おすすめ転職サイト

転職したいけど自信がない人がやるべきこと。【年代別】おすすめ転職エージェント

「転職したいけど、自分にはスキルも自慢できる経験がないから転職できる自信がない…」
「どんな仕事がしたいとか、あの会社に行きたいという具体的な希望はないけど転職したい…」

今の職場には満足していないし、このままでいいのかな…と思いつつも、一歩が踏み出せないという人は多いです。

もし「転職をしてみたい」と少しでも思っているのであれば、行動をしてみることをおすすめします。

そこで、この記事では、転職したいと考え始めた人が「転職するためにやるべき準備」や「転職をした人がどのような理由で転職しているか」ご紹介します。

転職活動(求人に応募)する前の3ステップ

転職活動(求人に応募)する前の3ステップ

「転職したい」と思った時にやるべき3ステップをご紹介します。

これから紹介する3ステップを押さえておくことで、自分の置かれている状況を整理し、転職の軸を定めることができるのです。

ステップ.1転職の目的となりたい将来を想像してみる

「転職の目的」「なりたい将来を想像してみること」は、いずれも転職活動の軸となる部分なので自分なりに整理しておくことが重要です。

今後の転職活動の方向性を考えるためにも可能な限り、自分と向き合う時間をつくり、やりたいことを深掘りしておくことが転職を成功させることに近づきます。

また、転職の目的となりたい将来を設定しておくことは、転職すべきか判断することにも繋がります。

転職動機は人によってさまざまですが、そんな時に上記を深掘りしておくことで、そもそも本当に転職すべきなのかを、冷静に判断することができます。

具体的には、以下ポイントをしておきましょう。

  • なぜ転職したいのか
  • 転職によって実現したいこと
  • 転職後になりたい将来の姿

「転職によって実現したいこと」について、多数の条件が浮かぶ場合は、優先順位をつけておきましょう。

>優先順位をつける際は、

  • 絶対に変えたいこと
  • できれば変えたいこと
  • に分けると整理しやすくなります。

    分類分けされた中で「絶対に変えたいこと」に該当するものが、転職理由や転職後の希望の核となってきます。

    また、転職理由を考える際には、絶対に変えたいことが「今の職場では変えられることか」「転職することで本当に変えられるこか」まで突き詰めて考えてみるとよいでしょう。

    全ての条件を満たす転職先というのは、なかなか見つからないものです。

    そんな時、最も重要な条件は何か、妥協してもよい条件は何かを整理しておけば、転職すべきかどうかの判断を下しやすくなります。

    ステップ.2転職するまでのスケジュールを立てる

    転職スケジュールが曖昧だと、転職活動の期間が長期化してしまいストレスが溜まったり、焦りが出てきます。

    どの時期に何をすべきか、どれくらいの時間を要するかなど、ざっくりでいいのでスケジュールを立てましょう。

    在職中の職場の人に迷惑をかけずに気持ちよく退職・転職するためにも、転職活動期間は3ヶ月から6ヶ月を目処に考えましょう。

    下記にスケジュールの一例を記載しておきますので、参考にしてください。

  • 転職準備期間(約1ヶ月〜2ヶ月)
  • この間に自己分析や情報収集などを行います。
    転職先で必要な未取得の資格がある場合は、内定がもらえるまでに取得できるか確認しておきましょう。
    準備期間の最後には、書類作成を行います。
    転職の目的や将来像などが明確化していれば、書類作成は約5日ほどで書けるようになります。

  • 選考・面接・内定獲得(約1ヶ月〜2ヶ月)
  • 実際に転職活動を行う期間です。
    これ以上長くなる場合は、準備期間が不足している可能性があります。

  • 退職準備(約1ヶ月〜2ヶ月)
  • 退職交渉や引き継ぎの期間です。
    転職先企業からは、「できるだけ早く入社して下さい」と言われることが多いですが、一般的に退職交渉は、退職の1ヶ月前から2ヶ月前が一般的。

    あまりに退職を急いでしまうと、退職交渉がうまくいかなかったり、退職先への印象が悪くなってしまい、書類の取り寄せなどに支障をきたす場合がありますので、1ヶ月〜2ヶ月を目安に退職準備を行いましょう。

    ステップ.3キャリアを振り返る

    これまでどんな仕事をしてきたのか、自分にはどんな仕事が合っているのかを知ることで、転職後のミスマッチを軽減することができます。

    また、面接時に自分の強みをアピールし、弱みをカバーするためにも必要な作業です。

    振り返るべきキャリアとは・・・

  • 仕事の概要
  • いつ、どんな仕事に携わっていたかをまとめてみましょう。
    勤務地、昇格した経験なども振り返っておくと、整理されやすくなります。

  • 具体的な仕事内容
  • 携わった仕事の中で、トピックになる経験を振り返りましょう。
    「成功経験」だけでなく「失敗経験」も思い出してみましょう。
    成功体験の振り返りが中心になると、自己理解が浅くなり、面接で人事担当者に見抜かれてしまいます。

  • 仕事でやりがいを感じた時/感じなかった時
  • 「どんな仕事の時に自分はやりがいを感じたのか/感じなかったのか」を言語化しましょう。
    「仕事が評価された」といった仕事観点や、「上司や先輩と相性が良かった」といった職場観点など、自分特有の「やりがいポイント」を探してみましょう。

  • 仕事のスキルやスタンス
  • キャリア全体を振り返り、あなた自身のスキルやスタンスを振り返りましょう。
    スキルだけでなく、考え方やスタンスといったプラスの成長観点も言語化することで、面接でのアピール材料を集める事ができます。

    振り返るポイントがわからない人は転職エージェントに相談するのもアリ

    振り返るポイントがわからない人は転職エージェントに相談するのもアリ

    振り返るポイントがわからない、一人で転職する自信がないという人はキャリア相談のプロである、転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

    転職についての相談相手というと、家族や友人、仕事仲間などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、転職の悩みは転職エージェント(人材紹介会社)に相談することをおすすめします。

    転職エージェントはキャリアのプロとして、転職したいと考える人たちの転職支援を仕事にしているため、転職活動するうえでのアドバイスをしてくれます。

    そもそも転職エージェントとは・・・
    転職エージェントは、人材会社とも呼ばれる転職支援のプロ集団のことです。
    登録するとキャリアアドバイザーという専任担当者がつき、転職活動全体を無料でサポートしてくれます。

    転職エージェントを選ぶときの3つのポイント

    転職エージェントを選ぶときの3つのポイント

    ここでは、転職エージェントを利用するにあたって、どのようなポイントで選ぶべきか紹介します。

    1.キャリアアドバイザーの専門性

    転職エージェントのサービスの良し悪しを決めるのは、キャリアアドバイザーの専門性やスキル、実績次第といっても良いでしょう。

    実際に求職者に対しサービスを提供するのはキャリアアドバイザーであるため、選ぶ際に重要な軸となるのです。

    転職に対するアドバイスの伝え方や気配りなど、求職者に対する接客態度も重要ですが、もっとも重要視すべきなのは転職を希望する業界に担当アドバイザーが精通しているかどうかです。

    転職活動は、だいたい3ヶ月〜半年といわれていますが、転職した先の職場で過ごす時間はそれ以上になるためです。

    そのため、

    • 求職者の希望する条件に合う企業を紹介できるか
    • その企業から内定がもらえるようにサポートできるか

    の2点がキャリアアドバイザーには強く求められます。

    アドバイザーの力量によって、人生が大きく左右されてしまうことを考えると、質の高いアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶことは重要なポイントのひとつだといえます。

    非公開求人数

    転職エージェントでしか得ることができない非公開求人を紹介してもらえる点も、転職エージェントの魅力のひとつです。

    非公開求人の中には、事業の核となるポジションや高待遇の求人の他、人気企業や大手企業の求人があります。

    せっかく転職エージェントを利用するなら、非公開求人を紹介してもらうべきです。

    転職エージェントを選ぶ際には、この非公開求人数をどの程度保有しているかも転職エージェントを選ぶ際の重要なポイントです。

    サービスの充実度

    求人紹介や応募書類の添削など、基本的なサービスを除いたプラスのサービスがどのくらい充実しているのかは、転職エージェントを選ぶときのポイントとなります。

    特に、アフターフォローは大切な項目です。

    まれに転職活動が終わって、転職先に入社した後で、「入社前に話していた給与と違う」「合意した職種・役職に就かせてもらえない」といったトラブルが発生することがあります。

