    「バーニングプロダクション」「ジャニーズ事務所」「吉本興業」などといった大手芸能プロダクションでは新卒採用を毎年していますが、採用人数は平均10名ほどの採用をする企業が多く、就職を希望する人数のほうが多くなるため就職倍率は高い傾向にあります。

    大手芸能プロダクションによっては倍率が100倍を超えるところもあるため、新卒で採用されるのは狭き門です。

    しかし、中小規模のタレント事務所を含めた中途採用で転職を希望する場合は、人材が足りていない企業が多いことも事実であるため、転職できる可能性が高くなります。

    芸能プロダクションは個人で運営している事務所などもあるので、求人サイトでは見つけられないような求人も転職エージェントであれば、求人を紹介できる可能性もあります。

    そもそも芸能マネージャーってなに?

    そもそも芸能マネージャーってなに?

    芸能マネージャーの仕事と聞くと、「タレントが移動するときに運転する仕事でしょ?」とか「タレントの世話係でしょ?」などの印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

    端的に言うと芸能マネージャの仕事とは、俳優・女優、タレントのスケジュール管理や出演交渉などといった芸能活動を全面的にサポートです。

    主な仕事内容は、タレントのスケジュール管理、マスコミ各社への出演交渉、宣伝活動ですが、時にはタレントに対してアドバイスをしたり、悩みを聞いたりすることによる精神的な支えとなることも芸能マネージャーの大切な役割です。

    複数人のタレントを担当することも多く、朝から夜遅くまで働いたり不規則な生活になったりハードな職業のため、体力が必要な仕事でもあります。

    スタッフやスポンサーなど多くの人に気を遣うことも多いため大変な仕事ですが、担当したタレントがデビューしたり、世間の注目を集められるようになったときには、大きな達成感とやりがいを味わえることも多いため、魅力的な仕事です。

    新人芸能マネージャーのタイムスケジュール

    芸能マネージャーは、自分が担当しているタレントのスケジュールに合わせて予定を組み立てます。
    タレントの送迎や取材対応のサポート、社内の打ち合わせなど業務の内容は多岐にわたります。

    芸能マネージャーの仕事へのイメージが膨らむように新人マネージャーの1日を2つ紹介します。

    イベントコンパニオンのマネージャーの場合

    10:00 メールチェック
    11:00 スタッフへ面接や研修のご案内、シフトの連絡等
    12:00 休憩
    13:00 スタッフやクライアントへの挨拶など
    15:00 打ち合わせ
    19:00 退社

    芸能タレントのマネージャーの場合

    4:30 起床
    5:00 出発
    5:30 タレント迎え
    6:30 新幹線で東京から大阪へ移動
    9:00 テレビ番組のロケ開始
    12:00 ロケバスで昼食(弁当)
    15:00 ロケ終了
    16:00 新幹線で大阪から東京へ移動
    18:30 東京駅からラジオ局へ移動
    19:00 ラジオ局着 打合せをしながら夕食(弁当)
    21:00 ラジオ収録終了後、タレントを送る
    22:30 プロダクションへ車返却し帰宅
    23:30 帰宅 報告書作成

    芸能マネージャーの求人例

    芸能マネージャーの求人例

    芸能マネージャーの仕事内容について紹介しましたが、実際にどのような求人が募集されているのか見てみましょう。
    芸能マネージャーに転職したらどのような条件で働くことになるのか、どのような生活を送るようになるのかということに対するイメージがより一層膨らませられると思います。

    芸能マネージャー求人1

    芸能マネージャー求人2

    芸能マネージャー求人3

    芸能マネージャー求人4

    こちらで紹介している求人は2019年12月24日にdodaとリクナビNEXTで公開載されていた求人です。
    そのため、求人募集が終了してしまっている場合はご了承ください。

    これらの求人は求人サイトからでも応募することはできますが、転職エージェントを利用すると求人サイトでは見ることができない求人(非公開求人と呼ばれている)も紹介してもらうことができます。

    非公開求人には、人気の大手プロダクションやライフワークバランスも充実している好条件な求人が多い傾向があります。

    芸能マネージャーになる方法

    芸能マネージャーになる方法

    芸能マネージャーの多くは、芸能プロダクションやタレント事務所に勤務しています。

    そのため、芸能プロダクションやタレント事務所の求人に応募する必要があります。

    未経験の場合は入社後にアシスタントとしてマネージャーの補佐となり、スケジュール調整や雑務などを現場で経験します。

    学歴不問や年齢不問で人材を募集している企業も多いですが、プロダクションによってさまざまな募集条件があるため、しっかり求人をチェックしましょう。

    芸能マネージャーは学歴やスキルよりも体力や根性といったポテンシャルを求められることが多いため、元気で明るく、芯の強さがある人であれば高卒でも採用してもらえる可能性は十分あります。

    芸能事務所TOP50はこちら

    芸能マネージャーになるために必要な資格

    芸能マネージャーに転職するうえで必要な資格は自動車の運転免許です。

    担当しているタレントの送迎をしたり、撮影機材や荷物を運搬したりする業務があるので、車を運転できることは必須条件であることが多いです。

    また、運転免許は必須ですが、持っていると転職活動で有利になる資格としては、パソコン関連のスキルです。

    WordやExcel、PowerPointなどは事務仕事をするうえで欠かせないものなので、ある程度使えるようにしておくとアピールポイントにもなりますし、働いた後も役に立ちます。

    芸能マネージャーへの志望動機

    芸能マネージャーへの志望動機としては「芸能界に携わりたい」とか「誰かを支える仕事がしたい」「クリエイティブな仕事がしたい」という声が多いです。

    担当しているタレントの補佐役としてテレビやラジオの収録現場やコンサートなどのイベントに立ち会うことになるため、テレビや音楽、芸能人が好きな人にとってはとても魅力的な職場となるでしょう。

    しかし、仕事内容が多岐にわたる職種でもあるため、志望動機の伝え方にはコツがあります。

    そこで、次は芸能マネージャーへの転職で志望動機を伝えるときのコツを3つご紹介します。

    芸能マネージャーへの志望動機を伝える時の3つのコツ

    芸能マネージャーへの転職活動で面接官に志望動機を伝える際は、自分のやりたいことを素直に伝えることはもちろんですが、下記3つのコツも意識しつつ伝えてみましょう。

    1つ目のコツ_芸能業界への興味の強さを伝える

    芸能マネージャーを目指すことになった理由はもちろんのこと、芸能業界への興味の強さや仕事への転職意欲の高さを伝えることが大切です。

    数ある職業の中で、なぜ芸能関係の仕事を選ぶのか、なぜマネージャーという職種を選ぶのかという点を明確に示すと好印象です。

    業界への興味が曖昧だったり、マネージャーになりたい理由が不明確だったりすると、意欲が低いとみなされ、評価は下げられてしまいます。

    芸能マネージャーは拘束時間が長かったり、不規則な生活が続くハードな仕事なだけに、中途半端な気持ちでは働き続けることは難しいかもしれません。

    2つ目のコツ_タレントをどのように支えたいのかを伝える

    芸能マネージャーになったら、どのようにタレントを支えていきたいのか、転職後の働き方としてイメージしていることをアピールすることが大切です。

    仕事内容は多岐にわたり、変則的な仕事も多く柔軟な対応が求められるため、タレントの補佐役でありながら、個性を発揮して仕事を進めることも企業から求められています。

    先陣を切ってぐいぐい引っ張っていくタイプでタレントを支えていくのか、一歩引いて見守るように支えるのかでは、仕事の進め方やタレントに与える影響は大きく違うので、あなた自身の能力、個性を踏まえてアピールすることが書類選考や面接で目を止めてもらうためには有効です。

    3つ目のコツ_憧れだけを伝えてはダメ

    芸能界への強い興味、気持ちを伝えることは大切ですが、憧れを伝えるだけではNGです。

    「華やかだから」「カッコいいから」「芸能人が好きだから」「テレビがすきだから」といった漠然とした志望動機では、転職意欲が弱いと判断されてしまいます。

    誰かのファンであることを理由にするのは問題ありませんが、志望先の事務所に所属しているタレントを例に挙げてください。

    芸能マネージャーへの転職にはエージェントを活用すべき4つの理由

    芸能マネージャーへの転職にはエージェントを活用すべき4つの理由

    芸能マネージャーへ転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 芸能プロダクションの職場状況(雰囲気や業務内容)の実情を教えてくれる
    2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 芸能業界に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収交渉や日程調整を代行してもらえる

    理由1.芸能プロダクションの職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2.非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、大手プロダクションの芸能マネージャーの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3.芸能業界に特化したに特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    芸能マネージャー転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    芸能マネージャーへの転職でオススメの転職エージェント

    芸能マネージャーへの転職でオススメの転職エージェント

    芸能マネージャーへの転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 芸能マネージャーの求人を所有する可能性が高いか
  • プロダクションの内部事情にも詳しいか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    高倍率の事務職に転職するなら絶対に転職エージェントを使うべき理由

    「安定した生活のために事務職へ転職したい…」「販売員から事務職に転職しようかな…」や結婚・出産などといったライフステージの変化によって事務職への転職を検討している人は多いです。

    しかし、事務職は人気の職種であるため、転職することが難しい職種の1つです。

    そこで、

  • 事務職の転職事情
  • 事務職への転職で押さえておくべきポイント
  • 事務職への転職で登録すべき転職エージェント
  • をご紹介します。

    高倍率の事務職への転職を検討している人は参考にしてください。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    自分にピッタリの事務職を見つけよう

    事務職は、9つに分類することができます。

    細かい業務内容がそれぞれ異なりますので、転職先を検討する際の参考にしてみてください。

    一般事務・OA事務

    一般事務・OA事務は、書類整理や管理、パソコンでの営業関連の書類作成、データ入力などが主な仕事内容です。

    来客対応や、郵便物の発送・仕分けなどの業務もやります。

    事務職と聞いて、一番イメージしやすいのがこの「一般事務・OA事務」でしょう。

    一般事務・OA事務はこんな人におすすめ
  • 確実に安定した仕事をしたい人
  • 単純な作業をコツコツするのが好きな人
  • パソコンスキルに自信がない人
  • 営業事務

