評判

伊藤忠に転職できる?評判・口コミと失敗しない転職活動の方法を公開

伊藤商事は大手総合商社として有名であり、本社は青山にあります。

現在でも三井物産や、三菱商事と並ぶ総合商社の1つです。

繊維部門や食料や生活資材、情報通信等の分野にも長けており、これからも総合商社会のトップを担っていく存在です。

そのため、転職先としても人気が高く転職サイトdodaが収集した「転職人気企業ランキング2020」では、第24位にランクインしています。

そこで、今回は伊藤忠商事が人気の秘密伊藤忠商事の元従業員や元従業員の評判・口コミ転職するために押さえておくべきポイントをお伝えします。

伊藤忠商事への転職を検討している人は必ずチェックしてください。

伊藤忠商事はこんな会社

伊藤忠商事は、みずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社です。

人々の暮らしを支えるさまざまな商品やサービスを提供するため、原料等の川上から小売等の川下までを包括的に事業領域としています。

基本情報

伊藤忠商事の基本情報
まずは、伊藤忠商事の基本情報を紹介します。

※伊藤忠商事の公式ページや信頼できる機関の情報を参照しています。

社名

伊藤忠商事株式会社

住所

〒107-8077
東京都港区北青山2丁目5番1号

設立

1949年12月1日

資本金

253,448百万円

代表者

代表取締役会長CEO 岡藤 正広

事業内容

繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開。

伊藤忠商事の事業内容

伊藤忠の事業内容
伊藤忠は1997年からカンパニー制を導入しており、現在は以下7つのカンパニーからなります。

他商社と比べて「非資源分野」に強いのが特長で、その中でも特に生鮮食品・加工食品などを扱う「食料カンパニー」が主力事業です。

※カンパニー制とは、社内の事業部門(カンパニー)をそれぞれ独立した会社のようにみなして、経営資源の分配や意思決定の権限を与えて、独立採算制で経営させる体制のこと。迅速な意思決定や経営の効率化がしやすくなるのがメリット。

1.繊維カンパニー

これは伊藤忠商事の中でも特に強みとも言える部門であり、衣料用素材や繊維の資材などを取り扱っています。

ここから洋服の製品開発や販売までも手がけています。また欧米などのブランドを日本に展開させる事業も行っています。

伊藤忠商事の業績を伸ばし続けられる理由はこの部門にあると言っても過言ではありません。

2.機械カンパニー

ここではプラント、船舶、航空機等を取り扱っており、機械を使った医療ビジネス分野などにも事業展開をしております。

また、環境関連事業や再生可能エネルギー事業など、新しい分野にもチャレンジし続けています。

3.金属カンパニー

ここでは世界各地と鉄鉱石や石炭のルートを行ったり、太陽光やバイオマスなどの再生可能エネルギー開発にも取り組んでいます。

こういった部門を取り扱っていることによって社会貢献が大きいことがわかるかと思います。

4.エネルギー化学品カンパニー

ここでは原油や石油、天然ガスのトレードを行っており、電子材料や有機化学品などのトレードも行っております。

5.食料カンパニー

詳しく説明しなくても理解できるかと思いますが、私たちの普段食べているような食品の原料調達や製品加工、流通まで取り扱っています。

この分野も伊藤忠商事を継続させている部門の1つかと思います。

6.住生活カンパニー

ここでは木材や紙、ガラスやセメントなど生活に必要不可欠なもの取り扱っています。

この素材から不動産事業や建設事業にも関わることもあります。

海外に物件を見つけ、日系企業に紹介すると言う仕事もになっています。

7.情報金融カンパニー

情報部門ではインターネット関連サービスを行ったりITソリューション事業や放送通信事業も行っております。

一方の金融分野では、保険事業を行ったり、ファイナンス事業行ったりとにかく幅広く活躍しています。

以上が伊藤忠商事が主に行っている事業です。

とにかく幅広い事業行っていると思った人が多いのではないでしょうか。

大手の企業とだけあって、多くの部門を取り扱っています。

伊藤忠商事のメッセージ

伊藤忠のメッセージ

次に伊藤忠商事が掲げているメッセージや企業理念を紹介して行きます。

最近では、転職活動のときに年収や残業といった労働条件に加えて、企業方針やビジョンを転職先を選ぶ時の基準にする人も増えています。

転職を検討している人は参考にしてみてください。

コーポレートメッセージ

ひとりの商人、無数の使命

コーポレートメッセージとは、企業としてお客様に伝えたいメッセージ、キャッチフレーズのことを指します。

企業理念や商品・サービスにかける想い、自らのあるべき姿、今後のビジョンなどを端的にまとめ、わずか数文字に凝縮したもの。

その企業そのものを表す一言といっても過言ではありません

このコーポレートメッセージは、企業理念である「豊かさを担う責任」に込めた意図をわかりやすく示す言葉であり、伊藤忠商事の存在意義を広く社会に伝える言葉です。

変化する社会からの要請に応え、商いの先に広がる豊かさを提供し続けるため、そして更なる上位を目指すために、社会や社員と共有できる価値観、つまり、「伊藤忠らしさ」を表しています。

伊藤忠商事の強さ、それは卓越した「個人の力」にあります。

「野武士集団」とよく評されるように、豊かな個性を持った人の集まりであること、自由闊達な風土を持った組織であること、「個の力」が強いことを意識しました。

社員一人ひとりが、ビジネスの現場で、マーケットが求めている商品やサービスをお届けし、広く社会に豊かさを提供し続けること、また「商うこと」の先に広がる豊かさを提供していくことが、社会に存続を許され続けるためには不可欠です。

これらはまさに、創業者である伊藤忠兵衛をはじめとする近江商人の経営哲学である「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」と一致する持続的発展の道筋であり、当社が果たすべき「使命」です。

我々は日本を代表する総合商社としてこれからも常に「商人魂」を原点に据えながら、売り手にも、買い手にも、世間にも、より善い商いをめざし、社会に対しての責任「無数の使命」を果たして参ります。

企業理念

三方よし
伊藤忠グループは、創業者・伊藤忠兵衛の言葉から生まれた「三方よし」の精神を新しい企業理念に掲げます。

これは、1858年の創業以来、伊藤忠の創業の精神として現在まで受け継がれ、そして未来においても受け継いでいく心です。

「売り手よし」
「買い手よし」
「世間よし」

自社の利益だけでなく、取引先、株主、社員をはじめ周囲の様々なステークホルダーの期待と信頼に応え、その結果、社会課題の解決に貢献したいという願い。

「三方よし」は、世の中に善き循環を生み出し、持続可能な社会に貢献する伊藤忠の目指す商いの心です。

※「三方よし」は、「売り手よし」「買い手よし」に加えて、近江商人がその出先で地域の経済に貢献し、「世間よし」として経済活動が許されたことに起源があり、現代サステナビリティの源流ともいえるもの。初代伊藤忠兵衛の座右の銘「商売は菩薩の業、商売道の尊さは、売り買い何れをも益し、世の不足をうずめ、御仏の心にかなうもの」が、その起源とされている。
引用:伊藤忠商事_会社情報

伊藤忠の働き方改革

伊藤忠の働き方改革

続いては、伊藤忠ならではの働き方改革に向けた取り組みを紹介します。

伊藤忠では、

厳しくとも、働きがいのある会社

を目指しているようです。

朝型勤務

午後8時から午後10時までの勤務は原則禁止午後10時から翌日午前5時までの勤務は禁止となっています。

逆に午前5時~午前9時は深夜勤務と同じ割増手当が付くようにし、さらに午前8時までに出社した社員には軽食を無料で提供することで、夜型の働き方を朝型に切り替えることを促しています。

一連の施策の導入で、今では午後8時以降に残業をする社員はわずか5%。

午前8時より前に出勤し仕事を開始している社員は全体の半数近くになっているとのことです。

また、残業時間も導入前に比べて約10%強も減少しているようです。

110運動

朝型勤務によって残業時間が減少した分が飲み会にあたってしまっては、効率的で健康的な働き方ができないという考えのもと、飲み会についても改革がなされています。

具体的には、社内外に関わらず飲み会は「1次会のみ午後10時まで」を全社的な行動規範として徹底しています。

伊藤忠商事では、この運動のことを110運動と呼んでいます。

脱スーツ・デー

カジュアルな服装を社員に奨励する「脱スーツ・デー」というものが2017年6月から始まっています。

当初は金曜のみでしたが、現在は火曜~金曜に拡大されています。

百貨店のスタイリストに社員のトータルコーディネートを依頼、選んでもらった装い一式を会社負担で無償提供するプログラムや、新しいスタイルを体感してもらうプログラムも実施されています。

これは、お客様や周りの人との関係性を意識しながら、明日の服装をどうしようかと考えることで、柔軟な発想力を養い、斬新な仕事のアイデアを生み出しやすい職場環境をつくるという考えから生まれた取り組みです。

がんとの両立支援

社員ががんに怯えることなく、負けることなく、働き続けられる環境を作ることが社員の意欲や組織の活力を生むものと判断し、社員のがん予防・治療の強化にも取り組んでいます。

具体的な取り組みとしては、以下の4つが取り組まれています。
(1)国立がん研究センターとの提携によるがん検診の義務化
(2)高額な高度先進医療費の全額補助
(3)がんとの両立支援体制構築
(4)子女育英資金の拡大

職場の仲間がその社員を支え応援し、自分の居場所はここだと実感できる体制を作ること、そのような職場を作ることが大切だと考えられています。

日吉独身寮

神奈川県横浜市に会社から通勤30分の距離に約360名が入居できる男子独身寮が2018年3月に新設されています。

社員の健康に配慮した朝食・夕食を提供する食堂や、多目的集会室、研修室、サウナ付大浴場、ライブラリー、各階のコミュニケーションスペース(カフェ、バーコーナー、リラックスラウンジ、オープンテラス) などの共有設備に加え、カーシェアや近隣のフィットネスクラブも利用することができます。

年代や部署を超えた「タテ/ヨコ/ナナメ」のコミュニケーションを取りやすい環境を設けることで、寮を社員教育の場としても活用し、人的ネットワークの構築を図っています。

伊藤忠商事の評判・口コミ

伊藤忠商事の評判口コミ

伊藤忠商事の事業内容やコーポレートメッセージを紹介してきました。

ここからは、実際に伊藤忠商事で働いている人(働いていた人)の評判や口コミから、伊藤忠商事がどのような会社なのかということをみていきたいと思います。

掲載している評判・口コミは、2020年11月22日時点で収集したものです。

なお、良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

給与についての評判・口コミ

上場している日本企業の中では最高レベルの給与を頂けること。
毎年会社の業績に応じて多少の増減はあるものの、近年は安定的に利益を出しているので、収入は安定している。

30代_男性_現役社員_営業
満足感がある。
同年代と比較した場合女性であればかなりの額を頂けているとは思う。
休日出勤にも不満はない。
もう少し自身がスキルアップ出来て資格を取得出来れば昇給もあるのかもと期待はある。
残業代に及んでも不満はない。