    このようなトラブルに対応してくれるかどうかは、最初に確認しておきましょう。

    転職エージェントによっては、転職活動終了後、数ヵ月でサポートが終了してしまうところもあります。

    転職エージェントを選ぶ際には、転職活動終了後のサポートをいつまで受けられるのかを、事前に確認しておくと良いでしょう。

    《年代別》転職エージェントを利用する際のポイント

    《年代別》転職エージェントを利用する際のポイント

    一般的には、年代によって転職活動の事情は変わっています。

    それは、企業が求職者に求めるものもそうですし、求職者が企業に求めることも変わっていくことが関係しています。

    今回は20代〜40代の年代別に、転職エージェントを利用する際のポイントについてお伝えします。

    20代

    仕事のやりがいや企業のネームバリュー、会社規模で就職先企業を決める新卒、20代転職者が多いです。

    新社会人として働き始めたものの「思っていた会社、業務内容と違った…」と思い、転職を考える人が増えています

    また、30歳という節目の歳を前に転職を決意する人も多いです。

    なぜなら「30代になると未経験の仕事に転職してチャレンジするのが難しくなる」というイメージからか、他業界や他職種に挑戦する人も多くなります。

    他業界へ転職する場合、基本的な業界の流れなどもわからないまま、1人で転職活動をした場合、在職中で時間があまり確保できなかったり、余計な時間を費やしてしまう可能性があります。

    そこで、その業界・職種に精通したキャリアアドバイザーのサポートが受けられる転職エージェントを利用すれば、希望の転職先を効率よく見つけられる可能性が高くなります。

    また20代は、キャリアが浅く経験やスキルが不十分である可能性がある時期であるため、職務経歴書に記載するアピールポイントがわからないと悩む人も多いです。

    企業から求められる人材を理解している転職エージェントを利用することで、これからのポテンシャルを活かした面接対策や書類作成におけるサポートを受けられるため、転職活動を安心して進めすることができ、自信を持つことができます。

    30代

    30代は、ある程度仕事を任せられるようになり、大きなポジションに就く可能性もある年代になります。

    裁量が増えることで仕事がおもしろくなり、将来を見据えたキャリアアップを考え始める人も増えてきます。

    転職エージェントが保有する求人の中には、マネージャーといった管理職を募集をしているケース新規事業のような会社の未来を創るための重要なポジションを募集しているケースも多いのです。

    また、高いスキルを持っている人に対して高年収を提示している企業は、決して少なくありません。

    そのほかにも、結婚や出産といったライフスタイルの変化により、家族との時間を大切にしたいと考える人も増えてくるのも30代の特徴です。

    そのため、休日が多く取れる企業や残業の少ない企業へ転職を希望する人も多くなります。

    しかし、30代の転職では戦略を立てて計画的に活動しなければ、希望の条件を叶えることが難しいです。

    そこで、転職のプロである転職エージェントを利用して、あなた自信を企業へ売り込むためのアドバイスをもらうのは賢い選択です。

    また、現職で多忙な日々を過ごす30代の人は、転職活動に割く時間は20代に比べ多くないはず。

    転職活動の時間の節約、現職に影響を出さないプロフェッショナルとしても、転職エージェントの活用がおすすめです。

    40代以上

    40代では、子供が成長していくことで高校や大学といった教育費が今まで以上増える傾向があります。

    また、転勤が多い企業に勤めている場合には「子供の転校や妻の友人関係、両親の介護などに影響があるから…」と、転勤のない企業へ転職を考える人もいます。

    そのような希望条件を実現する公開求人には応募が殺到するため、書類選考を突破すること自体が難しくなるケースがあります。

    しかし、非公開求人であれば、公開求人に比べてさほど応募者が殺到することはありません。

    高いスキルや豊富な経験を求めている企業であれば、転職することで収入アップできたり、転勤などの条件面もキャリアアドバイザーが情報を把握しているため、ミスマッチを防げるのも大きなメリットとなります。

    企業が非公開で40代以上の求人募集をする理由のひとつに、企業にとって経営にも関わる求人を出していることを、競合他社に知られないようにしているためということもあります。

    そのような企業の条件を満たす経験やスキルを保有している人であれば、好条件な求人を紹介される可能性も高くなります。

    40代以上では転職することが難しいと思っている人も多いようですが、40代の経験やスキルを求めている企業は多くあるため、転職をあきらめる必要はありません。

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更

    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    オススメ転職エージェント一覧

    オススメ転職エージェント一覧

    転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 豊富な業界・職種の求人(非公開を含む)を保持しているか
  • 求職者を企業に提案できる力と求人データベースを保有しているか
  • 転職をサポートできるノウハウ(実績)が社内にあるか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    50代で転職を成功する人と失敗する人の違い。失敗しない転職活動。

    「会社の都合で仕事がなくなった…」
    「年収や待遇が不満…」
    「カラダを壊してしまった…」
    「家庭の事情で転職せざるをえない…」
    50代の転職理由は様々ですが、正直に伝えると50代での転職は失敗してしまうことが多いです。

    しかし、50代で転職を成功させている人がいるのも事実です。

    そこで、「50代で転職を成功させた人」「転職失敗してしまった人の違い」や、成功させるためのポイントや方法をお伝えします。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    50代で転職する人に企業が求めている2つのこと

    50代で転職する人に企業が求めている2つのこと

    まず、50代で転職する人に企業が求めている2つのことを解説します。

    企業が求めていることを把握しておくことは、転職を成功させるためには不可欠です。

    1_仕事の実績や経験

    ベテラン社員が毎年定年を迎え、次世代の30-40代の社員がまだ経験不足である場合、その社員たちを指導してくれる人材を探す可能性があります。

    その枠に50代で食い込むためには、同じ業界で仕事の実績を目に見える形であげておく必要があります。

    また、長年かけて身につけた専門的なスキルや経験を若い世代に伝えていくという仕事もあるでしょう。

    2_資格

    仕事の経験やスキルももちろん必要ですが、転職先の企業が異なる業界や職種だった場合、その実績がどの程度のものなのかわからない場合もあります。そんなときでも転職に役立つのが「資格」です。

    資格といっても、20代の転職とは違い、より専門性が高く、自分の仕事の実績を形にできるものが望ましいです。

    例えば、電気関係の仕事をしてきた人なら、第二種電気工事士や実務経験が必要な資格を取得しておくと、即戦力として採用される可能性が高まります。料理人として働いてきた人なら調理士免許に加え、フードアナリストやフードコーディネーターなど、料理に関する別の資格を持っていることも有利に働くでしょう。

    50代の転職で注意すべき3つのポイント

    50代の転職で注意すべき3つのポイント

    50代で転職する際には、以下の3つのポイントに注意してください。

    経験が活きるか専門性が求められない仕事を探す

    転職先はこれまでの経験が活きるところか、未経験ならば専門性が求められない職種にしましょう。

    そのほうが転職成功率は高い傾向にあります。

    反対に、50代の未経験で専門性を要する業界・職種への転職は成功率が低い傾向にあります。

    活きる経験とは主に専門知識・スキル、マネジメント経験のという2つがあげられます。

    専門知識・スキルの中でも、語学力やIT系・金融系のスキルを持っている人は、業界で人材が不足しているため、50代でも重宝されるケースが多くみられます。

    また未経験の分野への転職を考える場合、配達・集荷のスタッフ、警備員、建設現場のスタッフ、一般事務などの仕事が良いでしょう。

    特別な資格がなくても出来ますし、専門性も高くないため経験がない方も転職がしやすいです。

    また、これらの職種では人手不足が続き、業界未経験の中高年層も歓迎される傾向にあります。

    ネガティブな転職理由を面接では絶対に言わない

    たとえ前職を辞めるに至ったネガティブな理由があったとしても、50代の転職ではそれをストレートに表現せずうまく他の要素と組み合わせながら伝えるのがコツです。

    例えば人員削減でリストラされた場合には、会社の将来性に不安を感じたことやキャリアプランなどど絡めて伝えるようにしましょう。

    また労働環境が厳しくもっとゆったりした職場で働きたくなった場合には、家庭環境への影響や心身への影響などと絡めて伝えると良いでしょう。

    心身の衰えが仕事への意欲や集中力にも大きな影響をもたらす年代だけに、ネガティブな本音を伝えるのではなく、まだまだがんばれるという意欲を演出することも大切です。

    妻子や両親など抱えるものが多い50代だからこそ、それを理由に仕事への意欲をアピールすることも説得力があって良いでしょう。

    企業が求めている人材を把握する

    転職を成功させるためには、企業に必要な人材であることをアピールする必要があります。

    そのためには、企業の人事担当者にあなたが会社で活躍している様子をイメージさせることが大切です。

    例えば、金融会社の営業部長の場合、金融会社には非正規雇用の方も多いのでマネジメントが重要になってきます。

    そのようなマネジメント経験が生かせる場所として、同じ非正規雇用のパート従業員などが多い食品会社の品質管理部長を転職先に選ぶのも一つの方法かもしれません。

    このように、企業側が求める人材を考えて、転職先を選び自身の経験をアピールするわけです。

    50代が転職活動を始める前に心得ておくこと

    50代が転職活動を始める前に心得ておくこと

    50代の人に向けて、転職活動を始める前に心得ておいて欲しいことがあります。

    • 転職先が決まってから退職する
    • 条件面に固執しすぎない
    • 事前に家族の理解を得る
    • スケジュールに余裕をもつ

    転職先が決まってから退職する

    50代を受けている企業(求人の数)は30代と比べると少なくなっているので、転職先が見つかりにくいのは事実としてあります。

    また、50代で転職をしようとしている人は一定数いるため、その分の競争率が高くなります。

    そのため、自分が想定しているよりも転職活動が長引いてしまうこともあります。

    やむを得ない事情があって退職せざるを得ないケースを除いて、転職先が決まるまでは退職しないようにしましょう。

    ヘッドハンティングされた場合も同様で、ヘッドハンティングされたからといって100%採用されるわけではないので、転職先から内定書をもらうまでは現職に留まっていることが得策です。