    営業事務は、営業のサポート・バックアップをすることが主な仕事内容です。

    契約書作成や見積書の作成など、事務作業的な側面で携わることが多いです。

    業務内容としては、一般事務と大きく代わりはありませんが、サポートした営業の数字(売上)が見えることが他の事務職では感じることができないやりがいといえます。

    営業事務はこんな人におすすめ
  • 基本的なPCスキル(Word,Exel)を持っている人
  • コミュニケーションが好きな人
  • 数字で成果を見える形で感じたい人
  • 経理・会計事務

    経理事務は、会社で発生する現金の支払いや受取り、伝票の仕分けや処理、帳簿の作成、経費の精算などが主な業務内容です。

    年度末や期末などには通常の経理作業に加えて、「月次補助」「月次決算補助」「月次・四半期・年次決算」といった、重要性の高い仕事を担当する場合もあります。

    上記のような大きな金額を扱うケースでは、簿記や商法、法人税法など、会計・法律に関する専門的な知識やスキルなどが求められることがあります。

    経理・会計事務はこんな人におすすめ
  • 正確に数字の計算や処理ができる人
  • 簿記や税理、会計系の資格やスキルを持っている人
  • お金の流れに興味がある人
  • 総務事務

    経理事務は、会社の備品管理・発注、オフィス管理、社内規定の作成・更新、株主総会の運営、社内イベントの企画・運営といった仕事が主な業務内容です。

    中小、ベンチャー企業では、給与計算や勤怠管理などの人事・労務関係の仕事をはじめ、契約書の作成・管理、コンプライアンス体制の整備なども総務事務の仕事になることがあります。

    来客や電話対応、会議室の手配、来客時のお茶出しなども総務事務の仕事になることがあります。

    総務事務はこんな人におすすめ
  • 人前に出ることが好きな人
  • 従業員や社外の人とコミュニケーションを取ることが好きな人
  • 細かいことに気を配ることができる人
  • 労務事務

    労務事務は、採用、労務管理、給与支払いなど、人事部が担当する仕事を、書類作成や手続き業務などを通してサポートすることが主な業務内容です。

    求人サイト(求人票)では人事アシスタント、人事労務などという名前で募集されていることもあります。

    労務事務はこんな人におすすめ
  • 人と話すことに抵抗がない人
  • 機密情報などに対する感度が高い人
  • 物事に対して用心深い人
  • 法務事務

    法務事務は、契約書のチェックと管理が主な業務内容です。

    会社で発生する契約書に不備はないか、書き換えた項目に法律的な問題はないかなどを法務事務が確認します。

    法務事務はこんな人におすすめ
  • 口が堅い人
  • 法律に対する関心がある人
  • 正確な作業ができる人
  • 貿易事務

    貿易事務は、輸出に関する業務と輸入に関する業務に分かれます。

    輸出に関する具体的な業務は、輸出通関書類作成、通関手配、運送便の手配、L/C(荷為替手形に付いた信用状のこと)買取など

    輸入に関する具体的な業務は、輸入通関手配や商品の納入管理、関税納付と消費税納付など

    貿易事務はこんな人におすすめ
  • 英語ができる人
  • 社内外のコミュニケーション能力がある人
  • 読解、作文が得意な人
  • 学校事務

    学校事務とは、中小規模の学校では、経理事務、人事事務・労務事務、総務事務の仕事を幅広く対応するのが主な業務内容です。

    学校事務はこんな人におすすめ
  • 学生とのコミュニケーションが好きな人
  • 幅広い事務のスキルを身に付けたい人
  • 定時退社をしたい人
  • 医療事務

    医療事務とは、病院の受付や会計、レセプト業務を行うのが主な業務内容です。

    来院した患者さんから保険証を預かったり、診療申込書を書いてもらったり、患者さんを受診科への案内をしたりする受付業務がメインです。

    医療事務はこんな人におすすめ
  • 医療に興味がある人
  • お年寄りとのコミュニケーションも苦に感じない人
  • 未経験で事務にチャレンジしたい人
  • 【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    事務職に求められる3つの能力・スキル

    事務職に求められる3つの能力・スキル

    一般事務の仕事は職場によって異なり、その内容や範囲も千差万別。

    一般事務の仕事の基本は事務作業ですが、求められるスキルはどの事務職であっても変わりません。

    どのような職場であっても事務職に共通して求めるスキルが存在するのです。

    1.コミュニケーション能力

    事務職において、主な業務は担当分野のサポート。

    電話対応や受付業務などの応対業務などはもちろん、資料作成の際にも「どのような資料がいつまでに必要なのか」などのコミュニケーションを取る必要があるためです。

    2.基礎的なPCスキル

    WordやExcelといったPCスキルは書類作成には欠かせません。

    事務職には丁寧かつ正確な資料作成が求められるため、PCツールを使いこなせるスキルが必要となります。

    3.担当分野の知識

    医療・貿易・金融といった担当している分野についての知識が必要となることがあります。

    医療現場ならばレセプトなど、貿易ならば英語や貿易国の情報、翻訳・通訳ならば専門用語やトレンドなどです。

    事務職の平均年収

    事務職の平均年収

    続いては、誰もが気になる事務職の年収について解説します。

    事務職の平均年収

    事務職の平均年収は330万円です。

    それぞれの事務職の年収は下記のようになっています。

    医療事務

    平均年収:292万円
    20代:269万円
    30代:313万円
    40代:341万円
    50代以上:417万円

    一般事務

    平均年収:329万円
    20代:296万円
    30代:340万円
    40代:374万円
    50代以上:434万円

    営業事務

    平均年収:327万円
    20代:303万円
    30代:345万円
    40代:363万円
    50代以上:420万円

    秘書/受付

    平均年収:334万円
    20代:297万円
    30代:346万円
    40代:395万円
    50代以上:436万円

    貿易事務

    平均年収:369万円
    20代:334万円
    30代:379万円
    40代:405万円
    50代以上:500万円

    翻訳/通訳

    平均年収:352万円
    20代:300万円
    30代:364万円
    40代:384万円
    50代以上:421万円

    参照:転職サイトdoda

    ※賞与・勤続年数によっても年収額は変わります。

    残業やノルマの少ない業務内容で、上記の年収をもらえるというのはとても魅力的です。

    また、入社時の年収が低くても、勤続年数や成果を上げることで昇給できる職場もあります。

    職場によっては、福利厚生として家賃補助家族手当なども支給されることもあるため、年収だけで職場を決めてはいけません。

    事務職の転職事情

    事務職の転職事情

    事務職は「体力が必要ではない」「清潔な場所で仕事ができる」などの理由や「子供の幼稚園・保育園などの送り迎えにより残業ができなかったり、短時間勤務をしたい女性」にとっても融通が利きやすい職業です。

    そのため、転職先としての人気が高く、転職でも競争率が高くなっています。

    しかし、特殊なスキル・資格や専門的な知識を求められることが少ないため、未経験でも受け入れてくれる企業も多く存在します。

    求人倍率

    職種全体の求人倍率は2.87倍となっています。

    赤線で囲ってある水色のグラフが「事務・アシスタント系」の求人倍率です。

    全体の求人倍率が2.87倍であるのに対し、事務職の求人倍率はなんと0.24倍

    事務職の求人倍率

    事務職の求人倍率をわかりやすいように赤線で囲っています。

    他の職種に比べて格段に低いことがわかると思います。

    求人倍率0.24倍は、1つの求人に対し、約4人の求職者が事務職に応募しているということです。

    引用:doda 「転職求人倍率レポート(2017年12月)」

    事務職の人気が高い3つの理由

    事務職は求人倍率も高く、特に女性から人気のある職種であることをお伝えしました。

    ここからは、事務職の人気が高い理由をより詳しく見ていきましょう。

    人気の高い3つの理由

    1. 週休2日の職場が多い
    2. 未経験からでも転職しやすい
    3. クレーム対応が少ない

    1.週休2日の職場が多い

    週休2日であることは事務職が人気である理由の1つです。

    職場にもよりますが、「土日休みで、残業が少ない職場が多い」です。

    残業が多い事務職や土日も出勤をお願いされるシフト制の事務職もあるかもしれませんが、そのようなケースはとても少ないです。

    また、カレンダー通りの土日祝休みのお仕事であることがほとんどです。

    2.未経験からでも転職しやすい

    事務職は、基本的にはルーチンワークであることが多いため、自分で考えなくてはいけない業務や臨機応変に対応を求められることは少なくなります。

    初期教育を受けることで、基本的な業務を身に着けることができるため、事務職の経験がなくても受け入れてくれます。

    そのため、未経験OKの事務職求人も多いです。

    急なトラブルや業務以来などはほとんど発生しないため、予定が立てやすく、自分のペースを守って仕事ができるのです。

    3.クレーム対応が少ない

    ルーチンワークがメインの事務職では、顧客とのやりとりはが発生することが少ないため、クレーム対応などは起きません。

    そのため、クレーム対応で余計な神経をすり減らすこともありません

    決められた業務をきちんとこなしていれば、大きなトラブルに巻き込まれることはなく、自分のペースで仕事が進めやすいことから事務職は人気が高くなっています。

    事務職への転職を検討している方は、インターネットの口コミや評判を信じてはいけません。

    なぜなら、インターネット上の口コミや評判はウソの情報も混じっているからです。

    そのような口コミや評判だけを信じて転職しても、転職後に「思っていた会社と違かった」などと後悔する可能性が高いです。

    そこで、事務職への転職を検討している方のために

  • 事務職への転職方法
  • 転職エージェント活用術
  • 事務職への転職でおすすめ転職エージェント
  • をお伝えします。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    事務職はこんな会社

    事務職は、生命保険会社・損害保険会社の多様な保険商品を取り扱う総合保険代理店です。

    基本情報

    事務職の基本情報

    まずは、事務職の基本情報を紹介します。

    ※事務職の公式ページや信頼できる情報機関を参照しています。

    会社名

    株式会社事務職

    所在地

    〒163-0242
    東京都新宿区西新宿2丁目6-1 新宿住友ビル42階

    設立

    1997年11月

    資本金

    5,000万円

    従業員数

    655名(2021年1月現在)

    売上高

    71.1億円(2019年度)