40代_女性_元社員_営業
こちらから時給の交渉をしないと上がることはありません。
あと、はじまりの時給がわりと安めです。
各部署、はじまりの時給はほとんど一緒ですが、仕事量などは、部署によって全然違います。
はじめの一年はなかなか上がることはないので、それまでは仕事量が多くても我慢が必要です。

30代_女性_元派遣社員_事務

職種別平均年収

営業系
867万円

企画・事務・管理系
731万円

販売・サービス系
450万円

クリエイティブ系
700万円

IT系エンジニア
850万円

残業・休日休暇についての評判・口コミ

基本的には、土日と祝日の出勤がなく、しっかり休める。
自分は嘱託で在籍していたのは、2013年までなので岡藤社長の改変が行われる前であるが、現在の方が更にメリハリがあると現職の知り合いから聞いていますね。

30代_男性_元社員_営業
22時以降は強制的に消灯されるので、以前のように深夜まで残業することはありません。
また早めに帰社する場合でも自己裁量で早朝残業(朝食支給)をすることが可能で、他社に先駆けて様々な取り組みを行っています。

40代_女性_元社員_営業
メデイアなどでも取り上げられている通り有名ですが、残業は8時までしかできません。
それ以降残業する場合は申請が必要なのでよほどの事がない限り8時までしか残業はできないのです。
プライベートが充実できます。

40代_女性_元社員_事務
プレゼン資料や企画書は基本的に営業であれば80%以上の人達が自宅へ持ち帰っており週末出社もあります。
また商社ならではなのでしょうが、時差のある国との取引がある部署等は適応されていないのが現状です。
また早朝残業導入のため、朝食を用意されるグループ会社の方々が長時間労働になっていますがケアされていあいのが気になります。

40代_女性_元社員_営業
30代でも1,000万円の年収になる方がいるらしいが、土日の出勤がなくても、常に仕事のことを考えなければならないほど大変そうな時期もある。
また、海外出張の場合は、移動を伴うため、土日が潰れることもあるらしいです。

30代_男性_元社員_営業
こちらの会社はメデイアなどでも取り上げられてとても有名ですが残業が8時までしかできません。
それで仕事が終わらない場合は朝5時から朝食付きで会社に行く事ができます。
社員ですと、朝出勤すると給料でプラスに反映されるのですが、派遣社員はそのような事はなく、通常の残業代として反映されるので、あまり朝来る人はいません。

30代_女性_現役社員_事務

福利厚生についての評判・口コミ

福利厚生のクラブに自動的に入れるので、嘱託でもいろいろと割引を受けることが出来た。
特に、ディズニーの割引やホテルの宿泊割引は、嫁にとても好評でした。
後は、他社と同じで、定期健康診断やスタッフの健康管理を気にしてもらうくらいでした。

30代_男性_元社員_営業
伊藤忠商事が手掛けているブランド品を時折安く購入できることがあり、格安で購入できることが良い点としてあげられます。
正社員は様々な福利厚生が受けられるのでしょうが、私は契約ですので記載させて頂いた内容以外の福利厚生の恩恵を受けたことはありません。

50代_男性_現役社員_営業
自分は嘱託で年俸制度であったことから、寮や住宅手当等の恩恵を受けたわけではないですが、他の方たちがどこまで福利厚生の充実度を理解し、活用されていたかはわからないです。
ただ、こういった制度の充実していない会社で勤務してはじめて有り難さに気づくかと思います。

50代_男性_元社員_営業
会社内に診療所と歯医者があるのですが、どんなに急病でも派遣社員は行く事が出来ないです。
伊藤忠商事の子会社の派遣会社ですら通う事ができないので、こちらはなんとか有料でもいいので通えるようにしてもらいたいです。

30代_女性_元社員_事務

ワークライフバランスについて評判・口コミ

北陸支店でバイトをしている時から海外取引専属を任せられている。
そんなに商社だからと言って優秀すぎてスポーツ、語学などなんでも屋の職員は絶対に居ないし有りうるはずもない。
みんな、語学は疎く本部に数人しかいないエリート層しか海外取引を任せられない現実がある。

20代_男性_元社員_事務
やりがいの有無は本人次第ですが、アサインされる仕事はそれなりの重要性を持つものばかりです。
新卒入社後数年間はつまらないと感じることがあるかもしれませんが、なんといっても大手総合商社の仕事です。
小さな仕事でも取引先に影響与えるところは少なくありません。
そういう自覚をもって仕事をするとかなりのめりこめると思います。

30代_男性_元社員_企画
仕事を頑張るとプライベートの時間の確保は難しいし、プライベートをある程度知っていてもらわないと、休みなどもしにくいので、両立は不可能に近いんじゃないかと思う。仮に出来たとしても、その分仕事に多少影響が出るので、どちらかに重きを置かないと無理だと思う。

30代_女性_元社員_サービス
経営陣は一見自分が希望すれば何でもできるかのようなことを発言されているが、実際には部署のセクショナリズムが強く、最初に配属された部署に関連する商品やビジネスに半永久的に携わることになり、それを変更することは極めて難しい。
人事異動も部署の上司の恣意的な要素が強く、予測不可能。

30代_男性_現役社員_営業

会社の雰囲気についての評判・口コミ

新人であっても、社内の受け渡し業務のみならず、客先への営業同行など積極的に外部客先とのコミュニケーションをとらされる点。
実際の商談よりは、会食などの機会も多い。

40代_男性_元社員_事務
早ければ入社2年目から営業担当を任され、基本的に上司が同行するのはクライアントに紹介する1度のみ。
もちろん分からない事は質問すれば教えてもらえます。

30代_男性_元社員_事務
最近は夜間の残業がほとんどできない状態になっているので、昔と違ってじっくり業務の内容を振り返って考えることもできず、業務内容の理解度が少し落ちている感じがする。
先輩社員も同様にかつかつに業務で埋まっているので、ゆっくり話を聞く時間もないので、自分で考えて勉強するしかない。
すこしは残業できる時間を与えてあげたい。

40代_男性_元社員_事務

女性の働きやすさについての評判・口コミ

総合職採用であれば男性と同じ待遇で女性特有の休暇取得も可能。出産後の復帰もしやすい環境。

30代_男性_元社員_営業
女性の総合職も増え、海外駐在も含めて、営業、管理の各部門で女性はそれなりの活躍はしている。

40代_男性_元社員_営業
残業です。時差のある仕事が多いので、夜中の仕事にはつくことができませんでした。
体力勝負なので、出世は難しいです。

40代_女性_元社員_事務
事務職であっても平均以上の収入があるので、結婚や出産で退職する人が少なく、定年まで働くかたが多いので、特になし。

30代_男性_元社員_営業

評判・口コミまとめ

給与・福利厚生

  • 給与は日系企業の中でもトップクラス
  • 管理職になってからの昇進は能力主義
  • 福利厚生は、同業他社と同じくらい充実
  • 仕事のやりがい・成長

  • 若手のうちから裁量を与えられるため、仕事のやりがいを感じられる
  • チャレンジに対して寛容な文化で、主体的に動きやすい
  • 若手のうちから海外駐在の機会があり、若手の育成制度も充実
  • 人間関係・社員の雰囲気

  • 基本的には体育会系だが、最近はやや薄まってきているという声もある
  • カンパニー制なので、雰囲気は部署によって大きく異なる
  • 風通しは良く、営業部は基本的に個人ベース
  • その他

  • 働き方の改善に取り組んできており、かなり浸透している
  • 基本的に産休・育休も取りやすいなど、女性も働きやすい環境と言える
  • 伊藤忠商事への転職には転職エージェントを活用すべき4つの理由

    伊藤忠商事に転職エージェントを活用すべき4つの理由
    伊藤忠商事への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. 伊藤忠商事の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 伊藤忠商事の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、伊藤忠商事の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    伊藤忠商事での転職エージェント7つの活用術

    伊藤忠商事転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    伊藤忠商事への転職でおすすめ転職エージェント

    伊藤忠商事への転職でおすすめ転職エージェント
    伊藤忠商事への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • 伊藤忠商事の求人を所有する可能性が高いか
  • 伊藤忠商事の職場の状況に詳しいか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    トヨタ自動車に転職できる?失敗しない転職活動【評判・口コミあり】

    転職サイトのdodaから転職で人気の企業ランキングが発表されました。

    そこで今回は圧倒的人気を誇るトヨタ自動車について評判や転職方法について調べてます。

    転職を検討中の方は参考にしてください。

    ビジネスパーソン約5,000人に、「もし転職するなら、どの企業に転職したい?」というテーマで調査をしました。多くの人が「転職したい」と回答したのは、どんな企業なのでしょうか。2020年に支持を集めた人気企業上位300社のランキングを発表します。

    2020年の転職人気企業ランキングは、1位「トヨタ自動車」(前年2位)、2位「グーグル」(同1位)となり、前年と比べると1位と2位で順位が逆転しました。次いで3位に「ソニー」(同4位)、4位「楽天」(同3位)、5位「Apple Japan」(同10位)が続く結果となりました。

    人気企業ランキング

    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    トヨタ自動車はこんな会社

    トヨタ自動車株式会社は、日本の大手自動車メーカーである。

    通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。

    豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。

    トヨタグループ全体の2018年の世界販売台数は約1,059万台で3位、トヨタブランド単独では約886万台で世界第1位である。

    参照:Wikipedia

    基本情報

    トヨタ自動車トの基本情報
    まずは、トヨタ自動車の基本情報を紹介します。

    ※トヨタ自動車の公式ページや信頼できる機関の情報を参照しています。

    会社名

    トヨタ自動車株式会社

    事業所

    本社
    〒471-8571
    愛知県豊田市トヨタ町1番地

    東京本社
    〒112-8701
    東京都文京区後楽1丁目4-18

    創立

    1937年(昭和12年)8月28日

    資本金

    6,354億円

    従業員数

    74,132人(連結 359,542人)

    平均年齢

    39.6歳

    ※参照:Ullet

    平均年収

    865万円

    ※参照:Ullet

    勤続年数

    15.8年

    ※参照:Ullet

    代表者

    代表取締役社長
    豊田 章男

    事業内容

    自動車の生産・販売

    基本理念

    1.内外の法およびその精神を遵守し、オープンでフェアな企業活動を通じて、国際社会から信頼される企業市民をめざす
    2.各国、各地域の文化、慣習を尊重し、地域に根ざした企業活動を通じて、経済・社会の発展に貢献する
    3.クリーンで安全な商品の提供を使命とし、あらゆる企業活動を通じて、住みよい地球と豊かな社会づくりに取り組む
    4.様々な分野での最先端技術の研究と開発に努め、世界中のお客様のご要望にお応えする魅力あふれる商品・サービスを提供する
    5.労使相互信頼・責任を基本に、個人の創造力とチームワークの強みを最大限に高める企業風土をつくる
    6.グローバルで革新的な経営により、社会との調和ある成長をめざす
    7.開かれた取引関係を基本に、互いに研究と創造に努め、長期安定的な成長と共存共栄を実現する

    トヨタは、’92年1月「企業を取り巻く環境が大きく変化している時こそ、確固とした理念を持って進むべき道を見極めていくことが重要」との認識に立ち、「トヨタ基本理念」を策定いたしました。(’97年4月改定)