    条件面に固執しすぎない

    50代で転職をしようとしている理由の上位に、年収アップが入ります。

    転職によって、年収を上げることができればベストですが、条件が高すぎると選択肢の幅を狭めてしまうことになりかねません。

    そのため、生活が維持できる程度の年収は求めても問題ありませんが、状況によっては年収が下がってしまう可能性も加味して転職活動を進めると良いでしょう。

    年収に限らず、ポジションや休日などの条件でも同様です。

    転職する上で譲れる条件と譲れない条件をはっきり決めておくことが重要です。

    事前に家族の理解を得る

    前述したとおり50代の転職では、転職活動が長引いたり、年収が下がったりすることもあります。

    そのため、そのような状況になるかもしれないということを事前に家族に説明し理解を得るようにしましょう。

    事前に理解が得られている場合と得られていない場合では、転職活動を進めるうえでの心理的な負担が変わってきます。

    家族に心配をかけたくない、理解してもらえないなどの理由から、家族に対して転職活動していることを内緒にしているケースも多いようですが、事前に話しておきましょう。

    スケジュール、資金、心に余裕をもつ

    転職活動のスケジュール、資金、心に余裕を持って、転職活動を進めましょう。

    また、資金面においても余裕を持っておくことが重要です。

    在職しながら転職活動を進めることがベストですが、やむを得ない事情で退職後の転職活動のなった場合に備えて、家賃やローンなどを含めた生活費は貯蓄しておけば、家族の理解も得られる可能性が高くなり、心に余裕を持って進めることができます。

    また、失業給付金などの手当を申請しておくことも良いでしょう。

    失業給付金とは

    失業給付金(手当)とは、会社を退職して次の就職先が決まっていない状態(失業)の一定期間、転職や再就職を支援するために国から支給される手当のことです。

    急な会社の倒産など会社都合での退職や、自己都合での退職により失業状態になった時の労働者を守る、セーフティネットのような役割を担っています。

    50代の転職でおすすめ転職エージェント

    50代の転職でおすすめ転職エージェント

    50代の人が転職で登録すべき転職エージェントを下記の3つの条件で厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 50代向けの求人を所有する可能性が高いか
  • 企業の内部事情を詳しく教えてくれるか
  • 50代の転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    50代の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    50代の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    おすすめの転職エージェントを紹介しましたが、ここで1つの疑問が浮かんでいる人もいるのではないでしょうか。

    それは、「転職サイトではダメなの?」という疑問です。

    結論からいうと、50代で転職を検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントと転職サイトの違いを詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。
    [blogcard url=”https://jobs-change.jp/agentsite/”]

    転職エージェントを使うべき4つの理由は以下の通りです。

    4つの理由

    1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、50代から人気の高い大手企業有名サービスを提供しているベンチャー企業などの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    50代の転職エージェント7つの活用術

    50代の転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職エージェントに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職エージェントにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    50代の転職活動まとめ

    転職を検討している50代の方に向けて、おすすめの転職エージェントや失敗しないための転職活動の方法をお伝えしました。

    50代の転職活動は厳しく、長期化してしまうケースもあります。

    経験や人脈といった自分の強みを棚卸ししておくことで、少しでも選考をスムーズに進められるような準備をしましょう。

    そのため、転職エージェントを使って

  • 経験や人脈など自分の強みを棚卸しすること
  • 50代で転職した人の成功事例を聞くこと
  • 条件交渉を有利に進めること
  • 働きながらでも効率的に進めること
  • を意識して、転職活動しましょう。

    dodaチャレンジが支持されている5つの理由。特徴・評判も紹介。

    当サイトは、キャリアついて抱えている悩みや不安を解決し、自分らしい生活を実現するための手助けとなるための情報を日々発信しています。

  • 「今の仕事を続けていいのかな…」
  • 「スキルや経験がないけど転職なんてできるのかな…」
  • など、抱えている悩みや不安、期待は人それぞれです。

    当サイトの提供する情報によって、働くことについて真剣に考えている人の1日が一歩でも前に進める参考になれば幸いです。

    なお、当サイトでは「正しい情報を伝えること」を重要視しています。

    正しい情報を伝えるために、下記4つのことを実施しています。

  • 転職経験者へのインタビュー
  • キャリアアドバイザーなど有識者の監修
  • 人材業界の最新情報の収集
  • 定期的な情報のチェックと修正
  • 前置きが長くなってしまいましたが、dodaチャレンジのサービス内容障がい者の方から支持されている5つの理由などについて徹底解説。について解説していきます。

    dodaチャレンジはこんな人におすすめ

    dodaチャレンジは障がい者の方の転職支援に特化した転職サービスです。

    こんな人におすすめ
  • 障害者手帳を持っている
  • 就職、転職を考えている
  • 就職、転職サポートしてもらいたい
  • 身体障害の方への転職支援
    ご自身の障害だけでなく、ご家庭の事情や通勤の制約など様々な条件を踏まえながら支援します。
    求職者への支援と同時に企業に対しても、身体的な障壁を減らすためのオフィス環境づくりをアドバイスしています。
    精神(発達)障害の方への転職ご支援
    精神障害についての豊富な知識を持つキャリアアドバイザーが、一人ひとりの立場や状況を理解したうえで転職支援を行なっています。
    また、パーソルグループの特例子会社として実際に精神障害のある社員と働いてきた経験もあります。
    知的障害の方への転職支援
    知的障害のある方専任のキャリアアドバイザーが在籍しています。
    面談時には、求職者本人だけでなくご家族・ご支援者の方も同席することが可能です。

    誰もが知っているような大手人材紹介企業(リクルート、マイナビ、パーソル)が運営している転職サイトから、業界・職種に特化(IT、飲食、エンジニア、アパレルなど)した転職サイトまでさまざまな種類がありますが、dodaチャレンジは身体・精神(発達)・知的障がいのある人の多くが利用しています。

    dodaチャレンジの5つの転職サポート

    dodaチャレンジがどのように転職をサポートしてくれるのかイメージできるよう、サービス内容を解説していきます。

    サービス内容は大きく5つに分けることができます。

    求人紹介

    dodaチャレンジのサービスに登録すると、あなたの転職を専任でサポートするキャリアアドバイザーがつきます。

    希望している業界、仕事内容、労働条件がある場合は希望条件を専任アドバイザーに伝えると、条件に合った企業の求人を紹介してもらうことができます。

    就職・転職が初めての方や自分に合う企業がどんなところか分からないという人でも安心してください。

    専任のアドバイザーが障がいの状況や趣味嗜好などヒアリングした後に、数千件の求人の中からあなたに合った求人だけに絞って紹介してくれます。

    履歴書・経歴書の作成

    希望条件に合う、もしくは興味のある求人が見つかったら、応募に必要となる履歴書や職務経歴書を作成します。

    なお、書類の書き方(志望動機や自己PRの書き方など)も専任のアドバイザーがていねいに教えてくれるため、心配いりません。

    また、履歴書や職務経歴書のテンプレートなどもdodaチャレンジに用意してあります。

    書類の作成が完了すると、専任のアドバイザーがあなたの推薦文とともに企業へ応募してくれます。

    約2〜3営業日ほどで企業側からアドバイザー宛に書類選考の結果が返ってきます。

    面接対策・日程調整

    書類選考を通過したら、企業との面接に進みます。

    ここでも専任のアドバイザーから応募した企業に合わせて面接のアドバイスをもらうことができます。

    dodaチャレンジでは、過去に面接に通過した人の所持していたスキルや傾向などについてのノウハウを蓄積しており、そのデータベースを元にした面接対策を実施しています。

    また、希望すれば面接のアドバイスだけでなく、実際の面接を想定した模擬面接をしてもらうこともできます。

    なお、企業との面接の日程調整もアドバイザーがすべて代行してくれるため、在職中で忙しい人や1日に数社の面接を受ける人にとって効率的な転職活動が可能となります。

    企業に労働条件を交渉

    年収や休日、シフト時間や入社日などの諸々の労働条件を企業と交渉してくれます。

    アドバイザーは過去の採用実績や市場動向を加味して条件の交渉を行なうため、企業側も条件を承認してくれる可能性が高いです。

    実際にアドバイザーが条件を交渉したことで年収が約50万円アップした事例などもあるため、「もう少し給料が高ければいいな」などと感じている場合には、交渉してもらうことをおすすめします。