    拠点数

    41拠点(2021年1月現在)

    代表者

    代表取締役社長
    梅津 明美

    事業内容

    FP教育事業
    各種セミナー企画・運営・開催
    ライフプランニング業務
    生命保険の募集に関する業務
    損害保険代理業に関する業務
    シニアライフコンサルティング業務

    事務職の特徴

    事務職の特徴

    続いて、事務職の特徴についてまとめておきます。

    • 独立系保険代理店業界No.1
    • 全国41ヶ所に拠点
    • 業界最高水準の人材育成プログラムがある
    • 大手から地域密着まで多様な保険会社と提携
    • 全国各地で人材を募集している
    • 自由な働き方を推進するためにフレックスタイム制を採用
    • 不動産・建築、金融、小売・販売出身者が多い

    業界最高水準の人材育成プログラム

    事務職の特徴として、すべての営業社員のFP(ファイナンシャルプランナー)資格取得を目標に掲げています。

    資格取得のための各種研修、成功事例の共有、セミナー講師育成研修、勉強会など、多彩な人材育成プログラムが完備。

    これらの人材育成プログラムは、他業界から転職してくる人や保険コンサルタント経験者からも人気を集めている1つの理由となっています。

    大手から地域密着まで多様な保険会社と提携

    総合保険代理店として、大手から地域密着の保険会社まで、幅広く提携していることが事務職の特徴の1つでもあります。

    幅広く保有していることによって、保険を検討している人にとって最適なプランを提案することができます。

    ただ、未経験から保険業界に転職する人にとって、はじめのうちは少し保険会社の特徴を覚えるのが大変かもしれません。

    しかし、各種研修制度や先輩社員から教えてもらうことができるので、徐々に覚えていくことができるでしょう。

    取り扱いのある生命保険会社(一例)

    アクサ生命保険株式会社
    アクサダイレクト生命保険株式会社
    朝日生命保険相互会社
    アフラック生命保険株式会社
    オリックス生命保険株式会社
    ジブラルタ生命保険株式会社
    ソニー生命保険株式会社
    明治安田生命保険相互会社
    メットライフ生命保険株式会社

    損害保険会社(一例)

    あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
    AIG損害保険株式会社
    セコム損害保険株式会社
    セゾン自動車火災保険株式会社
    損害保険ジャパン株式会社
    東京海上日動火災保険株式会社
    日新火災海上保険株式会社

    事務職への転職には転職エージェントを活用すべき4つの理由

    事務職に転職エージェントを活用すべき4つの理由

    事務職への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 事務職の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 事務職の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、事務職の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    事務職の転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    事務職への転職でおすすめ転職エージェント

    事務職への転職でおすすめ転職エージェント

    事務職への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 事務職の求人を所有する可能性が高いか
  • 事務職の内部事情にも詳しいか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    事務職に転職するまでの流れ

    事務職に転職するまでの流れ

    事務職に転職するまでの流れを説明しておきます。

    転職するまでの基本的な流れとしては、「転職エージェントに登録」→「応募」→「書類選考」→「面接」→「内定」→「入社」になります。

    ★転職エージェントに登録
    本ページで紹介している転職サイトに登録しましょう。

    転職に成功している人は平均2.3社ほどのサイトに登録しています。

    ★応募
    転職エージェントに希望する条件を伝え、事務職の求人を紹介してもらってください。

    ★書類選考
    これまでの経験、保有している知識・スキルが応募職種にマッチングするかを重視して選考されます。

    書類選考後、1~2週間以内には書類選考結果をエージェントから伝えてもらえます。


    ★面接
    書類選考後、1〜4回ほどの面接を実施されることが一般的です。

    これまでの経験や応募する職種によって面接回数が変化することがあります。

    ★内定
    内定となった場合には内定通知書が提示されます。

    ★入社
    入社日については、内定通知後1ヶ月程度で入社するのが一般的でが、内定者の事情に応じて調整してもらうことができます。

    最近では、余裕を持って転職活動を行なう人も増えているので、内定後半年ほどでも待ってくれるケースも増えています。

    エージェントが入社日の調整等は代行してくれます。

    ・応募から内定までは早くて1週間以内、入社までは1ヶ月以内が平均的です。
    ・土日や夜間の面接も調整してもらえることがあります。

    事務職に転職した体験談

    事務職に転職した体験談

    事務職の事務職への転職事情や転職するためのポイントを解説してきました。

    少しでも、転職活動を進める際の参考になれば幸いです。

    最後に、当サイトで事務職へ転職した人にインタビューをしたものを体験談として紹介します。

    26歳女性_アパレルから一般事務職へ転職

    事務職へ転職した理由は?

    前職の職場でパワハラがひどく、このまま働き続けることが自分にとってプラスになることはないと思ったから。

    短大の時にWordとExcelに関する資格をいくつか習得していたので、その資格を活かせる仕事に就きたいと思った。

    転職活動前に不安に思っていたは?

    そもそも未経験の自分なんかが事務職に転職なんてできるのだろうかということ。

    事務職はとても人気が高く、事務の資格や経験があってもなかなか就くことのできない職種だと知っていたので、WordとExcelは多少使えるものの実務経験がないので転職できないんじゃないかという不安がありました。

    転職エージェントを利用してよかったことは?

    未経験OKの求人を面談した初日に5社ほど紹介してくれたことに驚いたし、嬉しかった。

    また、困ったことがあった時、すぐに相談できる相手がいたのはとても心強かった。

    面接を受けた会社から即日入社するように言われ、「この会社で大丈夫だろうか・・・」という不安に駆られた時も、担当してくれていたエージェントに相談したことでホッとした気持ちになった。

    30歳女性_営業から営業務職へ転職

    事務職へ転職した理由は?

    営業の時と比べると、仕事量が少なく、残業しなくて済むことに加え、休みもしっかりと確保できると考えたためです。

    結婚もしたいと思っていたので、家事をする時間が確保できるような時間で帰れる仕事を選びました。

    あと、事務として働いている友人からも仕事内容や労働条件について話を聞いていたので、30歳という年齢に不安はあったものの転職に踏み切ることができました。

    転職活動前に不安に思っていたは?

    事務職自体の求人数が少ないのにも関わらず、人気な職種で応募数も多いし、年齢的にもなかなか内定を貰えないのではないかということが不安でした。

    転職エージェントを利用してよかったことは?

    自分がその会社のイメージと合っているかを職場の内部事情を交えて詳しく教えてもらうことができたことです。

    転職活動自体は初めてではなかったのですが、活動していく中で焦りもあり自分を見失いがちになるため、客観的なアドバイスは非常に役に立ちました。

    また、転職エージェントを通したことで入社した後でのミスマッチングも防げたのではないかと思ってます。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    カスタマーサクセスが注目されている3つの理由と転職するためのコツ

    最近カスタマーサクセスという言葉を聞く機会は増えていませんでしょうか。

    聞く機会が増えている背景には、ビジネス環境の変化が関係しており、ビジネス環境の変化に伴い転職市場でも「カスタマーサクセス」という職種への注目が集まっています。

    そこで、この記事では「そもそも、カスタマーサクセスってなんなの?」という解説から「カスタマーサクセスに転職するとき押さえておくべきコツ」を紹介します。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    カスタマーサクセスってなに?

    カスタマーサクセスってなに?

    カスタマーサクセスは、企業が提供しているサービスを利用する顧客の満足度を高い状態に保つために分析や改善を行う職種です。

    近年、DX、XaaSモデルへの転換が加速しているため、特に自動車メーカーやFinTech、不動産Tech、EdTechなどの業界で注目されています。

    また、顧客のビジネスやニーズの理解が重要なスキルとなるため、営業職やマーケティング職の人からの転職先として人気を集めています。

    カスタマーサクセスの仕事例

    ここからは、実際に募集されている求人も見ながら、カスタマーサクセスの具体的な仕事内容を解説していきます。

    カスタマーサクセス1つ目の求人例

    具体的な仕事内容

  • コンタクトセンターの立ち上げ
  • スタッフの管理・育成
  • 顧客情報やデータ分析
  • カスタマーサクセス2つ目の求人例

    具体的な仕事内容

  • 『Photoruction』の最大活用に向けたお客様課題の抽出
  • 課題解決に向けた運用方法の企画立案、実践サポート
  • プロダクトの有効活用とサービス継続利用に向けた施策の立案
  • 運用サイクル考案、運用レポートの作成
  • 営業活動支援に関連する各種提案資料等の作成
  • 試験導入のお客様に対する活用範囲拡大に向けた提案
  • カスタマーサクセス3つ目の求人例

    具体的な仕事内容

  • 既存顧客からの問い合わせ対応、それに伴う検証や社内フィードバック
  • お客様環境を巡回して実施する提案型のサポート
  • サービス品質の目標設定と計測・改善
  • 既存顧客との訪問打ち合わせ
  • 既存顧客向けセミナーや交流会の企画・実施
  • SATORI活用促進を進めるためのコンテンツ作り
  • 既存顧客向けイベントやセミナーの企画・運営
  • 既存顧客向けWebサイトの企画・制作・運用
  • 顧客満足度を計測しサービスの改善点を発見するため各種調査の企画・運用
  • 代表的な業務内容.1_顧客への価値提供・提案

    カスタマーサクセスの仕事として、顧客企業が価値を生み出すための支援やサポートをすることは中心的な業務となります。

    顧客の課題をヒアリングを通して本質である課題を見つけ出し、事業やサービスの価値拡大や成長につながる提案をする仕事となります。

    代表的な業務内容.2_業務・マーケティングプロセスの改善

    カスタマーサクセスは組織課題、事業課題の両方にアプローチします。

    企業(自社とクライアント)において、ボトルネックになっているポイントを見極め、適切な人員配置や業務フローの改善の提案などを行います。

    また、経営へのアドバイスや助言なども行うこともあります。

    代表的な業務内容.3_サービス支援・サポート

    企業が顧客に提供するサービスの課題を事前にキャッチアップし対策を練るのもカスタマーサクセスの仕事です。

    例えば、BtoCサービスでは下記のような仕事をします。

    購入:セミナーの開催や詳細資料を準備し提供
    導入時:トレーニングや研修の実施、設置から実稼働をサポート
    導入後:活用事例やケーススタディなどの情報提供、顧客のリテラシー向上支援
    ここまでのまとめ
    企業が提供しているサービスやビジネスモデルによって、仕事内容も多種多様なカスタマーサクセス。