    トヨタグローバルビジョン

    笑顔のために。期待を超えて。
    人々を安全・安心に運び、心までも動かす。
    そして、世界中の生活を、社会を、豊かにしていく。
    それが、未来のモビリティ社会をリードする、私たちの想いです。
    一人ひとりが高い品質を造りこむこと。
    常に時代の一歩先のイノベーションを追い求めること。
    地球環境に寄り添う意識を持ち続けること。
    その先に、期待を常に超え、お客様そして地域の笑顔と幸せにつながるトヨタがあると信じています。
    「今よりもっとよい方法がある」その改善の精神とともに、トヨタを支えてくださる皆様の声に真摯に耳を傾け、常に自らを改革しながら、高い目標を実現していきます。

    トヨタ自動車の特徴

    トヨタ自動車の特徴

  • 大手自動車メーカーで、日本を代表するグローバル企業
  • 4輪車の販売台数では世界第2位(2016年度)
  • 世界170カ国で販売しており、生産拠点26カ国、開発拠点は9カ国に展開
  • 平均給与は800万円台~で、業界の中でも高水準の給与。福利厚生も充実している
  • 残業時間は平均的で、長時間労働の規制は厳しく、残業代もしっかりと支払われるホワイト企業
  • トヨタ自動車への転職のポイント

  • 事務系・技術系ともに、専門職ポジションでの採用がほとんど
  • 専門職は非公開求人も多く、転職エージェントを使って転職活動を進めよう
  • 事業内容

    1937年に愛知県で設立されたトヨタ自動車株式会社は、言わずと知れた日本の大手自動車メーカーで、四輪車の販売台数は2016年度では世界第2位です。

    トヨタグループの中核を占める会社で、2016年3月期連結売上高28.4兆円は日本国内首位、世界各地に拠点を有する日本を代表するグローバル企業といえます。

    事業計画

  • 「もっといいクルマづくり」のさらなる推進による競争力の強化
  • 完成車事業の枠にとどまらない領域にも種を蒔いていく
  • 上記2つを実現するための経営基盤・財政基盤の強化
  • また経営基盤強化の一環として、巨大企業の意思決定スピードを高めるために、組織を車両を軸にしたカンパニー制へ変更し、1つのカンパニーが「小さなトヨタ」として機能するよう推進しています。

    社員一人一人がチャレンジしやすい環境を整えることや、リーダー層にとってもこれまでの機能代表から、カンパニー責任者代表としてマネジメント能力を発揮できる場となることも狙いの1つです。

    海外での活躍

    トヨタ自動車は、現在170以上の国と地域でトヨタ車を販売しています。

    需要のある地域での生産現地化を進めており、生産拠点は世界に26カ国/地域51拠点を超えます。

    また研究・開発拠点の現地化にも取り組みデザイン拠点・R&D(研究開発)拠点も海外9か所に展開しています。

    トヨタはグローバルでの品質確保を重視していて、『「Made in 生産国」ではなく、「Made by TOYOTA」』を実現出来るよう世界各地の拠点でトヨタウェイの教育に力を入れています。

    トヨタ自動車の評判・口コミ

    トヨタ自動車の評判口コミ

    トヨタ自動車の実情を知るために、トヨタ自動車で従事した経験のある元社員や現在も従事している社員の口コミを見てみましょう。

    掲載している評判・口コミは、2020年11月1日時点で収集したものです。

    なお、良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    転職活動の参考にしていただければと思います。

    労働時間・勤務時間・残業・休日について

    有給はとりやすく、休暇には満足している。
    有給を取っても取らなくても何もフォローされないため自由に使える。

    20代_女性_現役社員_事務
    年休で連続休みを入れる事はほぼ出来ませんが、月1日は休みを取らさらます。
    その為、年休消化はしっかりしてると言えるでしょう。
    ただ会社のくだらない行事が月1日はあるので何とも言えません。

    20代_男性_現役社員_エンジニア
    残業手当に関しての決まった規則があり、社員の健康維持などが守られている点。なるべく残業にならないように徹底して、管理されている点。残業に見合った手当てが支給されている点。

    40代_男性_現役社員_販売
    3DVという、3日間連続で休みを取るよう推奨されている。
    しかし、3日連続ではなくバラバラととりたい人も居ると思う。

    20代_女性_現役社員_事務
    いわゆるホワイト企業というイメージは、技能員が働く工場などの現場にしかあてはらまらないと思う。
    大卒が働く部署では、深夜残業・土日出勤は当たり前。
    働き方を踏まえると、正直商社やマスコミに比べコスパは悪い。

    20代_男性_現役社員_営業
    サービス残業は若干あるが、他の会社よりもひどくはないと、許容orあきらめている。
    本当は、もう少し働けるのだが、36協定の上限を超えるにはハードルが高く、その面倒くささから、サービス残業を飲み込んでいる。

    40代_男性_現役社員_専門職

    年収・給与・ボーナスについて

    ほかの就業場所に比べて時給は高い。
    派遣社員もフレックスをさせてもらえるので自己都合で早く帰ったり融通の利くところがよい。

    20代_女性_現役社員_事務
    他の製造業と比較しても給料は高く、また、定年まで年収が下がることがないため、安心して努められる。
    その他、会社からの補助(年7万円程度)もあり、満足している。

    40代_男性_現役社員_専門職
    勤務態度が仕事内容によって、インセンティブやボーナスの変動があり、モチベーションをあげるきっかけになる点。
    毎年大きな変動はなく、安定したインセンティブ率になっている点。

    40代_男性_現役社員_販売
    年齢が上がれば給与があがると言われるがごく一部の職種ではほとんどあがることはない。
    また、アシスタント業務と言われるが、安い給与で責任のある仕事を任され見合っていない。

    20代_女性_現役社員_事務
    会社上司の見解の査定割合が多く、人によっては、かたよりがまだまだある点。
    年功序列の査定方式が暗黙の了解でなされている点。
    同じ仕事内容でも、肩書きによってインセンティブ率の高低がなんとなく決まっている点。

    40代_男性_現役社員_販売
    産休や病欠に関しても、暗黙の了解で、給与査定に関連していく点。
    長期勤務者に対しても、仕事内容や勤務態度によっての査定重視がなされて、勤務期間イコール昇給率にはなっていない点。

    40代_男性_現役社員_販売

    社内制度について

    社員交流のための制度として、交流の場を設けてくれている制度がある。
    他部所の人、異性との交流ができる良い機会だと思う。

    30代_女性_現役社員_事務
    新入社員から専門職、管理職と階層ごとに教育制度がととのっている。
    オフジェーティがけでなくオージェーティが教育の柱になっている。
    実際の職場の問題を解決することを教育で重視しており、教育を受けて終わりにしていない。

    40代_男性_現役社員_事務
    入社後、3ヶ月間は職場先輩が社会人として働くこと、トヨタ自動車で働くために何を考えて行動をすれば良いのかを教えてくれる制度があること。

    20代_女性_元社員_事務
    積極的に参加する人であれば、この制度はとても良いが、なかなか参加する勇気がないとこの制度の意味がなく、結局積極性が問われることになる。

    30代_女性_現役社員_事務
    時々、高圧的だったり、ものを知らないかたがいて相談したのに気にする観点が違う方がいて相談する気がなくなったことがあります。
    どこにでもあることだと思います。

    30代_女性_現役社員_事務
    配属先にもよるが、先輩や上司が忙しいところでは、無理やりにでもくらいついて質問していくような姿勢でいないと、一瞬にしておいてかれる。
    待ちの姿勢ではやっていけない。また、新しい分野では、仕事の進め方や組織体制が整備中であったりするため、上司や先輩が答えを持っているということは無く、自分でルールや仕事の進め方を作っていくぐらいの気持ちが必要。
    しっかりとモチベーションを高く持っていれば大丈夫。

    30代_男性_元社員_エンジニア

    トヨタ自動車への入社理由と入社後のギャップ

    入社理由

    日本の代表的な会社で車が好きだから

    入社後のギャップ

    直接的に車の生産に関われるかは分からなくて、実際自分の作ってるものがどこでどうなってるのかわからない

    20代_男性_元社員_エンジニア

    入社理由

    大企業だけあり仕事が見つけやすかった。

    入社後のギャップ

    もっとゆったり仕事していると思ったが上司になればなるほど働いていてびっくりした。

    20代_女性_元社員_事務

    入社理由

    賃金が高い創意工夫、専門技能を強く言っていたところ

    入社後のギャップ

    創意工夫では日頃から考えるのではなく業務上している「やらされ感」が強かったのでがっかりした。新しいことに挑戦よりも保守的な思考の会社だと思う。

    30代_男性_現役社員_運送

    トヨタ自動車への転職には転職エージェントを活用すべき4つの理由

    トヨタ自動車に転職エージェントを活用すべき4つの理由
    トヨタ自動車への転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    4つの理由

    1. トヨタ自動車の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる
    2. 登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. トヨタ自動車の職場状況(雰囲気や業務内容)を詳しく教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が分かれていることが多いです。

    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、トヨタ自動車の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。

    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。

    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。

    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。

    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。

    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社日調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    【2022年9月最新】人気ランキング

    • リクルートエージェント
      転職成功実績No.1!非公開求人数10万件以上は転職サイトの中で最大級。
    • ビズリーチ
      ハイクラス支持率No.1!年収600万円以上の高年収求人数を多数保有する転職サイト。
    • マイナビエージェント
      20代の転職者満足度No.1!マイナビエージェントが独占で保有している求人もあり。

    転職エージェント7つの活用術

    トヨタ自動車の転職エージェント7つの活用術
    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントの変更
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当を変更してもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。
    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。
    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。

    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。

    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定が出たら他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。

    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、「転職によって年収をあげたい」「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    トヨタ自動車への転職でおすすめ転職エージェント

    トヨタ自動車への転職でおすすめ転職エージェント
    トヨタ自動車への転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    3つの条件で厳選

  • トヨタ自動車の求人を所有する可能性が高いか
  • トヨタ自動車以外の求人も提案できるか
  • 転職サポート実績が豊富か
  • おすすめ転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は1分程度、完全無料で利用できます)

    ※現在は、転職エージェントとの面談(求人紹介含む)や転職候補先との面接も、対面ではなく、電話/メール/webツール等(オンライン)で対応してくれます。

    そのため、効率的かつ気軽に転職活動を進めることも可能です。

    リクルートエージェント

    基本情報

    公開求人数:107,812件
    非公開求人数:145,206件
    年間登録者数:45万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人数10万件以上
  • 大手企業や人気企業とパイプがある
  • 満足度97%の面接力向上セミナー
  • 転職成功実績No.1

    圧倒的な求人数を保有しているのは、人材業界最大手のリクルートが提供するサービスならでは!