    入社した後では労働条件を変更することはできないため、このタイミングで条件の要望や不明点がある場合には、アドバイザーにしっかり伝えておきましょう。

    就職・転職後フォロー

    就職先・転職先が決まり、入社した後もdodaチャレンジのサポートは続きます。

    入社した1ヶ月後と3ヶ月後を目処にdodaチャレンジのアドバイザーより入社後の様子をヒアリングするための連絡がきます。

    ※転職をサポートした担当アドバイザー以外から連絡がくることもありますので、ご了承ください。

    もし、入社した会社で困っていることやアドバイザーに相談したいことがあれば、相談に乗ってもらうことができます。

    また、dodaチャレンジ側で解決できることであれば、あなたからの相談だということを伏せた状態で企業に掛け合うことも可能です。

    3ヶ月後を目処にアドバイザーから求職者に連絡をすることは無くなりますが、それ以降でもdodaチャレンジのサポートでは相談を受け付けているようです。



    dodaチャレンジが支持されている5つの理由

    dodaチャレンジが支持されている5つの理由

    障がいのある方の転職をトータルで支援していることは前述したとおりですが、 数十社ある転職支援サービスの中でdodaチャレンジが支持されている5つの理由について解説していきます。

    dodaチャレンジが支持されている理由は、

    • 障がいのある社員の意見を反映させていること
    • 大手人材紹介会社として転職支援実績が豊富であること

    上記2点を踏まえると、納得が得られやすいと思います。

    ここからは、上記2点を踏まえた上でdodaチャレンジが支持されている理由を5つに分けて解説していきます。

    1.障がいに関する理解と知識がある

    dodaチャレンジは大手人材会社であるパーソルグループの特例子会社として、実際に障害のある社員が働き、さまざまな職種で活躍しています。

    そのような現場でしか得られない実体験に基づく知識・経験に加えて、障害者本人に対して理解があることがサービス全体に反映されている

    特例子会社(とくれいこがいしゃ)とは・・・
    日本法上の概念で、障害者の雇用に特別な配慮をし、障害者の雇用の促進等に関する法律第44条の規定により、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可を受けて、障害者雇用率の算定において親会社の一事業所と見なされる子会社である。

    2.雇用側の経験を生かし企業からの信頼も厚い

    障がい者本人への理解を深めるとともに、障がい者を雇用する立場としての経験もdodaチャレンジにはあります。

    これらの経験から得られた知見を基に、求人を募集している企業側に対しても雇用に関する適切なアドバイスをしているので、提携している企業側の信頼が厚い。

    実際に、金融・ゼネコン・メーカーなど大手企業への転職支援実績が多いこともdodaチャレンジの大きな特長となっており、信頼が厚いことを証明しています。

    大手企業や障がい者採用実績が多い企業の求人を紹介してもらえることも支持されている理由の1つとなっています。

    3.定着率が高い

    障害者本人・雇用する企業、双方の立場を理解しているからこそ、双方に対してwin-winとなるアドバイスを行なうことができるのです。

    そのため、求職者と採用する企業の双方が働きやすい環境づくりを構築するサポートができています。

    そのことにより、就職・転職した後もミスマッチが少なくなり、結果として職場での定着率が高くなっていると想定されます。

    定着率が具体的な数値として公表されているわけではありませんが、利用した人の満足度は約95%です。

    4.業界トップの求人数を保有

    求人を募集している企業側からの信頼、転職を支援してきた求職者からの信頼、大手人材紹介会社としての実績があるdodaチャレンジ。

    その3つがあることで、障がい者向けの転職支援サービスとして業界トップクラスの求人数を保有することができています。

    また、一般の求人サイトには掲載されていない非公開求人も多数保有しています(保有している全体求人の約9割は登録者限定の非公開求人)。

    非公開求人も含め、1万件以上の求人から求職者の状況、希望に合わせて求人を紹介することができることがdodaチャレンジの強みとなっています。

    2021年1月18日現在の公開求人数:1,403件

    例として、下記のような求人が非公開になっています。

  • 応募が殺到するような人気の求人
  • 採用時期が限定されている求人
  • 会員限定の非公開合同面接会と連動した求人
  • 5.企業の内部事情を詳しく教えてくれる

    パーソルグループのネットワークを活かし、求人情報を幅広く収集しています。

    さらに詳しい情報を入手するためにリクルーティングアドバイザーと呼ばれる法人営業担当が企業へのヒアリングを繰り返しています。

    具体的には下記のような内容を教えてもらうことができる。

    • 職場の雰囲気は?
    • 具体的な仕事内容は?
    • 入社1年以内の離職率は?
    • 評価の仕方は?
    • 残業はどれくらい?
    • 中途の割合は?
    • 障がいがあっても活躍できてる?
    • 経営層はどんな人?

    ヒアリングは人事担当だけでなく、求人を募集している部署の現場スタッフや企業の代表に加え、過去に転職支援をした利用者にも実施するなど徹底しているからこそ、求職者としては、就職・転職後のことをイメージしやすくなり、入社後のミスマッチも防ぐことに繋がっています。

    dodaチャレンジの運営会社



    dodaチャレンジは、パーソルチャレンジが運営しています。

    パーソルチャレンジは、大手人材紹介会社であるパーソルグループの子会社として2008年に設立され、支援が難しいとされている精神障がい者の雇用にも力を入れているのが特徴です。

    パーソルチャレンジでは、従業員の約65%が障がい者手帳を所持していることから、単なる転職支援ではなく、障がい者本人・雇用する企業、双方の立場を理解した上で転職支援を行なっています。

    そして、転職支援として採用・職域開発・労務管理・定着支援など一貫したサービスを提供しています。

    本社は東京(田町)にあり、大阪(大阪市北区)、愛知(名古屋)にもカウンセリングの拠点を構えています。

    カウンセリングは、対面以外にも電話、チャット、テレビ電話でも対応しているため遠方の方でも問題ありません。

    2018年にdodaが行なったアンケートによると、サービスを利用した人の満足度は約95%とのこと。

    参照:dodaチャレンジ公式ページ

    アクセス情報

    複数の拠点があるため、アクセス情報を記載しておきます。

    本社(田町)

    〒108-0014
    東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館18F・19F

    最寄り駅
    JR山手線、京浜東北線「田町駅」三田口(西口)より徒歩1分
    都営地下鉄三田線、浅草線「三田駅」A3、A4出口より徒歩1分

    大阪オフィス

    〒530-0011
    大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 17F

    最寄り駅
    JR東海道本線「大阪駅」連絡橋口より徒歩約7分
    阪急電鉄「梅田駅」より徒歩約5分
    地下鉄「梅田駅」より徒歩約5分
    阪神電鉄「梅田駅」より徒歩約7分
    地下鉄「西梅田駅」より徒歩約7分

    中部オフィス

    〒450-6414
    愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング14F

    最寄り駅
    地下鉄東山線「名古屋駅」中改札より徒歩1分
    JR・近鉄・名鉄「名古屋駅」より徒歩3分
    東海道新幹線「名古屋駅」より徒歩5分

    dodaチャレンジ


    dodaチャレンジの特徴

    ・障がい者の転職支援実績が豊富
    ・利用者満足度95%
    ・非公開求人は約9割
    ・1万件以上の求人を保有
    ・面談は電話・メールでも可能

    転職サポートを受けてみる

    dodaチャレンジの評判や口コミ

    dodaチャレンジの評判や口コミ

    まだ、「dodaチャレンジってぶっちゃけどうなの?」と思われている方もいるかと思いますので、評判や口コミを見ていきましょう。

    サービスのリアルな実態を知るために、ツイッターで調査しました。

    dodaチャレンジに関するQ&A

    dodaチャレンジに関するQ&A<

    ここまでdodaチャレンジのサービス内容と選ばれる3つの理由を紹介してきましたが、よくある質問に対する回答を記載しておきます。

    ※参照:dodaチャレンジ



    Q.登録にはお金がかかるの?

    一切かかりません。

    登録から内定をもらうまですべて完全無料で利用することができます。

    dodaチャレンジは求人を募集している企業側から予算によって運営しているため、求職者の方は一切お金がかからないのです。

    Q.登録しなくても求人に応募できるの?

    応募することはできません。

    登録後、キャリアカウンセリング(対面or電話orメール)をした後に応募することが可能になります。

    Q.利用の年齢制限はあるの?

    年齢制限はありません。

    障害者手帳をお持ちの方、または申請中の方であれば誰でも利用することができます。

    Q.登録できない障がいはあるの?

    どのような障がいをお持ちでも登録することができます。

    ただ、ご状況によっては求人を紹介するまでに時間がかかる場合もあるそうです。

    すぐに求人を紹介できない場合には、お電話にてその旨を伝えてくれるので、待ちぼうけになることはありません。

    Q.どうやって登録すればいいの?

    下記のボタンをクリックすると、登録ページに移動します。

    ご登録はこちら

    入力する内容は以下の通りですが、約3分ほどで入力が完了できます。

  • 名前(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドバイス
  • 手帳種類
  • 手帳等級
  • 障がい内容
  • 就業状況(任意回答)
  • 学校区分(任意回答)
  • 卒業見込み(任意回答)
  • 転職理由(任意回答)
  • パスワード
  • 障がいについて配慮が必要な事項については、「ご希望条件」の「その他希望」欄にご入力ください。

    Q.スマホからでも登録できるの?