    ただ、どの職場でも「顧客生涯価値を最大化させること」「既存のサービスや業務フローを改善・向上させること」といった役割がありました。

    職種として歴史は浅いカスタマーサクセスですが、サブスクリプション型ビジネスが増えた近年では単なる問い合わせ対応という役割ではなく、企業が成長する為に大きな役割を担っている職種ということになります。

    カスタマーサクセスが注目されてる3つの背景

    カスタマーサクセスが注目されてる3つの背景

    カスタマーサクセスが注目される背景としては主に下記3つがあります。

    1. サブスクリプションの影響
    2. 市場全体のサービス業化
    3. ソーシャルやシェアの浸透

    1.サブスクリプションの影響

    カスタマーサクセスは、サブスクリプション型ビジネスを提供する企業が増えたことをきっかけに注目されるようになりました。

    サブスクリプション・・・
    利用者が月額を定期的に支払うことにより、商品やサービスを利用する権利を得ることができるようになるビジネスモデルです。

    個人向けの音楽・動画配信サービスやファッション、車を定額で利用出来るサービスだけではなく、法人向けのクラウドサービスも増えています。

    個人向け:Netflix、ダ・ゾーン、Huluなど
    法人向け:Salesforce、SanSanなど

    近年ではAdobeやMicrosoftなどの企業がサブスクリプション型サービスへの展開しています。

    このようなサブスクリプション型サービス増加に伴い、カスタマーサクセスという職種が注目されるようになりました。

    今後もクラウドサービス、サブスクリプション型ビジネスが増えてくことが予想されているので、カスタマーサクセスは将来的にも更に注目されることでしょう。

    また、カスタマーサクセスとして求められる能力やスキルは将来的なキャリア形成という観点にも有益になります。

    サブスクリプションサービス

    2.市場全体のサービス業化

    サブスクリプション型サービス(NetflixやAmazonPrimeなど)が一般的になりました。

    そのようなサービスはこれからも増加していくことが予想されているので、企業側としてはサービスを差別化していく必要があります。

    サブスクリプション型サービスが一般的になるまではサービスを開発して、市場の流通経路に乗せることで売上が立つこともありましたが、今後は、サービスの付加価値として修理やサポート、保守やメンテナンスなど「商品そのもの」以外の部分のサービスが重要視されつつあります。

    市場の変化に対応するためにも、カスタマーサクセスによってサービスの差別化をして顧客に選ばれるような工夫をすることが大切とされています。

    3.ソーシャルやシェアの浸透

    インターネット環境が整備されたことで、Webサービスだけでなくスマホゲームやアプリの利用・課金も一般的になっています。

    しかし、ソーシャルもWebサービスと同様に類似のサービスが溢れている状態のため、他社との差別化が重要になっています。

    顧客が自分の好きなタイミングや好きな機能にだけ「課金」するのが一般的になったことで、継続的に使ってもらうためには、他社のサービスと差別化をすると共に継続的に利用してもらうための開発が必要となるのです。

    開発のためには顧客の意見をサービスに反映することが重要となるため、そのためにもカスタマーサクセスという職種が注目されるような時代になっているのです。

    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    カスタマーサクセスのキャリアの将来性

    カスタマーサクセスのキャリアの将来性

    サブスクリプション型ビジネスの企業も増え、カスタマーサクセスの需要は今後も増していくことが予想されています。

    そのため、カスタマーサクセスの職種を経験することはキャリアパスとしても有利に働きます。

    ここからは、カスタマーサクセスとして働くことの将来性について解説していきます。

    1.LTVと対峙する経験ができる

    これからの全てのビジネスにおいて最も重要な指標はLTVであるとも言われています。

    LTV
    Life Time Value(ライフ タイム バリュー)の略で、「顧客生涯価値」と訳されています。

    一人、あるいは一社の顧客が、特定の企業やブランドと取り引きを始めてから終わりまでの期間(顧客ライフサイクル)内にどれだけの利益をもたらすのかを算出したもの。

    LTVは顧客ごとに「時間」と「利益」によって定量化した指標であるため、既存顧客の維持・拡大における判断指標に活用されるようになった。

    特に日本では、サービスのサブスクリプション化(Adobe、Salesforceなど)・海外サービス(AmazonPrime、Netflixなど)の日本進出がどんどん進行し、新規顧客よりも既存顧客に目を向ける機会が増えています。

    LTV中心のビジネス設計が当たり前になる世界がもうすぐそこに来ており、スタートアップ界隈では既に最重要指標になっております。

    しかし、現在勤めている企業や部署の最重要指標がLTVになっていることは少ないかと思います。

    LTVは様々な要素が絡む指標であり、一つの部署だけではなかなか扱わない指標であり、事業責任者や事業企画のみが扱うのが一般的でした。

    そのため、ビジネスとして最重要指標にも関わらずLTVを意識して仕事をしている人は非常に少ないと思います。

    対して、カスタマーサクセスのミッションそのものがLTVの向上であることが多いため、最重要指標はLTVになることが定石です。

    ビジネスマンとしてLTVという指標を追う経験ができることがとても大きな経験となります。

    LTVの観点でビジネスを考えられるビジネスマンと考えられないビジネスマンの差はこれからどんどん大きくなっていくため、転職市場における価値も高くなるでしょう。

    2.顧客起点でビジネスを考えるマインドが持てる

    マインドは思考の癖と言い換えられますが、若い頃に良いマインドを身につけられると良い影響をもたらすし、逆に悪いマインドを身につけると成長の阻害になってしまいます。

    カスタマーサクセスをすることで身につけられる顧客起点でビジネスを考えるマインドは、とても貴重なものです。

    妄想や思い込みといった顧客像を元に業務をしているビジネスマンが多い中で、カスタマーサクセスのように顧客への調査を重ねた上で起点で顧客起点で物事を考えられるビジネスマンは稀です。

    ユーザーファーストというような言葉も流行っていますが、顧客起点で考えることはそれだけ難しいため、それができるビジネスマンの市場価値が高いのも納得できます。

    また、重要なこととしては顧客の言うことを鵜呑みにすることではなく、顧客起点で考え、ビジネスを成長させることです。

    顧客の成功とビジネスとしての成長を結びつけるという思考プロセスに慣れる、経験を重ねることがキャリアを考える上でビジネスマンとしての価値を高めてくれます。

    3.多くのスキルを短期間で習得できる

    カスタマーサクセスは、営業・マーケティング・開発・人事・法務・経理など社内の多くの部署とコミュニケーションを取ります。

    なぜコミュニケーションをとるかというと、カスタマーサクセスが追っている指標や目標自体の成果が社内部署とのコミュニケーションによって左右されるからです。

    顧客にとっての接点であるカスタマーサクセスは、顧客の声の代弁者として他部署に届け、顧客起点でサービスや業務改善を主導していく必要があるのです。

    また、カスタマーサクセスは幅広い知識やスキルを短期間で身につけることが求められます。

    そのため、相当量の学ぶことを強いられることもありますが、学びために必要なマインドや習慣を身につけることで、気づいた頃にはさまざまなスキルを最短で習得できるようになっていることもあります。

    社会人になると新しいスキルを習得することに躊躇したり、精神的なコストが高くなります。

    しかし、カスタマーサクセスをする上で必要なスキルは身につけないとビジネスを前に進めることができないことも多いため、社会人として必要な習慣を早期に身につけることができるようになります。

    上記に付随して、カスタマーサクセスの周囲には多様性のあるメンバーが揃うことが多いです。

    エンジニア出身、マーケッター出身、営業出身、経理出身などさまざまなスキルを持った人が近くにいるので、最短でスキルを習得できる環境です。

    ワンポイント
    カスタマーサクセスで得られるスキルに加え、もう一つスキルを身につけると市場価値は格段にアップします。

    それは”ただの”マーケッターよりも”ただの”エンジニアよりも、”ただの”マネージャーよりも、付加価値が圧倒的に高くなります。

    カスタマーサクセスのキャリアパスというのは、これらの+αの固有スキルを自分の意思で好きに選ぶことができる点が特徴です。

    カスタマーサクセスという職種を通して、ビジネスマンとしてのベーススキルを高めると同時に、業務に関係のある形で+αのスキルを身につけることができます。

    カスタマーサクセス
    ×
    マーケティング
    LTVを最大化するマーケッター

    カスタマーサクセス
    ×
    エンジニアリング
    UX改善ができるエンジニア

    カスタマーサクセス
    ×
    データ分析
    施策を考察できるデータアナリスト

    カスタマーサクセス
    ×
    マネジメント
    顧客理解の深い事業責任者

    カスタマーサクセスに必要な5つのスキル

    カスタマーサクセスに必要な5つのスキル

    カスタマーサクセスになるために必要な5つのスキルを解説します。

    1. 顧客との関係構築スキル
    2. 情報分析スキル
    3. 課題発見・問題解決スキル
    4. 業務設計・企画スキル
    5. ファシリテーションスキル

    カスタマーサクセスになるためには、一言で表すと「問題を発見する力」「問題を解決する力」が求められます。

    また、顧客ですら気づいていないサービスの価値や成長するための課題について、本質を追求し続ける能力がカスタマーサクセスには必要です。

    具体的に必要なスキルに関しては上記の5つがあり、具体的に解説していきます。

    顧客との関係構築スキル

    カスタマーサクセスは顧客のビジネスを十分に理解し、ニーズを的確につかみながら、密なコミュニケーションを取っていく必要があります。

    常に顧客のビジネスの成功を考え、熱量をもって能動的に対策・対応を進めながら、顧客との信頼関係を築く。

    顧客との信頼関係を築くためのコミュニケーションスキルは、カスタマーサクセスの重要なスキルの1つなのです。

    情報分析スキル

    顧客に対して的確な企画・提案をするためには、収集した情報を正しく分析するスキルが必要となります。

    顧客の業界動向、ビジネスモデルや収益状況などの情報をテクノロジーや知識を踏まえながら、「問題の本質は何か」「原因として考えられることは何か」「何をすれば解決できそうか」と分析します。