    求人数だけでなく企業への交渉力にも定評があり、転職成功実績No.1。

    リクルートエージェントに登録しておけばリクナビNEXTも併せて利用することができるため、自分のペースで求人を探しつつ、エージェントからの求人を紹介してもらったり、履歴書・職務経歴書の添削、企業別の面接対策を受けることで、効率的に転職活動を進めることができる。

    好条件な求人が多い非公開求人も10万件以上と業界最大級

    幅広い業種、職種の求人を取り扱っており、なかなか自分の希望を満たす求人が見つからないという人でも、希望条件を実現できる好条件求人を紹介してもらえる可能性が高い。

    『年収600万円以上』や『3ヶ月分の賞与支給』などの好条件求人や『人気企業』や『大手優良企業』の求人が多いとされている非公開求人の保有数は10万件以上!

    面接通過率を17%以上もUPさせる面接向上セミナーも人気

    リクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを定期的に実施しており、受講者の面接通過率を17%以上もUPさせている実績がある。

    また、セミナー受講者の満足度は97%*と好評のため、面接に苦手意識や不安がある人でも安心して転職活動を進めることができる。

    *2018年セミナー満足度調査

    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    ビズリーチ

    基本情報

    公開求人数:127,296件
    非公開求人数:62,000件
    年間登録者数:115万人
    得意な年代:20〜50代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    ビズリーチの特徴
  • 高年収、ハイキャリア層に強い
  • 年収600万円以上の求人が多数
  • 企業やコンサルタントから直接スカウト
  • 女性向けエグゼクティブ求人も多数
  • 自分でコンサルタントを選ぶことができる

    ビズリーチなら、転職サポートしてもらうコンサルタントを自分で選ぶことができる

    なお、コンサルタントはビズリーチ独自の厳しい審査基準を満たさないとコンサルタント登録することができない仕組みとなっている。

    また、登録した後も四半期ごとに審査があり、紹介実績や利用者からのアンケートなどによってS~Dまでランク分けがされている。

    求職者は、コンサルタント一覧から事前に担当コンサルタントを指名することができるので、コンサルタントとのミスマッチを防ぐことができる。

    企業やコンサルタントから直接スカウトが届く

    ビズリーチに登録しておけば、企業やエージェントから直接スカウトが届くため、自分の市場価値やどんな企業の求人があるのか知ることができる。

    受け取るスカウトに関しては、希望する条件とのマッチ度やコンサルタントのランクによっても絞り込むことができるため効率的にスカウトを確認可能。

    また、特定の企業を除外したり、相性が良くないと感じたコンサルタントからのスカウトをブロックすることもできるため、しつこくメールが届くことも防げる。

    スカウトをもらえる数が大幅に変わるため、必ず簡易職歴書(全27問)まで記載することが重要

    保有している求人のほとんどが年収600万円以上

    ビズリーチの取り扱っている求人のほとんどが年収600万円以上の高年収求人となっている。

    高年収求人の中には2,000万円以上の求人や役職者向けの求人もあるため、年収アップしたい人だけでなく、年収を維持させたい人も登録必須

    また、他の転職エージェントに比べて、管理職や外資系企業の求人も多数保有しているため、情報収集としても活用できる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    マイナビエージェント

    基本情報

    公開求人数:23,708件
    非公開求人数:16,454件
    年間登録者数:6万人
    得意な年代:20〜30代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    マイナビエージェントの特徴
  • 転職のサポート期間が無期限
  • 若手層の未経験職への転職に強い
  • マイナビ独占求人も多数あり
  • 日程調整や条件交渉も代行
  • 職種に特化したエージェントが転職をサポート

    マイナビエージェントでは、業界や職種によって担当するエージェントが分けられており、転職を考えている業界や職種に合わせたキャリア相談が可能。

    そのため、各業界や職種の専門知識や転職動向などを加味したアドバイスをしてくれるため、転職したらどうなるか具体的にイメージがしやすい

    特に転職活動が初めての20代や第二新卒からの人気が高い。

    転職前に職場の雰囲気や業務内容を詳しく分かる

    就活や転職サービス事業を幅広く行なっているマイナビグループだからこそ、全国の大手企業や人気ベンチャー企業などと信頼を築いてる。

    また、エージェントは各企業に直接訪問し、人事や事業部長、現場の社員から職場の状況をヒアリングしているため、転職する前に職場の雰囲気・具体的な業務内容、人事評価制度、事業の成長性を詳しく知ることができる。

    そのため、転職した後のミスマッチも少ない。

    面接の日程調整や退社手続きも手伝ってくれる

    マイナビエージェントの転職サポートは、初めて転職する人にも丁寧で親切との定評がある。

    具体的には、面接の日程調整や円満退社するためのアドバイスや準備しておくべき書類などを教えてくれる。

    また、転職した後も定期的に連絡をして、転職する前のイメージとズレていないか、人間関係で悩んでいることはないか、残業や休日などに不満はないか、などといったことの相談に乗ってくれる。

    不安なことや不満があるけど、直接企業に聞きにくいという場合には、エージェントが代わりに企業に伝えてくれることも。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    doda

    基本情報

    公開求人数:74,837件
    非公開求人数:36,469件
    年間登録者数:非公開(累計576万人)
    得意な年代:30〜40代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    dodaの特徴
  • 転職者満足度NO.1
  • 求人サイトとエージェントの機能
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 退職の手続きも代行してくれる
  • 年収診断や適職タイプ診断も人気
  • dodaだけで紹介してもらえる求人が約9割

    10万件以上の求人を保有しているが、そのうち約9割がdodaでしか見ることができない独占求人や一般には公開されていない非公開求人となっている。

    独占求人の中には、高待遇ポジション求人や新規事業の立ち上げなど、転職者から人気の高い求人も多数。

    リモートワーク可能な企業、副業を推奨している企業など、こだわりの希望条件がある人にもおすすめ。

    求人サイトとエージェント機能の両方を併せ持つ

    dodaでは、自分で希望条件で求人を検索することもできるし、エージェントに希望条件を伝えて求人を紹介してもらうことの両方の利用方法ができる。

    doda独占求人や非公開求人はエージェントからしか紹介を受けることができないため、エージェントの利用がおすすめですが、まずは求人だけ見てみたいという人は自分で検索することも可能。

    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、そのタイミングで求人をチェックしてみると思いがけない求人と巡り会えることも。

    年収診断や適職タイプ診断などのコンテンツも人気

    年齢や職歴などを入力することで適切な年収を診断することができる年収診断、約60問の診断項目に回答することで自分に適した仕事が分かる適職タイプ診断など、転職先を検討する際に役立つコンテンツが充実している。

    なんとなく今のまま仕事を続けるのは不安だけど、具体的にやりたい仕事があるわけでもないと悩んでいる人は、dodaのコンテンツを通じて転職活動をする軸を考えてみることがおすすめ。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します


    DYM就職

    基本情報

    公開求人数:59件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:16万人
    得意な年代:20代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    DYM就職の特徴
  • 既卒・フリーターの転職に強い
  • 5,000社以上の企業とパイプあり
  • 平日22時まで、土日も面談可能
  • オンライン面談OK
  • 既卒・フリーターの就職に豊富な実績

    既卒やフリーターから正社員への転職で豊富な実績がある。

    5,000社を超える企業の経営者層から直接得た、まだ市場には出回っていない独自の求人も多数保有しているため、未経験から活躍できる求人と出合える

    書類選考なしですぐ面接も可能

    DYM就職では、書類選考なしですぐ面接を受けることができる企業の紹介も行なっている。

    また、エージェントが服装指導から面接対策までサポートしてくれるので安心。

    最短1週間でのスピード入社した実績もあるため、いち早く正社員へ転職したいという人は登録必須。

    公式ページはこちら
    約1分で登録できます

    リクナビNEXT

    基本情報

    公開求人数:47,972件
    非公開求人数:非公開
    年間登録者数:非公開(累計1,000万人以上)
    得意な年代:20〜60代
    対応エリア:全国

    求人数_2021年3月6日時点を参照
    登録者数_公式ページ、プレスリリースを参照

    リクナビNEXTの特徴
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録でスカウトが届く
  • 自己分析できるグッドポイント診断
  • 毎週約2,000件の求人が追加

    業界最大級の掲載求人数を誇り、毎週約2,000件の新着求人が追加される。

    また、掲載求人のうち85%がリクナビNEXTにしか掲載していない求人なので、他の転職サイトでは希望条件通りの求人が見つからなかった人でも、理想の求人が見つかる可能性が高い。

    エージェント機能はないため、非公開求人や面接対策などのサポートを受けることができないため、他の転職エージェントと併用して利用するのがおすすめ。

    気軽に情報収集ができる

    自分のペースで気軽に求人を検索したり、応募したりできる。

    職務経歴を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くこともあるため、どんな企業があなたに興味を持っているか把握することもできる。

    公式ページで無料登録しておく
    約1分で完了します

    トヨタの募集要項

    トヨタの求人情報

    トヨタは、エンジニア、製造、営業、経理、広報など5職種以上で人材を募集しています。

    そこで、トヨタの募集要項と職種の一部を紹介します。

    ※ここで記載している職種は、こちらのページで紹介している転職エージェントで紹介してもらえる可能性が高いものです。

    応募要領
    雇用形態
    正社員(期間の定め無し、時間外労働有)

    給与
    経験、能力等を考慮し、当社規定により支給。
    学士:月給20万8,000円以上
    修士:月給23万円以上
    博士:月給26万4,000円以上

    諸手当
    超過勤務手当、通勤補助など
    賞与。昇給
    昇給年1回、賞与年2回

    勤務地・交通
    本社(愛知県豊田市)、名古屋オフィス(愛知県名古屋市)、東富士研究所(静岡県裾野市)、東京本社(東京都文京区)、大手町ビル(東京都千代田区)、池袋ビル(東京都豊島区東池袋)、九段ビル(東京都千代田区九段南)、各工場など、国内・海外の各研究開発・生産拠点。

    ※将来的に転勤の可能性があり。
    ※職種により初期配属先が異なりますので、各職種の応募内容を確認。
    勤務時間
    8:00~17:00、8:30~17:30、8:45~17:45(休憩1時間)

    ※部署により異なる
    ※部署によりフレックスタイム制あり
    休日
    土日、この他に会社カレンダーで指定する休日

    福利厚生
    施設/寮・社宅、スポーツ施設、保養所など
    制度/選択型福利厚生制度・従業員持株会制度・財形貯蓄制度など

    保険
    雇用保険、健康保険、厚生年金、労災保険

    トヨタの職種紹介

    次は、トヨタの職種を一部紹介します。

    紹介している職種に関しては、トヨタの採用ページの情報を参照しています。

    IT・情報システム

    ITは未来のモビリティ社会の中心でありインフラでもある、欠かせない存在。

    情報システム分野では、事業環境の急速な変化に対応し、オールトヨタのビジネス革新を支えていきます。

    事務系社員と技術系社員が1つの部署で協働して業務にあたっています。

    IT革新推進室

    MaaS、自動運転等のクルマの新たな付加価値の開発では、競合相手は自動車業界以外の他業種にまで広がってきており、特にIT大手は、最新のIT技術を活用し、開発プロセスの変革・加速化を猛烈な勢いで実施しています。