    もちろん可能です。

    また、学校や施設、インターネットカフェなどからでも登録することができます。

    登録後はご自身のメールアドレス・パスワードを使用してご自宅のパソコンやスマホからログインできます。

    Q.地方に住んでいるけど面談してもらえるの?

    可能です。

    対面式のキャリアカウンセリングは、ページ中程で紹介している本社、東京(丸の内)、関西オフィス、中部オフィスで受けることができます。

    それ以外の地域の場合は、電話・チャット・TV電話でも面談を受けることができます。

    Q.退会するときはどうすればいいの?

    退会(登録解除)するときは、マイページにアクセスの上、ページ下部の『退会フォーム』より手続きすることができます。

    なお、退会後はすべての個人情報(入力情報・提出書類)について責任を持って削除・廃棄してもらえるので心配いりません。

    手続きがすべて完了するまでに1週間程度かかる場合もあるようです。



    リクナビネクストを使って内定獲得率を大幅にアップさせる裏ワザ解説

    リクルートが転職支援のために提供しているサービスの1つにリクナビネクストがあります。

    少しでも転職を検討したことがある人であれば、すでに登録しているか、少なくてもサービス名を耳にしたことはあるのではないでしょうか?

    当サイトが転職経験者168名を対象に実施したアンケートによると、約8割の人が転職活動の際に登録をしていました。

    当サイトアンケート
    調査対象:2018年1月〜2020年12月までに転職を経験した人
    有効回答数:168名
    調査方法:クラウドワーキングサービス、SNS

    そこで、転職を検討している人に向けて、

    • リクナビネクストの特徴
    • リクナビネクストを使って内定獲得率を大幅アップさせる裏ワザ

    を紹介します。

    リクナビネクストの3つの特徴

    リクナビネクストの3つの特徴

    まず、リクナビネクストを利用するためには、会員登録が必要です。

    会員になれば、求人を探すことはもちろん、スカウト機能などもすべて無料で使うことができます。

    また、転職活動に役立つコラム記事も豊富に投稿されているため、初めて転職する方や転職活動に不安がある人は参考になる情報が満載です。

    内定率をアップさせる裏ワザを紹介する前に、特徴を紹介します。

    リクナビネクストは、他の転職サイトと比べると以下3つの特徴があります。

    1. 求人検索機能が使いやすい
    2. 会員専用のマイページ情報が見やすい
    3. オファー機能(スカウト)がある

    1つずつ解説していきます。

    特徴1.求人検索機能が使いやすい

    リクナビネクストの大きな特徴の1つとして、求人サイト全体の構成やレイアウトがとても見やすいため、初めて求人を探すという人でも使いやすいことです。

    就職活動などで、就活サイトを使ったことがある人はイメージがつくかもしれませんが、どんなにいい情報がたくさん掲載されていたとしても、求人を探しにくいレイアウトだったり、使い方がわかりずらい、そもそもサイトの読み込みが遅いなどのことがあると求人を探す気すらしなくなってしまいます。

    そのため、求人検索機能が使いやすいことは、自分にあった求人を見つけるためにも重要です。

    リクナビネクストは多くの利用者が検討していることから、サービス提供会社であるリクルートもサイト改善に力を入れており、とても使いやすいサイトになっています。

    リクナビネクストの使いやすいポイント

    1. 詳細条件で求人を探すことができる
    2. 職種や勤務地など複数の条件を組み合わせて求人を検索したり、「土日休み」「副業OK」などといった働き方から求人を探すことができる。

    3. 求人探しを助ける特集が多い
    4. 「内定まで2週間特集」「未経験者歓迎特集」など、さまざまな特集が組まれており、求人を探す時の手助けになる。

    5. 求人nの詳細情報を簡単に見ることができる
    6. 給与、休日、待遇、仕事内容、求める人材といった詳細情報もワンクリックで確認することができるので効率的

    特徴2.会員専用のマイページ情報が見やすい

    マイページとは、リクナビネクストの会員になると利用できる自分専用のページのことです。

    マイページの機能

    • 希望条件にマッチする求人情報の表示
    • 興味を持った求人情報をキープする「気になるリスト」
    • 登録したレジュメ(履歴書・職務経歴書など)の管理・編集
    • 企業への問い合わせやメッセージのやりとり
    • メールマガジンなどの配信設定

    マイページでは、上記のような機能を利用することができます。

    また、スカウト機能の活用状況や企業への応募状況などもマイページから一目で確認できるため、転職活動の現状を把握・管理するツールとして便利です。

    特徴3.オファー機能(スカウト)がある

    リクナビネクストを最大限に活用するのに外せないのが、オファー機能(スカウト)です。

    スカウト機能とは・・・
    登録した自分の職務経歴や希望条件などを元に、興味を持った企業や転職エージェントから面談などのオファーを受け取ることができる機能のこと。

    スカウト機能を利用すると、次のようなメリットがあります。

    スカウト機能を利用するメリット

    • 企業や転職エージェントから直接オファーが届く
    • サイトに掲載されていない非公開求人のオファーが来ることもある
    • 自分の市場価値を客観的に知ることができる

    スカウトは、企業・エージェントから直接アプローチを受け取ることになるので、通常よりも有利な状態で選考を進めることができます。

    自分が気に入った企業への応募に加えて、オファー機能を使うことで効率的に転職活動をすることができます。

    また、どのような業種・業界・企業からオファーきたのか知ることは、自分の市場価値を測ることができたり、転職先に求めるものを考える際にも役立照ことができます。

    自分では見つけられなかったような企業、応募してもどうせ受からないだろうなと思っていた企業からオファーがくることもあります。

    会員登録後に職務経歴を登録しておくだけで、オファーを受け取れるようになるので使わない手はありません。
     

    リクナビネクストで受け取れる3種類のオファー機能

    リクナビネクストの3つのオファー機能

    リクナビネクストでのオファー機能は3つの種類があるので、こちらも併せて紹介します。

    1. プライベートオファー
    2. 興味通知オファー
    3. オープンオファー

    1.プライベートオファー

    登録した職務経歴やスキル・キャリアプランなどに興味を持った企業・エージェントから、「個別面接」のオファーが届くものです。

    企業からのオファーであれば、書類選考が免除されます。

    2.興味通知オファー

    職種や勤務地などの条件に興味を持った企業から、「その企業に興味があるかどうかの確認」メッセージが届くものです。

    興味を持った場合は返信しておきましょう。その企業が正式にオファーしたいと思った人に「面接・説明会等の案内」が届きます。

    3.オープンオファー

    職種や勤務地など、あなたの希望条件と企業が設定した条件に合致した場合、「求人情報や説明会の案内」が届くものです。

    案内された求人に応募すると、書類選考など最初のステップから選考が進んでいきます。

    このように、オファーメールの内容によって、企業や転職エージェントからのアプローチとその後の転職活動の進み方は大きく異なります。

    ただし、いずれのオファーも選考で有利になったり選考通過が約束されたりするものではありません。

    自分で求人を探したり、選考を受けることができたり、オファーでしか得られない情報を知ることができる点がオファー機能(スカウト)の魅力です。

    リクナビネクストの基本情報

    リクナビネクストの基本情報

    リクナビネクストの特徴を紹介しましたが、ここで基本情報もお伝えしてきます。

    リクナビネクストの前身となるリクルートナビキャリアというサービスが2001年にスタートしています。

    登録会員数は約916万人と日本最大級の登録者数を誇っています。

    毎月10万人以上が新規で会員登録をしていることから、転職サイトのド定番といえる転職サイトです。

    保有している求人数も業界トップクラスであり、知名度、実績ともに十分。

    転職を検討し始めたら、まず登録しておいて損はしないでしょう。

    基本情報の補足

    基本情報の補足として、利用者層を紹介しておきます。

    24歳以下

    7%

    25~29歳

    16%

    30~34歳

    22%

    35~39歳

    20%

    40~44歳

    15%

    45歳以上

    20%

    リクナビネクスト利用者の年齢層は、30代が最も多く42%、次いで20代が23%。

    40歳以上も35%と、若手からベテランまで多くの求職者に利用されています。

    また、毎週水曜日と金曜日には求人情報が更新されるので、小まめに求人をチェックして、好条件の求人と巡り会える可能性を高めておきましょう。

    リクナビネクストで内定率をアップさせる裏ワザ

    ここから、いよいよ本題です。

    リクナビネクストを使って内定率をアップさせる2つの裏ワザを解説します。

    すでにリクナビネクストに登録している人も、これからリクナビネクトを利用しようと思っている人も参考にしてみてください。

    求人情報は最後のページまで見ること

    まず、リクナビネクストで求人を検索してみると「住友不動産株式会社」や「NTT東日本グループ会社」といった大手企業や転職先として人気の企業の求人がたくさん表示されます。

    企業の特徴や仕事内容などの情報量に加えて写真もたくさん掲載されているので、求人を見ているうちに疲れてしまって、ほとんどの人は求人情報を1~3ページ目くらいまでしか見ません。多くても10ページ目くらいまで。