    また、それらの情報を組み合わせ、顧客の戦略に結びつく提案をしていきます。

    課題発見・問題解決スキル

    考えられる問題を予測したり、起こってしまっている問題や課題の発見すること、それらの問題や課題を解決に導くための問題解決スキルが求められます。

    顧客の業界や事業、顧客のスペックと自社スペック、顧客の意向などの情報を収集し、状況を踏まえて最適な解決策を見つけ出して、顧客の意思決定を助ける能力です。

    業務設計・企画スキル

    カスタマーサクセスは、情報分析、問題や課題の発見、解決策を提案した後は、現場の業務に落とし込むまでサポートします。

    業務に落とし込むまでのサポートをするためには、業務設計スキルが必要。

    業務にかかる時間や人員配置、コストを考え、プロジェクトを成功に導くためのプロセスを提案していきます。

    ファシリテーションスキル

    カスタマーサクセスは、人と人とのコミュニケーションを円滑にするための調整力も必要とします。

    顧客によってはシステムやIT技術についてあまり詳しくなかったり、開発者が顧客のビジネスに関して詳しくないことも多いからです。

    そんな時に、カスタマーサクセスが間に入ってメンバーの関係を良好に保つのです。

    時には、開発、マーケティング、営業、サポートなどとの連携では利害関係にも考慮することも必要になることがあります。

    カスタマーサポートとの違い

    カスタマーサポートとの違い

    カスタマーサクセスはカスタマーサポートと混同されていることもありますが、目的や追うべき指標に違いがあります。

    また、顧客に対しての向き合い方にも違いがあるのです。

    イメージとしては、下記の図をご覧ください。
    カスタマーサクセスとカスタマーサポートの違い

    能動的なカスタマーサクセス

    カスタマーサクセスの場合は顧客を成功に導くことが目的となるため、アクションするのは顧客ではなくサービス提供側であるため能動的になります。

    例として、BtoB業界で月額課金型のサービスを提供している企業であれば、契約開始はゴールではなくスタートになるため、契約後にフォローができていないと満足度は低下し解約ということも想定できます。

    そのため、提供サービスを通じて課題が解決されていくことが重要なポイント。

    顧客に寄り添い、伴走することで成功体験のプランニングを実施するのがカスタマーサクセスです。

    守りのカスタマーサポート

    カスタマーサポートの一般的な職場として、コールセンターがあります。

    コールセンターにおけるカスタマーサポートの役割は、問い合わせ・クレーム対応などになるため、受動的です。

    カスタマーサポートは、主に電話やメール、チャットで顧客の問い合わせやクレームに対応する仕事です。

    多くの企業がサポートセンターや問い合わせ窓口を設置して、商品やサービスの購買前や購買後のフォローを行なっています。

    カスタマーサクセスへの転職ならエージェントを活用すべき4つの理由

    カスタマーサクセスへ転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 職場状況(雰囲気や業務内容)の実情を教えてくれる
    2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. カスタマーサクセスへの転職に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収交渉や日程調整を代行してもらえる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、好条件なカスタマーサクセスの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. カスタマーサクセスへの転職に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    カスタマーサクセスの転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更

    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    カスタマーサクセスへの転職でおすすめ転職エージェント

    カスタマーサクセスへの転職でおすすめ転職エージェント

    カスタマーサクセスへの転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • カスタマーサクセスの求人を保有しているか
  • 企業の内部事情にも詳しいか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    カスタマーサクセスに転職するまでの流れ

    カスタマーサクセスに転職するまでの流れ

    カスタマーサクセスに転職するまでの流れを説明しておきます。

    転職するまでの基本的な流れとしては、「転職エージェントに登録」→「応募」→「書類選考」→「面接」→「内定」→「入社」になります。

    ★転職エージェントに登録
    本ページで紹介している転職サイトに登録しましょう。

    転職に成功している人は平均2.3社ほどのサイトに登録しています。

    ★応募
    転職エージェントに希望する条件を伝え、カスタマーサクセスの求人を紹介してもらってください。

    ★書類選考
    これまでの経験、保有している知識・スキルが応募職種にマッチングするかを重視して選考されます。

    書類選考後、1~2週間以内には書類選考結果をエージェントから伝えてもらえます。


    ★面接
    書類選考後、1〜4回ほどの面接を実施されることが一般的です。

    これまでの経験や応募する職種によって面接回数が変化することがあります。

    ★内定
    内定となった場合には内定通知書が提示されます。

    ★入社
    入社日については、内定通知後1ヶ月程度で入社するのが一般的でが、内定者の事情に応じて調整してもらうことができます。

    最近では、余裕を持って転職活動を行なう人も増えているので、内定後半年ほどでも待ってくれるケースも増えています。

    エージェントが入社日の調整等は代行してくれます。

    ・応募から内定までは早くて1週間以内、入社までは1ヶ月以内が平均的です。
    ・土日や夜間の面接も調整してもらえることがあります。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    オンライン面接で失敗しないために押さえておくべき3つのコツ。

    最近は、対面ではなく、SkypeやZOOMなどのオンラインビデオツールを使用して選考をする企業も増えています。

    また、企業との面接だけでなく、転職エージェントとの面談もオンラインでする機会が増加傾向にあります。

    つまり、これからは企業との面接もエージェントとの面談(求人紹介含む)も全てオンラインで済ませることができるため、効率的な転職活動ができるのです。

    そこで、この記事では、オンライン面談で注意すべき3つのポイント転職エージェントからオンラインで求人を紹介してもらうまでの流れを解説します。

    この記事を読んで欲しい人

  • 地方に住んでいる人
  • 効率的に転職活動を進めたい人
  • オンライン面談に不安がある人
  • オンライン面談で注意すべき3つのポイント

    オンライン面談で注意すべき3つのポイント

    オンライン面談は、在宅で転職活動ができ、移動の時間・交通費を削減できることから効率的に転職活動ができます。

    しかし、一方で通信環境によっては音声が聞き取りずらかったり、対面よりも緊張してしまってうまく話すことができず、うまく相手に希望を伝えられない可能性もあります。

    そのため、ここからは、オンライン面談の時に特に注意すべき3つのことを紹介します。

    注意点.1 事前にテストをする

    1つ目の注意点は、オンライン面談を実施する前にテストすることです。

    既に周知されていることかと思いますが、意外と失敗してしまっている人も多いのです。

    オンラインツールのインストールやWi-fi環境を整えることまでは実施できている人もいるのですが、テストまでしている人は少ないのです。

    オンライン面談で起きた失敗例

  • 相手の声が聞こえなかった
  • 自分の声が相手に聞こえていなかった
  • カメラが写っていなかった
  • 同居人がふしだらな格好で後ろを通過した
  • 画面がフリーズしてしまった
  • パソコン、スマホの充電が切れた
  • ふさわしくないアカウント名やプロフィールを設定してた
  • カメラの位置が悪く上から目線担っていた
  • 上記のような失敗を防ぐためにも、企業やエージェントとの面談前には友人や家族に協力してもらいテストを実施しておきましょう。

    テストをしていても、本番時に予期せぬトラブルが起きてしまうこともありますが、できるだけ事前に防げる準備はしておきましょう。

    事前に準備しておけば、本番時にもトラブルが起きても、あまりうろたえることなく対応することができるはずです。

    最低限の準備やリスク予測/回避をしておくことは社会人として必要です。

    また、周囲がガヤガヤしておらずお互いが集中できる環境を整えておくことも相手への配慮する気持ちとして大切です。

    注意点.2 オンラインで完結させようとしない

    次に2つ目の注意点ですが、オンラインで完結させようとしないことです。

    オンラインの面談で自分の魅力を全てアピールしようとしてしまう人も多いのですが、注意が必要です。

    なぜなら、オンライン面談は、1次面接や2次面接などで実施している企業が多く、企業側もオンラインでの採用活動にはまだ不慣れです。

    また、最終面接やオファー面談では、来社して直接面接する機会を設けている企業も数多くあります。

    求職者のゴールは、転職候補先の企業から内定をもらうことですので、オンラインで全て完結させようとせずに、来社する機会を作ることが重要です。

    そのため、来社する機会を作るためには、オンライン上の面談で全て伝えてしまうのではなく、人事や面接担当者に実際に会ってみたいと思わせることが大切なのです。

    注意点.3 結論から伝えることを強く意識する

    3つ目の注意点は、結論から伝えることを強く意識することです。

    オンライン面談に限らず、面接では面接官からの質問に対して、自分の意見を結論から述べることが大切です。

    特にオンライン面談の場合では、対面での面談と比べてコミュニケーションが取りずらかったり、沈黙の時間に対して不安感が強くなります。

    そのため、長々と自分の意見を述べてしまい、「結局、何が言いたかったんだろう…」と面接官に思われてしまうことで面接に失敗しているケースが多く見受けられます。

    いつも以上に結論から述べること完結に意見を伝えることを意識しましょう。

    また、うまく話せる自信を持てない人は、カンペを用意しておいてもいいかもしれません。

    ただし、カンペはパソコンやスマホではなく、ノートか紙に印刷するようにしてください。

    なぜなら、オンライン面接では、求職者と面接官が画面に向き合っているため、細かい視線の動きに注意が向きます。

    また、パソコンのタイピング音なども相手に届いてしまうので、注意してください。

    オンライン面談の成功率をアップさせる裏ワザ

    オンライン面談をするときの注意点をお伝えしてきました。

    しかし、まだオンライン面談をすることに不安がある人もいるでしょう。

    そこで、オンライン面談の成功率をアップさせる裏ワザをお伝えしておきます。

    裏ワザとは、転職エージェントを使うことです。

    転職エージェントを使えば、求人を紹介してくれるだけでなく、企業とのオンライン面談の環境を整えてもらうことができます。

    また、オンライン面談では、把握しずらい企業の労働環境(職場の雰囲気や人事の人柄など)について事前に教えてもらうことができたり、過去の転職成功者のデータを元に面接対策をしてくれたりするため、内定をもらえる可能性がアップします。