    トヨタ自動車においても最新IT技術を活用した変革は必須であり、それを支えるITインフラ・アプリケーション(ITプラットフォーム)の構築はますます重要になっています。
    (例 ワイヤレスでクルマのソフトウェアや機能をアップデートしたり、走行中データをリアルタイムで収集・分析する仕組み(OTA)の企画、開発など

    IT革新推進室では、自動運転・コネクティッド化を支えるITプラットフォームの企画から開発・構築・展開、モビリティ社会を支える基盤へとITプラットフォームを進化させるための事業戦略の企画・実行を担っています。

    情報セキュリティ推進室

    繋がる技術やモビリティサービスの進展でクルマを取り巻く環境は大きく変わっています。

    IoT 時代になり、あらゆるものが繋がった世界では、全てのモノやサービスがサイバー攻撃の標的になりえます。

    またコネクティッドカーに代表されるIoT機器から収集されるビッグデータはお客様の個人情報が含まれることから、その管理が非常に重要であるとともに、企業にとっても貴重な財産になりつつあります。お客様に安心、安全なクルマやモビリティサービスを提供するためにはサイバーセキュリティや情報管理の位置づけはますます重要になってきています。

    情報セキュリティ推進室が担うサイバーセキュリティ対策や情報管理は、クルマやモビリティに関わる業務や世界の脅威情報、法規制、暗号化技術、IT技術、車両電子制御技術など幅広い知識や技術が必要とされる仕事です。

    IT・情報システムの応募要領
    業務の詳細
    自動運転・コネクティッド化を支えるITプラットフォームの企画から開発,構築,展開として、

  • IoT、車載データ(制御、画像・センサ等)に関する、大量データの収集・蓄積・活用のインフラ構築
  • 大量データの活用アプリケーション(シミュレーション、機械学習等のAI)
  • 上記ITインフラ・アプリケーションのグローバル連携、展開など
  • Woven Cityの実現に向けたITプラットフォームの企画、開発、構築として、

  • まちのデータ(人流、物流、バイタル等)の収集、分析のインフラ構築
  • エッジコンピューティング、デジタルツイン、ブロックチェーン等の新技術を織り込んだシステムプラットフォームの企画、構築
  • 他システムプラットフォームとの連携
  • クルマのデジタル開発の実現に向け、MBD/MBSEを活用したプロセス、それらを支えるIT基盤の企画、開発

    応募資格
    《学位》

  • 学士卒以上もしくは同等の経験
  • 第2新卒可
  • 文系大学出身者可
  • 《MUST》
    最新ITを活用しながら、コネクティッドシティの実現、新しい時代のクルマづくり、クルマの付加価値を実現したいという方、多様な考え・アイデア、技術を持った方。

    【下記に関するご経験のいずれかを有している方】

  • 事業戦略の企画・実施(企画・マーケティング)
  • ビッグデータおよびAI関連のインフラ構築、アプリケーション開発、適用支援
  • スマートシティのサービスアプリ開発、ITプラットフォーム開発
  • 制御システム開発/車両電子プラットフォーム開発
  • 製品の開発・製造から市場オペレーションに係るIoTプラットフォーム、サービス開発
  • シミュレーション技術(CAE, 1D等)、XiLSの活用に向けた、企画、推進
  • PLM企画推進
  • 上記に関連した、グローバルシステム(データ連携等)の構築や複数・海外のベンダー・技術を活用したシステム構築
  • 《WANT》

  • プロジェクトリーダの経験
  • 英語(海外とメール及びTV会議等でコミュニケーションできるレベル)
  • 国内営業

    高齢化・人口減等の課題が山積みの国内市場は、まさに100年に一度の大変革期。でも私たちは、100年に一度のチャンスだと考えます。”課題先進国”だからこそ、どこよりも早く従来のビジネスモデルから脱却し、販売店とともに、新しい未来を創造する。モビリティサービスカンパニーへの進化は、”トヨタの母国・日本”から実現します。

    国内営業は、以下の部署で構成されているそうです。

    国内販売部、国内業務部、ブランドコミュニケーション部

  • 商品企画
  • 販売計画の立案・実行
  • 広告・マーケティング戦略・企画立案
  • 短期事業計画立案
  • バリューチェーン事業部

  • 用品、U-Car、金融商品(「KINTO」)等、バリューチェーンの総合戦略・個別サービス企画
  • モビリティサービス事業部

  • シェアリング等、新たなモビリティサービスの企画
  • レンタカー・リース事業の企画
  • デジタル基盤開発部

  • デジタルツールを活用した販売店の働き方改革
  • デジタルを活用したマーケティング戦略企画
  • 国内営業部

  • 販売店とフェイシングし、各社毎・地域毎の課題に向き合い、サポート
  • 国内流通政策の企画
  • 販売店経営管理
  • 新商品・ビジネス企画推進の応募要領
    業務の詳細
  • データビジネスを推進する為の事業エリアの特定・事業化企画
  • 商品化に向けたマーケティング、顧客ニーズに基づくデータ分析、商品企画
  • データソリューションのクライアント発掘、営業、販売(国内中心)
  • その他商品化に向けた開発(データプラットフォーム、分析システム、API)
  • 海外子会社によるデータビジネス推進支援
  • *データソリューション企画・開発・販売を行うためのプラットフォーム構築は、基本的には自部署で企画・推進します。
    社内のシステム開発部署や車両開発関連部署とは連携して業務を推進します。

    応募資格
    《学位》

  • 学士卒以上
  • 第2新卒歓迎
  • 《MUST》
    【下記に関するご経験のいずれかを有している方】

  • 新規事業の企画、立ち上げ、現場運営、収益化までの一連プロセスの実務・マネジメント経験
  • 新商品企画・導入経験
  • 立場やバックグラウンドの異なる方々とも良好な関係を築けるコミュニケーション能力
  • IoT
  • パブリッククラウド
  • 分散コンピューティング
  • M2M
  • インフラ(ネットワーク、サーバ)
  • サーバレス
  • プロジェクトマネジメント経験
  • 《WANT》

  • 英語力(TOEIC800点以上)
  • パブリッククラウドとは・・・
    パブリッククラウドとは、企業や個人など不特定多数のユーザに対し、インターネットを通じて、サーバやストレージ、データベース、ソフトウェアなどのクラウドコンピューティング環境を提供するサービスのこと。

    M2Mとは・・・
    Machine to Machine(マシーン・ツー・マシーン)の省略形で、人が介在することなく、機械同士が相互に情報をやりとりすること。

    M2Mでは機械同士の情報のやりとりを指しており、その先にある情報をインターネットやクラウドに送るところまでの機能は持っていない。

    アフターサービス/品質保証

    全世界で約1億台のトヨタのクルマにお乗りのお客様がいます。そのお客様の声を聞き、「もっといい品質のクルマ」、「もっといいアフターサービス」、「もっといい補修部品供給」の実現を通じて、全てのお客様に笑顔になって頂く事を目指します。

    アフターサービス/品質保証は、以下の業務領域で構成されているそうです。

    基監査改良領域(技術職)

    お客様に対して「製品」と「サービス」の品質を保証する為に、全社の責任・役割分担を明確化し、その業務が正しく行われているかを監査し、改良を促します

  • 車両開発の各ステップで、不具合の発生防止
  • 開発材料の品質チェックや、新規部品/工程を改善し、立ち上がり品質を確保
  • クルマの品質管理標準の制定・改定
  • アフターサービス領域(主に技術職)

    市場の窓口として、正確かつ親切なアフターサービス体制の支援や、品質問題の社内への速やかなフィードバックにより、もっと良いクルマづくりに貢献します

  • 販売店/海外代理店へのサービス活動支援、市場品質、技術問題への対応
  • 修理技術開発と人材育成
  • 市場品質問題を早期に発見し、素早く対策・解決するための渉外業務
  • 部品・用品領域(技術職・事務職)

    国内外の補修部品/用品の企画から販売までを担います。

  • 補修部品/用品の企画・開発・品質管理・保証、販売・供給体制確立
  • 補修部品/用品販売事業支援
  • 品質保証の応募要領
    業務の詳細
  • グローバルトヨタ品質改善施策の企画・展開
  • 開発車両・材料の品質監査、法規適合の監査
  • 市場のお客様評価結果(J.Dパワー社の初期品質調査等)の分析・次期開発車両への対策推進
  • メーカー保証条件の企画・展開
  • 応募資格
    《学位》

  • 高専卒以上もしくは同等の経験
  • 第2新卒歓迎
  • 《MUST》

  • メーカーでの設計・開発・品質保証・品質管理の業務経験
  • 自動運転を始め多種多様な制御システム開発経験
  • 関係部署、仕入先と共に品質改善を行うリーダーシップ(組織牽引力)
  • 《WANT》

  • クルマの構造、仕組みに関する基礎知識
  • ディープラーニング等AI手法を活かした業務経験
  • 英語(TOEIC 600点以上)
  • トヨタに転職するまでの流れ

    トヨタに転職するまでの流れ
    トヨタに転職するための流れを説明しておきます。

    転職するまでの基本的な流れとしては、「転職サイト(エージェント)に登録」→「応募」→「書類選考」→「面接」→「内定」→「入社」になります。

    ★転職サイトに登録
    当サイトで紹介している転職サイトから自分に合うものを選びましょう。

    転職に成功している人は平均2.3社ほどのサイトに登録しています。

    ★応募
    転職エージェントに希望する条件を伝え、楽天の求人を紹介してもらってください。

    求人を紹介してもらう際に、どんな経歴の人が働いているのか、どんな雰囲気の部署なのかなど、求人票ではわからない情報もエージェントから聞いておきましょう。

    ★書類選考
    これまでの経験、保有している知識・スキルが応募職種にマッチングするかを重視して選考されます。

    書類選考後、1~2週間以内には書類選考結果をエージェントから伝えてもらえます。


    ★適性検査+1次面接
    トヨタの場合、書類選考を合格した後、個別の面接に加えて、適性検査があります。
    適性検査は、通常、面接日3日前までにWEB上で受験することが必要。

    ※結果は、合否に関わらず、通常1週間以内にメールにて連絡がもらえます。


    ★最終面接
    トヨタの場合は、2回の面接で選考が終わるケースが多く、一次面接のあとは最終面接となるみたいです。
    ここでは、トヨタで働く上で適性かどうかを知るというよりは、条件面での折り合いがつくかどうかも重要となります。
    そのため、年収や休日、役職などの希望条件がある場合には、転職エージェントに相談しつつ、場合によっては条件交渉をエージェントに代行してもらいましょう。