    しかし、1~3ページ目だけを見て求人に応募するのは、初心者がやってしまいがちなミスです

    リクナビネクストだけでなく、転職サイト全般にいえることですが、基本的には求職者を集めたい企業が支払っている広告費によってランク分けされています。

    最も広告ランクの高い求人広告は1~3ページ目に掲載されることになります。

    また、会社紹介ページも写真を多用していたり見た目も豪華になっています。

    大手企業や有名企業の求人が1ページ目に多いのは、このような理由があるからです。

    反対に、あまり広告費用を払っていない企業は5ページ目以降に表示されることになります。

    しかし、広告費用をあまり払っていない企業だからといって、資金力がない、経営が安定していない企業と判断してしまうのはNGです。

    なぜなら、大半の企業は転職サイトや転職エージェント、ヘッドハンターなど、多様なツールを複数使って採用活動をするのが一般的だからです。

    そのため、たまたまリクナビネクストには広告費用をあまりかけていないということも考えられます。

    広告費用をあまりかけていないけど、好条件な求人であったり、レアなポジションの求人は意外と存在するのです。

    なので、希望する条件で検索した後に表示された求人情報のページは最後まで見てみましょう。

    また。最後のページまで見ている求職者は少ないので、競合性も低くなるため、内定をもらいやすくなることにも繋がります。

    全部見るなんて面倒くさすぎ、という人は、希望条件を追加して求人を絞り込む(大体100件くらいに絞りこむのがベスト)か、1〜3ページ目まで見てみた後に最後のページから1〜3ページ目までを見てみるなどの方法もおすすめです。

    リクナビネクストと転職エージェントを併用して更に内定率アップ

    リクナビネクストと転職エージェントを併用して更に内定率アップ

    リクナビネクストなどの転職サイトを利用するのに加えて、転職エージェントを利用して求人を紹介してもらうとグッと転職の成功率が上がります。

    転職エージェントは、コンサルタントがキャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてくれるサービスです。

    コンサルタントにサポートしてもらうなら、お金かかるんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、最初から最後まで無料で利用することができます。

    転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

    転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

    登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。

    それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

    自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

    また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

    まだ転職をする予定がなくても、どんな求人があるのか、どんな仕事に応募できるのか、といった点を含めて無料で転職相談が出来ますから「転職市場の調査」として一度エージェントに相談することをおすすめします。

    時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

    リクナビネクストとの併用でオススメの転職エージェント

    リクナビネクストとの併用でオススメの転職エージェント

    転職成功率をアップさせるために。リクナビネクストと併用して使うべサイトとして、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • リクナビネクストでは見られない求人を保有しているか
  • キャリア相談や書類の添削などのサポートが丁寧か
  • 転職成功実績が豊富にあるか
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    リクナビネクストだけでなく転職エージェントも活用すべき4つの理由

    リクナビネクストだけでなく転職エージェントも活用すべき4つの理由

    転職を検討している人は、必ず転職エージェントも活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェント7つの活用術

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    久喜市の求人を探すならココ!久喜市に強い転職エージェント9選

    久喜市での転職を検討している方は、求人情報を信じてはいけません。

    なぜなら、誰もが閲覧することができる求人情報にはウソな情報も混じっているからです。

    求人情報だけを信じて転職してしまった場合、転職後に「思っていた会社と違かった」などと後悔する可能性が高いです。

    年収や残業時間、職場の雰囲気や将来性などを知りたいのであれば転職エージェントを使うべきです。

    転職エージェントを使えば、転職先の本当の実情や具体的な業務内容などの情報を得ることができるため、効率的に転職活動を進めることができます。

    そこで、久喜市での転職を検討している方のために、

  • 転職エージェントを活用すべき4つの理由
  • 転職エージェント活用法
  • 久喜市の転職でおすすめの転職エージェント
  • をお伝えします。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    久喜市の転職事情

    久喜市の転職事情

    久喜市のある埼玉県の転職事情はどうなのでしょうか。

    転職しやすさを表す求人倍率や転職しやすい業種・職種、平均年収などを紹介します。

    埼玉県の平均年収

    埼玉県の平均年収は472万5600円です。

    全国都道府県ランキング

    14位

    平均月収

    32万7500円

    平均賞与(ボーナス)

    79万5600円

    参照:厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」

    埼玉県の求人倍率

    埼玉県の求人倍率

    厚生労働省”埼玉労働局”によると、埼玉県の求人倍率は1.51倍です(平成30年12月現在)。

    全国平均は2.49倍なので、埼玉県は全国的にみると、募集求人に比べて、求職者の数が多いということがわかります。

    ただ、求人倍率は1倍以上ですので比較的、転職しやすい地域といえるでしょう。

    ※平均値であるため、業種・職種によっても転職しやすさは変わります。

    3〜4月、9〜10月は好条件で転職するチャンス
    3〜4月9〜10月は新規の求人が増える傾向にあります。

    この時期は、年度での切り替えにより退職する人も増えたり、新しい組織体制でのスタートを見越して人員補充により企業の採用ニーズが高まるのです。

    また、求人数の増加に伴い、好条件の求人(高年収など)も多数出現します。

    しかし、好条件の求人は募集が殺到し、すぐになくなってしまう可能性が高いので、早めに転職サイトに登録して求人情報をチェックしておきましょう。

    転職しやすい業種TOP5

    久喜市での転職を検討している人のために、転職しやすい業種(業界とも呼ばれる)を5つ紹介します。

    転職しやすい業種TOP5

  • IT業界
  • 建築業界
  • 製造業界
  • 運輸業
  • 専門商社
  • IT業界

    インターネットの急速な拡大によりIT業界は慢性的に人手が不足しています。

    また、DX(デジタルトランスメーション)を進める企業が増えていることやAI・RPAの普及によって人材確保を進めている企業が増えています。

    IT業界はニーズが拡大している分野なので、今後の需要はさらに高まるでしょう。

    IT業界というと、エンジニアやマーケティングといった職種を想像する人も多いですが、事務職や経理職といったバックオフィスの人材採用のニーズも高いです。

    建築業界

    開催可否が検討されている段階ではありますが、東京オリンピックによって建設ラッシュが始まっていることから、建設業界でも人材が不足しています。

    また、高齢化が進んでいる業界の1つでもあることから、若手人材の採用に積極的な企業が多いため、未経験からでも転職しやすい業界です。

    製造業界

    工場でのライン業務などは、特殊なスキルが必要ではないため人材の受け入れ幅が広いです。

    そのため、製造業界へ未経験からチャレンジしやすい特徴があります。

    また、輸送用機器・繊維・精密機械などの製造工場であれば、給与や待遇などが好条件な求人が多くなっています。

    転職しやすいけど、好条件な求人が多いことから人気の業種となっています。

    運輸業

    在宅勤務や一人世帯の増加に伴い、インターネット経由(通販など)で買い物をする人が増えています。

    そうなると、必然的に荷物を運搬している運輸業の人材が不足します。

    今後も業界全体の拡大が予想されているので、積極的な採用を継続している企業が多いです。

    また、ドライバーの場合は運転免許を必要としますが、仕分けや管理などであれば、特別な資格やスキルが必要ではないため、募集している人材の幅が広いことも特徴です。

    専門商社

    専門商社は、総合商社と比べて事業領域が狭いという特徴があります。

    商社は新卒でないと入社できないのではないかというイメージがある人もいますが、事業領域が狭いことから専門商社の数は多いため、未経験からでも転職しやすい業種の1つなのです。

    また、研修制度が整っている企業に転職できれば、未経験からでも専門商社での労働に必要な知識を身につけるこができます。

    ただ、職種としては営業職や事務職が中心になるため、それ以外の職種にチャレンジしたいのであれば、1〜2年ほどは営業職や事務職で経験を積んでからキャリアアップすることがおすすめです。

    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    久喜市での転職でオススメ転職エージェント9選

    久喜市での転職でオススメ転職エージェント9選

    久喜市での転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 久喜市の求人を多数保有しているか
  • 各企業の内部事情にも詳しいか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • それでは、早速ですが、久喜市に強い転職エージェントを9社紹介します。

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.1

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.1は、リクルートエージェントです。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:161,926件
    埼玉県の公開求人数:2,994件
    非公開求人数:156,302件
    埼玉県の非公開求人数:3,509件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    『リクルートエージェント』は業界最大手の転職エージェントで、都市圏はもちろん、久喜市県の求人数でも公開データを見る限りはNo.1です。

    非公開求人数が開示されている転職エージェント同士の比較になりますが、人材紹介業界でも大手の『マイナビエージェント』『パソナキャリア』と比較しても、4〜6倍ほど求人数に差があります。

    ちなみに、当サイトが500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、担当者によってサービスに差があるとは言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒案件からIT、外資などの専門性の高い分野まで幅広いユーザーからの指示を集めています。

    なので、業界やポジションに関わらず、転職活動をする際には必ず利用するべきエージェントです。

    面談拠点は全国に16箇所

    リクルートエージェントは、全国16箇所に面談拠点を構えています。(2021年1月現在)