    オンライン面談に強い転職エージェント5選

    オンライン面談に強い転職エージェント5選

    オンライン面談に不安がある人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 求人紹介や面接対策をオンラインで実施しているか
  • オンライン面談でのサポート実績があるか
  • 紹介先の企業の内部事情に詳しいか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・転職のサポート期間が無期限
    ・20代、第二新卒の転職に強い
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

    転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であるため、未経験歓迎の求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。
    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    doda


    dodaの特徴

    ・すぐに転職したい人におすすめ
    ・転職者満足度NO.1
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    60問の診断項目から判定する適職タイプ診断も人気。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    ビズリーチ

    ビズリーチの特徴

    ・高年収、ハイキャリア層に特化
    ・年収600万円以上の求人が多数
    ・優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
    ・女性向けのエグゼクティブ求人も多数掲載

    登録の際に27問の基本情報を入力するだけで、優良企業からのスカウト率が大幅アップするので入力を忘れずに!
    近年、求人数が飛躍的に増加し、転職で年収アップを目指すのであれば登録しておいて間違いない転職サイト。
    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    転職エージェントを使ってオンラインで転職をする6つのステップ

    転職エージェントを使ってオンラインで転職をする6つのステップ

    基本的な転職活動の流れはオンラインでも対面でも大きく変わりません。

    転職活動の基本的な流れ転職エージェントの支援内容を知って、オンラインでの転職活動をさらに効率的に行いましょう。

    STEP.1 転職エージェントに登録

    まず、上記で紹介している転職エージェントの中から選んで登録しましょう。

    登録フォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力するだけのため約1分ほどで完了します。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。

    STEP.2 求人状況の確認・サービスのご連絡

    登録から2~7日程度で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

    なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

    STEP.3 キャリアアドバイザーとの面談・相談

    面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、求人の紹介やキャリアプランを提案してくれます。

    面談方法は、対面でも可能ですが、オンライン面談で行うことが可能です。

    使用するオンライン電話ツールは、STEP.2の段階で選択することができます。

    面談の内容・目的は主に下記3つについてです。

    1.キャリアの棚卸し

    面談では、キャリアアドバイザーとともに、これまでの経験からどのようなキャリアが身についているか、客観的に強み・弱みを整理します。

    「キャリアの棚卸し」によって、自分では気がつかなかった強みや可能性を発見できます。

    2.転職の目的や希望条件の確認

    キャリアの棚卸しとともに、転職で実現したいことや譲れない条件の確認を行います。

    転職そのものをゴールにするのではなく、「転職で実現したい目的」を明らかにし、転職活動のゴールに設定することで、転職成功の道筋が見えてきます。

    3.方向性の明確化

    面談後の転職活動の進め方を決めます。

    希望の転職時期を確認し、その時期から逆算して応募から内定、内定から退職までの大まかなスケジュールを立てていきます。

    また、面接にどのくらい時間を割けるのかなど、状況を考慮しながら作成します。

    STEP.4 求人紹介・書類添削・面接対策

    面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。

    転職エージェントが保有している求人の中には、求人検索サイトでは見ることができないような非公開求人も数多くあります。

    非公開求人の中には、好条件(高年収、好ポジション、人気企業など)の求人が多い傾向が強いです。

    書類添削、面接対策

    採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方や、「採用したい!」と思わせる面接テクニックのアドバイスをしてもらうことができます。

    また、転職支援サービスによっては、定期的に面接力向上セミナーなども実施しています。

    STEP.5 応募・書類選考・面接

    応募したい企業が決まったら、応募の意思を確かめた上でキャリアアドバイザーが企業に推薦してくれます。

    また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行います。

    そのため、自分で企業へ応募することや面接の日程調整をするなどといった手間が省けるため、効率的に転職活動を進めることができます。

    STEP.6 内定・退職交渉・入社

    内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

    入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

    条件交渉も代行

    応募企業の採用担当者には言い出しづらい年収や待遇の交渉、入社日の調整もキャリアアドバイザーがしてくれます。

    入社までサポート

    退職に伴う手続きや関係者への挨拶、引き継ぎなど、内定後にやらなければならない手続きについてもキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

    転職の目標は「入社」ではなく、入社後の活躍やキャリアアップ、望む生活・環境を手に入れることにあるため、転職エージェントを最大限に活用してください。

    オンライン面談で使えるビデオツール

    オンライン面談で使えるビデオツール

    スマホでオンライン面談をする求職者の人も多いはずなので、ios版・android版のアプリが用意されているものに限って紹介します。

    なお、実際の面談時には企業やエージェント側から指定されることもあります。

    オンラインビデオツールは、大きく分けてアカウント作成が必要なものと不必要なものに分別することができます。

    企業やエージェントとの面談で使用されることが多いものには、(※)マークをつけてあります。

    アカウント作成が必要なもの

  • LINE
  • (※)Facebook Messenger
  • ハングアウト
  • アカウント作成が不必要なもの

  • Skype
  • (※)Zoom
  • Cisco Webex Meetings
  • Microsoft Teams
  • zoomは、無料版でも多くの機能が利用できるツールです。

    1:1の通話は時間無制限で利用可能だが、1:複数のグループ通話では最大40分までしか通話できないので注意が必要。

    選ばれている理由としては、接続用のURLをどちらかが発行したものにログインするだけですぐに接続できる利便性にあります。

    また、相手とメモを共有できるホワイトボード機能や画面共有機能も何かと便利なケースがあります。

    録画機能もついているので、面談の様子をあとで見返して質問への返答内容や相手からの質問を振り返る際にも便利です。

    企業・求職者ともにニーズが高まるオンライン面接

    企業・求職者ともにニーズが高まるオンライン面接

    直近では、国内における新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、Web面接(オンライン面接)の導入を進める企業が増加しています。

    しかし、新型コロナウイルスが収束した後もオンライン面談のニーズは高まることが予想されています。

    Web面接・録画面接システムを提供している株式会社スタジアムの発表によると、採用選考における対策を実施もしくは検討している企業のうち、対策内容としてもっとも多かったのが「Web面接(オンライン面接)の活用」とのことです。

    これまでは応募者を来社させるための方法でしかオンライン面接を導入していなかった企業でも、Web面接(オンライン面接)の利用が広がっているようです。

    参照:PR TIMES

    企業側のニーズだけでなく、求職者側からもWeb面接(オンライン面接)のニーズは高まっています。

    下記はディップ総合研究所が実施した求職者への意識調査では、約8割の求職者が「Web面接(オンライン面接)を受けても良い」と考えているという回答をしたという結果でした。

    企業側、求職者側からのニーズは高い水準にあるものの、まだ導入まで至っていないという実態もあるようです。

    しかし、コロナウイルスの影響を受けて今後は急速に導入企業も伸びていくことため、今のうちからオンライン面談に慣れて置くといいでしょう。

    オンライン面談を実施している企業

    オンライン面談を実施している企業

    ここまでオンライン面談で注意すべきことやオンライン面談に強い転職エージェントなどをお伝えしてきましたが、オンライン面談を実施している企業を一部抜粋しておきます。

    転職活動の際の参考にしてください。

    株式会社一条工務店

    事業内容

    総合住宅建設事業

    都市開発事業

    住宅ローン事業

    株式会社div

    事業内容

    プログラミングスクールの運営と人材紹介

    ヤフー株式会社

    事業内容

    イーコマース事業

    会員サービス事業

    インターネット上の広告事業

    株式会社グローバル住販

    事業内容

    新築マンション販売

    不動産仲介

    不動産買取再販

    投資用不動産販売

    株式会社ドミノ・ピザ ジャパン

    事業内容

    ドミノ・ピザの国内チェーン運営

    株式会社オープンハウス

    事業内容

    不動産売買の代理・仲介事業

    新築戸建分譲事業

    マンション・ディベロップメント事業

    不動産投資事業

    不動産金融事業

    前各号に付帯関連する事業

    AIG損害保険株式会社

    事業内容

    BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス

    DEC(デジタルマーケティング、EC、コンタクトセンター)サービス

    トランスコスモス株式会社

    事業内容

    BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス

    DEC(デジタルマーケティング、EC、コンタクトセンター)サービス

    ソニー株式会社

    事業内容

    テレビ&ビデオ事業

    オーディオ事業

    デジタルイメージング事業

    スマートフォン・インターネット事業

    ゲーム&ネットワークサービス事業

    映画事業

    音楽事業

    金融事業

    オンライン面談前10のチェックリスト

    オンライン面談前10のチェックリスト

    いよいよ、オンライン面談。という方のために、よくある失敗事例を元に事前にチェックしておくべきチェックリストを用意しました。

    1.オンラインビデオツールはインストールしたか

    2.アイコンやプロフィール画像は不適切ではないか

    3.接続環境を整えて回線や音声のテストをしたか

    4.顔が真正面から映るように画面の位置を調整したか

    5.履歴書、職務経歴書、ポートフォリオなどを手元に用意したか

    6.メモ用紙とペンを準備したか

    7.清潔感のある服装と身だしなみになっているか

    8.周囲がガヤガヤしていない環境にいるか

    9.オンラインツール以外のソフトは閉じているか

    10.パソコン、スマートフォン、イヤホンの充電は十分か

    このチェックリストによって、少しでもトラブルを防ぐことができたら幸いです。

    それでは、楽しんでオンライン面談に望んでみてください。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    Uターン転職者が増えてるって本当?魅力や理由、転職の注意点も解説

    生まれ育った地元を離れて都会で仕事をしていた人が、転職して地元に戻ることを指すUターン転職

    新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、地元に戻ることや地方移住に興味を持ったなどの理由でUターンを考え始めている人は増加傾向にあります。

    しかし、Uターン転職をするにあたって、注意しておきたいポイントもあります。

    このページでは、Uターン転職に関する基本的な情報注意すべきポイントを解説します。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2022年8月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    Uターン転職がおすすめな人