    ★内定
    内定となった場合には、通常1週間以内に内定通知書が提示されます。

    ★入社
    入社日については、内定通知後3ヶ月程度で入社するのが一般的ですが、内定者の事情に合わせて入社日を調整することも可能。

    エージェントが入社日の調整等は代行してくれます。

    ・応募から内定までは1〜3週間ほど、入社までは1〜3ヶ月以内が平均的。
    ・土日や夜間の面接も調整してもらえることがあります。

    若者に人気のミーダスってなに?メリデメから効率の良い使い方まで解説

    最近、CMやFacebookで見かけることの多いMIIDAS。

    どうやら自分の市場価値や適正年収が分かるらしい…

    また、転職先も紹介してくれるという一石二鳥の転職支援サービスです。

    でも正直、信用できない…と思われているそんな方のために、今回は、MIIDASを使うメリットやデメリット、評判や口コミをまとめてみました。

    なぜ若者に人気なのか気になる人は読んでみてください。

    MIIDASとは

    「MIIDAS」は、ミーダスと読みます。

    2015年にスタートした、株式会社インテリジェンスが運営する転職サービスの事で、まさに「転職希望者の価値を見出す」ことをコンセプトにしています。

    従来の転職サイトは、転職希望者が沢山の求人情報の中から希望する企業を探し出して応募していました。

    しかし、MIIDASでは、登録されたデータに基づいて、転職希望者の希望やスキルにマッチした企業情報のみが表示されます。

    …ということは、求人情報の検索に膨大な時間を割く必要がなくなるので、転職先探しが効率的になります。

    また、転職希望者のスキルや経験を必要だと思った企業側からオファーが送られてきます。

    せっかく面接に出向いたのに、スキル不足などのミスマッチが減らせそうですね。

    ちなみにMIIDASには、5500社以上の求人情報が掲載されています。

    転職サイトに記載する内容は、運営会社がヒアリングして代行している場合もありますが、MIIDASの場合は募集を掛けている企業の採用担当者が直接、内容編集を行っているので、よりリアルな「求める人物像」情報が掲載されやすいという特徴もあります。

    従来の転職サイトとは全く異なった方向性を取ることで、転職活動を効率よく、しかもミスマッチを少なくする効果が期待できそうなサービスです。

    MIIDAS(ミーダス)を使う5つのメリット

    MIIDAS(ミーダス)を使う5つのメリット

    続いて、MIIDAS(ミーダス)を使うメリットについて解説していきます。

    主なメリットとしては、以下の5つのメリットはあります。

    1.履歴書・職務経歴書の作成をしなくてもいい

    MIIDASに登録する際に、一問一答形式の設問があります。

    それを選択していくだけで、採用担当者が聞きたい内容を網羅できる仕組みになっています。

    つまり、がっつり文字入力の必要がほぼないのです。

    転職サイトに登録する際って、自分の情報を入力していくのに時間を取られがちです。

    しかし、MIIDASではものの数分で登録が完了した上に、「選考条件にマッチした企業数」と「想定オファー年収」を知ることができます。

    2.職種ごとの詳しいデータを見ることができる

    同じ職種の仕事をしていても給料って会社や業界によって異なってきますよね。

    自分の職種の平均年収って、いくらなのか?気になりませんか?

    年収は転職する上で大きな要素の一つです。

    MIIDASでは、職種ごとの詳しいデータを参照することができます。

    今の年収が安すぎるのならば、転職先を探す際に平均年収までは狙えるという指標にもなります。

    もし他の業種や職種での転職を考える場合も、事前に年収相場を知ることで、本当に異業種や未経験職種に転職しても年収ダウンしないか?(しても納得できる金額か?)ということがあらかじめ知った上でトライすることができます。

    3.転職の実績データも見ることができる

    転職活動をする上で、「どんな人がこの職種の仕事で内定を貰うことができたのだろうか?」と考えたことはありませんか?

    自分と比べてハイスペックな人ばかりが採用されているのならば、その職種には応募しても採用される見込みは少ないでしょう。

    でも、自分と似たようなスキルや経験、年齢の人が採用されていると分かったら、内定を勝ち取るために前向きになれそうです。

    MIIDASでは、

    • 年代
    • 性別
    • 居住地域
    • 学歴
    • 在籍した企業の規模

    などを設定することにより、希望する職種に転職できた人の共通点を知ることができます。

    また、自分と同じような経験、条件の転職者が、「どんな条件で転職して、平均年収はいくらくらい、将来の年収アップはどれくらい」といった情報も具体的な数値として知ることができます。

    検索結果は、インテリジェンスが保有する200万人以上の年収データなどに基づいた数字です。

    4.自分の市場価値診断ができる

    MIIDASでは、登録された情報やスキルや経験から「選考条件にマッチしている求人数」や「見込み年収」が目安として算出されます。

    選考条件にマッチしている求人数の月間推移数を知ることができるので、求人数が増えたタイミングで転職活動をすると内定の可能性が広がりそうですね。

    転職を成功させる最も重要なポイントは、「自分の市場価値」を正しく認識することです。

    自分自身のスキルや経験の価値を知ること。そしてその力を求めているのはどんな会社か?をしっかり知ってから活動しましょう。

    5.「面接確約」のオファーメールが届く

    企業からオファーメールが届く求人サイトって、結構あると思います。

    でも、実際応募しても面接に進めないことってありませんか?

    MIIDASの場合は、違います。
    オファーメールが届くということは、すでに書類選考を通過しているという事です。

    MIIDASの場合、企業が本当に「欲しい!」と思った転職希望者にしかオファーメールが出せない仕組みになっています。

    つまり、「オファーメールが届いた時点で、面接に進めることは確定している」というメリットがあります。

    しかも、約60%の登録者が「登録直後にオファーを受信している」という実績があります。

    オファーには応募期限がないのでじっくり考えて応じることができるのもメリットです。

    MIIDAS(ミーダス)の2つのデメリット

    MIIDAS(ミーダス)の2つのデメリット

    続いて、MIIDAS(ミーダス)を使うデメリットについて解説していきます。

    主なメリットとしては、以下の2つのデメリットはあります。

    1.人によってはマッチする求人数が少なくなる

    MIIDASの性質上、登録した内容で表示される求人がフィルタリングされてしまいます。

    したがって、登録した学歴や経験、スキルなどによっては、表示される求人数が少なくなってしまうケースも生じます。

    2.転職希望者から直接応募することができない

    MIIDASは、人材を探している企業発信で採用活動が始まるシステムです。

    ゆえに受けたいと思っても、転職希望者側から応募することができません。

    しかし、まだ大丈夫。

    MIIDASには「アピール機能」という仕組みがあり、それを利用して企業への応募を熱望していることを伝えることができます。

    MIIDAS(ミーダス)を使うべき人

    MIIDAS(ミーダス)を使うべき人

    若者の人気の転職サービスであるMIIDASのメリット・デメリットをまとめてみました。

    同業、異業種問わず、視野を広く持って転職を成功させるツールの1つに加えたい機能があることがお分かりになったかと思います。

    以下の人には、特にMIIDASを使うべきだと思います。

    • 転職したいが、なかなか時間が確保できない人
    • 応募してもミスマッチが続いている人
    • 自分の市場価値を知りたい人
    • 希望職種での転職成功者の傾向を知りたい人

    MIIDASは、登録料も利用料も無料のサービスです。

    気軽に転職活動が始められるのでぜひ利用して、市場価値や適正年収を調べてみてください。

    市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

    MIIDAS(ミーダス)の評判と口コミ

    MIIDAS(ミーダス)の評判と口コミ

    はじめは「自分の市場価値が分かる」というキャッチコピーにつられて「おもしろそう、やってみよう!」と軽い気持ちで登録したんです。
    質問に答えていくことで、年収の数字がどんどん変わっていくのが面白かったですね。
    こういう自分の市場価値を診断したりキャリアの査定をしてくれるサービスはほかにも利用したことがありました。
    でも、MIIDASはそのなかでもちゃんとしているというか、信用性が高い気がします。
    自分で条件を絞って求人を探すのが面倒な僕のような人には、こういう形で自分に合う求人を自動的にピックアップしてくれるサービスはありがたいですね。

    30代 男性 営業職
    私はこれまでに3回転職しています。ほかの転職サイトも何個か掛け持ちして使っていました。
    その時に思ったのは、転職サイトに登録する時は項目の入力がとにかくたくさんあって面倒だな・・・ということです。
    MIIDASは最初の画面で性別と生年月日、最終学歴を入れるとフィット年収が○○○万円と出ます。
    私は転職歴があったので、次に転職回数を入れたところ、このフィット年収が少し下がりました。
    フィット年収の上下は業種に左右されることが多いような気がしました。色々な質問に答えていくことで、自分の最終的なフィット年収や条件に合う求人が分かります。
    結局は自分の経歴を質問に沿って答えていくことにはなるのですが、ほかの転職サイトのような事務的な登録方法ではないので、面倒に感じることなく進めることができました。

    20代 男性 企画職
    私は大手の電子機器メーカーで働いています。
    企業の不祥事が重なり、自分のキャリアを汚したくなかったので、早めに動いてみようとこちらの利用を始めました。
    私の周りには早めに転職を考えている人も多いようで、職場で堂々と転職サイトを開くツワモノの姿もチラホラ・・・。
    ま、私もその一人なんですけど。
    MIIDASはスマホで気軽に使えるのが便利です。
    自分で求人を探さなくても面接のオファーや求人が勝手に集まってくるのが嬉しいです。
    スマホで気になった求人を見つけたら、家に帰ってからPCで詳細をじっくり見るという使い方をしています。

    20代 男性 エンジニア
    MIIDASに登録して自分の適正年収を調べてみると、今の年収よりも40万円も高くでてびっくりしました。
    私は東北に住んでいるので、おそらく地方ということもあり都市部との年収差はあるはずです。
    地域性も考慮して年収が割り出されるのか、疑問に感じました。
    面白いなと思ったのは、面接確約オファーというシステムです。
    転職活動をしていると、そのときに行っている仕事が忙しかったりするとズルズルと先延ばしになってしまうこともあるのですが、面接確約となると「必ず行かなくては!」という気持ちになります。

    20代 女性 営業職
    先日までMIIDASを利用していましたが、いろいろと思うことがあり退会しました。
    自分の市場価値が分かるとのことで利用を始めて、年収が高く出たので、企業からのオファーが増えると思っていたんです。
    実際にいくつかの企業からのオファーはあったのですが、自分が全く興味のない業種の求人が多くて困ってしまいました。
    そしてもっとびっくりしたのが、算出された年収より低い求人のオファーが多かったこと。
    「年収が増える」と思わせておいて、実際にきたオファーは「算出された年収以下」というのは、正直がっかりです。
    質問に答えた時間は何だったのかと思ってしまいました。
    ほかの転職サイトにも登録しているのですが、こちらは気になる企業とのやりとりがしにくいシステムだと思います。
    せっかく市場価値を見出すことができるのに求人情報とうまくかみ合ってない気がするので、そのあたりをもう少し頑張ってほしいです。

    20代 女性 事務職
    MIIDAS(ミーダス)は今までになかった、新しいタイプの転職サイトです。
    普通の自己応募型の転職サイトにも、多くにスカウト機能というものがあります。
    しかし、そこで言うスカウトとは名ばかりで、中身も見ないである一定の条件で絞って属性だけ合うような人に一括で連絡をするというようなものがほとんどです。
    少なくとも大手のサイトではそうなっています。
    当然、オファーを受けたユーザーからしても、それは分かってて使っています。
    しかし、MIIDAS(ミーダス)は本当の意味でのスカウトです。
    どういうことかというと、オファーをする側がきちんと見ているなというのが分かるからです。
    個別にきちんと精査したうえで、その人の経歴がその企業に合っているからということで送ってくるからです。
    これを運営しているのは大手転職サイトとして有名なDODAのインテリジェンスだということが大きなポイントではないでしょうか。
    まだはじまったばかりのサービスなので今後の行方はわかりませんが、転職サイト界に革命を起こしてくれるものと期待しています。