    久喜市県周辺に在住の人がアクセスしやすいエリアにも5箇所の拠点があります。

    もちろん、電話やビデオツール、メールでの面談並びに求人紹介は受け付けています。

    面談拠点
    拠点
    東京本社
    北海道支社
    東北支社
    宇都宮支社
    さいたま支社
    千葉支社
    西東京支社
    横浜支社
    静岡支社
    名古屋支社
    京都支社
    大阪支社
    神戸支社
    中四国支社岡山オフィス
    中四国支社広島オフィス
    福岡支社
    受付時間
    10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

    業界・職種問わず、幅広い種類の求人を保有

    リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも最大級の求人数を誇っているので、幅広い業界・職種の求人を取り扱っています。

    また、企業規模としても、大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで幅広い。

    主な取扱い業界

    IT・通信業界
    Web・インターネット業界
    機械・電気業界
    化学・素材業界
    商社
    物流・運輸業界
    小売・卸売・サービス業界
    旅行・エンタメ業界
    マスコミ・広告業界
    人材業界
    コンサルティング業界
    金融・保険業界
    不動産・建設業界
    医療・医薬業界
    インフラ・官公庁・その他

    主な取扱い職種

    営業・販売
    経営・企画
    マーケティング
    事務系(経理・総務・人事)
    IT・エンジニア
    電気・機械
    科学エンジニア
    医療・医薬品
    化粧品
    コンサルタント
    建築・土木技術

    取扱い企業例

    ファーストリテイリング
    ソフトバンク
    BASE
    オムロン
    トランスコスモス
    積水化学工業
    エムスリー
    ダイキン
    シャープ
    武田薬品工業
    三井不動産

    ※2021年1月時点で公開求人にて検索にヒットした企業です。
    既に募集が終了している可能性もあるため、登録後にエージェントに確認してください。

    利用者の口コミ

    リクルートエージェントを利用した人にアンケートを実施したので紹介します。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    また、「他の人にリクルートエージェントを勧めたいですか?」という質問への回答も併せて紹介します。

    積極的に様々な案件を提案してくれる。
    面接から退職・入社手続きまでサポートしてくれる。
    可能性が低いところは率直に教えてくれる。

    30代_男性_営業職
    履歴書添削や面積対策が充実していることから登録をしました。
    他のエージェント会社よりも、時間をかけてサポートしてくれると感じました。
    中小規模の会社だけでなく、大手の求人も紹介してくださったので満足しています。
    年収も高い求人が多かったです。

    20代_男性_マーケティング職
    限られた条件の中でも、幅広い選択肢を提示してくれた
    書籍や雑誌の編集者というかなり限られた希望条件だったが、他のサービスと比べて求人数が多く、ホームページには掲載されていない求人も紹介してもらえました。
    また、紙媒体以外の編集に関する求人も紹介してもらえたので、選択肢が広がりました。

    20代_男性_編集職
    たくさんの職種、会社がたくさん載ってあってまず調べやすかったです。
    担当してくださった方も親切で丁寧でとても感じが良かったです。

    20代_女性_販売職
    リクルートエージェントはどの職種においてもすごい求人の数であったり質もそれなりに良いのが多かったため、転職活動が上手くいって良かったからです。

    30代_女性_事務職
    登録後なかなか連絡がなくどうしたものかと思っていたら、8日後に連絡がありました。
    しかもコンサルタントが上から目線で話をするので、相談をする気が失せました。
    担当の人によって対応は異なるのかもしれませんが、もう少し親身になって対応をしてほしかったです。

    20代_男性_営業職
    求人の量こそありますが質が良くありません。
    就職先が見つかれば何でもいいという感じで、ブラック企業のようなところでも押し付けてこようとしてきます。

    20代_女性_サービス職

    他の人に勧めたいですか?

    履歴書や職務経歴書の作成等、学べる点は多くあるため、勧めます。
    特に、初めて転職をする人にとっては、転職におけるノウハウを深く学べるため有益です。
    最大手ならではのエージェントの質の高さを伺えます。

    20代_女性_事務職
    大手の求人を多数紹介してくださったので、大手を希望している人にはお勧めしたいです。
    また、連絡も取りやすく、スムーズに転職できるのでお勧めできます。

    20代_男性_総合職
    若者だけでなく30代以上の募集している企業が多いので、30代以上の人におすすめです。

    30代_男性_販売職
    勧めたい。丁寧にいろんなことを教えてくださるし、いろいろ代わりにやってくれる。

    30代_女性_企画職
    人によると思いますが参考にはなるとは思いますので勧めようとは思います。ただ積極的ではないと思いますが。

    40代_男性_製造職
    アンケート実施方法:2018年以降にリクルートエージェントを利用して転職した経験のある100名
    アンケート募集方法:クラウドワークス
    アンケート実施日:2020年10月〜12月

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.2

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.2は、dodaです。

    doda

    基本情報

    公開求人数:78,815件
    非公開求人数:58,628件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    『doda』は人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、業界規模No.2の転職エージェントです。

    特に案件の量には定評があり、大手有名企業からベンチャー企業まで、幅広い求人の中からあなたにあった求人を探すことができるでしょう。

    幅広い選択肢をみてみたい方にはおすすめのエージェントです。

    利用者の口コミ

    dodaを利用した人にアンケートを実施したので紹介します。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    また、「他の人にdodaを勧めたいですか?」という質問への回答も併せて紹介します。

    dodaには年収査定システムがあり、転職候補先を絞り込めるのがよかったです。

    20代_男性_営業職
    幅広い職種の選択肢の中からしっかり選べたので満足です。
    希望職種を細かく登録できるので、多くの選択肢から求人を選ぶことができました。
    エージェントの方からの連絡もこまめで、丁寧な印象を受けました。

    30代_男性_販売職
    在職中に転職活動をしていたので、エージェントの方が遅い時間帯でも面談に対応してくれたのはとても助かりました。
    他社のエージェントサービスは電話かメールでしか連絡が取れないことが多いのですが、dodaはLINEで気軽に連絡できるので便利です。

    20代_女性_マーケティング職
    他社ではあまり案件を紹介してもらえず門前払も数社ある状況で、これだけ提示してくれたのは本当にありがたかったです。

    40代_男性_技術職
    面接の練習を何回も電話と対面でやってもらい、苦手意識をなくすことができました。
    年収交渉もしてくれたので、担当者の方にはとても感謝しています。

    30代_男性_エンジニア職
    担当者から理系の事は詳しくないとさじを投げられた。
    オープンオファーの数は多いが、スキルや希望と関係なく飲食業と不動産営業ばかり。

    30代_男性_企画職
    無駄に転職活動を急かす印象で、たまたま決まったところに入れるところが目的だから。
    入った会社で上手くやっていけるかは全く目的ではないから。

    30代_女性_事務職
    電話での対応がとにかく最悪で、ため口での話し方にすごくむかついた。
    実際に待ちあ合わせ時間に行っても20分ほど待たされて、対応が最悪。

    20代_女性_サービス職

    他の人に勧めたいですか?

    1人だとなかなか決心できない、人のアドバイスが欲しいという人におすすめです。

    20代_女性_事務職
    私の場合だとdodaは人にお勧めしたいと思う。
    なぜなら自分に合った仕事が広く紹介してくれたり詳しく求人情報を提供してもらえるから。

    30代_女性_販売職
    ITの求人ばかりなのでお勧めできます。
    福利厚生や待遇もしっかりとしているものが多いのでお勧めできます。

    30代_男性_マーケティング職
    どちらともいえない。
    メールで情報を送っていただけるのはありがたいと思いますが、自分の希望ではない職種もあるのでメールが鬱陶しいと思う方には不向きかと。

    30代_男性_営業職
    人それぞれなので希望等が合えば勧めたいと思います。
    やはり懇切丁寧なのがいいと思います。

    40代_男性_MR職

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.3

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.3は、マイナビエージェントです。

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:19,958件
    非公開求人数:21,766件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    スキルが浅い方や、第二新卒者の転職におすすめな転職エージェントです。

    未経験者でも可能な求人を取り扱っており、求人の80%は非公開求人で、マイナビエージェント限定の求人も多数あります。

    残業時間や、福利厚生、育児休業取得実績など、一般的な求人情報ではわからない情報を提供しています。

    業界・職種別に専門のキャリアアドバイザーがつき、内定獲得後も、退職・入社の手続きまで手厚いサポートです。

    利用者の口コミ

    マイナビエージェントを利用した人にアンケートを実施したので紹介します。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    また、「他の人にマイナビエージェントを勧めたいですか?」という質問への回答も併せて紹介します。

    マイナビは大手で転職ノウハウが蓄積されていると思ったからです。
    面接予定日の決定までがスムーズで、こちらの希望にマッチした求人をすぐに紹介してくれました。
    すぐに働きたいという希望を叶えてもらえました。

    20代_男性_製造職
    登録をした翌日にコンサルタントから電話があり、ヒアリングがありました。
    こんなにすぐに対応をしてもらえるとは思っていなかったので、非常に頼りになると思いました。
    履歴書や職務経歴書の書き方、面接時のポイントなどの役に立つアドバイスが多々あり参考になりました。

    30代_女性_営業職
    場合、企業からの連絡のレスポンスが早く、面接日時の登録もサイトを通じて行えるなどの利便性が優れていると思いました。
    また、登録した情報から適切な求人の紹介を受けられるのも良かったと思います。

    20代_女性_営業職
    担当アドバイザーの方が専門的な知識をしっかり持っていて親切に対応してくださったので納得の行く転職活動ができました。

    30代_男性_エンジニア職
    大手企業の求人が多く、応募をする際の安心感がありました。
    また、担当者もこちらの希望を考慮して選ばれるので、より転職希望を叶える仕組みになっていることが良かったです。

    30代_男性_コンサルタント職
    全体的に見づらく、検索の絞込みも割りとざっくりで完全な希望条件に合う求人が少なかった。
    メッセージ管理も面倒だったのと、毎回ログインをしなければいけなかったので使いづらかった。

    30代_男性_建築職
    未経験だけど別の業界に転職を検討していてマイナビエージェントに登録したが、何度も何度も飲食業の求人を紹介されたので信頼できなくなりました。

    20代_男性_サービス職

    他の人に勧めたいですか?