    Uターン転職がおすすめな人

    まずは、Uターン転職がどんな人におすすめか解説します。

    年収がダウンしても生活のゆとりを優先したい人

    株式会社マイナビが調査した結果によると、Uターン転職を経験した人のうち、年収が以前よりも下がったという人は、増加した人を上回る結果となっています。

    一方、Uターン転職に満足感を感じている人は、不満を感じている人よりも上回る結果となっています。

    何に対して満足を感じるかは人それぞれですが、Uターン転職に成功している人の傾向として、年収が下がってもその他の部分で高い満足を得ていることが挙げられます。

    そのためUターン転職は、年収ダウンは覚悟の上で、他に満足したいことがある人、または年収にはこだわらないという人におすすめです。

    地元にも働きたい仕事がある人

    東京近辺に比べて企業数が少ないため、Uターン転職は職種や業種の選択肢がどうしても限られてしまいます。

    そのためUターン転職は、地元に帰っても働きたい仕事につける人、もしくは業界や職種を問わず、求人を探している人にもおすすめ。

    実際に地元から東京近辺に就職を決めた人からよく聞かれるのが、「やりたい仕事が地元にない」という声です。

    地元に戻りたいという気持ちがあっても、やりたい仕事がないので東京近辺で仕事をしている人は数多くいます。

    同じようにUターン転職でも、やりたい仕事が見つからないという困難に直面することは多いでしょう。

    こうした点に目をつぶっても、別の満足感を優先したい場合は、Uターン転職がおすすめだといえます。

    車通勤が苦ではない人

    新・都道府県別統計とランキングで見る県民性の調査によると、自家用車の通勤率は地方に行くほど高くなっています。

    車通勤が苦手でなければ、むしろ電車の通勤ラッシュに巻き込まれないというメリットがありますが、運転自体が苦手という場合は、Uターン転職では大きなネックになる可能性があります。

    この記事では、Uターン転職のメリットやデメリット、Uターン転職を成功させる方法をお伝えしていきます。
    上記に当てはまった方は読み進めてください。

    Uターン転職の基礎知識

    Uターン転職の基礎知識

    続いて、Uターン転職の基礎知識です。

    そもそもUターン転職ってなに?

    Uターン転職とは、生まれ育った地元を離れて都会で仕事をしていた人が、地元に戻って転職すること。

    地元に戻る理由は、自分の生活を変えたい、家業を継ぎたい、など人によってさまざま。地元にいる家族の介護が理由になる場合も多くなってきています。

    どの場合にも言えるのは、仕事だけではなく生活も変わるため、人生の大きな転機になるということ。

    良くも悪くも、その後の自分の人生を考える機会になるでしょう。

    Iターン・Jターンもある

    Iターン転職、Jターン転職も、Uターンと同じように「地方に移って働く」ことです。

    厳密に細かく見ると、以下のような違いがあります。

    Iターン転職

    もともと都会で生まれ育ち、仕事をしていた人が、地方に移って働くこと。

    Jターン転職

    地方出身者が都会で就職して働いた後、生まれ育った地元とは異なる地方で働くこと。

    Uターン転職の魅力

    Uターン転職の魅力

    Uターン転職の魅力について解説していきます。

    • 自然に囲まれ、ゆとりある暮らしができる
    • 都会よりも生活費が抑えられる
    • 通勤ラッシュがない
    • 家族の近くにいられる
    • 慣れ親しんだ土地で生活できる
    • 地元に貢献する働き方も選べる
    • 地方自治体のUターン支援施策

    上記のような「田舎暮らし」ならではの魅力に加え、地方自治体が行っているUターン者の支援施策もメリットのひとつ。

    住宅の確保や子育て支援、引越し費用の負担など、自治体ごとにさまざまな支援施策があります。

    また、全国的なITインフラの基盤が整い「都会でなくても仕事ができる」という環境ができてきたこともあり、業種によっては地方に拠点を置く企業が増えています。

    例えばIT、Web関連企業はその最たる例。

    もちろん都会よりも企業数・求人数が少ないという前提はありますが、職種によってはゆたかな生活環境の中で最先端の仕事ができる場合もあるかもしれません。

    Uターン転職者ってどれくらいいるの?

    Uターン転職者ってどれくらいいるの?

    どれくらいの人が、Uターン転職を希望しているのか気になる人もいるのではないでしょうか。

    昨今では、コロナウィルス拡大の影響を受け、リモートワークや在宅勤務をしている人も増えていることから、地元に帰って勤務している人も増えています。

    そこで、就職・転職情報サイトを運営する学情が行なっている調査を参照し、Uターン転職希望者がどれくらいいるのか解説します。

    Uターン転職希望者数

    参照:学情_UIターン( UターンとIターンの総称)に関する調査

    上記グラフでもわかる通り、全体の65.8%の人がUIターンや地方での転職を希望しているとのことです。

    この数値は、2020年5月に比べて29.7ポイント増加するなど、希望する人の数は増えているのです。

    Uターン転職を希望する理由

    Uターン転職理由ランキング

    続いて、Uターン転職を希望する理由を見てみましょう。

    Uターン転職をした理由

    マイナビやパソナキャリア、学情などが調査しているものを参照し、Uターン転職をした人の理由は以下のようなものが多いようです。

    • 地元の方が生活環境が充実するから
    • 勤めていた会社に不満があったから
    • 地元の方が経済的に楽だから
    • 地元が好きで地元に貢献したかったから
    • 自己都合ではなく家庭の事情
    • 地元に友人や協力してくれる支援者がいるから
    • 地元に希望する仕事や企業があった

    このアンケートの対象者である20~30代では、都会とは違うゆとりある生活を求めてUターン転職を決意した人が多いようです。

    また、コロナウィルス拡大により、以下のような理由で転職を検討している人も増えているとのこと。

    • 都市部で働くことにリスクを感じたから
    • テレワークで場所を選ばずに仕事ができることが分かったから
    • 実家の方が在宅勤務できる環境が整っているから

    テレワークの推奨・定着もしてきていることから、将来を見据えて、Uターン転職を希望する人も増加傾向です。

    年齢別のUターン転職事情

    年齢別のUターン転職事情

    全年代では上記のような理由でUターン転職を希望している人が多いですが、各年代によって多少の違いがあるようです。

    そこで、各年代のUターン事情を解説していきます。

    20代のUターン転職事情

    20代では、「就職は首都圏でするけど、もともと地元には帰るつもりだった」という理由や「首都圏での生活が自分に合わないと思った」などの理由が、Uターン転職を希望する理由として多くなっています。

    就職を機に地元を離れるという経験をするものの、生活が合わず、慣れ親しんだ地元に帰って仕事をしている人も多いということですね。

    20代のUターン転職の場合では、未経験からでもチャレンジできることやスキルを積んでいながらも柔軟に転職先に適用できることから、若手を求めている企業も多いです。

    そのため、転職活動も比較的スムーズに進めることができるので、Uターン転職もしやすいです。

    さらに転職活動を有利に進めるとしたら、これ!と言えるスキルや自分の強みを首都圏で働く上で身につけられると、なおのこと良いでしょう。

    30代のUターン転職事情

    30代では、「生活環境を見直したい」という理由や「ライフステージでの変化」という理由でUターンを希望する人が多いようです。

    上記のような理由が多くはなりますが、30代の場合には他にも様々なケースがあると思います。

    30代の場合は、ビジネスマンとしての基礎能力も高く働き盛りです。

    ベンチャー企業や中小企業では、多くのマネジメント経験を積んでいる方もいるでしょう。

    そのため、Uターン転職の場合でも、ご自身のスキルや強みを活かして転職先を見つけることもできる可能性が高いです。

    特にマネジメントの経験を積んでいる場合には、転職活動でも大きなポイントとなるので、すでにマネジメントをしている人は企業との面談ではしっかりとアピールしましょう。

    まだ、マネジメントの経験を積んでいない人は、今いる会社でリーダーとなり、大小問わずにプロジェクトを経験してから、Uターンを検討してみてもいいと思います。

    40代のUターン転職事情

    40代では、「親の介護をするため」という理由や「実家の家業を継ぐ」などの理由が多くなっています。

    ビジネスマンとしても成熟しているため、今後の働き方を踏まえてUターン転職を検討する人が増えているようです。

    40代の転職では、30代のときよりもマネジメント能力や経験を問われるケースが多くなります

    また、Uターン転職でも経験したことのある業種や職種での転職が前提となるため、未経験の仕事への転職は難しいでしょう。

    マネジメント経験を活かして異業種や異職種に転職するか、経験職種でプレイヤーとして転職するかの2択になる可能性が高いです。

    ご家庭を持っている方も多いと思うので、Uターン転職をするときはご家族の承認を得ることも重要になります。

    Uターン転職でよくある失敗と注意すべきポイント

    Uターン転職でよくある失敗と注意すべきポイント

    Uターン転職を成功させ、満足のいく仕事・生活ができている方はたくさんいますが、その逆の事例ももちろんたくさんあります。

    あとで後悔しないために、よくある失敗例と考えておくべき注意点を確認しておきましょう。

    仕事に関する失敗3パターン

    下調べをきちんとしないままに地元に戻ってしまったら、希望する求人が全くなかった。。。

    1.都会よりも求人は少ない。先に仕事を探すのが基本

    人口の少ない地方では、都会に比べて企業の数が少なく、当然ながら求人数も少ないです。

    Uターン転職の場合、実家など生活の拠点は確保できる場合が多いため、「とりあえず帰る」という選択をしても大丈夫と思うかもしれませんが、「帰ったはいいものの希望の仕事が見つからない」という危険は大いにあります。

    まずきちんと情報収集し、地元の状況を把握した上で、転職の目処が立ってから動くのが得策です。

    2.キャリアの評価基準が都会と違うことを把握する

    地方の企業では、高学歴や仕事での実績、高キャリアがむしろマイナスに働くことがあります。

    とくに中小企業やベンチャー企業では、高学歴でキャリアもあるいわゆるエリートは「部下として扱いにくいのでは」「オーバースペックなのでは」と判断され、敬遠されることも。

    もちろん、これまで積んできた実績を卑下したり、隠したりする必要はありません。

    ただ、上記のように都会の企業とは考え方が違うということを念頭に置いて、伝え方を工夫しましょう。

    伝えかた例

  • 実績をすべてアピールするのではなく、その企業で活かせるポイントをピックアップする
  • 地元に貢献したい思いを伝えてUターンへの本気度をアピールする
  • 3.事前に企業の情報収集をし、できるだけ直接確かめる