    20代 女性 サービス職
    MIIDASに登録してみたところ、さっそくスカウトが来ました。
    というのはどんな転職サイトでも同じだと思います。
    スカウトメールが来るという点に関しては。
    しかし、他の転職サイトだと、本当に自分の履歴書や職務経歴書を見てメールしてきているの?と思うようなものばかりというのが正直な感想だと思います。
    メールしてきたのに応募したら書類で落とされてしまなんてことはよくある話ですよね。
    しかし、MIIDASは違いました。
    自分のプロフィール(職務経歴書)などが閲覧されたのがわかるのです。
    そうして自分のところに連絡してきているというのが、わかる仕組みです。
    そのため、「あなたの経歴を拝見して」という一言も信用ができます。
    そして、ほとんどはあらためての書類選考はなしに、いきなり面接へと行くことができます。
    かしこまった面接という形ではなく、もっとカジュアルに面談という形も多いです。
    というわけで、スカウトの件数としては決して多いというわけではありませんが、今までになかなかなかったサービスだと思います。

    30代 男性 営業職

    MIIDAS(ミーダス)の2つの活用方法

    MIIDAS(ミーダス)の2つの活用方法

    すでにメリットの部分でいくつか挙げているので、活用の仕方がわかっている人もいるかと思いますが、実際の活用方法についてまとめておきます。

    1. 自分の市場価値を知る
    2. 転職データで気になるキャリアを調べる

    主な活用方法は上記の2つになります。

    市場価値を知るだけでも、自分の自身にも繋がりますし、今後のキャリアを考えるために役立ちます。

    さらに、転職データであらゆるキャリアの人の年収だったり、所属している企業の規模のデータを確認することができます。

    そのデータを見ながら、自分が進もうとしているキャリアが自分の理想とするものと合っているのか答え合わせができます。

    もちろん、実際に企業にアプローチしたり、オファーをもらって面接に行くのもアリでしょう。

    ただ、この2つは絶対に活用すべきです。

    自分のキャリアを明るいものにし、人生失敗しないためにも必ず活用しましょう。

    MIIDAS(ミーダス)の登録方法

    MIIDAS(ミーダス)の登録方法

    最後に、カンタンにMIIDASの登録方法についても触れておきたいと思います。

    …とは言っても、MIIDASの公式サイトから新規登録して、表示される質問に答えるだけなので、迷うことはありません。

    操作画面は非常にシンプルに表示されますので、あなたの感覚でポチポチと選択して質問に答えていくだけです。

    約5分ほどで登録が完了すると同時にあたなと適正年収や市場価値を見ることができます。

    入力する情報
    ・性別
    ・生年月日
    ・住まい
    ・最終学歴
    ・働いてきた会社数
    ・企業名
    ・雇用形態
    ・ビジネススキル(ここが細かい)
    ・英会話レベル
    ・保有資格
    ・Excelスキル
    ・自動車免許の有無

    市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

    自分の市場価値や適正な年収は気になるけど、転職サイトに登録したことが今の会社にバレるのが不安…

    という人もいるかと思いますが、厳重に個人情報を保護されていますので絶対にバレることはありません。

    それでも不安な人は、偽名を使って登録をしてもいいと思います。

    実際に転職活動をしようとなった時に再登録をすればいいです。

    ただ、経歴や資格などの入力項目は診断に影響しますので、正確な入力をオススメします。

    【ワークポート】は本当に使うべき?評判と口コミを徹底解説

    転職エージェントの『ワークポート』を利用すべきか悩んでいませんか?
    いざ転職エージェントを利用しようと思っていても、無理やり転職させられないか、本当に自分に合うのか不安ですよね。
    今回は、ワークポートの特徴や評判、口コミを徹底解説します。

    『転職決定人数部門 第1位』のワークポート(WORK PORT)


      • 強みであるIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績有り
      • 常時15,000件の求人を保有!非公開求人も豊富!
      • 各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート
      • オリジナルツール「eコンシェル」が便利!

    無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

    ワークポートの特徴

    ITエンジニアやゲーム関連、Webディレクターなどの求人が充実している。
    IT分野やマーケットに詳しいキャリアコンサルタントが多数在籍している。
    ワークポートは「IT分野に特化した転職エージェント」からスタートした、転職サービスです。
    現在はそのほか、営業や企画、マーケティング系、モノづくりエンジニア、管理・事務などと、非常に幅広い分野の転職にむけての求人情報を展開しています。
    ですが、ワークポートの一番得意としている分野は、やはりIT分野
    特に、ITエンジニアやゲーム関連、Webディレクターなどの求人はとても充実しています。
    また、それらIT分野への転職市場に関する知識が豊富なキャリアコンサルタントが多く、多くの転職者から 「的確な転職サポートをしてくれる 」 という声も多いです。
    IT業界は非常に変化が速く、新しい技術やトレンドの情報が毎日のように飛び交います。そのような業界に転職を検討されている方にとっては、ワークポートのキャリアコンサルタントのトレンド情報含めた転職アドバイスは、とても頼もしく感じることでしょう。
    ちなみにワークポートでは、キャリアコンサルタントのことを「転職コンシェルジュ」(コンシェルジュ=「顧客の様々な希望・要望を聞き入れ、最適なプラン・アイデアを提供するもの」)と呼んでいます。
    「まさに転職のコンシェルジュ的存在の人を求めている…」という方は、転職活動時期に関わらず、一度相談してみても良いと思います。
    IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

    ワークポートは、こんな方にオススメ

    • IT、Web、ゲーム業界への転職に興味のある方、業界の情報をキャッチアップしながら転職活動をしたい方
    • IT業界未経験で、いきなり応募する自信がない…という方
    • 転職エージェントからのサポートをしっかり受けながら、転職活動を進めたい方
    • 忙しくて、転職活動時の日程管理や、準備のスケジュールに「ちょっと自信がない…」という方

    未経験からの転職ならWORKPORT

    ワークポートをオススする、3つのポイント

    1.IT業界の転職に強く、業界未経験の転職にも丁寧な対応。
    2.転職コンサルタントの的確なサポート力と情報キャッチアップ力が他のサービスより優秀。
    3.登録後のユーザーページが使いやすい。

    1.IT転職に強く、IT分野未経験の転職者にも丁寧なサポート

    ワークポートはIT・WEB・ゲーム業界に強い転職サービスで有名です。
    ということはつまり、ITに興味転職者だけでなく、IT業界の求人企業もワークポートを優先して利用する傾向になってくる、ということです。
    現在のIT業界の求人数は7,000件(ITエンジニアだけでも常時4700件の求人があります)。
    この数は、IT業界の求人情報を扱う転職エージェントの中でもダントツの求人数です。
    また、「転職コンシェルジュ」もシステムエンジニアなどエンジニア経験のある人が多いことも特徴です。
    未経験の方がIT業界に転職される際に一番気になるのが「ブラック企業」と言われています。
    ですが、ワークポートでは、その業界の企業にも精通しているスタッフが多く、それらの情報を共有する転職エージェントの方で、転職者の「入社してみたら違った・・・」などのミスマッチを防いでくれます
    それ以外にも、企業の残業時間や研修体制も教えてもらえることが多いようです。

    2.転職コンシェルジュのサポート力と情報キャッチアップ力が優秀

    ワークポートをご利用された転職者の方々が口をそろえて言うのが、「転職コンシェルジュの知識量の豊富さと、丁寧なサポートがとても良かった」ということ。
    まさにこの点が、ワークポートがあまたの他者転職サービスと差別化を行っているところです。
    また、ひとえにITと言っても、SIerからWebサービス関連、インターネット広告代理店など、その職種や業種は様々ですが、それらに対してほとんどすべてのポジションへの転職支援に成功した実績を多数持っているところも、信頼を置けるポイントの1つです。
    転職コンシェルジェは特に転職時の面接や書類選考対策に力を入れており、企業によっては過去数年間の面接データを分析し、面接対策をしっかりと転職活動者に実施してくれます。
    その他、転職未経験者向けサービスとして、ワークポートは東京・大阪・福岡で転職ノウハウセミナーを定期的に開催しています。
    フリーターやアルバイトの方、IT未経験の方で、「不安や疑問が多くて、なかなか活動に踏み切れない…」という場合はそのあたりのサービスから受けてみると良いと思います。

    3.登録後のユーザーページの機能が使いやすい

    ワークポートをご利用された転職者の方の声で、その他多いのが、「eコンシェルジェがとても便利」ということです。
    「eコンシェルジェ」とは、PC、スマホ上で管理できるスケジュール管理システムで、転職者の方の活動スケジュールを一括で管理できる多機能ツールです。
    例えば面接日程であったり、応募求人の進捗状況、その他条件に合う最新の求人情報の自動照会、担当の転職コンシェルジュとのメッセージ送受信など、転職活動中のやり取りや情報キャッチアップがこの「eコンシェルジェ」ひとつで一元管理できるのです。
    転職活動を行われる多くの人は、在職期間中から活動を開始しています。
    その際はなかなか転職活動のスケジュール管理がおざなりになってしまうもの。そう言った際にこの「eコンシェルジェ」が、大きく価値を発揮してくれる、ということですね。

    ワークポートの評判

    ここからは、ワークポートの転職サービスを実際に利用された方々のコメントで多かったものを「ワークポートを使って良かった点」、「ワークポートを使って悪かった点」それぞれピックアップ。

    「ワークポートを使って良かった点」で、多かったコメント

    • 業界初心者にも関わらず、キャリアコンサルトが丁寧にサポートしてくれた。
    • WEB系、IT系の求人情報が多く、たくさんある中から選択できた。
    • キャリアコンサルタントの方で興味ある企業の詳細情報(社風や職場の雰囲気等)を教えてもらえた。
    • スピード感のある対応。短期間で転職先が決まるよう進めていってくれた。
    • ワークポートのユーザーページの「eコンシェル」がとても使いやすかった。

    「ワークポートを使って残念だった点」で、多かったコメント

    • キャリアコンサルタントが合わなかった。当たり外れがありそう。
    • 転職を急かされているように感じた。もっとじっくりサポートしてほしかった。
    • (たまたま自分の当たったのがそうだったのかもしれないが、)キャリアコンサルタントの品質が低かった。

    ワークポートの転職コメントで多く見られるのが、「キャリアコンサルタントの親身で適切なサポート」、そして「WEB、IT系の求人情報が非常に充実していた」といったコメントです。
    その他「eコンシェル」と言われるユーザーページの使い勝手の評価コメントも散見されました。
    半面、ワークポートに対して、「キャリアコンサルタントの品質」に関するネガティブなコメントが多かったことも事実です。
    転職エージェント系のサービスはどうしてもエージェント(コンサルタント)との相性や、品質のばらつきが課題になりがちです。
    「確実に、しっかりしたエージェント(コンサルタント)のサポートを受けたい」という方は、予防線として他の転職エージェントサービスを並行してご利用されると良いかもしれませんね。
    無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

    ワークポートのまとめ

    ここまでの、ワークポートの転職サービスにおける特徴、メリットをまとめてみましょう。

    • IT、Web、ゲーム業界への転職に強く、業界のトレンド情報にも詳しい転職エージェント
    • 転職エージェントのサポート品質が高く、未経験者へのアドバイス&フォローも安心
    • 得意分野以外の業界でも求人数が多数、幅広い業種・職種での転職成功者の実績
    • Webサイトにて、「eコンシェルジュ」による、機能性の高いスケジュール管理ツールを利用できる

    IT、WEB系に特化した転職サービスは数多くあります。
    その中でワークポートの評判・人気が高まっているのは、同社のエージェントが業界初心者もしっかりサポートし、更には多くの優良求人情報を抱えているところが大きいでしょう。
    現在転職活動中の方、または「転職を検討し始めている…」という方で、まだ決め手となる転職エージェントが定まっていないという場合は、ワークポートを一度お試しされてみては、如何でしょうか?
    あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

    【ニクリーチ】タダで肉が食べられる人気サービスの裏側

    肉がタダで食べれて、就活の相談もできると就活生の間で話題の「ニクリーチ」。

    今回はビズリーチが開催する「ニクリーチ」の人気の秘密と特徴、口コミを公開いたします。

    ニクリーチは2020年7月31日をもってサービスの提供を終了しています。

    2015年リリース以来、2020年3月時点での累計登録学生数は130,000名以上だった。

    サービスは終了していますが、就職活動で利用した方も多くいるため、情報は残しておきます。

    ニクリーチとは?