    真剣にサポートしてくれるので勧めたいです。

    20代_女性_サービス職
    サービスが充実してるのでぜひ勧めたいと思います。

    30代_女性_販売職
    求人数が多いので、たくさんの選択肢の中から自分に合った職種や業種を探すことができます。
    また、履歴書の添削や面接の練習などを協力的に行ってくれるので、満足のいく転職活動をすることができるからです。

    20代_男性_マーケティング職

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.4

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.4は、ビズリーチです。

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:109,000件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    利用者の口コミ

    ビズリーチを利用した人にアンケートを実施したので紹介します。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    また、「他の人にビズリーチを勧めたいですか?」という質問への回答も併せて紹介します。

    エージェントとの間に信頼関係を築きやすい転職サイトだと思うので、ぜひまた使いたい。

    20代_女性_企画職
    希望をじっくり聞いてくれて且つスピーディだった
    希望した企業の面接の傾向とアドバイスを事前に教えてくれたので利用していてよかったと思えました。
    給与条件面での調整も間に入って交渉してくれたのでスムーズにいきました。

    40代_男性_コンサルタント職
    即戦力人材を求める企業が登録しているというTVCMを見てお試し感覚で登録してみることに。
    正直、一部有料であることに抵抗はありましたが、実際登録してみると他のサイトよりも多くのスカウトメールが来て、それも比較的、有名企業からばかりだったので驚きました。

    30代_男性_マーケティング職
    新しい求人が入るとすぐに調べてくれて、まめに報告してくれたり紹介してくれたりして本当に助かりました。
    すぐに報告してくれることによって締め切り日に間に合うこともできました。

    30代_女性_経理職
    希望と若干ズレている求人もいくつか紹介されたのが残念だった。
    また、自分の場合はしつこく連絡をもらいたくなかったのでその点もマイナスに感じた。

    40代_男性_営業職

    他の人に勧めたいですか?

    エージェントの方が転職者に寄り添って推してくれるので、転職にかかる時間も短縮でき、お勧めしたい。

    30代_男性_営業職
    スキルがあり、短期決戦で転職を考えている人には勧められる。長いスパンには向かない。

    40代_男性_コンサルタント職
    経歴に自信が有る人なら良いのではないかと思います。

    30代_女性_販売職
    スキルが高い人には紹介をしたいと思います。
    理由は、スキルが高い人ほど転職に有利だと担当者から言われたためです。

    20代_女性_事務職

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.5

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.5は、DYM就職です。


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 未経験からの就職成功率96%
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職率96%

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績があり、就職率は96%を誇る。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.6

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.6は、リクナビNEXTです。

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:46,087件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2020年12月1日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.7

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.7は、ワークポートです。

    ワークポート

    ワークポートの特徴

    ・35万人が選んだ転職エージェント
    ・15年の転職実績
    ・5人に1人が未経験職種へ転職成功
    ・転職活動中の進捗が一目でわかる!『e コンシェル』

    ワークポートが保有する求人情報のうち、約70~95%が一般には公開していない求人情報であるため、直接エージェントに紹介してもらいましょう。
    一般的には非公開になっている求人には好条件のものが多く、高年収や管理職などレアな求人である可能性が高いです。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    久喜市県内の求人数は、他の転職エージェントと比べると多くありませんが、IT・Web業界への転職に強い転職エージェントです。
    多数の非公開求人も取り扱っています。
    転職コンシェルジュがマンツーマンで転職をサポートし、また、セミナーを開催するなどしています。
    登録後は、リアルタイムで更新される転職ツール「eコンシェル」で、求人情報を閲覧することが可能です。
    給与条件や入社日の調整、退社のアドバイスなど、内定後もサポート体制が充実しています。

    ワークポートの特徴

    年代
    20代~30代
    得意業種
    ゲーム・アミューズメント・広告・デザイン・通信・商社
    面談拠点
    ありません。電話での相談になります。
    口コミ・評価
    ・転職コンシェルジュが親身になってくれた。
    ・希望職種以外の求人も紹介され、情報量が多すぎた。
    ・希望の求人がなかった。

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.8

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.8は、Spring転職エージェントです。

    5.Spring転職エージェント

    Spring転職エージェントは、アデコグループの転職エージェントブランドです。
    アデコグループは実績のある総合人財サービス企業で、世界60ヶ国に5,100拠点を展開しています。
    Spring転職エージェントでは、専任コンサルタントによる、サポート体制が充実しています。
    転職希望者のカウンセリングを行い、会社との相性まで見極めて、求人を紹介します。 
    転職希望者の専門分野に精通した専任コンサルタントが、企業の人事担当と、直接やり取りするので、正確な情報を伝えることができます。

    Spring転職エージェントの特徴

    年代
    20代~40代
    得意業種
    外資系企業・グローバル企業・商社・IT・Web・事務・建設・不動産
    面談拠点
    久喜市県さいたま市大宮区桜木町1-10-16 シーノ大宮ノースウィング2F
    JR線 大宮駅徒歩7分
         
    口コミ・評価
    ・メールや電話でも親身になってくれ、身近に感じられる。
    ・専任コンサルタントのレベルが高い。
    ・希望する職種以外の面接をすすめられた。
    ・他の転職エージェントと比べて求人数は少なく、求人の質も高くない。

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.9

    久喜市の転職に強い転職エージェントNo.9は、パソナキャリアです。

    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます


    『パソナキャリア』は、人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している、16,000社以上と取引実績のある信頼できる優秀な転職エージェントです。
    実際に、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。
    年代
    20代
    得意業種
    製造業・商社・医療・流通・金融・建設・土木・不動産
    面談拠点
    久喜市県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル19F
    JR大宮駅西口から徒歩3分
    口コミ・評価
    ・キャリアアドバイザーが親身になってくれ、メンタル面もケアしてくれた。
    ・メールでの問い合わせに対する返信が早い。
    ・面接対策が充実している。面接先までの地図なども用意してくれた。
    ・求人の紹介数が少なかった。
    ・キャリアアドバイザーの口調がきつく、上から目線だった。
    ・電話、メールのレスポンスが速く安心できる

    地元に面談場所がなくても、大手転職エージェントに登録すべき理由

    「求人数が多くなくても、面談拠点のある転職エージェントの方がサポートもよさそうだし、その2社だけ登録しておけばいいのでは?」

    多くの久喜市の転職相談を受ける中で、上記のような質問をよく受けます。

    結論としては、下記の2つの理由から「必ず大手の総合転職エージェントにも登録した方がいい」です。

    「転職ノウハウ」が圧倒的に違うため、提案の質が高い

    簡単に言うと「相談時に、自分にあったどういう求人を紹介してくれる」「選考突破のためのノウハウが凄い」可能性が高いです。

    なぜなら、大手の総合転職エージェントは全国に拠点を持つため、年間に転職を決めている数が、久喜市に特化しているエージェントと比較すると圧倒的に違います。

    そのため、転職に関するノウハウが多く蓄積しているため、それを共有してもらえるという大きなメリットがあります。

    大手の転職エージェントだからこその求人案件が存在する

    特に大企業にありがちなのが、東京や大阪で転職求人をお願いしている関係から、そのまま久喜市の案件も独占的にお願いするという場合です。

    また、中小企業についても、最大手だからという理由でお願いする会社も多いと聞きます。

    転職という人生を左右する大事なイベントだからこそ、自分にとって最高の求人をみすみす逃さないためにも登録しておきましょう。

    転職エージェント7つの活用術

    住友不動産の転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    ワンポイント転職活動アドバイス

    転職を成功させるためには、下記の3点を必ずやっておきましょう。

  • 最低2〜3つのサイトに登録する
  • 自身の状況を伝えアドバイスをもらう
  • 相性の良いサイトで転職活動を進める
  • 現在は、エージェントとの面談もWeb面談が主流です。

    Web面談なら、在職中でも転職活動がしやすいというメリットがあります。

    また、転職エージェントに登録しておけば、人材採用に積極的な企業の情報自分の市場価値を知ることができます。

    働くことに対する不安が大きい今の時代だからこそ、情報収集だけでもしておきましょう。


    【2021年10月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。