    まず大前提として、Uターン転職であっても、転職の第一歩は、どんな仕事がしたいのか・どんな働き方がしたいのかをよく考えることです。

    Uターン転職の場合、生活の変化に注意が行きがちですが、だからといって仕事を適当に決めてしまうのは失敗のもと。

    また、企業の風土や文化も都会とは違う場合があるので、その点も踏まえてできる限り情報収集をしましょう。

    知人のツテや縁故での転職が決まっていたとしても、入社を決める前に会社を訪問し、直接自分の目で見ておくべきです。

    生活に関する失敗パターン

    年収が下がっても生活費が低いから問題ないと思っていたが、意外と生活が苦しくなった。。。

    1.その地域の生活スタイル・生活費の目安を確認しておく

    年収が下がることは把握していても、地方なら生活費が安いから大丈夫・・・と安心するのは危険です。

    地方では家賃などの住居費は安いものの、実は、それ以外の生活費は都心とあまり変わりません。

    また、都心部では公共交通機関が発達しており交通費が安く抑えられますが、地方に行けばいくほど交通網は未発達で、移動には自家用車が必要だったり、公共交通機関を使うと逆に交通費が高くなったりすることも。

    昔の記憶や「なんとなく地方は生活費が安そう」というイメージだけを信じるのではなく、今の環境や生活コストをきちんと確認しておきましょう。

    また、地方自治体では、転入を促進するための制度として、転入支援金、住宅補助、教育費支援など、さまざまな施策を実施しています。

    自分の地域で活用できる制度を調べてみましょう。

    各都道府県の平均年収
    厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」(平成26年)によると、各都道府県の平均年収では東京都が612万6000円でダントツの1位。

    以下4位までは神奈川県、愛知県、大阪府と大都市が占めており、それ以下の道府県になると平均年収は500万円以下です。

    家族を連れてUターンしたが、暮らしてみると「思っていたのと違った」と不満が出ることも少なくありません。

    2.収支・生活スタイル・教育環境なども具体的に共有する

    家族やパートナーがいる場合、生活の変化を共有し、納得を得るのは大前提ですが、「田舎住まいってなんとなくよさそう」というイメージだけで移住を決めるのは失敗のもと。

    家族がその地域のことを知らない場合は、とくに配慮が必要です。

    前述のように生活スタイル、コストなどが具体的にどうなるかを確認し、シミュレーションすることが重要です。

    また、子どもがいる場合は、教育環境や教育機関についても気を配りましょう。

    他にも、それぞれの地域ごとに特有の文化や状況があります。

    昔はなじみのあった土地でも、しばらく離れていれば状況は変わるし、情報はつかめないものです。

    知っている土地だからこそ安心しがちですが、あとから後悔しないためには事前の情報収集と準備が何よりも重要です。

    なお、自治体によっては、移住前に暮らしを体験できる「体験移住」の制度を設けているところもありますので、不安がある場合は活用してもよいでしょう。

    体験移住制度の例
    長崎県五島市(家賃無料で最大3ヶ月滞在)
    富山県南砺市(体験住宅に一泊1000円で最大1ヶ月滞在)
    ※現在は制度が廃止されている場合もあります。
    詳細は各自治体にお問い合わせください。

    Uターンでの転職活動の2つのポイント

    Uターンでの転職活動のポイントと方法を解説します。

    転職活動の2つのポイント

    転職活動の2つのポイント

    地方の求人数は都会よりも少ないため、希望通りの仕事が見つかるかどうかは活動の仕方やタイミングが大きく影響します。

    また、地方ごとに強い産業があるため、それ以外の業種を希望する場合は極端に求人数が少なくなることも多くあります。

    そのため、ポイントは2つです。

    求人が出るタイミングを逃さないこと

    地方の企業は中小企業が大半です。

    募集する人数が少ないので、求人が出てもすぐに枠がうまってしまったり、ツテやコネで決まってしまうことも。

    希望に合う条件があったらすぐに動きましょう。

    様々な手段を組み合わせて可能性を広げること

    求人数が少ないので、チャンスを逃さないようにしておくことが必要です。

    現地に足を運んで転職活動をするのは時間も費用もかかります。

    効率よく進めるためにも、都会にいても活動できる手段をうまく使って情報を集めましょう。

    また、どの場合も、決める前には必ず直接企業に行って自分の目で確かめることは必須です。

    ある程度情報収集ができたら、自ら足を運び、判断しましょう。

    そのためには交通費などの資金も必要になりますので、Uターン転職の活動をすることを決めたら、なるべく早く準備を始められるとよいでしょう。

    Uターン転職活動の流れ

    Uターン転職活動の流れ

    最後に、Uターン転職活動の流れを確認しておきましょう。

    1.求人情報の収集

    地元の求人情報を集めるためには、さまざまな方法があります。

    自治体ごとのサポート情報やハローワークのほかにも、求人サイトやエージェントに登録したり、知り合いの人脈をあたったり、自分に合った方法で探しましょう。

    その場合、どれかひとつに絞るのではなく、いろいろな手段を組み合わせて行うのがベター。

    地方は求人の絶対数が少ないので、チャンスはできるだけ広げておくべきです。

    次の項目で、それぞれの方法について詳しく説明しますのでそちらもご参考ください。

    2.選考~内定

    地方の企業の選考も、都会と同じく平日に行われることが多いです。

    そのため、面接を受ける場合は有給をとるなどの調整が必要になります。

    また、二次選考、三次選考と複数回の面接がある場合も。

    交通費などの費用は基本的には自己負担になるため、事前にそのための活動資金を確保しておきましょう。

    ただ、「ぜひ来て欲しい」と思う人材に対しては、企業が費用を負担してくれる場合もあります。

    自分から言い出しにくい場合は、エージェントに相談するのもひとつの手です。

    3.現職の引継ぎ、退職

    転職先が決まったら、現職を退職する手続きを。

    退職に際しては、就業規定によりますが少なくとも2週間前には申し出ることが必要です。

    また、状況によっては退職交渉にかなり長い期間がかかる場合もあります。

    選考が進み、ある程度Uターン転職の目処がつくまでには、退職のための準備を始めておくのが得策です。

    4.引越し、移住

    あらかじめ移住先が実家などで決まっている場合以外は、住む場所を探す必要があります。

    自治体によっては、住居自体を無償で提供していたり、Uターン者のために優遇したりする制度もあるので調べてみましょう。

    引越しに際しては、さまざまな手続きがあります。

    一度移住してしまえばなかなか都会に戻ってくることはできなくなるかもしれません。

    なるべく早めに準備を進め、抜け漏れがないようにしましょう。

    Uターン転職ができる求人の探し方

    Uターン転職ができる求人の探し方を紹介。

    1.地方自治体ごとのUターンサポート情報を探す

    各自治体では、Uターンをサポートする情報を発信しています。

    都道府県ごとのWebサイトでUターン支援制度の説明や求人も見られるので、手っ取り早く情報収集ができます。

    都会に事務所を持っている自治体も多くあります。

    直接詳しい話を聞ければよりタイムリーで具体的な情報が得られるので、足を運んでみてもよいでしょう。

    また、定期的にU・I・Jターン希望者のためのフェアや説明会も行われています。

    その地方の企業と直接接することができるので具体的な転職のイメージが沸きそうです。

    2.地方の求人情報を掲載している求人サイトに登録する

    全国の求人を扱っている求人サイトや、その地方に特化した求人サイトなどに登録して求人情報を探します。

    まずはUターン先の地域の求人を扱っているかどうかを検索し、複数のサイトに登録しておきましょう。

    また、地方ごとに強い産業があるため、それ以外の業種・職種が希望の場合はなかなか見つからない場合も。

    希望する求人が出るのを待つなら、タイミングを逃さないよう、継続してチェックする必要があります。

    3.地方に拠点を持つ転職エージェントに相談する

    転職エージェントに登録してサポートを受ける場合は、Uターン先の地域に拠点を持っているかどうかをまず確認しましょう。

    大手であっても、その地域には拠点がなく、サービス対象外の場合もあります。

    転職エージェントの中にはUターン転職に特化したサービスを行っているところもあります。

    Uターン転職の専門的なアドバイスがもらえるのはメリットといえるでしょう。

    また、ある程度の規模の都市であれば、その地域だけでサービスを展開する転職エージェントがあることも。

    その場合、まさに地元で活動しているので、地域の環境や生活の生の情報が得られます。

    4.ハローワークで探す

    ハローワークのインターネットサービスで求人を検索することができます。

    業種・職種にこだわらず幅広く探したい場合に適しています。

    ただし、ハローワークに求人募集を出している企業は中小企業が多く、地方では第1次産業農業・第2次産業の求人が多いという特徴があります。

    それ以外の業種・職種を希望するなら、他の手段と組み合わせて利用するのが得策です。

    5.地元の人脈(ツテ、コネ)を使って探す

    生まれ故郷ならではの転職活動の方法として、「ツテ」「コネ」があります。

    転職する本人の人脈だけでなく、ご両親や祖父母、友人など、様々なつながりが転職のチャンスになるかもしれません。

    この場合、地方ならではの人との濃いつながりがメリットでもあり、デメリットにもなります。

    メリット

  • 希望が伝えやすい
  • 人となりなどの見えない部分も評価してもらえる
  • つながりがあるからこそのアンオフィシャルな仕事が紹介してもらえる可能性も
  • デメリット

  • 断りたい場合、断り方や断った後の関係性に配慮が必要になる
  • 入社後、社内の関係性にも「ツテ」「コネ」の影響が出る場合も
  • 入社後辞めたくなった場合、辞めにくい
  • ツテ・コネで転職する場合にも、安易に入社を決めてしまうのはNG。

    必ず決める前に面談したり、会社に行って自分の目で「職場としてどうか」「仕事を一緒にする相手としてどうか」を見極めましょう。

    事前の確認をせず入社後に後悔することになれば、しがらみが残ってしまいます。

    Uターン転職でおすすめ転職エージェント

    Uターン転職でおすすめ転職エージェント

    Uターン転職で登録すべき転職エージェントを下記の3つの条件で厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 地方の求人も多数保有しているか
  • 企業の内部事情を詳しく教えてくれるか
  • Uターン転職を積極的にサポートしているか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します