    ニクリーチとは、一言でいうと企業と就活生が出会うマッチングサービスです。

    詳しく説明すると、ニクリーチは株式会社ビズリーチが運営する就活サービスの一種です。

    これまでの採用とは異なり、企業の担当者と就活生が焼き肉を食べながらお互いを理解して採用へ繋げようというものです。

    もちろん学生の食事代はタダ。

    公式サイトによれば、登録学生は4,083人、128社が導入(2015/12/28現在)しているそうです。これは圧倒的成長です。

    この辺りが、他の企業と就活生のマッチングサービスとは一味違うのです。

    ニクリーチが他のサービスと違う点とは?

    ニクリーチが他のサービスと違う点について解説します。

    マッチング+食事会

    企業と就活生のマッチングにプラスしてお肉を食べる食事会がセットになります。

    少人数

    マッチングサービスのイベントは、座談会であっても大人数になりがちですが、ニクリーチであれば食事会がセットになるため、人数はかなり少ないため、企業の方とたくさんお話をすることができます

    企業についてたくさん知れるだけでなく、自分をアピールする時間もたくさんあります。

    128の参加企業

    主に、サイバーエージェント、Retty、グノシー、クルーズなどといった、ベンチャー企業やIT企業がメインです。

    去年、一昨年の情報によると楽天やカカクコム、グリーなども参加していたようです。

    公式サイトに参加企業が一部紹介されています。

    あくまでも一部の企業を掲載しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

    全てタダ

    当たり前ですが、タダ=無料です。

    有料会員とかも存在しません。

    二クリーチ登録の簡単3ステップ

    1.ニクリーチに登録&ES記入
    2.スカウトゲット
    3.ランチ獲得

    約3分で登録は完了します。

    Facebookとの連携も出来るため、ESの入力を含めても、15分ほどで完了します。

    ニクリーチは2020年7月31日をもってサービスの提供を終了しています。

    2015年リリース以来、2020年3月時点での累計登録学生数は130,000名以上だった。

    ニクリーチの6つのメリット

    ニクリーチを利用する6つのメリットについて解説します。

    メリット1,視野が広がる

    ニクリーチはスカウト型のサービスです。
    基本的には、企業が気になる学生にスカウトを送ることから話が始まります。
    就活生から見ると、こういったサービスには、既存のナビサイト(学生が企業の求人に応募するためのツール)とは違ったメリットがあります。

  • 自分が知らなかった優良企業と出会える
  • 自分でも気づかなかった適性が見いだせる
  • 自分がどんな企業からどれくらい求められているのかわかる
  • このような形で視野が広がる可能性が高いことです。
    世の中には、大学生がなかなか気が付かない優良企業がたくさんあります。
    BtoBのビジネスや、非上場の会社は目に留まりにくいものです。
    しかし、スカウト型サービスなら、このような優良企業ともマッチングできる可能性があります。
    また、スカウトを送ってくれる人事担当者は、ヒトを見るプロです。
    あなたの今までの経歴やアピール文などのプロフィールから、自分でも気付いていない適性を見出してもらえるかもしれません。
    さらに、スカウトメールの種類や件数を見れば、就活における自分の現状が一目瞭然です。
    現状が把握できれば、対策のとりようもあるというものです。

    ニクリーチの3種類のスカウト

    スカウト : 食事なし。説明会・面談・その他イベントへの招待。
    選考直結スカウト : 食事なし。選考への招待。
    ランチスカウト : 食事あり!ランチへのお誘い。
    お食事なしのスカウトもありますので、注意しましょう。

    メリット2.ESの練習に最適

    ニクリーチで登録する情報の中に、自由記述の文章が1つだけあります。
    「フリーアピール」という項目で、2,000字まで記入可能です。
    このフリーアピールが、ESの練習にぴったり
    ここの文章を手直ししながら、スカウト数の増減をチェックしてみてください。
    経歴や保有資格は一朝一夕に変えられるものではありません。
    それに比べて、ESでのアピールの仕方は、ちょっとした練習ですぐに上達するもの。

  • どんな書き方をすれば、お肉へのお誘いが届くのか?
  • 書き方を変えると、スカウトしてくれる企業の傾向がどう変わるのか?
  • などに注意しながら、「ESの練習→お肉のご褒美」というサイクルを繰り返してみてください。

    メリット3.人事担当とじっくり話せる

    ニクリーチのランチスカウトで招かれるランチは、大抵「少人数でお肉を囲う」形になります。

  • 人数が少ないから話しやすい
  • 会議室じゃなくて焼肉屋さんだから話しやすい
  • お酒が入るから話しやすい
  • 人事の人もリラックスしてて話しやすい
  • 「質疑応答」じゃなく「おしゃべり」だから話しやすい
  • などなど、話しやすい要素が盛りだくさんのランチイベントなのです。

    メリット4.ミスマッチの可能性を減らせる

    学生が企業の求人に応募し、面接等の試験を受け、そして内定をもらう…そんな「普通の就活」に比べて、ニクリーチでの就活はミスマッチのリスクを減らせる可能性があります。
    理由は2つ。
    1.企業側がスカウトしてはじめてマッチングが成立するから
    2.お肉を食べながらじっくり話し、お互いをわかった上での入社になるから
    企業からのスカウトではじまるニクリーチの就活は、ミスマッチの可能性を低めるのにぴったりというわけです。

    メリット5.タダでお肉が食べられる

    なんといっても、肉食就活生の目的はコレかもしれません。
    ニクリーチでランチスカウトを受け取れば、企業の費用負担でランチを頂くことができるのです!
    メニューは、「ニク」リーチなのでやっぱりお肉が多いようです。
    メインは焼肉。とはいえ、様々な都合で他のメニューになることもあります。

  • 焼肉
  • ステーキ
  • お寿司
  • 和食
  • イタリアン
  • カフェ
  • などいろいろなパターンがあるようです。

    メリット6.学生側からのアプローチも可能

    ニクリーチでの就活は基本的に、企業側が学生を選び、スカウトすることからはじまります。
    しかし、学生に気になる企業があるときは、学生側からのアプローチも可能です!
    アプローチを受けた企業があなたを気に入れば、スカウトが届きます。
    そのあとの流れは通常のスカウトを受け取った場合と変わりません。

    ニクリーチ2つのデメリット

    デメリット1.参加企業がまだまだ少ない

    ニクリーチへの参加企業数は128社(2018/2/15現在)。
    参加企業はまだまだ少ないのが現状です。
    しかし、知名度の高いITベンチャーなど魅力的な企業も参加しているので、無料ですし、参加する価値は十分あるかと思います。
    魅力的なIT企業と交流をして就活を有利に

  • サイバーエージェント
  • パソナ
  • Retty
  • ビズリーチ
  • グノシー
  • 上位のような企業が参加しています。
    また、ホームページ上では公開されていない大手企業の参加もあります。

    デメリット2.お肉は食べられないかも

    さきほど、「スカウトの種類」で触れた通り、ニクリーチでのスカウト全てにお肉が付いているというわけではありません。

  • ランチなしのスカウトもある
  • ランチの内容はお肉でないこともある(お寿司、和食、イタリアン等)
  • ランチの内容が期待通りでない場合もある
  • 一部、ランチの内容にがっかりしてしまった就活生もいるようです。

    リクリーチに関するよくある質問

    学歴は必要?

    学歴は、あった方が有利ですが、必須ではありません。
    学歴に自信のない学生は、「ニクリーチ履歴書」の記入をがんばりましょう。
    特にフリーアピール欄。
    こちらが充実していれば、高学歴でなくてもお肉にリーチできる可能性は十分にあります。
    どのようなアピールが企業に響くのか、ESの練習にもなりますから、よく考えて記入してみてください。

    本当にタダなの?

    完全無料です。1円もかかりません。
    ニクリーチの登録・利用は無料ですし、お肉代は企業側のおごりです。
    学生は、登録してスカウトされたら、日程調整してお肉をご馳走してもらえばOK。
    費用負担は一切ありません。
    ニクリーチには、有料会員やらなにやらで課金される可能性もありませんので、安心して利用してください。
    ※焼肉屋さんまでの交通費は学生負担の場合もありますので、注意が必要。(企業が出してくれることもあります)

    なんで企業はお肉おごってくれるの?

    企業にもメリットがあるからです。

  • 採用コストが減らせる
  • ミスマッチが減らせる
  • 優秀な学生にリーチできる
  • 新卒採用にかかるコストは、平均で1人あたり約50万円と言われています。
    この採用コストを下げることができるのが、ニクリーチを利用する企業側のメリット。
    ニクリーチは「紹介会社や特化型のサイトよりは安い」価格帯
    スカウトに対する学生の返信率が50%以上と高い(一般的には平均1%とか5%とかいわれています)
    これらの理由で採用コスト全体を圧縮できるので、お肉代など安いものなのです。
    また、学生にとってのメリットであげた「ミスマッチの可能性を減らせる」は、企業にとってもメリットです。
    「お肉」をエサに優秀な学生にリーチできるのも、企業にはうれしいポイントなのです。

    何を話せばいいの?

    「そんなに構えなくても大丈夫。」です。
    人間同士の「会話」ですから、普通におしゃべりができればOKです。
    ときどき、人事の人から質問を受けるたびに「プレゼンテーション」をはじめてしまう人がいますが、これでは聞いている方も疲れてしまいます。
    緊張しすぎて事前に準備した質問や回答を読み上げるのではなく、和やかに談笑するつもりでのぞみましょう。